2010.06.01
コピー ~ 2010-06-01 040のコピー壁紙に

陽は昇り陽は沈む
地球の営みは
変わらない

夕暮れ
風が止み
鳥たちも鳴かない
静けさがやってくる
今にも鳴き出しそうなカエルたちも
この光を見ているのか
オーロラのように揺らめいて
頭上からは闇が迫ってくる

この時間
生きとし生けるものたちは死を想う
人生の夕暮れ
最後の瞬間

hikari78697.jpg




むこうがわ ひかりとなって やみをけし このよをてらす たいようとなる   月






2010.06.02
昨日、美術館の展示台がゴミになるというのでやってきた。
w123434321.jpg
木だから五右衛門風呂で燃やせばいいのだが、きれいでもったいないということで、分解して大きな面だけを家に入れた。
1枚1,5mx2,6mあるのが2枚、0,9mx2,6mが1枚
家に入れるとやたらに大きい。
どうしろというのか・・・・
考えて壁になった。
10畳の部屋の西側の窓がなくなったが白いきれいな壁ができた。暗い部屋にしたかったので丁度よくおさまった。
この壁を作るために部屋の大改装となってごった返しながらも夜にはきれいになってきた。

コピー ~ 2010-06-02 021


INFINITE REFRESHMENT



2010.06.03 木のブローチ
部屋のあちこちにあった木のブローチやストラップ
最近はほとんど作っていなかったものたちが、
みんな引き出しの中から出てきて嬉しそうに我が家から旅立っていった。
76576555555.jpg

INFINITE HAPPINESS


sososiiru.jpg

大きな木
長い間雨ざらしになってすっかり朽ち果てていた
重くまだしっかりしたところがあると
我が家に持って来た
庭におきっぱなしで
ときどき朽ちているところをとりながら
2年がたった
持ってきた時よりも一回りスリムになり
堅いところだけになった
それを見ながら一つは左手になった
そしてもう一つが形になってきた
2010-06-04 001a


INFINITE CREATION



土曜日
今日も蒸気機関車がきた。
445456t6112t6532.jpg
それにしてもこの黒煙は今の時代では許されるものではない。
こうして目に見えるものだからはっきりと感じるが、確かにこんな重いものが山を登ってくるにはそれだけのエネルギーを使うということだ。
汽車を見ているとそのことがよくわかる。

ひかり子の友達と一緒に見に行く。
そして一日楽しく庭で遊んでいた。
私もときどき遊んだ。
のどかな日
445456t6t6532.jpg

私は相変わらずあっちこっちにモノを移動させジグソーパズルをしている。何をやるにもうまくやるためには段取りを考え、とんでもないところからかたしていかないと気持ちよくは進まない。そのとんでもないところの整理を今日のような休みの日にしている。

子供たちの笑い声響く夕暮れ、草花の夕食と桜の木には泥のミッキーが張り付いていた。
2112wqwqer.jpg


平凡な日々の暮らしが
とても大切なことなのだとかんじる

夕暮れに
太陽に感謝したくなることは本当に当たり前
雨が降り天の恵みに
そして
自らの肉体に

無限なる感謝





日曜の朝
組立家具を6個持って吉祥寺へむかう
父はもういいというが大いなるおせっかいの模様替えをしてきた。子供たちにも手伝ってもらい無事に新しい場ができた。父にとっては当分の間はモノがどこにあるのかわからず困ることもあろうが以前の机も使えよくなったと思うのだが・・・・・

夕方、コーヒー飲みに街に出た。どこもかしこも人だらけ、そして数あるコーヒーショップみな満席状態。
井の頭公園へと向かう。花見の時のような賑わいで吉祥寺のすごさを感じる。
公園をぐるりと回ったところでやっとコーヒーにありついた。
公園に面した家の一角でひっそりとあるコーヒーショップ、小学校の椅子が4つ置いてある。誰もいなく椅子に座って息子と2人で公園を眺めて飲む。
qrqwerer3433.jpg

豆を挽きエスプレッソでいれてくれるブルースカイコーヒー。
250円で十分に癒された。晴れた日にはここでコーヒー飲むのがいい
コピー ~ 2010-06-06 016

