2009.10.01 GREEN EYE
コピー (2) ~ P1090106

どこもかしこも赤トンボが飛んでいる
太陽の光と夜風にあたり体も茶からきれいな赤になってきた
音もなく陽だまりの空を気持よさそうに飛んでいる
アトリエの窓をあける
10月の風とともにオニヤンマが入ってきた
赤とんぼの倍以上あるトンボの王様
羽根はぼろぼろだがその大きな目は光り輝いている
家の中を悠然と一回り
だがしかしいつもながら出られない
変なところに入り込み羽根をバタバタさせている
今年の夏も幾度となく助けた
それももう今日でおしまいの気がした
グリーンの目が
また来年も会いに来るからと言っている
私もまた来年会おうと言った
手につかまったまま動かなかったが
太陽の下に出ると秋の空の中に消えていった


INFINITE LIFE



2009.10.02 雨の日の時間
今日のような雨の日はワイヤーでストラップやオーナメントを組み立てる。
飽きると筆をもつ。
最近またやりかけのものが家の中にも外にもたまってしまっている。
絵に関しては20枚くらい描きかけがある。
新たな絵を描きながら未完の絵たちにも筆を加えてゆく。

777766544332213.jpg


コピー ~ コピー ~rrr P1090296


2009.10.03 INFINITE HAPPINESS
ほっさん&ちえさん結婚披露宴
カナディアンファームで行われ、ハセヤンも頑張っていた。
ハセヤンのもとで働く2人の結婚
カナディアンファームで働き、そこで出合い結婚していった人たちは相当にいる。
私と妻も、28と24の頃ハセヤンに教えられて今のような生き方をしている。
80908089.jpg
コピー ~ 80908089

今回は、二人の結婚指輪を作ったので、お祝いに雅とひかり子の3人で行ってきた。
仲間の手作りの披露宴はとてもアットホームであたたかく感動した。
ひかり子はこんな結婚式がしたいと言い出した。

帰り道、大きな月が現れた。今日、10月3日は中秋の名月であった。

7.jpg

ふるさとを とおくはなれて あきのそら めいげつてらし かがやくかどで   月





2009.10.04 光の世界へ
富士聖地
777777771.jpg


光やさしく
風やさしく
集まった人たちみなやさしくて
心はればれ
富士のよう
お話きらきらかがやいて
すべての意識も100%
完成むけて
4次元世界いまここに

コピー ~ 777777771

無限なる平和
無限なる真理
雨が降りそうなので早めに廃材を取りに行く。323232323.jpg

まずは使えそうな木を積み込んで1回目、次にもう1件の家にて3mの鉄筋やその金具、大きなシートを積んで満載で帰る。

お昼、昨日いただいた渋皮煮をいただく。大きさ5cmはある栗、こんな大きな栗は見たこともなくましてや食べたこともない。とても美しく心のこもった最高級のお菓子である。子供たちもとてもおいしいと味わって食べていた。甲府に住む大原さんのおばあちゃん本当に御馳走さま。今度はぜひ寄って下さい。
P1090512.jpg

廃材を片づけ終わると雨が降り出してきた。
ひと雨ごとに秋が深まってゆく。
日常の暮らしは淡々と過ぎてゆく。

日曜の聖地の野外行事は本当に気持ちいい天気であったが、昨日今日秋雨前線の影響でぐずついている。それに追い打ちをかけるように台風が本土に上陸するという予報で日本中が不安の想念にまかれている。
五井先生は台風というのは人類の想念の表れだと言っていた。
ネガティブな想念が渦巻いて目に見える形であらわれてきたものなのであろう。海でできたものが今まさに日本に向けて突き進んでいる。テレビでは台風の大きさ、その被害の予想、過去の被害を見せて不安をあおっている。

