前年比9月は51%、10月は48%の削減であった。
dennkiisiki112.jpg

これは、我が家の電気エネルギーに対する意識が高まったことによるものが相当にある。
10月の太陽光発電は80キロ台であり、去年の我が家の10月の消費量483キロの17%程度、48%の削減というのは紛れもなく省エネ意識と、各所に省エネの物を使ったことによって得られたものであることは間違いない。電球をLED化したことで15%、一人一人の意識で15%は削減で来たことになる。

太陽光で発電にするということだけで、電気に対する意識が高まり、それは一つ一つの電気製品に対して目を向けることであり、いかに無駄にエネルギーを消費しているのかがわかってくると、自然と省エネの方向にむかう。
特に太陽光のように自然に左右される発電は、曇りや雨の日が続くと消費が気になり、省エネルギーに対しての意識が高まるのである。

我が家の場合は、未だに東電の電気と太陽光の電気の2つの配線が家じゅうに回っているので、明かりや、ステレオ、コンピューターは常時太陽光、晴れていれば、昼間の時間、冷蔵庫を太陽光でまかなっている。雨や曇りが続けば東電からの電気を使うが、今のところ長雨があったのは1度だけである。これらの切り替えや、その時々の切り替えはすべて私がやっていて、家族のだれもそのシステムはわかっていない。つまり私一人が電気に対しての意識が変わったことでこれらの消費削減ができていることのようだ。

次なるステップは、蓄電能力をあげて、風力をとり入れることである。太陽と風力を合わせていくやり方をハイブリッド方式といい、今時の省エネの先端方式言葉であるが、いかんせん先立つものがないとできないものだ。

無限なる供給

無限なる富

無限なる成功


自然のエネルギーに感謝


10月15日に来て18日、鼻の頭のちょっと黒いのが英語のIの字に似てるのでアイと名付けたが、いまだチビとかモコとかと呼んでいる。
そして2,3日前より、マジョラムから来たのでラムがいいということになってきた。

私がパソコンしている時に眠たくなるとテーブルのコードなどで遊び、大いに邪魔してくれてからばたんと寝る。すぐ後ろのスピーカからガンガン音が出ているのに爆睡してしまう。
ramummmm.jpg

このテーブルにのるためには私の足にしがみつき登ってくるので足は傷だらけになっている。そして肩まで登ってくるものだから、腕も結構傷だらけだ。
子猫を飼うということは傷だらけになるということであり、1年は仕方ないことかもしれないと思い出してきた。
風呂に入るとあまりに傷だらけでひりひりするが、可愛いラムを思えば全然許せる。
生まれてまだ3,4カ月。この世のことなどまったくわからないのに、ものすごい運動能力で日々多くのことを学びとり成長している。
コピー ~ 2011-10-31 004

 
今ではゼロが子猫に遊ばれて、寝ている時に飛びかかられている。いい加減にしろと怒るもののやさしいゼロは手加減して吹っ飛ばしているのがおかしい。
zeroramu.jpg

ルナは結構本気モードで怒るので飛びかかってはいかない。ミカンもやさしいので一緒にじゃれて散歩している。テトだけがいまだに近寄らないが、もう我が家の住人であることは認めているようだ。


INFINITE LOVE



2011.11.04 吉祥寺の月
週一のペースで実家の吉祥寺に行っている。
今日は母のリハビリに付き合い、転んだ時の傷の診察を受け、インフルエンザの予約もしてきた。病院が実家の隣なので、母も歩いて行けるのだが、まだ手術後50日なので筋肉が戻っていなく、両足とも人工股関節になった歩き方はぎこちない。でも、痛くなくなったことが何よりもうれしいことで、そばにいても気が楽である。
午後は、少し時間があって、久しぶりに町に散歩に出かけることができた。金曜の吉祥寺の町は適度な混み具合。それにしても暖かな日和で、Tシャツでも汗をかいていた。
空には3時ころより月が昇ってきていた。
kitijyoujinotuki.jpg

ビルの狭間に浮かぶ月を見て、ホッとする人というのはどれだけいるかしらん・・・・・・
コピー ~ 2011-11-04 030のコピー


夕方。父が介護施設から帰り、介護の契約更新のために4人の人が来て今後の介護の計画などを父を交えて話し合った。
介護をしてくれる方々のありがたさを本当に感じる日々である。
今日の父は今までになく元気で、歩行もしゃんとしていて、八ヶ岳に行くために頑張ると言っていた。

行くたびに、家のリホーム、バリアフリー化に取り組み、段差を解消させ、整理しきれない部屋を片付け、ゴミを車に満載して帰ってくる。
今日は、お納戸。この部屋は母の物置なので、足の悪い母ではどうにも片づけられなくなっていて、空き瓶、空き缶、空き箱がふえ過ぎて歩く場もない状態、ちょっと片づけただけで母は喜んでくれた。

