2012.01.01 NEW YEAR LOVE 
2012年

世界人類が平和でありますように

コピー ~ IMGP0002のAコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します


日本が平和でありますように

INFINITE PEACE


毎年の家族写真
今年も笑顔で全員が集まりました。

コピー (2) ~ IMGP0028のコピー

INFINITE HAPPINESS

INFINITE PEACE



日が暮れていきなり吹雪になる中、八ヶ岳に帰り着く。
猫たちが歓喜で迎えてくれる。一番は子猫のラム。ものすごい喜びようであった。
想像していたよりも寒い。
何せ吹雪なのだから薪をとってくるのも、車から荷物を運ぶのも雪まみれになって、まるで別世界。
みな分担で仕事をする。ストーブを付け、猫達にご飯をあげ、水道の元栓を開け、風呂をつける。ボタン一つで何でもできてしまう東京とはこれも別世界である。

ストーブ全開で燃やして4時間後、ようやくリビングが暖まってきた。他の部屋はいまだ冷蔵庫状態である。
猫たちはとろけるようにストーブにへばりついる。
猫たちにとっては毎年正月は試練の日々なのであった。
コピー ~ 2012-01-05 023

ストーブの前にはあつくていられずソファーで子供が寝ている上で伸びて寝ている。
コピー ~ 2012-01-05 016

八ヶ岳、月の国の2012年 
5匹の猫たちとともに始まった。

今年もよろしくお願いいたします。

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE

世界人類が平和でありますように




2012.01.06 ポンプ凍結
毎年のことだが、冬は思いもよらぬ故障が起こる時期である。
暮れに電動の井戸のポンプが動かなくなってしまった。その日に東京に行くのでそのままにして新年を迎え、今年最初の修理にとりかかる。
ベランダの下、その下の地面に70cmのセメントで囲った空間がありそこに井戸のポンプが入っている。この井戸とお目にかかるまでがいろいろなものをどかさなくてはならず、大変なのである。
地下60cmのところに、井戸と家に向かう配管があるので今までほとんど凍ったことがなかった。だが、今年の寒さと、その寒さのための断熱を何年もきちんとしていなかったのが原因であった。上の蓋にほんの少し隙間があってそこから外気が入り込んでいたのだろう。多分この蓋のずれは、猫たちの通り道になっていてそのせいでずれてしまったのだろう。
これだと多分寒さで配管が凍ってしまっているのだろうと、井戸の周りをバーナーで少し温めたら簡単に動き出した。めでたしめでたし
idoido2012as.jpg
こんなことでポンプは作動しなくなってしまうのだから、冬支度がいかに大切なことなのかと思い知らされる。
プチプチのエアーパッキンがたまっていたので、それを使い徹底的に断熱、あとは元通りにして一仕事終えた。
idoido2012.jpg

何でもそうだが、先手先手でいかないと厳しい状況になってくる。


この井戸ポンプは、井戸を埋めてしまった家から2003年にいただいてきて、もう9年、
ときどき調子が悪くなるものの水をくみ上げ続けている。電気の力で本当に楽に水を使わせてもらっている。ポンプが使えないとなるとわが家の水道のシステムは半減してしまう。ありがたいことである。
今はまだ、東電の電気を使ってくみ上げているが、これを太陽光で出来るようになることがこれからの電気の自給の課題でもある。

2012-01-08 002
後は、台所で使う石油の給湯器、これも大いなる問題のもので、95年にもらってきたものだが、そのときすでに15年たっていて、つまりは今年で32年もののボイラーで,裏の道から見えるので、何度か長府ボイラーの人が、このボイラーを見せてくれと、そして無料で点検してくれたりして、こんな古いのは今まで直したことがない。出来れば新しいのに変えたほうがいいとアドバイスしてくれた。確かにボイラー屋さんとしては、新しいものに変えて、事故など起きないようにしてほしいと思うであろうが、壊れないのだからこのままでいいのである。
何とか今年もこの寒さを乗り越えてもらいたいのである。