公園からまた人でごった返す街の中を西日に向かって実家に帰ってきた。
76764545321.jpg


11時過ぎ とんぼ返りで八ヶ岳へ。



ちちのひに いろいろやるぞ おせっかい いいもわるいも かみのみぞしる     月

ひとのなか そらをみあげて しんこきゅう みなそくかみなり ひかりそのもの   月

こーひーを のむためあるく どこまでも わがやのような あおぞらしょっぷ    月

めをとじて さまよいあるく まちのなか ひかりにむかい げんきじゅうでん    月






2010-05-22 02558のコピー壁紙に


オレンジ
外は緑の世界
癒されるのだけれど
成長し続ける緑のパワーに
肉体はまったくついていけない
今日は午後から標高1500mの
清里の森で平和の祈りの集会
ここの緑はまだ新緑
明るい森の中
祈り響く


久しぶりにバイクに載った
息子のドラッグスター
緑の空気を感じて
標高830mから1600mを走った
季節が変わり
色も風も変わる
風になれる乗り物
不思議と
オレンジだけがやたらに目立つ日だと思った。

2010-06-0712 112004のコピー壁紙に




2010.06.08 生と死
蛇、鳥、ネズミ、モグラを埋めた。
みな生まれてきたばかりの子供たち
ネズミとモグラは猫に捕まえられ死んでしまった
死臭がするので下を向いて歩くとアリがたくさんたかってモグラが草の上にいた
また歩いていると死臭がしてきた
頭のない小さな鼠がいた
四十ガラは巣から落ちて死んでしまった。これで3羽目だ
あらゆるものが生を全うするべく必死なのだ
そして同時にどんどん死んでゆく
死ぬとあっという間に虫たちにたかられて変わってゆく

ssss777.jpg
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します。

無傷の蛇ヤマカガシ
何で死んでしまったのだろう
氷のように冷たく柔らかい
死んでいないと触れない
奥歯に毒がある
aq.jpg



はなくわえ とぐろをまいて てのうえで あなたをみつめ またつちのなか   月


※ヤマカガシはいろんな色があるのでその子供かと思っていたのですが、
この蛇はヤマカガシではなくとてもおとなしいジムクリという蛇でした。
長さも70cmくらいあったので大人の蛇ということだったのかもしれません。
白州のWサン教えていただきありがとう。




胴体が8mmくらい、長いハサミの手が10mmくらいある
人生で初めて見る生き物。
2010-06-09 010のコピー壁紙に・・・

グーグルで「サソリに似た昆虫」で調べると見つかった。
自然界では土のなか石の下などに結構いる虫のようだ。
この鋏でトビムシや団子虫を捕まえて体液を食べるそうだ。
身近なところでまだまだ面白い出会いがある。

今日の空
2010-06-09 036のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します。  


外で仕事をしていると
地上はあまりに汚くて
片づけばかり
いい加減いやになって
空を眺める
一瞬たりとも止まることなく
美しく変わってゆく空
こうなりたいと
印を組む

「我即神也」「人類即神也」



虫に名前は「カニムシ」と言います。

INFINITE JOY








毎日、時間があれば片付けていて
玄関に張り付いていたアイビーにはアブラムシがついてしまい、作品にも相当張り付いてまたはやそうとは思うがほとんど取ることにした。
gennkannnisi.jpg

そして、玄関の西側の部屋の前の通路に積んであった様々なものも新しく作った物置に移動し広々してきた。
さてどうしようか・・・・・と考える。
ここは土ぼこりがすごいので床のようなものを作りたいと考えていて、丁度244cmX122cmX22mmの厚い大きなべニアが4枚あるのでそれを使えばいいかもしれないと・・・・・

水平を出し水糸を張り、有り合わせのレンガと木で床面を出した。
コピー ~ gennkannnisi

そしてこの大きなべニアをのっけて2,4mx3.0mの5畳の床面ができた。
ddefrgtyyy7.jpg

作ることは簡単であるが、ここに来るまでの片づけやなんだかんだでで2週間はかかっている。このなんやかんだがいつものことだが大変だ。とにかく作ることがしたいのでここを乗り越えてやってゆくしかない。