介護してくれる方々にはできないことを家族としてどんどんやっていくことが今、何よりも大切なことであり、時間であることをしみじみ実感して帰ってきた。


INFINITE GRATITUDE

INFINITE LOVE


寒くない日が続くので干しがきがかびてしまいそうでまだあまりむいていない。そろそろむかないと柿が柔らかくなってきてむきづらくなるので剥きだした。
去年いただいたハロウィンかぼちゃから取りだした種で我が家にも7つの小さなハロウィンかぼちゃができベランダを飾っている。
寒くなりだしたこの時期、オレンジ色が暖かい。

風もなく、静かなウイークデー、
インターネットラジオからバッハが流れている。
beranda.jpg



2011-11-05 035のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します


INFINITE FREEDOM 




私の人生の師は五井先生であることは間違いない。
あまりにも簡単にわかりやすく、しかしどこまでも深く人としての生きる道「人間と真実の生き方」を教えてくれた。
知識としてではなく、日常のあたりまえの暮らしの中で、行いで示してゆく生き方「世界平和の祈りとその運動精神」をとことん教わった。
毎日、講話のテープを聞きながら仕事をし、寝ても覚めても世界平和を祈り、どのような状況の時にも前向きに、そして世界が厳しくなればなるほど五井先生の教えのやさしさとありがたさを感じている。
今の時代、政治や経済といった世界は、個人の人間ではどうしようもないような状況に見えるかもしれないが、これらの物質中心の世界だけが世界ではありませんよと
人間はもっともっと大きな世界、自由自在の世界に生きなくてはいけませんと教えてくれる。
今だ肉体としては、この世の物質世界にとらわれながらも、五井先生の教えを有難く素直に行い、一人一人の魂の世界は無限に大きな光の世界なのであることを、一人でも多くの人と分かち合いたいと思っている。

今日は、感謝祭。
この日は毎年、妻と行く。
霧の中、今年は少ないのか二〇〇〇人くらい
暖かい南風の中
kirinonaka.jpg
五井先生に手紙を書き、平和音頭を踊り
94.jpg
本館にて聖歌隊コーラスを聞く 94歳の歌声が心に響く
kirinonaka1.jpg
本館を出ると霧深く、人影も少なく
さっきまでのにぎわいはどこへ行ってしまったのか・・・・
地元のマーケットも閉まりだしていて静かな聖地に戻っていた。
kirinonaka2.jpg
ピースパスを抜けて駐車場へ

霧に包まれた聖地


コピー ~ 2011-11-06 031のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します


五井先生ありがとう

INFINITE GRATITUDE






毎日何かを作っている。
今日は樹齢100年以上のモミの木の枝。
薪として積まれていた枝。この枝でも60年の年輪が刻まれている。
momimoki.jpg

これをひたすらスライス
1本から5,60枚で伐るので200枚以上ができる。片面だけサンダーをかける。
後は空いた時間に消しゴムで作ったハンコを押していく。ピンをつけたり、マグネットをつけて完成。
magunetto11.jpg

このスライスが毎日たっくさんできている。というのも毎日薪を燃やしているので、年輪がきれいだったり、色がきれいだったり、何かになりそうな木は、どんどん素材として加工していかないと、みんな燃やしてしまうからだ。今までずっと積んであったものだが、薪をガンガン使い始めると、いつものことだが薪にはもったいない木がたくさんみつかる。。
ボタンになりそうな枝などはとにかくスライスにしておけばいつかはボタンに変わっていくと、とんでもない数がスライスされている。
燃やせば薪、スライスすればボタンやマグネット。
私たちを暖め、そして変じればお米に変わり、大豆に変わり、私たちの血となり肉となっていく。



木さんありがとう

無限なる感謝



2011.11.08 立冬
柿も250個むいて、残すところあと200個。
そんなに食べないけれどこの時期、とにかくむくのです。
ritou.jpg

暦では立冬
でも寒くない。
家の前のウワミズサクラも赤い葉がばらばらと落ちて、黄色が残っているだけになった。
日々空が広くなってゆく。
ritou11.jpg

富士聖地で買ってきたビオラを平和塔のまわりに植えた。
heiwatoubiora.jpg

地球の安寧と世界人類の平和のために

真理の祈りと真の言霊を捧げつづけてゆく

すべては必ずよくなる

絶対大丈夫

大成就


INFINITE LOVE




2011.11.09 石臼
8月の終わりに、実が入り過ぎて硬くなってしまって茹でてもおいしくないスイートコーンを乾した。今日はそれを粉にする。
toumorokosiko.jpg

昔、とりこわしてしまう家から頂いてきた石臼
飾りに部屋に置いてあったものの柄を直し使ってみた。
結構汗だくになって、めでたく1キロの粉ができた。
toumorokosiko11.jpg