INFINITE GRATITUDE


2012.01.07 初詣
毎年、初詣は諏訪神社に行く。

前宮
2012-01-07 009
最初に前宮の水できよめて
2012-01-07 013
2012-01-07 011


本宮


ここはたくさんの人でにぎわっている。

龍に迎えられ、
2012-01-07 027

2012-01-07 032

火できよめて
コピー ~ 2012-01-07 <br /><a href=2012-01-07 046


無限なる感謝
2012-01-07 077



世界人類が平和でありますように




2012.01.08 成人の日
長女の成人式
母親の力の入れようはすごいもので、子供はただ言うとおりに、そして変身。
昔ならば、お見合い写真にするのであろう写真は、息子に頼んだが、仕事で無理となり私が写す。
ということで、今年の新年祝賀祭には行くことが出来なかったが、
娘の晴れ姿を見ることが出来た。

コピー ~ 2012-01-08 004のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します


コピー ~ 2012-01-08 144


世界人類が平和でありますように


コピー ~ 2012-01-08 286

森の中見えてくる

2012-01-09 008

重い扉
コピー ~ 2012-01-09 071

この形
2012-01-09 070

何もない光と闇
EMPUTYa.jpg


何も感じなくていいことが空間に溶けゆく
ゆがんでいる巨大な部屋、
EMPUTY.jpg

小さな出口  重い扉
2012-01-09 045



光と影

2012-01-09 031




白と黒

2012-01-09 063


印象
2012-01-09 058aaのコピー


INFINITE EMPUTY


体調、精神ともに不調の中
別次元の世界
不思議と疲れることもなく
心平安になりました。

INFINITE JOY

2012.01.10 兄の憂鬱

母も父も要介護の中で兄はすっかり疲れ果て、枯れ果てた屋上の草木の中でボーとしている。
正月、わたしが兄の部屋の大改装をして、猫のすみかの押し入れを壊してしまったことで、猫までもが憂鬱になり落ち着かず、そのことが一番の原因で兄は弱ってしまっていた。
今日は、猫たちのためのすみかを作りに東京に行った。暗がりの高いところで、ちょっと周りが見渡せられるように天井から3段棚を取り付けて、服で囲って出来上がる。モモと太郎は興味津津、登ってにおいをかいですりすりしてくれた。気に入ったと寝てくれた。
2012-01-10 013

正月からいなかった長女も帰ってきて、またいつもの暮らしが始まるので兄も少し元気になってくれるといい・・・

コピー ~ 2012-01-10 01qq9のコピー

満月の光を浴びながら高速を飛ばし八ヶ岳に帰り着く。

INFINITE HEALTH

1月7日に写したものです。
2012-01-07 110

川の水が勢いよく流れていてあふれていたのでひかり子と一緒に落ち葉で埋めて落とし穴が出来ました。
otosiana.jpg

そこに水樹登場! 絵に描いたよう見事に落ちました。  全員で爆笑。
片方のサンダルは川の中に埋もれてしまいました。
kagee.jpg



一人は東京で仕事なので5人で影で遊びました。
2012と書きました。
2012-01-07 116



INFINITE HARMONY




2012.01.14 大切な場
わが家の神棚といっても尊敬する五井先生、そしてマザーテレサの折紙と船に乗るガネーシャ、アイヌの二ポポこれらはその時々の神さまということで置いてある。
2012-01-15 005

リビングからキッチンへ行くところの柱で、もとはといえば江戸時代の家の梁であった木である。その木組みのくぼみを利用して神棚に見立て、はや19年。向かいには、霊光写真を置いて、通るたびにこめかみあたりに光を受け取り、感謝して暮らしている。
今、この柱のまわりは太陽光と東電の電気の配線がたくさん来ていて、2つの電気を入れ替えながら使っている。電気も光のエネルギーで出来てきていて、目には見えぬものながら現代文明になくてはならない大切でありがたいものである。
2012-01-15 007


ここだけは全く変わらず、これからも変わることなく、大切な場としてこの家をそして家族を、そしてここに来る人々を見守ってくれている。
2012-01-15 009


INFINITE SPACE

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE

2012.01.15 ヒヤシンス
寒さも本番の中
光をかんじ
水をかんじ
芽吹きが始まった
緑と白が伸びてきた。
2012-01-15 002

2012-01-16 002



INFINITE LIGHT

2012.01.17 法話
人類一人一人の意識を究極の真理の道へむかわせるために
はるか昔よりひたすらに説いてきた道。
釈迦が説き、老子が説き、キリストが説き
五井先生が説き、
昌美先生が説き続けている。