 あれこれと こなしてすすむ わがくらし おもいだけでは ものはうごかぬ  月


 あるもので ものづくりする おもしろさ つぎつぎうかぶ ふしぎそうぞう   月



2010.06.11 アカゲラ
子供が生まれピーピーと鳴き続けている。親は必至で餌を集めている。
この間までいた四十ガラは9匹のうち3羽は死んでしまったが他の6羽は私たちがいない日に忽然と巣立ってしまった。あっという間である。
アカゲラも3週間ぐらいで巣立ってしまうというからあと1週間ぐらいかもしれない。
仕事していると道の向こうの林の桜から鳴いている雛の声が聞こえる。
写真に撮りたいと木蔭に隠れて待ち構えること3回目でやっと撮ることができた。
今度は巣立ちを撮りたいと思う。
121234567890-.jpg
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します。






2010.06.12 新月 額4つ
一つを作ると4つできる。
そもそもモノづくりにごみは出ない
そんな感じです・・・・
gaku77443.jpg


夕方の太陽
コピー ~ 2010-06-12 041のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します。



ぎらぎらの ひかりかくすは だいちふく かぜみずあわせた らいおんのくも   月









2010.06.13 水田宇宙
コピー ~ 2010-06-12 079

成長 増殖

  生と死
   太陽と月
     空に水 
      風に光
  宇宙
   エナジー
    無限の彼方
      季節がめぐり
  彼岸から
   時を超え
    愛と希望
     銀河の夢
  輪廻を超えた
    自由
     歓喜
      無限再生

kakaka14231221のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します




緑の包まれて
梅雨に入る準備もできた
2010-06-04 005112のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します


コピー ~ 2010-06-04 004


そらみあげ まるいしのせた いしじぞう せんねんさきの ゆめでもみるか  月



2010.06.15 月の国集会
毎月第3火曜日に行われ、まったく休むことなく続いている。
月に一度というだけでもそれなりに大変なのであるが、毎月来てくれているエディさんは30以上の集会をまわり、海外、沖縄もほぼ1泊、福岡、北海道などは日帰りである。そして東京の自宅でも集会をしているのだから想像をはるかに超えている。
毎年 エディさんは彼岸やお盆には肉体が厳しい状況になっている。
どこへも出向き、救いを求め集まってきた御霊を光の柱にのせて上げている。
その時に素直に光に上って行けばいいが何百年も待ち続けていた肉体的な訴えとして話を聞いてくれと足にしがみついてくるものがある。それはまるで抜け殻なのだが足に突き刺さるようにたまってしまうのだとエディさんから聞いたことがある。そんなこともあるのかと思うものの、霊的なことが見えぬ身としてはちんぷんかんぷんな話であった。
今年は3月の彼岸にフィリピンその後沖縄に行き4月5月は相当に厳しい状況が続き、足がパンパンに腫れていた。霊的な世界のことなので医者に行っても治らないが、見た目にはつらそうで痛みだけでもなくなればと思う感じであった。
今日も来るのが大変であろうと思っていたら杖もなく腫れもほとんどひいて足取り軽く来てくれた。
フィリピン沖縄台湾すべては水、自宅においても水そして自身も水、水のことが解決した瞬間一瞬で足の腫れがひいたそうである。

無限なる歓喜

2010-06-15 3w001

21人 新しき方の参加もあったが素晴らしい波動で一つにまとまった完璧な時間であった。

甲府集会が今年3月から新しく始まりそれが第2土曜日なのでエディさんの中目黒の集会と同じなので同時集会ということでやることになった。
月の国集会もインフィニットハーモニー長津田、インフィニットハーモニー桜ケ丘と同時刻同プログラムで行っていることで、流れるエネルギーも強くなっているのを感じている。
新たなる形で祈りの場、祈りの時、祈りの人ができていくことはとても素晴らしいことである。



無限なる喜び



2010.06.16 夕暮れ
2010-06-16 104112のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します