石臼で挽くということが人生で初めてのことで、全くわかっていなかったが、ゆっくり回すと細かくなり速く回すと荒くなる。そして回転方向が時計回りの反対であるということ。知らずに時計回りでやっていたら途中で全然出なくなってしまった。臼をあけてみると、臼に刻んである溝に粉がびっしり張り付いてとれなくなってしまっていた。それを取り除きまた時計周りで粉にした。途中で時計回りの反対にまわすといいということもわかってきていたが、粉が大きいので細かくするためにも時計回りのほうがいいと思っていたのである。1キロすべて逆に回して挽ききってしまった。
夜、you、tubeで石臼の挽き方を見ると、挽き方は時計回りの反対でまわすのが常識なのであった。
何んともお粗末なことながら、あの硬いコーンが粉に変わったことでクッキーやタコス、ケーキなどに変わってゆく。
何事も経験
蕎麦にしても小麦にしても自分で粉にするということは大変なことなのだ。
昔の人たちは、ほとんどの労働は食べることのために費やしていたに違いない。


夕方 一三夜の月 東の森からのぼってきた。
コピー ~ 2011-11-09 059


美しい
コピー ~ 2011-11-09 074のコピー

闇を照らす月明かり

無限なる美

無限なる光

無限なる自由

そして

無限なる感謝






薪割りは休んでいる。割る薪はあれど、それを積んで置くところが空かないと置けない状況である。
2011-01-19 016

その代わりに夕方、薪置き場に積んである小枝達をスライスする。今日はコナラの枝をスライスする。軽く4,500個はできてしまう。あとは、木の皮をとり、まわりをサンダ‐がけし、穴を2つ開ければボタンに変わっていく。意外と木の皮をはがすのに時間がかかる。虫食いもあっていい感じに形ができるのが面白い。
燃やせない薪ということで、遊び気分でスライスは続く。この木の皮や粉は新聞に包んで風呂の焚きつけになる。
makisuraisu.jpg

面倒なドロップ飴のようなボタンの削りは、今日で100個超えてきた。これは頼まれもので、大きさも厚みも色も指定があり、仕事という気分である。。大きさが18mmで厚み7mmの大きさは、持っている指がつってしまうので毎日30個ぐらいが調度いい。
2011-11-10 047

猫達の散歩は陽のある3時ころにして、
夕暮れの時間は燃やせない薪達を見つけて直ぐに加工してゆくこのごろである。


INFINITE JOY

INFINITE GRATITUDE




雨の清里フォトアートミュージアム(K*MoPA)
素晴らしい空間の美術館に私と息子しかいない。自動販売機のカフェラテで暖まる。
KMOPA1112211.jpg

光と湿気が反応して焼きついた模様、エアーウオータープリントとでも呼ぼうか、単なる汚れともいうが、人為を超えたプリントが光を透して天上に並んでいた。
KMOPA11111.jpg


KMOPA1111.jpg

コピー ~ 2011-11-11 004

111111の満月
コピー ~ 2011-11-10 108のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します


INFINITE BEAUTY



数カ月前から60ギガあるCドライブがいっぱいになってしまって、毎回ドライブのクリーンアップをしなければならず、復元の記録を消すことでしのいでいた。これはOS・VISTAの仕様であり、つまりは寿命とでもいうべき欠点なのであるようで、起動が遅く困っていた。
Dドライブも390ギガもほぼ使ってしまい、外付けのドライブに頼るようになっていた。
この際、きれいにしましょうと初期化した。
ほとんどは外付けのハードディスクにバックアップしていた・・・・つもりなので軽い気持ちで初期化してしまったのであるが、復元をしてみると、どうやらいろいろと消えてしまったものがあるのに気がついたわけであった。

saikidou.jpg

「いろいろ消えてしまったものもあるかもしれないが、あきらめなさい」と画面の中を動くマウスにとびかかり、キーボードを歩きながらタイピングし、疲れると音が鳴り響くスピーカの前でバタンと寝てしまうラムに言われた。

ラムRAMとはコンピューター用語ではメモリー、記憶装置のこと。子猫ラムが来て1ヶ月、このラムに言われるのだから仕方ないとあきらめた。
saikidouaa.jpg



INFINITE  PEACE



2011.11.13 日曜の吉祥寺
実に久しぶりの日曜の東京
吉祥寺の街はまるで祭りのような賑わい

父は、薬の量を減らしてから食欲も出て、元気になってきている。でも足のかかとに床ずれを起こしそれが痛そう。今度はお尻にも小さなのでできてしまっていたが、軟膏を塗りよくなりますようにとテープを張る。母は、いまだリハビリ中ながらもそんな父の看病を必死でして頑張っている。寝るのが夜中の12時すぎると言っている母は、間もなく90歳というのだから驚くばかりである。

