わが家で太陽光が始まり今日で2年

s-2013-02-17 023のコピー

独立型発電なので100Aのバッテリーを6個使い24V300Aにして貯めて使っている。太陽光パネルもバッテリーも問題なく使えていて、1日平均3KW/hは発電してくれる。たかが3KWだがこれで我が家の明かりとコンピューター、ステレオ、TV他小さなものはOKで、晴れた昼間は冷蔵庫も繋いでいる。月360kwhは使うのでほぼその4分の一が太陽光でまかなえている。

s-2013-07-02 018

s-2013-07-02 010

 もはや電気は生活の上での当たり前になっているので、私以外誰も発電(電気)のことは気にしていない。確かに手がかからないのだが、バッテリーの管理だけはきちんとしないといけない。それはバッテリー液の補充。蒸留水の補充である。2年で24リットルの精製水を補充した。はじめは1リットルずつで買っていたが、それでは高すぎると20リットル入りを買って使っている。これで2年近くはもち1600円で済む。独立発電のネックは、消耗品でもあるバッテリーが何年もつかということで、このバッテリーをできる限り長持ちさせていくことを考えなければ続かない。そのためは電気の使い方も相当に気にするところであり、深放電(バッテリーを使い切ってしまうこと)をしてしまわないように、インバーターが10.5vにバッテリーの電圧が下がると自動で遮断してくれるが、それよりも早く、だいたいバッテリーの容量の6,70パーセントで運用していこうと考えている。そのためにも、電気の使い過ぎには注意しながら、そして天気のことも考えながら使っている。1キロワットの発電なので未だ、東電からの電気を併用しているのが実態なのだ。
 今後、太陽光発電と風力発電を使い、せめて5キロの発電システムにし、バッテリーを24V―800Aにすればなんとか完全自給できると思うが、そのシステムにするには、MTTPコンバーターもソーラーパネルも3KW必要で、風力はいまだ箱にしまったままあるが、屋根の張替えを先にしないといけない。そして高いディープサイクルバッテリーを10個(ひとつ30キロ)追加し、そのための場所を作らなければいけない。そう考えると、電気を独立型で自給するということはまだまだ設備投資が必要なのである。
 今どきの売電型の発電のほうがはるかに手軽で効率がいいことなのかもしれないが、これは結局、何らそれまでと変わらず、当たり前になってしまうと、省エネ意識もなくなり、意外とどんどん電気を使ってしまうパターンになってしまうようである。わが家では、省エネ意識の持つのは私一人であり、その私がつまるところ一番電気を使う人間なので、省エネは進んでいるのである。

2年間での発電量
ちょうど80000ah,2172kwh 電気代にすると4.5万を超えるくらい。
まあ十分である。何よりも電気大好き人間の私の電気に対する意識が変わったことがなによりも素晴らしい。
s-2013-07-02 021



太陽さまありがとうございます

水さまありがとうございます

これからもよろしくお願いいたします


INFINITE GRATITUDE


s-2013-07-02 030

 この植物にはとてもお世話になった。
最初は、八ヶ岳に来て廃屋に住みだした頃にいきなり漆にかぶれ、その時に庭に生えていたこのユキノシタが効くを教えられ、その葉をつけるととてもひんやりして気持ちよく、かゆみも治まり効き目を実感したのであった。
 次には、新しい家に住みだした時に、耳の中が腫れて痛くなった時があった。このときは、民間療法の本でユキノシタの葉の搾り汁を耳に流すといいというので、病院探しではなく、まずはこれでいこうとユキノシタ探しを始め、この大滝湧水で見つけたのであった。そして、耳に流し込むとすぐによくなったのである。

毎年、この花を見ると、薬に見えてきて安心するとともに、癒されている。

久しぶりの大滝湧水。変わらず大地より水が湧き出している。
この水はいきなりトンネルの中を流れてゆき、私たちの住む松向部落までやってくる。、
そして、我が家のすぐ上で5本に分かれ流れていく。我が家はそのうちの2本が東と西に流れている。川の無かったこの部落に水をひくため、大掛かりな潅漑工事を明治のころにしたそうだ。そのおかげで我が家には水が豊富にある。
s-コピー ~ 2013-07-02 023