6時過ぎるころから
変化してゆく西の空
毎日必ずやってくる
夕暮れ時のその時間
大地が闇に覆われて
光が天へ伸びてゆく
空が宇宙へ繋がって
深い青があらわれる
最後の雲が湧き立ち
もくもくもくもくと
上昇するピンクの雲
黒の森に取り込まれ
消えてゆくあわれ雲
定めなればと見守り
上から迫る深き青色
闇と溶け込む時間也
太陽さんさようなら
次の瞬間見つけ出す
宵の明星金星の光明
雲のむこうの5日月
待てども隠れたまま
闇迫り来て夜となる
ぽっかり空いた雲間
月の光つつましくて
淡く優しく温か香る
光の世界消えません
夜の闇照らす月明り
夕暮れ終わる深き夜
長くも短いこの時に
感慨深く人生感じる

2010-06-16 117のコピー

2010-06-16 111のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します




2010.06.17 忍野八海

妻の両親が北海道より来たので忍野八海へドライブ
天気はいいものの富士は隠れてしまっていて残念
osino8.jpg
湧きだす泉はどこまでも透明で富士に降った雨が何百年もしてあふれ出てきたものなのだ。

osino8asw.jpg


水に感謝
富士に感謝


FUJITATOU

浅間神社へ
杉と檜
植物に感謝
親に感謝


帰りに白根に寄ってサクランボ
夕方家に帰りサクランボをほおばった。
コピー ~ 2010-06-17 083

やまなしを たいかくせんで おうふくす くるましゃかいは けしきながれて   月

さくらんぼ なってるすがた おもいでに ぱっくにつめて こどもにおみやげ   月



午後から雨が降り出し梅雨の空
妻の両親と甲斐市双葉のフランス料理の店BERGに食事に出かけ
こんなゆったりとしていていいのかと思うくらいくつろぎとともにおいしい食事を楽しむ。
23wwert543.jpg

続いて、ワインを買いたいとそこから同じ市内といえど山のなか登美の丘ワイナリーへ
雨が降り、最後の見学時間の3時だったが、階段が多いということで父にはきついだろうとキャンセルし甲府が一望でき試飲できるSHOPへ向かった。
wain232323.jpg

waindff232323.jpg

静かなワイナリー
ガードマンの人いわく冬の寒い時には甲府の町と富士山が正面で素晴らしいというのでその頃にも来たいとおもう。その前の葡萄の実るころにもまた来たい。
前から知っているところであったが今回初めて行ったが本当に素敵なところであった。
帰りは茅ヶ岳側の道を通り明野で温泉につかり帰ってきた。
食べて遊んで温泉に入って1日が終わってゆく・・・・




しっとりと はなさきみのる つゆのそら くものむこうの ひかりかんじて   月


ひとくれば たべてあそんで ゆにつかる ひにちじょうは うれしつかれし   月




2010.06.19 修理を楽しむ
コピー ~ 2010-06-19 007

我が家の玄関は長野県茅野市の旧市役所の会議室の扉で、ドアノブと鍵はフランスのアパートのモノ。どちらも新築祝いにと建てている時に頂いたものであった。
鍵に至ってはまるでおもちゃ箱に使うようなお粗末な鍵だったので、もう一つ日本のカギも取り付けたがそれはまったく使わずに18年がたち、いよいよぼろくなってきて、鍵を閉めていてもおもいっきり引っ張れば開いてしまう扉になっていた。
key7771234567.jpg

扉もそもそも家の中の戸なのでよく外で頑張っていてくれたと思う。
そんなわけで前々から直さなくてはいけないところであり、今日 4年前にシルクロード美術館の別館のレストランの改装で頂いてきた扉に取り換えた。
ddoor545123.jpg

「生活をアートに」という暮らしを実践して頑張っているつもりなのだが、次から次へと修理に追われ、自分の思うように生活は進まない。ならばこの修理そのものを楽しんでいくしかないと感じている。