一緒に住む兄も病院や買い物、食事の支度とやっていてくれて、
少し息抜きしようと兄と息子の男3人で町へ、
すぐ裏通りの神戸珈琲へ
ほんの50mのところの東急のスターバックスは人でごった返しているが、ここは静か、
安くておいしい。
コピー ~ 2011-11-13 014

ライターだけ持っている息子とたばこだけ持っている兄、息子のライターは昔々の私のジッポー。私が火をつけて、2人がたばこPEACEを吸う。変な3人、自由な3人、血の濃い3人である。
animusukowatasi.jpg

兄は最近ipad2にはまっていて、これで楽しく還暦が迎えられると言っている。ヨドバシヘ行ってipadのオプションやスピーカを探し、息子はそろそろ携帯をiphoneに変えようかと見て、私はこんなところでは何もほしいものがないが、見て触れて音が聴けるこういう電気屋は今日のようにごった返す中で見たほうが気楽に見れるものだと帰ってきた。

夜、長女も帰り、賑やかに夕食

夜中1時、満天の星が降り注ぐ小淵沢に帰り着いた。長い一日が終わった。



INFINITE FAMILY




2011.11.15 月の国集会
この集会も15年以上続いていてその顔ぶれは不思議なくらい変わっていく。

ものすごい勢いでこれしかないとやってきて、しばらくするとさめてしまう方。
静かに でも着実に深まっていく方。
途中ほかの所に行ってしまいながらも戻ってくる方。
いろいろなところに顔を出し、この集会もその一つという方。
仕事が忙しくなって平日のこの集会には出られなくなった方や、自分で集会を始めた方もいる。

どのような方であれ、世界平和の祈り心に火が付き自身の人生で燃え上がった方々であり、集会に来なくともそれぞれの場で頑張っていっているに違いない。

ただ、集会の時間、みんなで全く同じ想いで世界の平和を祈ることは、一人ではとても及びもつかないほどのエネルギー、パワーをかんじことであり、自分という個人を超えた世界をしる時間と空間なのである。
3次元世界の仕事、家庭は置いておき、時間をかけお金をかけ集まる。

そして個人の肉体にまつわるすべての肉体想念、感情、肉体波動を光に変容し、完璧なる光輝く神の器をして働くことを宣言し、2時間の祈りの集会が始まるのである。

私自身でもまったく新しき自分を発見することがあり、この発見こそが肉体人間としての楽しみなのかもしれないと思っている。


人間何をやろうと自由
ただ肉体人間の自由などは、はかなく束の間の出来事。長くて100年自由でいられたとしても大した意味はない。永遠の命を生きる道を歩みたい。

2週間前の瑞垣山に来た時のエディさんは車椅子であったが、今日は杖もつかずにやってきた。肉体人間としてはだいぶボロボロになってしまったが、無限なる優しさ、無限なる命の中、永遠の自由を生きている方である。

INFINITE SMILE!



それはつまり、こんな人柄の
人間とでも申せましょうか・・・・・

あの人がくると  何だかよくなる
あの人がくると  何だか明るくなる
あの人がくると  何だか暖かくなる
あの人がくると  何だか嬉しい
あの人がくると  何だか慕わしい
あの人がくると  何だか懐かしい
あの人と いつまでも一緒にいたい 

(「人が神に出会うとき」最終節より)


コピー ~ 2011-11-15 002
無限なる命
無限なる健康
無限なる感謝




2011.11.16 国民総幸福量
電気のない世界が来たら今の人類はそれだけでたくさんの人が死んでしまうのかもしれない。
携帯
コンピューター
冷蔵庫
洗濯機
あらゆるものを生産する工場
上に向かう高層ビル
すべては電気あってのものであり、なければただのゴミになってしまう。
電気の力は、無限なるかのようにすべてを動かし、闇夜を明るく照らす今の文明文化を支えている。

電気は、簡単に言うとプラスとマイナスの2元世界の中で、+と+、-と-に帯電した時は反発し、+と-に帯電したときは引き合うという力の法則を利用したものである。
自然界で起きる電気の現象を、現代の科学が熱、光、化学、磁気とあらゆるものに変換する技術を作り出し文明を作り上げたのである。

電気は自然界で自然に作られ、調和していたものであるが、今の文明は人工的にあまりにたくさん作り使いすぎた。なんでもそうだが過ぎてしまっている。
今までは、国の発展のためにはどうしても物質を生産することであり、それには電気は必要不可欠なものであった。
しかし、これからの地球の方向、日本の方向を思うと、ブータン国のような国民総幸福量を増やしていく文明社会を作っていくことが、21世紀、世界のリーダーとしての日本の役目だと思う。