2011年1月 と2012年1月の白光紙、西園寺昌美先生の法話より




2011年1月

依存の道から自立の道へ 

いまだに世界規模の混迷から脱しえない社会の中で、これから起こり得る様々なる問題を、人類一人一人が自らの問題として受け止めねばならない時がやってきた。さらに人類一人一人に理解が求められるのは、今までのように国家、社会、地域、組織レベルにてすべてを救済するのは今後、困難を伴うということである。いよいよ人類一人一人は、すべての依存から自立の道、すなわち自らが自らを救済してゆく道に至ったのである。
 一見これは大変難しいように思われるが、全くその逆で、人類の意識が次元上昇を遂げるための絶好のチャンス、目覚めや至福の機会の到来なのである。他に問題解決を依存していた時代は終わりを告げ、全人類が自己責任のもと、すべての問題を解決する時代が到来したのである。
 但し、自己責任を身に修めてゆくためには、人類一人一人の相当なる覚悟が必要である。世界平和も個々人の幸せも、決して天から降ってくるものでもなければ、地から湧き出してくるものでもない。かつまた、政府機関や地域組織や慈善団体といった「他者」から与えられるものでも決してない。あくまでも人類一人一人が自らの叡智や思考で築き上げ、創り出してゆくべきものである。
 その根底には、真理の追求、真理の理解、真理の追及が不可欠であり、それこそが今、人類一人一人に求められ、問われるものである。究極の真理なくして自らを幸せに導くことも、そして至福に満ちた人生を築いてゆくこともあり得ないのである(無限なる可能性)。





2012年1月

人類一人一人は「選択の自由」をどう使うか

今、全人類が受けて立たねばならない、世界中で頻発する未曽有の自然災害や異常気象、地震、台風、火山爆発、津波、干ばつ、大洪水、経済破綻、家畜の疫病、パンデミック・・・・・。なぜここまで人類は、手をこまねいてしまったのか。真理を逸脱していることに気がつかなかったのか。そして人類一人一人が良かれと思って生きてきた道、選択してきた道は、いったいどこが間違っていたのか。人類は一体何を目指して生きてきたのであろうか。それを一人一人が心して改めて問わねばならない。
 人類はみな総じて豊かになること、飽くなき欲望を満たしてゆくこと、人のことより自己愛、自己の願望を達成してゆくために、後先考えず、懸命に走りつづけてきた。そのためには手段を選ばず、結果のみを追い求め、真のゴールを見失ってしまった。自分にとっての目先の利便性のみを追求してゆく自己中心的で物質的な生き方を、誰もが少しもおかしいと思わず、疑わず文盲的に突き進んできた。時折持ち上がる問題点や批判の声さえも、敢えて考えずに封じ込めて、見て見ないふりをして通り過ごしてきた。
 天を恨むのではない。他を恨むのでもない。誰のせいでもない。人類一人一人の責任である。
 結局人類一人一人が、問題の本質から目を逸らし、皆がしているから・・・・・とことなかれ主義に流れていったからである。すべてが他に依存し、安易なる道を生きてしまっていたからである。この依存の習慣から誰もが抜け出せずにいた。
 今までは何とか逃れてきたが、ここに及んでしまった以上、誰ひとり逃げおおせることは出来ない。神性復活の道か自己破滅の道かを人類一人一人が真剣に選択、決断、決定してゆかねばならないのである。そして自らが決定したことに対して、誰もが厳然として自己責任を負わねばならないのである。
が、どちらを選ぶかは全く本人の自由である。神は、決して介入はしない。あくまでも本人の自由意思に任せている。だがここへ来て、これからは毅然と誰もがみな、自らと真剣に向き合う時に至ったのだ。そのことを個々人が心に深く刻みつけなければならない。自分は一体何のために生まれてきたのか。本来人間は人のために生まれてくるものなのである。そして人生で起こることは、すべて自分の想念である。決して他ではない。自分自身の意識がこの世に投影されて現れてくるものである。自らの人生に起こることは究極的に自らが引き寄せているのだということをよくよく知らねばならない。決して夫や妻や子供や友人知人等が与えたものではない。他の責任など決してない。すべては自分の意識が引き付け、引き寄せている。
そのためにも、究極の真理を知ることにより、自らの魂を刻一刻と成長させることこそが望ましいのである。一瞬一瞬の真理への目覚めこそ尊いのである。







