2009.04.01 4月
予定がどんどん押してきてついに4月に突入。
冬の間にしようと思っていたことが半分も出来ずに桜咲く時期になってしまった。
ちょっとあせる。

去年8月に屋根をルーフィング〔紙にコールタールをしみこませたもの)をしてその上にブルーシートをかけた状態で7ヶ月がたつ。
もういい加減きちんとしないと雨漏りしてきてしまう。ということで、2月に引越しの手伝いで貰ってきたアスファルトシングルをはった。
家にあった黒と貰ってきた緑でツートンの屋根が完成した。

45321.jpg
コピー ~ 45321



家はつねに未完のままで変化してゆく。
一体いつになったら完成するのかと聞かれると・・・・家も生き物で成長しているから・・・と答える。

一番の未完のところは風呂場でいまだ内装が出来ていない状態だ。よくまあこんな状態で16年も使っているものだと感心し、同時にこの家に住みだした頃のことを一番思い出すところでもある。

やはり自分で造り建てた家、それもほとんどが廃材ということなのでバージョンアップしていくことがテーマでもある。初期のぼろいところは補強したり捨てたりして、新しきものが入ればそれを使っていく。

家という器はコンピューターが常にバージョンアップしていくのと似ている気がする。

どんどん増築を繰り返し、トイレは水洗に変わりそして2つに増え、15個あった窓のうち10個はペアガラスに変わった。
ただ我が家の場合は、薪で暮らすということもテーマであるので風呂は五右衛門、暖房は薪でいく事は変わりない。



ごえもんと すいせんといれ となりあう あんばらんすの ここちよさかな   月


はるのかぜ とおくにゆきの つめたさを めぶくこえだは ちいさくゆれて   月


いしきして ばーじょんあっぷ くりかえす へんかへんめつ しんがいったい  月
2009.04.02 雪景色
昨夜から雪が舞い、朝にはうっすらと白くなっていた。

4月というのにさむい朝、梅の花までもが雪に見えた。
コピー 11~ 20090402 001

雄大な八ヶ岳に住んでいると標高600mから1500mまでを車で簡単に走れる。
この標高差で今の時期、一番季節の違いをかんじる。
上ではまだ雪が降り、下ではもう桜が満開。
車で30分の世界で季節は1月から2月違う。我が家のある830mラインは丁度中間の位置のようである。

子供を迎えに韮崎まで下りたら学校前の桜並木の桜が満開でむかえてくれた。
コピー ~ 20090402 009



ゆきげしき うめまんかいの わがやから すこしさがると さくらまんかい 月 

2009.04.03 物干し
薪ストーブの前にあった洗濯物干しは冬場は乾燥しているので湿気が必要ということでいいのだが、これが当たり前になっていつでもリビングに干してあるのはやめようと隣の日の当たる部屋に作り変えた。
ほとんどは子供達の毎日の部活で着た洗濯物で、夜洗い朝着ていくのでリビングにあるのが一番使いやすくずーと此処に干していたがどうにも気になっていたのである。
今回のは、ステンレス〔今までは木〕のパイプで、滑車7つ使って半分の力で上がっていくようにした。
今までは直接あげていたから結構重かったが、今回は天井が3mと高いこともあり、半分の力で上がることはとても有効なすばらしき進歩なのである。
そして、高いところほど暖かく乾く。それに、上げてしまえばリビングからもそう気にならない。

654.jpg

INFINITE CREATION
2009.04.04 朝の祈り
白光の上を朝日が流れてゆく
コピー ~ 20090404 008

INFINITE LIGHT
2009.04.05 究極の光
聖地も緑の春の色の変わっていた。
行事中は富士から吹き下りて来る冷たい風が吹いていた。気持ちが緩んでいたのか、冬でさえ寒さなど感じないのに今日は寒くかんじてしまった。

1111.jpg

北朝鮮が平和でありますように
北朝鮮の人々が真理に目覚めますように



まったくの曇り空であったが、いつものように究極の光のときから太陽が現れた。
この光は太陽というより白光そのものであり、人間本来もっている本心そのものが今光となって現れている。
聖地では、吹雪の中であれ、大雨の中であれ必ずや現れる。
そしてこれは行事終了の光

コピー ~ 20090405 023




INFINITE LOVE
INFINITE PEACE

人類皆即神也

さざれいし びゃっこうあびて かたまれば むげんのひかり ちじょうにはなつ  月


     すべての国の人々も
     さまざまな動物も植物も
     海も山も
     水も空気も太陽も
     たとえそれらが別々のものに見えようと
     その中には 同じいのちのひびきが宿っている
     地球は一つの大きな生命体
     そのすべてが大調和したとき
     この星の新たな未来がひらけてゆく
     私たちはいま
     地球の生きとし生けるものすべてが一つに結ばれ
     大調和した宇宙の中の 輝ける星の一つとして
     愛と調和のシンフォニーを奏でてゆくことを 心から祈ります