コピー ~ 2005 1108 037

物質世界、政治の世界はTPPのことが大きく取りざたされている中、ブータン国王が来日し、日本に向けて「国民と共に祈り続けています」と述べられていたのが響いてくる。



INFINITE PRAYER







昼間、猫たちはほとんど日当りのいいところで寝ているが、子猫ラムは元気一杯でどこに行くにも私の後をついてくる。電動機械を使いだすと跳んで家に入ってしまうが、音が止むとまた来て、遊ぼうと肩まで駆け上がってくる。
そして動いているものを見つけては追いかけ、今日はトンボを何匹も捕まえていた。何をするにも真剣で、その表情がなんともかわいい。
ROM123.jpg


昨日は、初めてネズミを持ってきた。たぶんミカンが捕まえたのをラムが奪ったのだと思うが、うーうー唸りながら興奮状態。
ROMMMMn.jpg

ミカンと一緒に遊びと散歩はどこを歩くのも初めてなので尻尾は太くなりっぱなし。
ROMMMMn11.jpg

家に帰るとバタンQ 何をしても起きない
RAMU777.jpg


INFINITE JOY

INFINITE YOUTH

INFINITE FREEDOM




最近は、気持ちと仕事の半分が東京にある。
家でモノを作っていても東京からの仕事の段取りや予定を決めているので、今やっていることが突然やる気を失い、遠く東京のことを考えなくてはならなくなる。東京時間というのはとてつもなくきちんと人と時間が動いていくので、田舎のアバウトな感覚で暮らしている身には、合わせるだけでも大変なことなのだ。多くの人は、仕事とはいえ、よくまあそのような中でやっていられるものだと感心するばかりである。
そして、私としては、東京に行くなら、あれやこれも一緒に片づけたいと苦手な電話をして予定を決めていくので、それをこなすだけで疲れ切ってしまうのである。
今日はそれらのことで、ケーブルTV、銀行、税理士、不動産屋と次々と会いに行って、時間はさほどでもないものの疲れを実感したのであった。
この疲れは、やり遂げた達成感もなく、ただただ約束事をして、工事のこと、お金のこと不動産のことを相談し交渉して、ハンコを押すということなのであるが、実家のことなのに、多くの人が動いている実態は何なのかと・・・・・それは皆それぞれがお金の世界で動いていることであり、つまりは吉祥寺の実家というのはそこにあるだけで多くの人が集まりお金が動くところということなのである。
それぞれの世界のプロの人たちと会って話していると自分の職業がなんで、何のために生きてきたのかまですっかり忘れてしまいそうになる。あまりに世間知れずで、どうしたらいいのかわからないことばかりであるが、それぞれのアドバイスを受けてそれをこなしていくことで、うまい具合に進むべき道が見えてくるのであった。それにしても世の中のつながりが契約という約束事に満ち満ちているのでそれを理解するだけで疲れてしまうのである。
そのような世界からのがれて、自給自足の道を行こうと田舎暮らしをしているのであったが、どうやらそうはさせてはくれない。

本当なら一緒に住む兄がやればいいものだと思うが、兄の人間嫌いは私の比ではなく、お金に対しても私以上に無関心であり、ましてや父母の介護をしている兄にはとてもできる状況ではなく、頼めないことであり、父の仕事は私がやるしかないのである。

そんな兄は今枯れ行く庭を楽しみ、その庭がリズムとなって流れ出している。ipadに入れた電子楽器テノリオンが家じゅうに流れ出していて、
耳が遠くなっている父も母も猫たちにも癒しとなって流れているのであった。

aninosekai1a
aninosekai


INFINITE BROTHER


NTT東日本からトライアル版で提供されている「電力見える化サービス」の設定が少しずつ増えてきて、分単位での電気の消費量が分かるようになった。そんなに細かく必要ないとも思うが、あると些細な電気の消費もよくわかり、小さな電気でも積もれば山となるということがわかってくる。我が家の場合、私が電気好きなこともあり、細かな趣味のものが数多く、そのほか、明り、オーディオなど電気がなくてはならない暮らしになってしまっている。なので私が気を付ければ相当に省エネルギーになるということなのである。
2011-11-20 056

今日は家族が1日中家にいたので電気もだいぶ使っている。
2011-11-20 053


今月の消費量は30日間で226kwh、去年の11月は29日間で505kwhと前年比55%の削減であった。太陽光発電が始まった7月からは、毎月ほぼ50%以上の削減になっている。つまり、電気代が半額になったということで、月々5000円くらいが浮いている。これでいけば、年間六万円の削減であり、7年で太陽光の設備の元が取れる計算になる。
2011-11-20 054

しかしバッテリーが何年もつかが問題である。今は100アンペアのデープサイクルバッテリー6個、日立の2個のEB100は全く水が減っていないが、中国製のダイナボルトのEB100は相当に水が減っていて、すべてに蒸留水を足した。やはり値段も高いが日本製のほうが断然 優秀である。