台風が自分たちの否定的想念の塊であり、それが大自然の力と結びついていることを知ったならば、まずは一人一人の否定的な想念を反省することが一番大切なことなのだとわかるはずである。
人類の神域をおかす科学技術や自然破壊、そして人と人が殺しあう争い、差別、飢餓、・・・・
この地球上のすべての現象は、いま、人間がかかわって変化している。環境という大自然の営みさえも人類が変えてきてしまっている。
台風はその警鐘そのものであり、人類に、そしていま日本人に反省を促すとともに、人類が愛と調和のこころでこの台風を見守ることが一番の対策であると思う。

55555512345.jpg
コピー ~ 55555512345


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます
コピー ~ コピー ~ 55555512345

人類を代表して台風を司る神々様に感謝申し上げます。
台風さんありがとうございます。
無限なる力
無限なる愛





2009.10.07 雨の日は
雨の日は子供たちの送り迎えが何回もある。
それ以外はアトリエにいる。
人が来ても話しながら作れるものたちを作っていく。
指輪であったり、ストラップであったり、ハガキに書く水彩であったり、勝手に手が動いて出来るモノ達を作る。
今日はアメジスト、スモーキー、クリスタル、、カーネリアン、ラピスラズリ、アゲートの小石をワイヤ-でオーナメントにしていった。
こんなものだが、できると結構かわいらしい。
66667890.jpg

夜は風の中にいた。
コピー ~ P1090531



たいふうの かぜにむかって てんしとぶ いっしょにいこうと てをさしのべて  月





井戸の水が出なくなってしまった。井戸ポンプが全く作動しない。
ベランダの下の地下に埋めて作ったポンプ室。ここを開けるのは2年ぶり。
長雨と樋に詰まった枯葉のせいであふれだした水がポンプ室に流れ込んでしまった。
以前からそうなるかもしれないと洗濯機に使う小さなポンプを取り付けて時々吸い出していたのだが今回は一気にたまってしまったようで完全に水没していた。
565432123998.jpg

いくらやっても動かずモーターがもう使えないかもしれないとあきらめかけたが、リレースイッチのところを開けるとそこの一つがショートとして壊れているのを発見。これを銅板で作って取り付けると動き出した。ただリレーのところなので強度的な問題もあって苦労したが無事解決。
たぶん人に頼んだらポンプごと交換になっていたであろうと思うと2時間で結構稼げたものだと思うのであった。
コピー ~ 565432123998

このポンプ室のあるところはもうすぐ薪を山積みするところなのでこの時期に壊れてくれたことはとても有難いことであった。

台風おかげで,小中高大のすべての学校が休校になり、めったにない全員で朝食がとれた家族の日となった。
午後には陽射しが降り注ぎ、すがすがしい風が吹きすべてを乾かしてくれた。


P1090539.jpg


ありがたや おもいもかけず いちにちを かぞくとすごす たいふうにかんしゃ  月 




日に日に寒くなって来ている。
寒い冬に対する心構えをしなくては、と特に感じるの時期である。
そしていよいよ煙突掃除をする。本来は使わなくなった春にすればいいのだが、きれいにしておくと小鳥が入り込んでくるのであえて煙突トップはすすだらけのままのほうがいい。ということでいつも使う時期にしている。
今日は後、家を覆うように伸びて来たハンノキ、水木、桜の枝を切る。軽トラ満載になるほど切ったので東北側は明るくなった。西の桜はアトリエの煙突に接するところを切った。
888888999990.jpg

母家の屋根も17年たち相当にもろくなって来ていて来年は張り替えなければいけないかもしれない・・・・・
なんでもそうだが時とともに弱り壊れてゆく。それも家というのは大きいから修理は大変である。



台風が来るというので家のあちこちを点検してどこもかしこも直さないといけないところが見つかったが、思いもかけぬ、井戸のポンプや母家の屋根の張り替えをしないといけないということになってしまった。思いもかけないところほど重要であり急を要すところなのである。
屋根は何とかこの冬は持ってほしいところである。東北の屋根は相当に木があたりはげてしまっていた。ハンドメイドハウスなので構造的にも屋根に重量はかけられない。軽く作りたいので今の屋根の上に波板を貼るというのが一番簡単でいいのかもしれないが・・・・・滑って怖いかなー・・・・やはり総張り替えがいいのかなー・・・・