INFINITE GRATITUDE


2013.07.03 吉祥寺の屋上
s-2013-07-03 010

s-2013-07-03 004

朝顔が咲きヒマワリが咲き
ガマの穂が揺れている

s-2013-07-03 012

全く何もしていない
植えていない
蒔いていないのに
土の上は
去年実った種が落ち
緑ひしめく庭となり
日々の変化を
兄は楽しみ
母も喜ぶ


梅雨の曇りの街に
風が吹きぬける
人だらけの吉祥寺
薬をもらいに病院へ
はやりの病気が無いのか
閑散とした病院
すぐに終わる

s-2012-11-30 008

 モノであふれたヨドバシカメラ
ここにはいつも新しい小物たちがひしめいていて楽しいところであるが、
もはや、コンピューター、ディスクトップにノート、IPAD,タブレットPC、携帯、プリンターにディスプレー1階の売り場にある売れ筋のものはだいたいが家族で持っている。壊れて困ってしまわない限り、今ので十分。新しいものに飛びつく気にもなれない。
 2階のカメラ売り場も面白くよく行く。好きな1眼レフを持っているので今の流行を見るだけである。ずいぶんと小さな1眼レフカメラがはやっていたり、ムカシムカシノの形をしているのに高性能だったりと、あの手この手の商品開発は楽しく、確かにほしくもなるが、いちいちこんなのにのっていたのではお金がいくらあっても足りなくなってしまう。だいたい使い切れない。
この状況は、本当にモノがあふれた世界で暮らしていることを思い知らされる。
一つあれば十分で、それを大切に使っていた時代、それを思い起こさせようとするデザインであったりするが、それが実に高性能で、基本性能をはるかに超えたことができたりして、何を買うのか、なんでほしいのかがわからなくなってしまうのが今どきのカメラのようだ。


 ヨドバシカメラを出て実家に帰ってくると、いつものことだが疲れて寝てしまう。とにかくヨドバシでは物欲に踊らされエネルギーを使うようだ。
1時間寝て、夜11時、娘が仕事から帰ってきた。恵比寿にある「美容鍼灸カリスタ」という鍼灸の新しい世界を作り上げている鍼灸院で働いている。よく頑張っていると親ながら感心している。元気な姿を見て11時半吉祥寺を後にした。
 あめにも当たらず、0時過ぎの高速は走りやすく、1時過ぎ、ひかり子と猫たちの待つ八ヶ岳に帰り着いた。


INFINITE PEACE







s-2013-07-05 004のコピーpp

水彩写真をクリックすれば大きくなります

ココハ ミズノワクセイ

ミドリノ ホシ

アノツキカラ

ココニキテ

ズット ミズベデ ネテイタラ

イツノマニカニ ハネハエテ

トンデ セカイヲ メグリマス

ツカレシラズニ メグリマス

マンゲツノヒハ オヤスミデ

ミドリノ ミズベデ ヤスミマス

ネコノテンシモ ヤッテキテ

イッショニ ツキミテ ヤスミマス




INFINITE HEALTH




アメガヤンダラ

ミツアツメ

コモンマロウガ サイテイル

s-2013-07-05 035

ドノハナイッパイミツガアル
s-2013-07-05 067

カフンガスゴイナ
クッツクゾ

s-2013-07-05 087


シジミサン コンニチハ

s-2013-07-05 177

セセリサンハ ミツヲノムノガオジョウズネ
s-2013-07-05 132


カメムシサンニオドロイテ

バッタノコドモジャンプシタ

アノバネスゴイゾオドロイタ

s-2013-07-05 136

ミンナキテイテ

タノシイネ

カフンヲツケテ ツギノハナ

ハナサン ドンドンミツダシテ

オナカイッパイ

ミツアツメ

ミンナタノシクミツアツメ




INFINITE PEACE





2013.07.07 七夕の聖地
AからKまでの11機+セイダン機+イス機
最後尾の一番大きなK機で
晴れ
曇り
風の中を
成就した世界
5時間の未来旅行
帰り着くと
霧に包まれた聖地に変わっていた

s-2013-07-07 014のコピー

霧の木立
s-2013-07-07 027のコピー

去年と同じ霧に包まれて帰途に就く
s-2013-07-07 032のコピー
写真をクリックすれば大きくなります


GREAT ACCOMPLISHMENT



s-コピー ~ 2013-07-09 005

トケイガヒトツ
トケイガフタツ
トケイガミッツ
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
トケイガジュウク
・・・・・・
s-コピー (2) ~ 2013-07-09 007