我が家の太陽光発電システムは,1050wで発電量は月平均90kwhしかない。これは去年の11月分の505kwhの消費の18%であり、残りの189kwh、つまりは38%は省エネに向けての取り組みによる人為的な節電のたまものということになる。
去年は今年よりも相当に木工機械を使っていたのかとも思うが、ステレオ、コンピューターその他の電気製品もすべてコンセントスイッチで切るようにしていることも、目に見えない大いなる節電であることは間違いない。そして、家の9割をLED電球にしたことが一番大きなことかもしれない。

まだまだやりたいことがたくさんあり、
今後の計画としては、風力発電も取り付ける。そのためにはバッテリーも増やしたい。そのバッテリー選びとしてやはり価格の高い日本製がいいと思いだしているところである。

自然の力で電気が作れることを知る。そして、電気を貯めることができるということを知る。それは貯めてばかりいても仕方ないことで、バランスよく使っていくことで成り立つ。
学ぶべきことは多い。

一人でも多くの人が電気を作り貯め使う楽しみ経験してほしいものである。



INFINITE ENERGY





2011.11.21 バイク事故
7月に続き、次女はまた事故を起こした。今回は期末試験初日で帰りが早く、我が家の近くの見通しの悪いカーブで、車と正面衝突、相手もバイクも追突の時に停止したので、バイクはアンダーカウルと、前のガード、ヘッドライトまわりが壊れたが、エンジンやフロントフォークは大丈夫で、乗っていた本人はこけたものの全く無傷で、車の運転手ももちろんけががなく、何よりであった。どちらかが止まらなくぶつかっていたらバイクの娘は吹っ飛んでいたに違いないので本当にこれだけで済んでよかった。
mizukijiko112.jpg


警察が来て、事故証明は出るが、後のことは当事者と保険屋に相談してくれということで行ってしまった。
相手は初心者で、下り坂を左に曲がるところ、娘は右折して登って行くところ、見通しが利かないし、ほとんど車が通らないところなのでどちらも油断したのであろう。私でもこの直線から見通しの悪いカーブに入るところは右寄りに寄って走ってしまうところなので、出会いがしらだとぶつかってしまうところである。
車と原付ならほとんど車が悪くなってしまう状況で、相手方もそれを認めてくれていて、このバイクに乗って学校まで通えれば問題ないので、壊れたところが直りさえすればそれでいいのである。車のほうはバンパーが少し割れていたが、ほとんど大丈夫な感じであった。家に帰り、外れてずれてしまっているフロントのアンダーカウルをきちんとはめ込んでみたが、やはりがたついてしまうのでこれは交換するしかない。
mizukijiko11.jpg

それにしても、ほとんど車が通らない道の、そこ以外は見通しのいい道で出会ってしまうというのは確率的にも宝くじ的な確率であろう。
ともかくも起こってしまったことは仕方なく、壊れたバイクは直せばいいのであり、お互い体が無事であったことが何よりであった。


INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE




一輪車のことをネコと呼ぶ
薪置場から薪を運ぶのは、雪の降る頃になると寒さも格別で一日中薪をくべているので量も今の比ではなく、軽トラで運ぶが、今のところはネコで二,三日分運んでいる。

この一輪車は本当に便利なもので田舎暮らしにはなくてはならぬ道具である。
タイヤに空気を入れないパンクしないというのが売りのゴムだけタイヤもあるが、それはとても使えない。やはり空気を入れるタイプのタイヤでなければたくさん積んでダートは動けない。100キロぐらいのものは軽く運べるのだから本当に重宝している。22年で2台目。タイヤは5,6回取り換えた。

軽トラで薪をベランダまで運ぶようになったのは数年前からでほとんどは1輪車(ネコ)で運んでいる。
長年の知恵とでもいおうか、普通に運んでくる4倍を1度に運んでくる方法である。

薪の細いのを4本もしくは6本置き、そこに薪を2列に積んでゆく
nekomaki.jpg
積めるだけ積んでしまうほうが安定する
これだけでも60キロ位あるかもしれない。
nekomaki11.jpg
ネコから降ろす時はバランスよくとっていかないとネコが倒れる。1回でこれだけ運べる。
makinoryou