つぎつぎと やることつまる あきのひの てんきとうらはら なやみたくさん    月




2009.10.10

去年持ってきた蔵の廃材の山をきれいに片づけた。つまりは薪にするべくきって半分は割って薪に積んだ。いたるところに積んだままになっている材をきちんとしていかないと作業がしにくくなる。
いつも思うが我が家の燃料は木なのである。大きな木を運んで切って割って積む。冬の燃料を確保する作業は体力がいる。夕方には1トンくらいの廃材が、きれいに片付いた。

777777774321.jpg

INFINITE POWER


今日また井戸が動かなくなった。また地下のポンプを開ける。この圧力ポンプの接点が接触悪く作動しない。これを買いかえればいいのでネットで調べて見つかった。今回はもう一度直してみようということになって丁寧に接点を平らにして接触も完璧になった・・なったと思う・・何となく不安・・・・・
コピー ~ P1090595

INFINITE BETTERMENT




お知らせ
今年も17,18日に行われるポールラッシュ祭カンティフェアーには初回からずっと出ていたのですが時代の流れか私の変化か今年もお休みします。

INFINITE GRATITUDE





2009.10.11 薪割り
廃材を割っていく
積んでいく
        できた薪に屋根をかける
              そしてきれいに片づける
                   これで昼間は終わっていく

         チェンソーと薪割りは腰に来る
                   五右衛門風呂につかる
                       太陽熱温水器だけで充分熱い
                         筋肉が柔らかくなってとても楽になる

                           大地に太陽に水にそして肉体に感謝




コピー ~ 99090900009
99090900009.jpg

INFINITE GRATITUDE


ゆうぐれが おいかけてくる あきのひは そとのしごとは まだまだあって・・・月



2009.10.12 きのこ採り
一番下のひかり子はお泊まりでいなく、上の3人がいて昼、蕎麦を食べに出かけた。帰りにきのこ採りに誘っていつもの森にきた。
77777888899990.jpg
2回来て全く無く、今年3回目の挑戦でやっと目当てのジコボウを見つけることが出来た。
雨が降ったのであるとは思っていたがなかなか見つからず帰ろうと言われながらも森の中を歩く。
異次元の不思議な時間、子供たちも何となく歩き続ける。そして一つ二つと見つかりだすとみな真剣に下を向いて探した。
やはり一人で探すより4人で探すほうがたくさん見つかった。

88888999090909.jpg

おおいなる やまふところに ふみはいる こもれびのなか しずけさのもり   月

しらぬまに あるいているは けものみち どこまでもふかく つづいてゆくよ   月



2009.10.13 東京へ
娘の進学する学校の面接と実家の仕事で東京へ行く。
吉祥寺の街は平日なのに人だらけで疲れてしまう。久しくしていない献血をしようと息子と行った。しかし私は血圧が高いというのですることが出来なくがっかり…
子供たちもどんどん大きくなってそれぞれの道を歩んでいく。
親も90近くになっても元気でいてくれる。
そのはざまの私はちょっと疲れ気味か・・・・・
高速はほとんどがトラック街道となっている中、11時過ぎ八ヶ岳に帰ってきた。
1日があっという間に過ぎてゆく。