    私たちの星「地球」が平和でありますように
     そこに息づくすべてのいのちが平和でありますように
     地球と宇宙のすべてのいのちが一つに融けあい
     ともに輝かしい未来を創造してゆけますように

     世界人類が平和でありますように

l_51598a9e96ea48ca904cb64926f365ef.gif

5月17日に行われる
「世界平和交響曲」Symphony of Peace Prayersのテーマそのものであります。


INFINITE EARTH


2009.04.07 清里の森
日曜日、聖地より帰ってきてから気力がなくなっていた。昨日もやろうと思うが体が動かず汗だけが出てきてやめてしまう。今日の朝もそうとうにきつい肉体のだるさと頭痛肩こりが続いていた。3日目ともなるとこれは結構重症であると思いながらも、朝日を浴び、昼まで日なたで寝ていた。
毎月第一火曜日は標高1400mの森で行われている平和の祈りの集会なので家にいても寝ているだけなので頑張って参加してきた。
51517777.jpg

やはり、日曜日の特別行事に参加した人たちもでそうとうに魄〔肉体〕要素を使ったのできついといっていた。
久しくこんなにきつい状況はなかっただけに我ながら驚いているが、集会の間は充実した時間で、特別に統一の前、東京から来ているN氏の指導で一人ひとりが自らの宣言を書き留めてはじまった。

           2009年4月7日
          高島真笑庵即神也
   私はこれまで無意識に発してきた否定的な言葉を語らない。
    そして、否定的な言葉にエネルギーを注ぐのをやめる。
   私がこれまで語ってきた否定的な言葉は確実に死語となる。
              大成就



今だ雪が残っている別世界の森から家に帰るとようやく体がいつものように軽くなり、気力も充実してきたのであった。

INFINITE HEARTH
お花祭りの満月
20090408 032121112123.jpg
2005 1108 056

 20090408 019

てんじょうは よろこびみちて かんきして ちじょうせかいも はなばなうまる  月
2009.04.09 春本番

暑いくらいの光 降り注ぐ
土 耕す
夕方の光 どんどん強くなっていく
小鳥達 巣作り
猫は日陰 寝ている
虫が飛ぶ
蟻がいる
かえるが鳴いた
水面
芭蕉の葉
空に緑
こぶし咲く
水仙の黄
うめにさくら
ゆきやなぎ

df23.jpg


ひかりみち いろのせかいの はじまりに しらんかおして ねこたちひるね   月

つきひかり よかぜのなかで ねこたちは めかがやかせて あそびにむちゅう  月






毎年のことだが、この時期の大地のパワー、光のエネルギーに肉体がついていくのがやっとである。
すさまじいエネルギーが上に向かっている。そして大地を覆いつくすように伸びていくのをかんじる。



大地

すべてがひとつになって動いている


INFINITE ENERGY
INFINITE POWER
INFINITE CREATION


この映像でも見て心休めませう。〔大画面にするといっそう心地いいです〕




9日より、このFC2のブログに広告が入るようになってしまった。
高速になるアカマイというシステムを導入したのでお金がかかるので広告を載せることになったようだ。そもそも1ギガもの容量のブログを無料で提供してくれていること自体が不思議であるので何も文句を言うことは出来ない。
そう思いながら、設定で、今までどうり広告が載らないようになるというので早速設定を変更した。
無事に前と同じように広告はなくなった。
私と同じFC2を利用している皆さんも、環境設定の変更からブログの設定に行きアカマイの設定を変更すれば元模様に広告はなくなります。

INFINITE GRATITUDE

2009.04.11 猫達
コピー ~ 2323413
2323413.jpg
みかん2歳メス長野県原村生まれ
テト3歳メス長野県の新聞に包まれてきた
ルナ6歳オス山梨県北杜市長坂町生まれ
ゼロ11歳オス山梨県北杜市清里生まれ

わたしの人生、猫のいない生活を経験したことがない。
これからもずっと猫とともに暮らしていることであろう。

わがくらし はるのひだまり ねこがいる ねことあそんで ねこたちとねて   月
2009.04.12 井の頭
昨夜、東京へ向かう。高速が1000円になったことで夜も1時間の渋滞にはまった。
人間社会はやはりお金で流れも変わるということだ。
そして今日の日曜日、井の頭公園は桜はほとんどが池に浮かび、花見ではなく人見であった。
344098.jpg

メインの公園の入り口にある案内板の裏で猫が寝ていた。
ものすごい人ごみなのに悠々と寝ていた。
公園で暮らす猫ならではの居場所で、犬が来ようと知らん顔で寝ている。
私もここが一番良い場所かもしれないと思うのであった。
コピー ~ 344098