トケイガ・・・・・・ヒャクハチ

トケイガ・・・・・・

カチカチ
ウルサクテ

ゼンゼンネムレナイ

s-2013-07-09 001






INFINITE CREATION




s-2013-07-09 048


ハート タクサン ノボッテク

ラセンエガイテ ノボッテク

ハートはミンナ コッチムキ

ヤネマデキタラ ミズイロの

ハナのセカイに カワリマス

ミドリのハートとミズイロで

ナツのアツサも

ナンノソノ

イドミズマイテ

スズミマス




INFINITE HARMONY







大滝神社 (小淵沢)
s-2013-07-11 006

s-2013-07-11 009

北野天神社 (小淵沢)
s-2013-07-11 023

s-2013-07-11 021

s-2013-07-11 015

諏訪神社 (長坂大井ヶ森)
s-2013-07-11 025

s-2013-07-11 026

六所神社 (長坂)
s-2013-07-11 028

船形神社(高根)
s-2013-07-11 032

大泉のかやぶきの家で昼食
s-2013-07-11 042

s-2013-07-11 054


逸見(へみ)神社 (大泉)  
s-2013-07-11 058

s-2013-07-11 063
 
長坂 建岡神社は予定変更で横を通り過ぎてパス

穂見十五所神社 (長坂)
s-2013-07-11 065

s-2013-07-11 069

竹宇 駒ケ岳神社(白州)

s-2013-07-11 085

s-2013-07-11 074

s-2013-07-11 076

s-2013-07-11 079


横手駒ケ岳神社 (白州)
s-2013-07-11 087

s-2013-07-11 094

s-2013-07-11 106
 
s-2013-07-11 105


暑い中、九社巡って時間となりました。


どの神社も木が作ってくれ日陰と水の冷たさに


無限なる感謝



西向きの部屋は夏は暑い。
風だけは入ってくるようにブラインドをして、今日は森をぬける風が心地よく、雅も手伝ってくれたので仕事がはかどった。風がなければ、とてもじゃないが午後このアトリエには暑くていられない。
s-2013-07-12 017

最近は目が悪くなって、ビーズ細工をするのも目ではなく触覚で作れるようになっている。目で見るのは色で、指先の感覚でビーズと通して作っていく。ただ、最後のワイヤーの仕上げはいまだに目で見ているのでそこも指先でできるようになれば占めたものである。
s-2013-07-12 109

それにしても、こういうパーツを組み合わせて作るアクセサリー・・・・もう40年も作っている。以前は浅草橋の問屋まで買いに行っていたのだが、今では吉祥寺にKIWAとパーツクラブ、それにユザワヤがあるので事足りてしまう。ついついというか、時々というか、パーツ屋に行きたくなって、きれいなビーズなどを買いたくなってしまうのである。ほとんど女性しかいないところで白髪で髭のおやじが4mmや5mmのビーズを選んでいる姿はおかしいが、変わらない自分がいることに嬉しくもなる。そしてちまちまと作り出してしまうのである。どうもこういう所は、実は、私が女性ではないかと思う時なのである。

6時過ぎ、ようやく日が森に沈むと、冷たくさえ感じる風の中,五日月が森の上にあった。
s-2013-07-12 047のコピー




INFINITE PEACE





どれくらいあるかわからないが、見渡す限りみんな関戸ワールド
どんどん広くなっている。
前は遠くに感じていた柳の木も小路ができて近くに感じる
s-2013-07-13 003のコピー
写真をクリックすれば大きくなります