65656565456.jpg


げんだいの すぴーどじだい はやすぎて なれないわたし けつあつあげる   月

そらをゆく くもにのりたや びるのした ひととくるまと ぶつよくのなか   月





2009.10.14 蔵の柱で
斧で柱を割る。
2222222222121.jpg


割れ方がねじれて面白かった一本で一日遊んだ。
222222231.jpg

削っていく。
コピー ~ 111112121213

1112121213.jpg



ときのなか いちごいちえの ものづくり まきとおぶじぇ かみひとえ  月


かぜかわり いちごいちえの まきをほる いのりのひとが いまあらわれる   月








コピー ~ P1090749

政治が動き国は進んでゆく。国の舵取りをしているのが政治家で毎日ニュースになっている。ダム、高速道、飛行場と国土交通省の大臣はやることがありすぎて大変であろう。そのほかの大臣もみな国家のため国民のための大きな仕事をしているものである。それに比べ自分はこの冬の薪のことや家の修理、子供たちの進路のこと親のことといった家族のことだけで大変な状態である。そんな私だが国のこと世界のことを思わない日はない。「日本が平和でありますように」「世界が平和でありますように」という願望を祈りに高めていく平和運動を日々の生活の中で行っている。
それが「世界平和の祈り」である。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様、守護神様ありがとうございます

寝ても覚めてもつづけている。

コピー ~ P1090714

こんなことを一人の人間がしていたところで何になるのだという人も結構いる。やはり何かしらの行動がなければ意味がないと思うのであろうが、「祈り」という行為を真に理解したならばそれが本当に素晴らしい方法だとわかると思う。

そのことについて書かれてある文がある。
五井昌久先生の「世界平和の祈りの運動精神」である。
ぜひ読んでいただきたいと思う。

INFINITE PEACE


世界平和の祈りの運動精神はPDFファイルですので見られない方はAdobe Readerのダウンロードしてください。



2009.10.16 ほおづき
43344443.jpg

白州の台が原宿で骨董とクラフト市が今日と17,18の3日行われる。第7回目で初めて行くことが出来た。クラフトの知り合いも結構いたが興味は骨董市である。七賢の酒蔵が全部お店に変わっていて古き良き時代を感じる世界であった。

そんな中で見つけたのが英国製の小さなトランク。金具が壊れているので安く、家に帰って金具を直し完璧である。その上にあるアールヌーボーのペン入れは300円、あと沢庵買って帰ってきた。
やはり古い街道の宿場ということで来る人たちも若者よりも高齢の方が圧倒的に多かった。
クラフトでほおづきを木で上手に彫っているのを見て非常にそそられ家に帰りすぐに作ってみた。

77788889898.jpg

思っていたより簡単で気持ちよくできた。
我が家の明かりのスイッチにぶら下げる。


INFINITE CREATION
2009.10.17 かんざし
昨日行った骨董市でたくさんかんざしが売っていた。
日本髪には当たり前に使っていたアクセサリーである。
今どき日本髪は皆無だがロングの人はまた多くなってきた。
私が長い髪の時に作ってしていた石をぶら下げたのを作ってみた。

コピー ~ P1090536

INFINITE FREEDOM


長野県茅野ですごく大きな「高原の都市・エコフェスタ2009」フリーマーケットが行われた。
運動公園の中300ブースの出店、9時半にはもう車は一杯で遠くの駐車場に止める。
掘り出し物を探して広い敷地を歩く。緑の公園の中、地べたの店と人であふれたその感じがいい。昔々の過去世、どこかの国のバザールを思い出すのか、こういうのが実に好きである。
フリーマーケットは都会も田舎も関係なく人でいっぱいになるものだ。
家族5人で出かけそれぞれ何かしら見つけ、昼を食べ帰ってきた。

6666665555544321.jpg

はるばると やまこえたにこえ ばざーるに ぶつぶつこうかん たのしきであい  月



ストーブの上に置かれていた花をどけて火を入れた。
寒くなる時期になった。

8888880000001.jpg


ひいれする このすとーぶも 十八ねん ことしもよろしく しんげついのる  月    



新しい画像 (121)
世界平和を祈ろう   ≪詩≫ 五井昌久

宇宙と云うのは不思議な存在
数多くの星々を輝かせて
何んと云うこの静けさだろう
生命波動を生々とひびかせながら
それでいてこの深い深い静けさ
そんな深い静寂の中から
この地球にひびいてくるいのちの躍動
天空の彼方から大地の底から
生きのいのちの輝かなことばが
すべての存在を生かしきろうとしている