火を使う暮らしのおかげで我が家はゆったりと暮らしているのかもしれない。
薪の炎に心より感謝である。


INFINITE GRATITUDE

今日は人がたくさん来てモノがいろいろと動いた日だ。


INFINITE HAPPINESS


GOISENNSE ARIGATOUGOZAIMASU


INFINITE PEACE





今年の5月19日に愛知県の春日井市の目立つ交差点に平和塔を建立し、そこの主の関戸さんの実家で集会が開かれた。関戸さんは原村で、自給自足の縄文の生き方を実践しながら、今は母の介護で実家に暮らしている。古い友であり、前々から平和塔建立をしたいと言っていて、私の手作りの平和塔がいいと言っていたりもしたが、東京の小平ピースウェーブ集会の重見さんおかげでようやく実現したのであった。
集会が終了し、みんなが帰ってから、庭から畑、温室、関戸さんが手作りの貸家などを見てまわった。そして、家の中には父や祖父が海外から集めた美術品たくさんあって見せてもらった。その中でこのジャガークルトのアトムスがゆったりと回転して時を刻んでいた。「これは電池も何もいらないで動く、永久時計で時計の傑作だ」と言うと「こういうの全部嫌いなのよね、よかったら持って行って」といきなり貰い受けてしまったものである。今では我が家の数ある時計の中でも一番正確に時を刻んでいる。
コピー ~ 2011-11-24 006

本当に不思議で、わずか1度の温度の変化で2日動き続ける仕組みで空気時計とも呼ばれていて、1930年からスイスのジャガークルト社で作り続けられている。現代の省エネの製品よりも省エネルギーの時計である。
この時計が我が家に来て以来、ゼンマイの時計たちが止まってしまうことが多くなっていたが、やはり何もしないで動いている時計たちは、いま一つ物足りなく、時間が狂い止まってしまう時計たちがまたいとおしくなってきているのであった。

2011-11-24 021のコピー



INFINITE JOY


INFINITE GRATITUDE


INFINITE TIME




愛がすべてのすべて  五井昌久

コピー ~ 2011-11-24 031

私たちにとって問題なのは
いかに自分が正しい生き方ができるか
愛深い人間であるか
ということです
宗教がどこであろうとそんなことは問題ではありません

何々宗がいい悪いというのではなく
自分の行いがいいか悪いかが問題なのです
いくら神さま神さまといったって
自分の行いが愛にそむいていたり
思いやりの足りない行いだったら だめです

自分の行いが愛深く 思いやり深く
相手と自分と同じように見えて
相手にとっていやなことは自分もいやなんだから 相手にしない
相手が喜ぶことをしてやる
という風に相手に思いやって
愛の行いが出来ていれば
宗教宗教といわなくたって
その人はいいのです

ただ神さまとか霊界わからないと
死後の世界を否定したり
神様を否定したりしていると
亡くなった後の世界で
その世界での修行があるから
生きている間に神さまも信じ
霊界のあることも認め
それでしかもいい行いが出来れば
一番いい

いい行いというのは何かというと
思いやりに尽きます
お互いが思いやって
相手の立場を理解しあってする
向うがしない場合には
こっちがする
向うがしなくてもいいんです
宗教信仰のあるほうがへりくだって
宗教信仰のあるほうが思いやり深くやってゆく
片方が半分でも思いやりがあればいいけれど
片方が全部思いやらないで0とします
そしたら
こちらが100パーセント思いやれば
完全になります
100パーセント愛の深い行いをする
100パーセント思いやりの深い人間になるとすれば
相手は全部よくなるに決まっています
向うは0でもいいんだ
向うに何も思いやりがなくても
こっちが100パーセントの思いでやればいいのです
それを私が50パーセント思うんだから向うも50パーセント
私が60パーセントやるからむこうは40パーセント
と向うに要求するからうまくいかない
相手に要求するよりも
自分が与えに与え 与えっぱなしにして
今生は与えっぱなしに終わってもいい
と思えば
その人は霊界に行っても
素晴らしい人になるし
この世でも立派な人と
誰も彼もが見てくれる人になります
そういう生き方が宗教的生き方です


2011-11-24 028

わが家の大根はいまだ細い
北風に小雪も混じる中
大きな大根をたくさんいただいた
葉をおとして土に埋める。


INFINITE GRATITUDE




2011.11.25 悠然とゆく

毎週の東京日帰りも慣れてはいるが
いつも行く前はあわただしく、気分も重い
コピー ~ 2011-11-25 001のコピー

晴れわたる朝
この雲ひとつ
悠然と東に進んでゆく
あれこれ考えているよりただ行けばいい
雲が言う
気分軽く
妻とともに東京へ


数日の体調不調がうそのように快調
全開で片付けてきた。

父は、夕方まで介護施設に行っていて、帰ってくるとよく食べよく話、そしてきちんと排便して早めにベットに入る。床ずれも完治してきて、元気になってきている。
母は、相変わらずよく動き、一人でお風呂もはいれるようになってきた。
午後、介護士さんとの打ち合わせで、来月からは病院へ行く代わりに週2回理学療法士が来てくれることになった。ありがたいことである。
兄、娘はそれぞれの世界、元気に活動しているが、高齢の要介護の2人といることだけで疲れがたまってしまっている。妻と私が週一行って食事の支度をし、あちこち改良したり片付けたりと変化させることがまだまだ必要で、やるべきことはたくさんある。