夜、帰りの高速も渋滞でのろのろで、1時間長くかかって帰ってきた。
安い分時間もかかるということになるのか・・・・・

INFINITE PEACE


2007年4月14日の桜と虹(クリックすると大きくなります)
20070414 045

20070414 029

20070414 028

20070414 020



小淵沢の名所でもある三峰の丘、我が家から西に1キロの見晴らしのいい丘に今日も来てみたが、此処に来るといつもこのときの情景が目に焼きついていて、虹よ!と叫んでしまうのであった。
2009.04.14 星の再生
月と地球の間に浮かぶ衛星RUNAⅡ
幾億光年のときを経てついに芽吹きが訪れた。
霊的な蛇が見守る。


久しぶりのガラス絵
コピー (2) ~ Pim0005aa

INFINITE CREATION


2009.04.15 二十日月
静かな夜風もなく寒くもなく窓を開けると五右衛門風呂の薪のにおいがした。
夜中、2時を過ぎて月が森の中より上がってきた。
雲は東に流れ、月は西に向かっていく。
今猫達とこの月が照らす世界を見ている。
12345.jpg

20090415 081

つきあかり しずまりかえる もりのなか このひかりあび めざめるいのちよ   月

つきあかり ねことともに もりをみる ひかりさしこみ すべてがめざめていくよ    月
大地からあふれ出す緑のエネルギー

外に出るとどこも歩くことが出来ないくらいすべてが生き物で覆われている。

見渡せば新緑が吹き出てきてそのパワーたるや無限大だ。

木の下に立つと上に向かっていくエネルギーが枝先の今まさに大きくなっている葉に伝わり、その葉からあふれ出したエネルギーが雨のように私に降りかかってくる。

冷たき目に見えぬ大地の歓喜のシャワーである。

今の自分はようやく寒い冬が終わったことに喜び、その余韻を楽しんでいる状態が続いていて
とても植物達のようにはいかない。

特に肉体的な面でついていけない。

そんなときにはこのアメジストの光がとても気持ちを安らかにさせてくれる。

本当に癒されるものだ。

大地の奥深く高圧と熱水の中で数百万年をかけ結晶化していく水晶は、地球の心そのもののように感じる。

そしてこのアメジストの淡い紫は今のわたしの目にはとても心地いい。

20071109 012


あめじすと こころのおくの むらさきと みどりのぱわーと いまちょうわして   月
2009.04.17 鳥と☆
2005 1108 060


太陽と金星と三日月と・・・・


夕方5時を過ぎると毎日猫達と散歩に出かける。
こども達が猫を呼ぶ。
ずっと寝ていた猫たちはなんだろうと外に出てきて一緒に森と畑を一回りする。
3匹のことが多いのだが今日は4匹全員が着いてきた。
8754.jpg

平凡な暮らし
当たり前の暮らしのなかに幸せがありそして真理がある。
置かれたところで淡々と生きていく。
それが他人のため人類のため、そして生きとし生けるもの達のためになっていく。
そんな生き方を目指して

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます


にくたいの せいかつこえて つながるは いのりごころの やさしきはどう    月

 


コピー ~ 20090418 015

天と地の十字交差の真ん中に立つ
2009.04.20 水芭蕉の葉
この時期になると水芭蕉の葉が大きくなる。
我が家の水芭蕉も葉の大きさが60cmになった。
どうしてこんなに大きくなるのだろう・・・

20090421 011aa


淡き緑は生命の息吹

葉脈は大地の道筋

形は合掌

うつくしき みずのなかから のびてきた はっぱいちまい むげんのいのち   月




2009.04.21 21日21人
今年に入ってからこの肉体世界と霊的な世界の違いをはっきりとかんじる。
今日の世界平和の集会においていっそうにそのことをかんじた。
去年からすごいゆさぶりがあって集まる人の顔ぶれも変わってきて、うれしいことに20代、30代の新しきメンバーが加わりすばらしく呼吸の合った力強い集会となってきた。
皆、年は若いが相当に長くこの地球世界に生まれ変わっている魂の持ち主ばかりである。どうも私より歳とっているようにかんじてしまう。元は永遠の命から来ているのだから同じなのだが、この地球世界に長いという人たちといるとおじいさんやおばあさんといるような、でも肉体が若いので気持ちはとても楽なのである。
21人が各地から集まり4月21日第145回の月の国集会も無事に終わった。
コピー ~ 20090421 002

INFINITE LOVE & PEACE



2009.04.22 春の平和塔
2002年9月に建てた平和塔もつたも絡まりだいぶ汚れてきてしまった。そして去年、基礎が西に傾いてしまい結構な大修理をしてこの冬を越えることができた。
近くの森から切り出したやわらかい杉の木で作ったので、何とかあと3年は真直ぐに経っていてほしいと思うが難しいかもしれない。