だが まだまだ駄目なのだろうか
地球世界は幼すぎるのか
権力と金力が生むあらゆる欲望の渦の中で
人と人とが国と国とが争い合う
生命の本源を忘れ果てた
地球世界の権力者たち
業想念波動に踊らされる肉体人間の群れ
そんな人々の吐きだす黒雲に覆われて
地球世界の悲劇はどこまでも発展してゆこうとする
こんな時
目覚めた人々は一体どうすればよいのか
地球世界の大悲劇を未然に防ぐ為の手段を御存知なのか
それはただ一つしかないのだ
世界中の人々が想いを一つにすることだけだ
人と人が分かれていても
国と国とが対立していても
本源の世界ではみんな一つの生命で結ばれていると云うことを
一人一人が知らねばならない
私とあなたが一つになり
あなたとあなたが一つになり
国と国とが一つになり
みんな平和を欲しているんだと叫ぶことだ

世界人類が平和でありますように
私のこの祈りはその心から生まれた
本源世界の大調和波動と全く一つになるひびきは
世界平和一念の生き方の中にすべての想いを投入しきることだ
私は世界平和の祈りを唱えつづける
君もあなたも唱えつづける
一人一人の唱え言が
やがて世界中の唱え言に必ずなる
私は宇宙神のみ心の中にすっぽり入りこんで
昨日も今日も明日も明後日も
世界人類が平和でありますように と唱えつづける
地球世界の大調和実現のその日まで
私の祈りはつづくのだ


asaasa.jpg

2009.10.20 月の国集会
毎月のことながら第3火曜日は世界平和の祈りの集会である。
151回を数え、今日は甲府からあたらしきメンバーも来て19人の集会であった。
長野県より来ている若きメンバーに生まれた美宙(みそら)ちゃんも3か月になりすっかり首も座り地球の重力圏の中ですくすく大きくなっている。エディさんと記念写真を2枚撮ったら2枚とも2人が何もないところに目を向けている。2人にははっきりと神霊が見えているようだ。
コピー ~ P1090840

久しぶりに赤ちゃんを抱いていると、これは絶対に天使に違いないとおもえてきた。小さな体から愛一杯の明るい波動があふれ出している。
「地球世界にようこそ」というとニコッと笑い、「美宙ちゃんの天命が全うされますように」というとあなたもねと言っているようにこちらをじっと見つめにやっと微笑む。
心の会話がちゃんと出来る。
自分が育てている時は赤ちゃんの肉体の言葉ばかりを気にしていたが、今日は地球に降り立ったばかりの宇宙人との会話が出来たように思えとてもうれしくなっていた。

777800000.jpg

夕方、西の空にたくさんの天使たちが飛んでいるとエディさんが言っていた。



INFINITE GRATITUDE


みそらより はるばるきたね いのりのば てんしのしごと わがうでまくら  月


INFINITE HAPPINESS


2009.10.21 ドームハウス
ドームハウスの改築もようやく4方向張り出している屋根が出来たので薪ストーブの煙突の取り付けをしてきた。本当は違うところに設置するために壁に穴を開ける予定であったがそれは取りやめて今までのところに設置するのでいいということで簡単に終わった。
そのあと裏の家のベランダの廃材と杉などの間伐材を満載して帰ってきた。
777654321a.jpg

夕方、今度は数日前に吹いた嵐で作ったばかりの木の塀が倒れてしまったその塀をいただいてきた。杉板を黒く塗ってありまだほとんど新材であった。きれいにばらし釘を抜いた。これでまた何かに使えそうである。
コピー ~ 777654321a