未完のまま柱に彫りを入れて今日はここまで


INFINITE CREATION



2010.06.20 玄関ドア
コピー ~ 2010-06-19 080

いろいろな困難を乗り越えなんとかかたちになった。

もともと左開きの扉なので、右開きにするために鍵類を反対に付け替える。ノブのほうは簡単に分解できたが、上のカギだけのがどうしても分解できずに試行錯誤のあげく思いもつかぬ所のピンを4本外すということで無事に外すことができた。蝶番も反対に付け替え、続いて柱に鍵のための穴を掘って閉まるようにする。同時に戸が気持ち良く動くように調節、これがなかなかうまくいかない。下の枕木を相当に削ってよくなった。そしてドアクローザー これがまた難しい。新品をつけるなら型紙や設計図があるから見てやればできるのだが、あるものを使ってやるというのはパズルに近い。楽しみをこえ悩む時間が多くいる。先のカギなどは外すのに2時間くらい考えてしまった。1000円以上する知恵の輪に匹敵するほど外れた時の喜びはひとしおである。
ドアクローザーも最初につけようとしていたものが左開き用であったのに気付くのに20分、そして付け方をきちんと把握するのに20分、付けてから、ドアがきちんと閉まるようにスピードなどの調節に20分・・・・これをつけるだけで1時間・・・・
木だけで作るならアイディアも出て楽しめるが、こういう機械を使うことは非常に苦手なのである。
door77.jpg

扉が完成し、
余ったスペースにステンドグラスが入る。
1箇所割れているというので廃棄されるところをガラス屋から頂いてきて直したもので、2本の柱の間にぴったりはまった。
めでたく玄関が新しくなり、気分も変わる。
部屋も明るくなった。



つきのくに げんかんかわり とうめいな いえのかおだよ かくすものなし   月



2010.06.21 長い1日
コピー ~ 2010-06-21 008のコピー壁紙に

廃材の薪とりに行く。梅雨に入ってしまい濡れて重い。
2回運んで、他にもいろいろ片づけてというので運んできてしまった。
石臼、きね、炭を焼くためのかまど?
それに15CMの角レンガのタイルが360枚。これで玄関前をきちんとできそうだ。
makimaki66767.jpg

途中で山の主の清さんに会ってワラビとタケノコをいただく。
tstrsrttt5545.jpg

廃材もほとんど風呂の薪になるが、中にはいい板もあってそれでまた何かができる。
今の時代はちょっと腐ったからということでみんな捨てて新しくしてしまう。今まで家としてしっかり使われていたものだし、もう少しいたわって使っていけばと思うもののお金の世界なのか別荘文化というか、木について無知すぎるのか、もったいない。
我が家に来た以上は木のエナジーをまた発揮してもらいたいものだと思っている。



ふるどうぐ さんさいはいざい あつまって せかいのへいわ いのるしあわせ    月


2010.06.21 夏至WPPS
7時過ぎに空が燃えている
2010621.jpg壁紙に

世界平和人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます
rrrrrwwerwerr.jpg


世界中でWPPSが行われています
世界各国の平和の祈りのサイト
世界の国々の平和を声を出して心をこめて祈ります。

MAY PEACE PREVAIL ON EARTH





2010.06.22 増築進む
次々といろいろなものがやってくる。
丁度いい感じでそれらを使って増築が加速している。
家を整理するためと始めた増築で、家の周りにあるものだけを使ってやっているが、廃材を軽トラで3回も運んできたら空いたところがまたいっぱいになってきた。丁度いい2x4材はすぐさま増築に使っている。
ずっと立て掛けてある窓や蔵の戸はそのままでは意味なくかえって邪魔なものなのでこの際みんな使って増築している。
ほぼ5畳の小さな部屋なので簡単だ。