人類一人一人の意識を究極の真理へ
そして地球世界の安寧の道を作るべく
2012年1月の集会でありました。

コピー ~ 2012-01-17 004のコピー


INFINITE PEACE

INFINITE HEALTH








何も変わらず淡々と仕事をしている母。
今日は母が少しは休めるといいと思い妻と実家に行った。
1月遅れで90になる父は、先週よりずいぶん調子よく元気で、なんと新聞を読みだすまでになっていて、そのおかげで少し楽になったのか母も元気で、のんびりすればいいのに、ゴボウ人参をきざみきんぴらを作っていた。
今のまま行けば要介護認定が下がるのではないかと思うほどである。
これは実におめでたいことである。
2012-01-18 005のコピー

屋上の新しきスペース
こんなところが本当にあったのかと思うが、全く新しき兄のスペースとして心地いい音が生まれていた。
2012-01-18 015

2012-01-18 013

2012-01-18 008


INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

INFINITE FAMILY





2012.01.19 仏壇完成
仏壇というものを頼まれるということも不思議な縁である。
ようやく完成した。
苦手な箱ものであり、材料といえば江戸時代の蔵の廃材であったりするのであるから、出来たものはすでに何十年もたったもののようである。
さなから流れ出た水をテーマに外側を彫りこんで作った。


コピー ~ 2012-01-19 031

生命の源の水が流れ出しすべてをはぐくむ。

2012-01-19 002

正面は月と地球そして太陽(宇宙調和の形)を取っ手にした。
2012-01-19 001

入り口の黒柿の木は川という漢字の模様であり、頼まれた方の名前でもある。
2012-01-20 017

コピー ~ 2012-01-19 032


頼まれたのが9月、すぐに始めたものの行き詰まりどうにも手がつけられなくなっていたのだが、ようやく完成できた。

頼まれものだと何とか完成させることが出来ることを改めて感じた。


わが家にたくさん転がっている未完のものたちよ。 

今年はみな完成させます!!!ね・・・・・

INFINITE CREATION



全く風がない
音がしない
雪が降る
2012-01-20 002

2012-01-20 003

2012-01-20 004

昨日はここで木工の仕事をしていたというのに、すべてが美しき白き世界
2012-01-20 008

2012-01-20 014のaaコピー


INFINITE LIGHT

INFINITE FREEDOM







2012.01.21 大寒

外は一面雪景色なものの寒さはさほどでもない。
昼の時間が日に日に長くなってきている。
寒さもあと1カ月
薪をガンガン焚いて家の中をあたためる。
すでに薪で暮らして22年。今年燃やしている薪はほとんどが広葉樹、今月は楢を燃やしている。ホームセンターでは1束700円で売っている。わが家では売っている薪よりも長いし太く1日5,6束以上は確実に燃やしている。それとは別に五右衛門で松を2束位は燃やす。お金で考えると毎日4000円以上は燃やしていることになる。
私と妻の好きでやっている暮らしなので、子供たちから文句が出ないように、薪はいくら使ってもいいということになっている。そして、妻の生まれが北海道なので家の中があたたかくないとダメなのでとにかくよく薪を入れる。大体がハンドメイドの家なので、高断熱高気密ではなく寒い家なのだからよく燃やす。燃料代のことを考えていたらとても薪の暮らしなど出来るわけがない。
薪ストーブはベルギー製のエフェル社のハーモニー。このストーブのうりは大きなガラスで薪の火がよく見えること。これは、20年前の薪ストーブの最新のものであり、2重構造で効率もよく、空気調整で完全にコントロール出来る素晴らしいストーブである。だがしかし、20年も使っていると中の2重構造の鋳物がゆがみ穴が開いてきてしまっている。まだまだ使いたいので、この中の鋳物を交換できないかと思っている。
ha-moni-.jpg

そして、お風呂は、四角い長州型という五右衛門風呂の最終形である。調べてみると、わが家のタイプは直火焚きのホーロー浴槽で、直焚き浴槽 RD110 アクアブルーというもので今でもアマゾンでも売っているものであった。日本全国ではまだまだ需要があるということだ。このタイプのお風呂は、燃やし口から奥に火は流れ、1段あがったところに煙道を作り、風呂釜を回って燃やし口の上にきてそれから煙突に流れていくので本当に効率がよく、また掃除も簡単にできるようになっていて、ほとんど煙突のほうはつまらない仕組みになっている。この設計は、普通の赤レンガ300個を使い、いい加減に積んでいったのもだが、いまだにびくともせず毎日体を温めてくれる。
k3bjmd81.jpg