そんな不安をよそに春の日の下、真直ぐに建っている平和塔である。
コピー ~ 20090422 009


あおそらに のびるえなじー まっすぐに すべてのいのち  ひかりのなかへ    月

2009.04.23 美しき空に
さわやかな秋空のような夕暮れ
今日も八ヶ岳は無事に一日が終わってゆく
コピー ~ 20090423 009

だが遠くの世界では貧困、対立が続き、多くの弱い子供たちがその犠牲になっている。

「世界中の人々が幸せでありますように」

「世界人類が平和でありますように」



あおきそら てんしまいたる すじぐもの そのうつくしさ せかいへとどけ    月

  

無限なる感謝


2009.04.24
すぐ近くの木と漆の大山工房で大きな一枚板の売出しが25,26日に始まる。
その前に行って面白い木をみつけてきた。
いつも大きな1枚板よりもその下にあったり、端っこにある変わった木を探しに行く。
今回は思いもかけず雨ざらしのままそうとう長く積んであったケヤキの輪切り、洞のある黒柿と、大きな洞の栗の木を積んできた。
どの木もみなオブジェになってゆくであろう

今の私の気持ちはこんな感じなのである。
コピー ~ 20090423 011


メインはすごい大きな木ばかりが並んでいて、
一見の価値はあるので見に行ったらいいと思います。
大山工房へとびます。
新しい画像
ooyama1.jpg

こんなに大きな木を板にするというだけでもすごいことだと感心してしまいます。
夕方霧に包まれ幻想の森が広がった。
昨日までの春の陽気がうそのようにまったく別世界に変わった。
コピー ~ コピー ~ コピー ~ 20090425 004

我が家から見える森や林がどこか異次元への入り口に見えてくる。
緑は消え不思議なモノクロの世界であった。
夕闇が迫る頃、霧も闇のなかに消えてしまった。
コピー ~ 20090425 005



きりのなか どこからともなく こえがする こっちにおいで ここがいりぐち   月

はるのゆう きりにつつまれ もりふかく いじげんせかいへ ねこのあとついてく   月
2月3月と木とにらめっこしながら、ここ1ヶ月は置きっ放しにしてあった。
春の上に伸びるパワーに便乗してついに完成にこぎつけた。
コピー ~ 20090426 052


コピー ~ 20090426 047


コピー ~ 20090426 073

六角錐のスモーキークリスタルが光を放ちだした


むげんなる ひかりのせかい だいちより  やみをつらぬき じげんじょうしょう   月


ひかりだす はるのぱわーに どうちょうし  よじげんかがくの じょうかそうち   月





冬を越し2度ほどつぼみをいただいた。
春を向かえまたたくさんのつぼみたちが出来てそして花開いた。

コピー ~ 20090427 010



菜の花たちが咲きほこり、
コピー ~ 20090426 113
木々たちはものすごい量の水を吸い上げている
すべては上に向かっていく。
この植物たちのエネルギーにくらくらしてしまう。

INFINITE POWER
2009.04.29 守屋山
山梨から7人、長野から6人のビャッカー13人で諏訪大社の御神体である守屋山に登ってきた。
朝9時に茅野で待ち合わせ,車2台で国道152号線入り杖突峠を越え少し下った守屋山登山口に着き出発。
20090429 004
落葉松の森を登っていく。
20090429 009
芽吹いてきたカラ松の新緑も登っていくとまだ枯れたままの落葉松に変わっていく。
上を向く。美しい
コピー ~ 20090429 013
キャンプ場で一休み、男7人、女6人山頂めざし出発。
コピー ~ 20090429 026
山頂まで続く尾根伝いの道を登りつめ、11時半東方の山頂に立つ。
狭い山頂に人がたくさんいてすごい混み方。
でも360度の大パノラマ
コピー ~ 20090429 038
20分歩いて西の山頂
途中の鉄策で囲われた守屋神社奥宮の祠をとおる。
何で鉄柵なのかはhttp://genjin.cool.ne.jp/sanpo/moriyasan.htm20090429 058
ちょうどお昼ということで食事の時間で人だらけ
一眠りするとみな出発して、われら13人だけとなり、聖壇を作り、統一、印、地球世界感謝行、光明思想徹底行、そして全員で手をつなぎ世界平和の祈りを祈った。
コピー ~ 20090429 069

パノラマは続き
2009.04.30 4月の夕日
もう4月も終わる。

今日というかけがえのない日に

20090430 019
クリアーな空に
うつくしき夕日に
20090430 001aa

無限なる感謝

一日一日が本当に早い
すべての時間 生きとし生けるものたちが大地の上でうごめきだし
時間の区切りがなくなってきているように感じてしまう。

INFINITE POWER
INFINITE TIME