INFINITE HARMONY


吉祥寺の夕暮れ
紫に染まる空に癒されて・・・・・
コピー ~ 2011-11-25 010のコピー



INFINITE  BEAUTY




寒くなった
この冬一番の冷え込み
朝、屋根は真っ白に凍り、ラムとともに出る。
いよいよこの白き世界がやってきた。
yanemassironi.jpg

風のない朝、7時20分


ramunosainn.jpg

ラムにとって初めて氷にサイン
コピー ~ 2011-11-26 008のコピー
壁紙に 写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します


INFINITE LOVE



2011.11.27 水力で磨く
前から考えていて、どうせ作るのなら本格的なものをと思っていて、なかなか実行に移せなかった水車を今日は、工作気分で簡単に作ってみた。
水車といっても4枚しか羽根はなく四角のブリキ缶を中に入れて、その中で、砂とボタンをガラガラと回転させることによってボタンを磨くという仕掛けのもの。バレル研磨とかガラ研磨器というもので、昔々プラスチックのアクセサリーを大量に作っていたとき使っていたもので、本当なら6角形や8角形の缶があればもっといいのだが、今回は4角形の缶で簡単に作り実験してみた。
suiryokugara11.jpg

砂は細かいものを用意し、柔らかい松の18mmのボタン200個を入れて回転開始、U字溝の段差のところに中心の鉄棒を置くと途端に回転しだし、滝に向かって進みだしてしまうので、進まないように棒で止め、3,4秒で1回転する水車が動き出した。
suiryokugara.jpg

夕食も終わり見に行くと、暗闇の中変わらずにからからと音をたて回転していた。
2時間たってどうなったかと中を開けてみた。
バリのようなものも、やすりの擦り目もなくなり、すべすべのいいダレ方で出来上がっていた。

suiryokugarabotan.jpg


実験ながら、十分に使える。

わが家におけるこれからの水力利用は、発電というよりもこの研磨ということで十分に力を発揮できるものにしていきたい。



INFINITE WATERPOWER



暖房が薪ストーブのギャラリーというのもそんなにないと思うが、ここギャラリーTRAXは今年も薪を焚く時期になってきたので薪割りを頼まれた。
TRAXXXCX.jpg


ギャラリーは写真展が開催されていて、モノトーンの世界の中、1枚1枚というよりも全体でこのギャラリーと溶け合っているように展示されている。

時間の止まった写真
sakasama
TRAXsakasama12.jpg
TRAXsakasama.jpg

薪割りを終えコーヒーとジンジャーティーをいただき
天地逆転しても気にならない不思議世界から3時過ぎ帰ってきた。



INFINITE PEACE

2011.11.29 水車の回転
回転が遅かったので、もう少し早く回らないものかと考えて、羽に水受けを付けたり、軸をきちんと固定してみたりしたがさほど変わらず、ダムにベニヤ板を差し込み中央に水が集まるようにたら回転がとても速くなった。水の力がみな羽に当たるようになったということだ。
早く回るということで、仕事量もアップし、どんどんとできてくる。今日は11時間まわりっぱなしで5回中身を取り換えた。木の硬さの違いもあるし、中に入れる量で回転のスピードも変わってくるのでもっと長くやってもいいのもあったが、今のところはその判断がなかなかわからない。

[広告] VPS



いろいろと問題も出てきて、研磨剤の砂の色が付いてしまったり、これは缶がぼろくなってきて、ガムテープを貼っていても水が入ってきてしまうことで起こる。そして今日11時間まわりっぱなしで少し軸が曲がってきて、回転にムラが出来てきた。やはり耐久性を上げることが一番の課題である。

garagara.jpg


まあともかくも、今まで手でヤスリをかけていたのが無くなったことは本当に素晴らしく、水の力のおかげであり、水に対しての新たなる感謝の心で満たされるとともに、この水の流れる山に住んでいることにも大いなる感謝なのである。


水さんありがとう

山さんありがとう

大地さんありがとう


無限なる感謝

白菜より大きいくらいの巨大ブロッコリー
一つは湯がいて朝昼晩でおいしくいただいた。一つはそのまま花を咲かせましょう。
2011-11-30 023


白菜、大根もたくさんいただいた。
白菜は何日か干して新聞にくるんで保存する。大根は土に埋める。
わが家の大根はいまだ子猫のように小さく可愛いい。まだ大きくなろうと頑張っている。
daikon1.jpg



冬支度の時期だが、そんなことを忘れてしまいそうなほど今日は暖かい。
そして、まわりの家からいただく立派な野菜たちは、この時期何よりもあたたかく、見た目はみな同じでもそれぞれの家の味がある。育てた方々の味がある。

無限なる感謝