この柳の木の下でケイコさんは書を書きながら舞っていたなあ

最初に建てた縄文の家 
s-2013-07-13 027q

高床式の一階は土間
s-2013-07-13 032

96年ころに平和塔を建て最初の集会をやった。
s-2013-07-13 035

この家はもとは牛舎 1階は素晴らしい眺めの大きな風呂があった。

s-2013-07-13 013

奥に見える家も高床式の縄文の家 
s-2013-07-13 011

丸池にはお米が植えられていた  去年の写真
s-2013-07-13 023

この家が新しく改装してできた家。
s-2013-07-13 066


『自分でもよくやったと今になって思う』とすべてを作った関戸さん
s-2013-07-13 006

s-2013-07-13 051

二階は部屋をぶち抜いて1ルームの祈りの部屋に
ここでの祈りの集会はなく、平和塔を建立したその場で1時間の世界各国の祈り
s-2013-07-13 073

この家の入り口に平和塔建立
s-2013-07-13 081

s-2013-07-13 049

緑の園  この世界は本当に平和である。
s-2013-07-13 017

INFINITE GREEN





2013.07.14 ニジガデタ
       ユウガタ
ニジガデタ
         ヒカリツツマレ 
テンキアメ

s-2013-07-14 001

       ダイチウルオイ
ニジガデタ

s-2013-07-14 005

       テンシタクサン

オリテキテ

       モリノオウチデ

ハネヤスメ

        アシタノニジマデ

オヤスミデ
  
       ネコトイッショニ

ネムリマス

s-2013-07-15 001のコピー



 
INFINITE HARMONY 



最近、私の頭の中はコドモノクニにいっている。
コドモノクニというのは1920年ごろから発行されていた子供向けの絵の雑誌。
その感覚が好きでたまらない。


s-2013-07-09 002

アジサイの木の中にガイコツさんがいましたよ

s-コピー ~ 2013-07-09 012のコピー

ナニシテアソブノ?




INFINITE FREEDOM







2013.07.16 月の国集会
1996年2月4日に平和塔を建立

s-コピー ~ コピー ~ PICT0424

エディさんも私たちも若かった。
そして、コドモタチ、長女はすでに鍼灸師となり、母に抱かれた次女も一人長野で働き暮らしている。
人生本当に早く感じるこの頃である。
コピー ~ s-コピー ~ コピー ~ PICT0424

去年のコドモの日に移行したエディさんは今頃
厳しい星に舞い降りて、その星を平和にするべくコドモのごとく遊び働き
そして、ちょいと今日の集会に来て、遊び心いっぱいのコドモの笑顔で私たちを見守ってくれているにちがいない。
s-コピー ~ 2013-07-16 007のコピー




無限なる慈愛

無限なる若さ

無限なる調和

無限なる自由

無限なる包容力

無限なる光

無限なる感謝





s-2013-07-17 014

ヒマワリサン コンニチハ

コトシモ オオキクナリマシタネ

アリガトウ

ミナサンホメテクレルノデ

コノイエ コエルオオキサニ

オテントサマニ オネガイシ

イッショウケンメイノビテマス

s-2013-07-17 016

スベテハ アルジノオカゲデス

ニカイノマドマデ キタナラバ

アルジノヘヤニ

カオヲムケ

ヨルハイッショニネムリタイ

ソンナキモチデ イマイマス

s-コピー ~ 2013-07-17 008



INFINITE ENERGY



アサガオ六つ サイタアサ

s-2013-07-18 056


アゲハサンガ ヤッテキタ


s-2013-07-18 018qw


オオムラサキサン ナニシテル


s-2013-07-16 004


カメサン ヒナタデコウラボシ


s-2013-06-28 024のコピー


トカゲサンモ ハイポーズ


s-2013-07-04 011のコピー

写真をクリックすれば大きくなります



ミンナデ 平和 イノリマセウ



INFINITE PEACE



2013.07.20 きゅうり月
畑にキューリがなりだして
形を見るとどうやら緑の月だ
もしやキューリというのは月なのかもしれないと
食べてみると不思議な味がする

s-2013-07-20 015

チョットまねてみようと
オークの木で作ってみると
何やらグネグネ模様の月ができてきた

s-2013-07-21 00q4


コピー ~ s-2013-07-21 00q4

INFINITE PEACE


2013.07.21 川へ
次女は仕事の疲れか帯状疱疹になって、ようやく痛みがなくなり元気がでてきて、我が家に帰ってきて、川へ行きたいというので、午後、出かけた。
駒ヶ根神社の尾白川は駐車場がいっぱい
そうか日曜のそれも東京は夏休みが始まっているのだということに気が付いた。
私も子供たちも人がいるところは嫌いなので、いつものところに行こうと神宮川に向かった。
だれもいない。
s-2013-07-21 071