オレンジの火は木のエネルギーそのもの、どんな木であれひとたび火がつくととんでもないエネルギーに出す。そのエネルギーを人間が封じ込めコントロールし家を温めたり水をお湯へと変える。
これはわが家での暮らしで感じていることだが、人間は常に火をコントロールするために生きてきている。そしていつも水をお湯に変えることを考えている。これが進み、蒸気機関、発電となり、その最新が原子力発電。

火と水の関係
人が火を使いすぎてしまっているのが現代なのかもしれない。

わが家の薪も使いすぎてしまっているのか・・・・・
お風呂に毎日入らなくてはいけないのか・・・・・
まずはわが家から考えていかなくてはいけない。


INFINITE ERERGY


2012.01.22 発電休止状態
太陽が出ていなくともほんの少しは発電してくれるので、パネルに積もった雪をどかしてみたが、夜、バッテリーがなくなりリビングの電気が消えた。冬に使う、凍結防止ヒーターや、トイレのヒーターなどの電気、これらは東電の電気を使っているにもかかわらずにである。すべてを東電に切り替え、太陽光発電は休止状態となる。
やはり、自家発電だけではとても対応できない。
1KWの太陽光発電を始めて初めての冬、日照時間が少ないのだから発電量も少なく厳しい時期である。
とりあえず、電気の消費量は12月は前年比の48%減、
そして1月は41%減ということで、省エネ対策としては合格ラインである。
12gatu.jpg

1gatu.jpg

わが家のように、木工の仕事も家庭用の電気で行っているのであるから、電気代は実に安い。
それにしても、水道に巻いてある凍結防止の電熱線は、単に巻いているだけだととんでもなく電気代がかかる。それを90%削減させることが出来る装置をつけたことでずいぶん安くなった。この装置は非常にエコなるものであるとともに、大いに活用しないといけないものである。そして、家を作るときにこの水道の配管をうまく考えれば、こんな凍結防止のための電気を使わなくていいとかんじている。
2012-01-23 004


 わが家においても、家を作った時の冬はあちこち水道管が破裂した。数年そんなことが続き、この凍結防止ヒーターの電熱線を使いだしたが、電気代がばか高くなり、これを減らすために配管を、移動できるものは家の中に移し、外の配管は断熱材を3倍、4倍にして対策した。最小限、北向きのところの配管と全自動トイレだけは壊れてしまうので電気を使い、節電用の装置をつけたのである。
 毎年来る冬であリ、寒冷地ならではの対策として、まだまだ変えていかなければならないことがあるが、いかんせん壊れてみなければ手をつけたくないところでもあるので、あと後になってしまうが、電気代を削減させるためにはもっと本気で取り組むところであることは間違いない。
 わが家のように何でも自分でやってしまう場合はいいが、水道に関してはほとんどがプロに頼んでしまうことが多いし、凍結防止ヒーターに至ってはほとんどがグルグルと必要以上に巻いてある。巻けば巻くほど電気代がかかるが、水道屋としては凍って壊れると責任問題だからとたくさん巻いてしまうのである。壊れないでずっと使えるようにということで、現代流の電気に頼ったやり方になっている。
この辺の、あとのメンテナンスを出来るだけしないでいいというやり方が、現代のやり方で、修理するよりも買い換えたほうが安かったりする変な世界になってきてしまっているような気がする。
 家の基礎にしたって、この辺は凍結しても20cmくらいが最高である。それなのに寒冷地仕様の90cm以上の基礎を打つ。そんなにいらないと思うが、みんながやればそうなっていってしまう。昔の家などはみな置き石で100年もっているというのに・・・・・



社会のことをいいだすときりなくなるのでやめにする。

一人一人、気がついたことをしっかりやっていくしかない。


INFINITE FREEDOM


2012.01.23 雪の猫散歩

行くよーと声をかけると
2階の出入り口
1階のガラス戸から1匹、1匹と出てくる。
ujikouneko.jpg

4匹がそろって雪の中を歩きだす。みんな冷たいのは嫌だとU字溝の上を歩いて来るが、ちびのラムだけは雪のなかを猛然とやってきた。
nekosannpo0011.jpg