こうようの こえだあつめて まきにする きょうのふろは これでじゅうぶん  月


ゆうぐれの ごえもんぶろの えんとつに もくもくあがる けむりあたたか  月




2009.10.22 天象に感謝
夕暮れ、太陽が山の向こうにかくれると高い雲がまぶしいほど光り輝きだす。
そして見る間に姿を変え消えてゆく。
この時間 外の仕事は焦ってしまう時間であるが見とれてしまい気がつけば暗くなってしまい・・・・今日の仕事はおしまいと家に入る
7時と思って入ったのにまだ6時前、1時間違えてしまっていた。
日の暮れが早くなったものだ。
8887654.jpg

今日の月の写真の記録を見ると5時44分であった。もうすっかり夜である。

5656444.jpg

毎夜オリオン座流星群を眺めいくつも見ているが写真に撮るのは実に難しい。
星空を家族で眺める時間というのもなかなかいいものだ。


てんくうを ながめるあきの あまのがわ おりおんすばる ほしもながれて  月

ほしぼしの むげんこうねん かなたから ひかりとどけば かんしゃあるのみ  月





2009.10.23 こねばち
70cmのこねばちを2つ
40cm2つ
こねばちとしての使用はおわり、70cmの一つは3つに割れていて、もう一つは家に来て2つに割れてしまった。40cmのほうは形は保っているが虫食いがありぼろぼろである。みな使われなくなって久しいのだ。
何とかしようとまずは割れたのをくっつける。くっ付けるところがたくさんあって3日かかりようやくくっついた。
09898989887.jpg

それにしてもぼろぼろで、はたしてこれを一体何に使うのだ・・・・器にしては大きすぎる・・・・

まるよっつ どうぐとしての ときおえて あたらしきものへ いまゆっくりと  月




蔵の柱と蔵板で・・・・
身近にあるもので毎日何かを作っていく
間もなく薪になって燃やしてしまう蔵材が目の前にたくさんある。
なんとかそれを使ってつくりたいと始まった。
柱は卓上タイプ、板は壁掛けタイプの電話になる。

7777555533311.jpg

なかなか時間がかかってしまっているがようやくパーツはみんなできた。



やりだせば かたちになって みえてくる えどのくらざい いまでんわに  月







猫のように寝ている生活をしてみたいときょうはおもう
毎日あれやこれやとやることがあって
楽しいことではあるが時々
猫のように寝ていることもいいと
そばに行って寝てしまう
90908887.jpg


夢の中で
真剣なまなざしで私はネズミを狙っている
畑の中の穴から出てくるのネズミを待っているのだ
ネズミはなかなか出てこない
待ちくたびれてうとうとしていると
目の前を家族連れでネズミが行進していく
猫だということを忘れていて
かわいいネズミの行進を薄めで見ていると
私を飛び越え次々と我が家の猫たちが爪を立て牙をむいてネズミを捕まえていった
親は捕まってしまい小さな子ネズミが穴の奥で震えている。
私はなんとかその子ねずみたちを助けてやろうとその穴に手を突っ込んだ
ネズミをとりだすと私の鋭い爪に刺さって苦しそうにもがいている
そして次の瞬間首元をくわえて殺してしまった
狩猟の喜びと同時にせつなく哀しい気持ちになったが
疲れたので
家に帰りベットで身づくろいして寝てしまった





毎日、我が家の4匹の猫たちは畑に住む野ネズミを捕まえてくる。食べる時もあれば殺しておしまいの時もある。
なんで捕まえてくるのかと思うが猫とネズミの関係は昔からそういう関係であったのだろう。捕獲しないと増えすぎてしまうのかもしれない。我が家の猫も自然の摂理の中できちんと仕事をしているのかもしれない。

ネズミを殺す猫たちと寝ていると思うとちょっと怖くなるが、人間に対しては一切爪を出さない。そしてごろごろと喉を鳴らし喜んで一緒に寝てくれるほんとうに不思議な動物である。