ここはいいところ
水量がやたらと少ない
s-2013-07-21 033

山懐の水につかり
s-2013-07-21 040

びしょぬれになって遊んで
s-2013-07-21 054

ほんの2時間の川遊び
大地の恵みに癒され、寒い寒いといいながら帰ってきた。

小さいころから来ていて、ここは、一生の思い出になるところなのである。

s-2013-07-21 053

INFINITE WATER

INFINITE FREEDOM




2013.07.22 緑の世界
ようやく梅も黄色くなりだして落ちだしたので全部取って梅ジュースにする
2013-07-19 021s-

ひかり子が梅のへたを取ってくれた
2013-07-20 003s-

今年の畑は調子いい
2013-07-19 015s-

いかんせんクルミの木が大きくなり畑にかぶさってきて、
昼近くまで日陰になっているので成長が遅いのは仕方ない。
それでもようやくみんな大きくなってきた。でもこのキャベツは虫たちに食べていただこう。
2013-07-19 017s-

周りの家からは、一足早くからキューリ、ナス、ピーマン、レタスにキャベツ、一昨日は、大きなジャガイモも10キロ以上いただき、そして昨日はトウモロコシのもぎたてを美味しくいただいた。
取りたての野菜は何よりもおいしい。
わが家のじゃがいもは春に芽が出てしわしわになったジャガイモを種芋にしてできたものなのでみな小さいが、煮っ転がしにはちょうどいい。
ズッキーニは緑と黄色どちらもたくさんできている。
2013-07-20 011s-

無限なる光 緑の世界 
2013-07-20 012s-



世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護人様ありがとうございます






月満ちて 久しぶりの体調不良
草刈りの汗で振り払ってみた。
クローバーは極力刈らないで よく見ると幸運の4つ葉があったよ
体調も良くなった 今宵の月は雲のむこう
s-2013-07-23 034