道に出ると、雪かきしてくれたので雪はなくそして暖かい。寝ころびボーっとして何することもなく歩くのだが、ラムだけは常に興奮状態でしっぽを太くしている。
heiwatouromu.jpg

nekosannpo00.jpg

出遅れてきたルナは散歩が終わってから外に出てきて、また行こうと言うが、北風が吹きだしてきたので、やっぱやめると言って家にはいる。
家に入るとご飯をねだるがまだまだだよというと身づくろいしてみんなストーブの前で寝だす。

今日もも平和な1日が暮れてゆく。

INFINITE PEACE



2012-01-22 068のコピーのコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します

これから起こるであろう地球規模の大変革
そして日々の暮らしの中で起こる様々な事件事故
いつまで続くのかと思うがこの肉体がある限り終わることはない
いいことも悪いことも現れれば消えてゆく

どんな時でも
どんなことでも

必ずよくなる
絶対大丈夫

この言霊で勇気をもって進んでいく

消えたら

感謝(大成就)

消えるということが分かっているから
消える前から大成就

必ず良くなる
絶対大丈夫
大成就

現実を生きている上で一番勇気をもらえる言霊

自分に起きていることも
世界中で起こっていることも
すべては現われれば消えてゆく

すべては必ず良くなる
絶対大丈夫
大成就

2012-01-23 005

2012-01-25 008

この肉体も必ずや消えてゆく
消えてゆく時まで
人の道を生きてゆこう


INFINITE LIFE



2012.01.25 水車は回る
寒さも本番となってきて、とても外で細かな仕事が出来なくなってきた。
その代わりに水車が回り続けてくれて、ボタンがどんどん完成している・・・・・
凍りつきながら水車は回る
2012-01-25 003

がしがし200個が没となってしまった。というのも夜じゅうまわしていたのが、どういう具合か水が入ってしまいまわり続けたものだからボタンの穴が砂と木屑ででふさがり全く歯が立たないほどがっちり埋まってしまっていた、乾けば何とかなるだろうと思っていたが、ストーブで乾かしていたらヒビが入ってきてしまった。そして穴はますます固く埋まってしまっている。完全に没になってしまった。

2012-01-23 010

この後のは、タッパにテープして回したので水入らずきれいに仕上がってきた。10時間まわしてやるのが一番いいかんじで仕上がる。
2012-01-23 011
きれいにバリや木の皮がとれ、年輪が少し浮きだしたようになっている。素晴らしい仕上がりだ。

2012-01-25 007

何事も経験
寒く凍りながらも周り続けてくれている水車のおかげでなんとなく仕事をしているような気になる今日であります。


INFINITE GRATITUDE



10月にやってきたラム
そのころはまだ机の上の小物たちと一緒でも何ら邪魔にならなかったラム。
このグレーのキーボードを壊し、マウスを落としまくり壊し・・・・・
2011-10-26 003

モニターの前で一緒にミュージックビデオを見たりしている。そしてマウスのカーソルの動きでモニターに跳びかかる。
2011-12-31 011

ミカンが寝ているとここは私の場所だと追い出してしまうラム。確かにここで寝るのはラムが初めてでミカンもハイそうですねとすぐにどくから面白い。
2012-01-23 003


1月前とくらべてまた一回り大きくなってきた。どんなことしたってかわいくてしょうがないもの、それが猫。
2012-01-25 009

私と一通り遊び、それから邪魔も一通りすると
音楽がガンガン流れるスピーカの前でも何の問題もなく寝てしまう。猫というのは不思議な存在。
2012-01-22 001


INFINITE CATS


2012.01.27 東京へ
今日は妻が運転

唇山をやっと撮ることが出来た。
2012-01-27 009

顔になってきた
2012-01-27 003のコピー

東京に入ると地平線はスモッグのように黄色っぽい
2012-01-27 016

昼前に着き、あっという間に夕方。
月がビルの上に微笑む。
2012-01-27 022

兄は早々寝てしまい、屋上ではBrian Inoが作り出したBLOOMというソフトがおこうのように空間に漂っている.