蔵の戸も西の壁になった。
zoutikudesu.jpg

ペアガラスの大きなガラス戸120x150CMの2つが南面にはまる。
西の蔵の戸の上にもペアガラスがはまった。
zoutikudesu2.jpg

いつも思うが空間づくりは本当に楽しい。


つゆどきの くうかんづくり たのしくて こものづくりを すっかりわすれて・・・・・月


2010.06.23 夕暮れの時間
朝は雨が降り午後には晴れて
そして心も染まる夕焼けがやってくる

5時50分
785681148392s.jpg
6時0分

6時30分
7856848392s.jpg
7時10分

2010-06-23 117のコピー
壁紙に・・・写真をクリックして大きくします。次に右クリックして「ディスクトップの背景に設定」をクリックして設定します

最後の赤に乾杯!!7時20分

平凡な暮らしのなかで毎日この空を眺めていられることはそれだけで幸せなことだと思う。

無限なる光

無限なる自由

無限なる命

無限なる美

無限なる広がり

無限なる調和

無限なる感謝




今日は足長蜂に背中を軽く刺された。Tシャツの上から肩の少し下、急に痛くなったので手で払いのけると蜂が飛んで行った。
蜂の巣のすぐ横で壁材を打ち付けていた。まだ女王蜂だけなのでそんなに怖くはなくそれでも気をつけながらやっていたのだが、ドリルでガンガン振動させたので相当に気に障ったのであろうチクーっと刺してきた。
これが刺した女王蜂で元気に生きていて、子供たちもすくすく大きくなってきている。本当に軽く刺した感じなので自分も死にはしない。私は夜になっても赤く腫れて熱をもち痛かゆい。
hatihati77.jpg
よく作り育てるものだと感心してみている。
西の壁の上のほうはほとんどできたのでもう邪魔しません。
蜂も家づくり家族づくりに必死で、私も家を作っている同志。今年も仲良くいきましょう。

それにしても有り合わせの建具を使い、薪置き場に積んであるの木を使い細切れながら壁ができてきた。
もともとの家自体が少し曲がっていてそれに合わせて作っているのだからなかなか難しい。
西口の戸の上の黒いところにはめる板は、登ったり降りたり繰り返し寸法を合わせてやっとぴったりはまった。
nisinokabe21

2010-06-24 014
家づくりは楽しいが、この壁を張っていくというところは私には苦痛に近い。


無限なる発展
無限なる創造



2010.06.25 長い長―い1日
太陽の下の外仕事は結構疲れる。久しぶりに11時に寝てしまった。

日本対デンマークのサッカーの試合が朝3時30分から始まるということが頭に少しあったのか目覚ましもかけずに3時16分に目を覚ました。ならば見ようかと下の部屋に行きTVを付けた。国旗が入場し国歌が流れそして始まった。はるか地球の向こう側日本人が頑張っているのを応援した。目覚めてまだ少しというのに興奮と感動であっという間に試合が終わった。

そして7時半いろいろな道具とモノを持って東京へ向う。
着いてすぐ実家の一階の階段の手すりを取り付け始める。コンクリに穴をあけねじ止めをして2か所取り付けた。木ならともかくコンクリに対しては無知なので今日の本番に備え家の布基礎のコンクリで何度も実験して付けることができた。これでコンクリに対しても大丈夫かもしれない。

続いて、屋上に2mX3mの屋根を取り付けた。兄の新しきアトリエとして、鉄筋と木とシートで作ってきた。
屋上は父の緑一杯のアトリエと兄のアトリエがいい感じでできてきた。
無限なる調和!
kitijyouji76112676.jpg


予定より早く完成したので学校帰りの長女と一緒に街にも出て公園にも行ってコーヒーも飲んできた。
長女もサーカーの試合をスポーツバーで観戦して徹夜なのでぼーっとしたかんじで歩いた。
今日の井の頭公園は人少なく、ボートもほとんど浮いていない別世界。都会を忘れる湖面であった。
kitijyouji76676.jpg