写真をクリックすれば大きくなるので探してみて


s-2013-07-23 044


ケウハクサカリシタヨ

ビュンビュンエンジンクサカレバ

バッタニカエルオオアワテ

ドコニニゲタライイモノカ

s-2013-07-23 021

アチコチヒナンジョツクリマス

クローバー ノコスヨ ココニイテ


トラガリニワノデキアガリ

s-2013-07-23 029





INFINITE LIFE





4つばのクローバーは写真の中心から11時の方向にあるのです


INFINITE HAPPINESS





夜中走って 500キロ
雨です
北上にいます

昔の家に入ります
s-IMGP1466.jpg

別世界
s-IMGP1571.jpg

家の中囲炉裏に火かはいっているのに 
s-IMGP1492.jpg

だれ一人いません
s-IMGP1488.jpg

百合の花が香ります
s-IMGP1541.jpg

江戸時代 土と
s-IMGP1558.jpg

草と

s-IMGP1612.jpg

木と
s-IMGP1551.jpg

少しの鉄と
s-IMGP1550.jpg

石で 家は出来ている
s-IMGP1560.jpg

雨が降ります
s-IMGP1578.jpg

夕暮れ久慈につきました
海は荒れています
s-コピー ~ IMGP1639


INFINITE ENERGY








2013.07.26 恐山
雨が降る
予報では一日東北は雨
九時出発すると
霧に包まれ雨が上がった
断崖を降り久慈の海へおりた
s-IMGP1658.jpg

雨が降る 風が吹く
一路北へ
八戸から六カ所村
むつ市
そして恐山

晴れてきた
s-IMGP1685.jpg

門をくぐる ほとんど人がいない
s-IMGP1687.jpg

お参りして
s-IMGP1691.jpg

地獄の入り口
s-IMGP1705.jpg

地蔵さまに手を合わせながら
s-IMGP1738.jpg

地獄を歩く
s-IMGP1717.jpg

ここはどこだろう・・・・そうおもう
s-IMGP1742.jpg

硫黄、湯煙、
たくさんの小銭が青や黒や緑に変化している
この黒い球の中にほとんど溶けた10円玉があった
s-コピー ~ IMGP1762

すべては変化編滅の世界
地獄も長い時間の中で変わってゆく
s-s-IMGP1757.jpg

極楽への道すがら
水子の池に水連が咲いていた
s-IMGP1772.jpg

s-IMGP1761.jpg

極楽
s-コピー ~ IMGP1782

くずれ出している台座の上の地蔵菩薩に手を合わせ
s-コピー ~ IMGP1827

彼方に現実世界があらわれた
s-IMGP1820.jpg


境内の真ん中にある古びた温泉
実に不釣り合いな場所にある硫黄泉
息子と2人だけ ゆったりと温泉につかって
ここを後にした
s-IMGP1699.jpg



世界人類が平和でありますように

無限なる光

無限なる愛

無限なる命

無限なる繁栄




2013.07.27 北海道上陸
夜中の2時40分青森出航
s-IMGP1852.jpg


函館66時20分 函館山 護国神社
s-IMGP1897.jpg

s-IMGP1899.jpg


函館に来ると必ず行くハリストス正教会 縁を感じる教会
s-IMGP1907.jpg

今回初めて外人墓地へ  早朝だったので外からお参り
s-IMGP1914.jpg

相変わらず雨が 降ったりやんだりで
大沼、長万部、ニセコ、倶知安と北上
s-IMGP1939.jpg


小樽 オタモイ地蔵 

男の夢をかけたロマンのオタモイ遊園地はすっかりなくなってしまったが、地蔵尊が残っている。

がけ崩れが今年もあって、今回は規模が大きくもはや修復が不可能で、通行止めの柵がより強固なものに変わっていたが、隙間から入って
s-IMGP1952.jpg

断崖の道は今年も崩れて狭くなって、いよいよ行くことが困難になってきた。
s-IMGP1971.jpg

3つのトンネルを抜けて
s-IMGP2033.jpg


オタモイ地蔵が見えてきた
大きながけ崩れがあって、景色がすっかり変わってしまった
s-IMGP1966.jpg

s-IMGP2009.jpg



オタモイ地蔵の主も歳をとってしまったので、道の草刈りをしてなかったらもう通ることはできなくなってしまう
こうこの秘境もほんとうに消えてしまうかもしれない
最後の記念撮影になるかもしれない
s-IMGP2039.jpg




INFINITE LIFE






2013.07.28 洞爺湖
雅の父の法事をすませ、家族と洞爺湖に来た。
昭和新山の前にヒマワリが咲いている
s-IMGP2071.jpg

2000年3月31日噴火
usuzann000

今は緑と水に覆われている。

国道230号線がここに走っていた。
s-IMGP2155.jpg

確かにその形跡があちこちに残っている。
s-IMGP2138.jpg

街灯もあった。
s-IMGP2120.jpg

すべては緑で覆われ消えてゆく
s-IMGP2119.jpg

噴火の湯煙もほとんどなくなっていた
s-IMGP2134.jpg

夜は湖畔で
s-コピー ~ IMGP2187qw

花火をみた
s-コピー ~ IMGP2209qw
写真をクリックすれば大きくなります



INFINITE PEACE




2013.07.29 ホテル幻想
何も感じない空間
s-コピー ~ 2013-07-29 021

我が家にある絵や書を置いて
s-コピー ~ 2013-07-29 021qw

霊光写真も置いた
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwe

鍵もぶら下げ
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwer

木の置物も置いた
わが家にあるものを置いて遊んでいたら
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwert

そんなことしてるなら
お祈りしなさいと
エディさんが現れた
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwss

エディさん久しぶりです
ここは北の大地 アイヌの聖地 洞爺湖畔
来ていただいてありがとう

こんな夢を見たのでした



札幌の雅の実家に着くと虹が迎えてくれた。
コピー ~ TS3D0413


INFINITE HAPPINESS




2013.07.30 小樽港-落日
10時半小樽港を出港
s-2013-07-30 051

港を出るとすぐ祝津が見えてくる
オタモイ海岸の東 水族館やニシン御殿、小さな遊園地、そして灯台がある
s-コピー ~ 2013-07-30 112q
写真をクリックすれば大きくなります

積丹半島の先端 神威岬
s-コピー ~ 2013-07-30 191

海はどこまでもなぎ  落日が訪れる
s-コピー ~ 2013-07-30 27q0

s-コピー ~ 2013-07-30 242q


18時間後には 新潟


INFINITE FREEDOM