実家のそばAPPLE STOREが白く光っている。白いIPAD2・・・・・
2012-01-27 019

月がほほ笑むなかゴーホーム。
2012-01-27 029


INFINITE PEACE


車の暖房のヒーターの切り替えのモーターが壊れて温度のコントロールが出来なくなり修理。
井戸のポンプは,寒いと止まってしまうのか、それともそうじゃないのかわからないが、ポンプ室をあけてしばらくすると動き出す。もしかして断熱のための発砲スチロールを飛ばないようにと置いてある+重石が重すぎるのかもしれない・・・・重石を軽くしてみた。どうなることやら…・・・・
何でもそうだが原因がわからないとどうしていいかわからないものである。
そして、寒いと注意も散漫になりがちで怪我もしやすい。ここ2カ月の間にわが家の軽トラとステップワゴンとも裏の入り口の薪置き場のところでぶつけ、来た人たちの車も立て続けに3台がぶつかった。そのうち1台は後ろのガラスを割ってしまったのだ。今までは全くそのようなことがなかっただけになんとなく不吉である。しかし、みな単なる不注意ということだけなのだが、こうもぶつけるというのは困ったことで、薪置き場はボロボロになってしまった。
壊れたら直すというのがハンドメイドの基本でありそれをしていかないと次に進まない。
薪ストーブの修理、裏の物置の修理、風呂の屋根、母屋の屋根、そういえば、TVが映らなくなって、屋根に上ってアンテナのブースターを取り換えたが、交換したブースターのほうが壊れていて元に戻して直ったのだが、これも原因が今一つ分からないままである・・・・
急場は何とかしのいでいるが、壊れてゆくことのほうが多いこのごろであり、先行ききちんと計画していかないといけない。
しかし、わが体調いまだすぐれず気合が入らず、ルナのようなかんじです。・・・・・
2012-01-28 001

2012-01-28 003




INFINITE HEALTH




すべては必ずよくなる
絶対大丈夫
大成就


コピー ~ コピー ~ 新しい画像 (6)のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します

コピー ~ 新しい画像 (6)のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します


世界人類が平和でありますように

INFINITE PEACE


2012.01.30 猫の盛り
寒い日が続いている。
昼間ようやく0度になって、でもそこから上がらないので雪も融けない。
1日ガンガン薪を使い家の中は何とかあたたかく、

日に日にヒヤシンスは伸びる。
ゆっくりだが確実に、上に向かって突き上げるようなこの緑を眺めていると、この寒さの先に春が見えてくる。
s-コピー ~ 2012-01-29 001

猫は盛りの時期で野良か飼い猫が毎日やってきて床下でゼロとルナがけんかをしに出かける。オス2匹、そしてメスが3匹になったわが家ではどこからともなくオス達がやってきてけんかをしている。怪我をしながらもけんかが始まるとルナもゼロも出かけていく。メスたちは一向に知らんぷりで窓から外を眺めている。
みな去勢し避妊しているにもかかわらずやはりオスはオス、メスはメスなのである。
子供のラムだけは興味しんしんけんかを見に行っては尻尾を太くして飛んで帰ってくる。
そして疲れてたっぷり寝ると、大きく伸びをしてねながら顔を洗いだす。
2012-01-30 011

2012-01-30 012

2012-01-30 029

2012-01-30 033


私は今日も体調不調で突き進めないまま、この寒さの中で猫のけんかを聞いていた。
猫たちのけんかも大切な営みである。
ほとんどがにらみ合ったままわめきあっているだけなので、あまりに長くうるさいのでときどき止めに行く。
その時の雄猫たちは勝負の世界、一番真剣に生きている瞬間であり、
強いものが子孫を残していくという動物の本能がそうさせているのだからあまり介入はしたくない。私が行くといったん勝負はお預けになり、それぞれどこかに走ってまた仕切り直し、今度は森の中で始まる。そして1時間もすると疲れたと帰ってくるゼロであり、ルナであった。今のところ大きなけがもなく、あまり強い奴も来ていないようだ。


INFINITE POWER

INFINITE HEALTH



太陽の女神と三日月天使、そして地球の代表の猫さんが心をこめて宣言します。


s-コピー ~ 2012-02-01 009のコピー
 壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します


s-s-コピー ~ 2012-02-01 009のコピー
 壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックし設定します


すべては必ずよくなる

絶対大丈夫

大成就