夜11時吉祥寺を出発し、夜中、小淵沢に帰ってきた。

コピー ~ 2010-06-24 451



あさおきて みなみあふりか きちじょうじ あちこちとんだ ながきいちにち   月



べっせかい いしきをかえて ながめれば みじかなものも すべてしんせん    月 



くもまから つきあかりさし かえりつく こうげんのもり けものうごめく   月



INFINITE PEACE





月と太陽
どちらも白光に輝く丸い球

ssdfer34.jpg

INFINITE LIGHT


INFINITEBRIHTNESS


上は太陽、下が満月の月
2010.06.27 蒸し暑き梅雨

この高原の風も今日は蒸し暑い風が吹く。
東京から長男長女も帰って来てそれぞれ友達と会ったりしてほとんど家にはいないで帰っていく。
一番下のひかり子は友達が泊まっていて寝ないで遊んでいる。
朝からプールに行き、雨のなかぐみを採りに行き、今度は川で遊び、最後にホースで水遊びをして一日水とともにいた。そして、食事もしないで眠ってしまった。

kodomo654321.jpg

増築中の部屋もすっかり緑に覆われて仕事がしにくくなってきた。
有り合わせの断熱材を蔵の戸にはめ込む。
西壁は200年前の蔵の戸と、プラスチックのペアガラスの窓や戸がミスマッチながら完成に近付いている。
南は大きなペアガラスのはめ殺しの窓と、ペアガラスの木枠の引き戸がはまった。この組み合わせも変だが・・・・
34wertfdsaq12345.jpg

INFINITE HAPPINESS



知り合いの家の改装で出た外壁材が我が家の新しき部屋の外壁になる。まずはくぎ抜き
廃材で作ることの一番の手間はこのくぎ抜きである。ただ、ここのところ集まってくる廃材の多くがステンレスの釘を使っているので抜きやすい。
廃材が来たらまずは釘を抜いて積んでおくのだが、ここのところそんな時間ないまま上に上にと積んでしまう。そしてこの板はその中の一番下になった板なので取り出すまでに汗だくになった。
釘を抜いて雑巾で拭いて張ってゆく。新材だったら本当に簡単なことだといつもながら疲れてくると思うのである。
higasi21.jpg

東側は、今まで使っていた我が家の玄関戸をそのままはめ込んで完成。
higasi76qw21.jpg

今日も暑い日で、夕方、陽が沈んだ7時ころより草刈りをしてぼうぼうの畑の周りもきれいになった。
何もかもがものすごい勢いで成長している。
いい汗かいてこの季節についていけるくらい身体も慣れてきた。
2010-06-28 11qw009


あせかいて からだつかえば なつのそら しらくもながれ きぶんそうかい  月





2010.06.29 地道に完成へ
壁材の端材を風呂で燃やそうと思っていたがこの矢印のところに使えるので面倒と思いながらも切って張る。
こういうところはわたし的ハンドメイドハウスではやらなくてもいいところなのだが、家の正面であるし、燃やしてしまう木できれいに見えるならと頑張ってみた。
ブルーグレイの壁板などは自分では絶対に使わない色だが、こうして使ってみるといい感じである。
これで南面も完成
ddde45777.jpg

西面も戸がはまってあとちょっと
コピー ~ 2010-06-29 009

基礎を本当にいい加減に始めた増築も見た目はきちんとした家になってきたものだ。




いえづくり ねじどめだけで できあがる ひぐらしなけば かんせいまじか  月




 
2010.06.30 内装
内装が始まりまずは断熱材いを入れていく。
もう1年半たけかけたまま置いてあるスタイロホームが5枚(1枚が182cmX91cm)と半端がいろいろ、紫外線には弱いのかまわりが少しボロボロになってきていた。
足りないところはプチプチでもつめようと始まった。
汗だくになって天井を測りたる木の間にスタイロホームをはめてゆく。天窓のところは雨漏りがするのでシートがかけて一応雨漏りはしていないが、ここはきちんと直さなくてはいけないところで、梅雨明けしたら屋根の修理が待っている。そこだけ断熱材ははめられない。
yhtg45467321.jpg
狭い部屋ながら 天井、壁を張る作業・・・・登ったり降りたりを何度したであろう…・
yhtg454321.jpg
南側の下は、たまりにたまったエアーパッキンを断熱材に使ってみる。8重位にして止める。
あるもので作るということ。そしてこれで充分

南面は細かい半端材で完成。
2010-06-30 014



つくりだし にじゅうにちで ここまできた あしたはいよいよ ひちがつかんせいへ!!   月