時々だがネズミもまったく無傷で無事に逃がしてやることもある。この小さな子ネズミは元気に畑を走っていった
000987766.jpg


INFINITE CAT & MOUSE
2009.10.26 蔵柱電話
ようやく蔵の柱の電話が完成した。
早速コードをつなぎ携帯に電話をする。
この何ともアナログなモノが現代の無線電話と交信できるというのが面白い。
明治時代の蔵の柱でできているというのも味わい深いし、インテリアとしても面白いと思うがやはり電話として使えるというのが実にいい。
磁石でなるベルの音も懐かしいものである。
コピー ~ P1100032

いつも思うがなんでこんなものを作っているのだろうか・・・・・



ごみとして すてられたもの あわせれば のすたるじっくな あきのおぶじぇ   月







8864321.jpg
紅葉も一気に進んだと同時に葉がだいぶ落ちて空が広くなった。

冬に向けて家の仕事がたまっている。
まずは去年作ったトイレの東の外壁の途中のところを完成させた。
高いところは3mあるので脚立を登ったり降りたりのいい運動であった。

7777888899990.jpg

続いてその上の屋根も張り替えた。
面倒なことなのでなかなか手がつけられなかったが10月も末になると隙間風が入ってくるのをほおってはおけなくなった。
やれば簡単なのだ。
これで冬問題も一つ解決した。



あきのひに てづくりはうす しゅうりする ひとにたのめば いくらのしごと・・・・・ 月








2009.10.28 秋晴れの月
秋晴れの日
亀たちも外太陽の下で甲羅干しをして寝ている
猫たちは日向で伸びている。
人間はみな学校へ、仕事へと出かけて行った。
私は一人、猫と寝ていたい気分だが、
いつものように仕事を始める。
人間というのは本当によく働く生き物である。

世間では、今日から国会が開会した。仕事場でラジオを国会中継に合わせて聞いていた。
単純に私は民主党が頑張れば必ず良くなると感じている。昨日も今日も鳩山総理の話しぶりと野党の話しぶりを比べて、鳩山さんのほうがとても国民の立場を理解していると感じた。
政治の世界はいまだ男の世界であり2元対立のままである。この政治の世界だけでは到底世界の平和は来るはずもない。
本来人間が生きていくうえで政治は必要ない。縄文のころのほうが自由に平和に生きていた。今は人も増え地球世界が実に狭くなりたくさんの約束事の上に成り立っている。そのことは政治に任せ、21世紀、一人一人の意識がとても重要な時代になってきたということだ。
意識を高めること。
それは神意識に目覚めることである。

政治の世界はこの世の3次元のことをしっかりやっていっていただきたい。
そして、人間一人ひとりは自由自在に次元を超えた世界で生きてゆけるよう意識を高めていきたいと思うばかりである。

INFINITE FREEDOM

77667890.jpg
夜、三日月に小さなスワロスキーをみんなで入れた。


みかづきに ちいさなすわろ ちりばめる よなべしごとの じゅういちやづき  月



紅葉の美しいこの時期、大パノラマの別世界、富士聖地に次ぐ素晴らしき野外道場で第7回目の平和の祈りの集会がとり行われた。
77887766.jpg

これ以上ないという天候のなか11時45分始まった。
毎年人数が増え、今回は58名。すべての面ですばらしくきれいな集会であった。
コピー ~ P1100108
写真をクリックすると大きくなります
【クリックで大きくならない時は右クリックで新しいウインドウか、新しいタブで開くをクリックしてみて下さい】

続きがありますので
続きをクリックしてください
  ↓

2009.10.30 秋のマラソン
小学校のマラソン大会2キロ4キロ5キロ7キロのコースがあって帽子で色分けされている。5年生のひかり子は7キロを走る。わが街小淵沢は坂が多いので上りは大変だ。
すべての子供たちの走っている姿から元気がもらえる。

55555151.jpg

あきばれの さかみちはしる こどもみて げんきをもらい しごとはかどる  月