FC2ブログ
2019.03.23 梅満開
わが家の梅がようやく満開
s-2019-03-23 018

s-2019-03-23 020

s-2019-03-23 009

水仙も咲いた。
s-2019-03-23 022

午前中は雨か雪が降りそうに寒かったので薪の移動がはかどり、きれいに片付いた。
s-2019-03-23 035

あと少し残った薪は、この春の分できっと4月中にはみんななくなる。それからこの薪置き場を又作り直そう。
s-2019-03-23 026

道脇に積んであるこの薪を割って、作り直した薪置き場に積んで行く予定。
s-2019-03-23 054

この廃材も片付けないと‥‥
s-2019-03-23 053

午後から晴れてきて暖かく、つい外仕事やりすぎた。
s-2019-03-23 049


INFINITE HEALTH

2019.03.22 薪移動
2009年に作った道脇の薪置き場
s-20090331 029

柱を入れて、屋根も取り付けて、
s-2010-03-19 030



はや10年。ここの基礎はというと、赤松の丸太。その丸太が腐り、年々曲がってきていて
s-2019-01-30 026

ついに屋根と柱が外れてしまって、もう何時倒れてもおかしくない状態。ということで、崩れてからでは大変なので
s-2019-03-22 034

薪を移動する。トラックに積んで
s-2019-03-22 039

裏の物置の横に積んだ。
s-2019-03-22 037

一番ひどいところの薪がなくなり一安心。
s-2019-03-22 040


INFINITE PEACE



2015年に直した薪ストーブの中のパーツがまた壊れて、この冬、3回2重構造の天板と前のアーチが突然落ちた。
s-2015-06-02 009


その原因がいまいちわからなく、その都度元に戻して何とか冬を超えることができたが、今日は全部を外してみた。
s-2019-03-18 003

薪を投入するところの内側のパーツが折れて歪んでしまっていることが原因であった。
s-2019-03-18 002

ここは番線でくっつけて直ったが、ゆがみがあって、天板を支えるでっぱりがほとんど天板にかからなくなってしまっていて、長い薪などを入れると天板が落ちてきてしまうということなのであった。
s-2019-03-18 006

なのでこれも穴をあけて番線ででっぱりを作って
s-2019-03-18 008

止めることに成功し、当分は使えるであろう。
s-2019-03-18 014

この原因というのは、廃材を燃やしていることであることは間違いない。
20年薪だけの時はこういうことはなかった、廃材を燃やしだしてから7年、そしてパーツを新しくしてからたった4年で天板も歪んでいる。
当分はこれでいい。この炎の揺らめきは何にも代えがたく美しい。
s-2019-01-15 003



INFINITE HARMONY


朝起きると外はうっすら雪景色
昼にはほとんど解けて、
s-2019-01-26 002

でもいよいよ雪がきそうなので、多分これが最後の薪づくりと片付け。
と、いつもそう思いながら始めるが、今年はなかなか雪が降らないね。
s-2019-01-11 018

もうやめようかと思ってたら、雅が手伝いに来てくれたので、もうひと踏ん張りして
s-2019-01-26 005

軽トラック満載して、
s-2019-01-26 008

落ち葉まで片付けて、ここまで片付ければ雪が来ても大丈夫
s-2019-01-26 012

お疲れさま
夕方5時過ぎから、全豪オープンが始まって、大阪なおみが優勝。疲れも吹き飛んだのでありました。

INFINITE HAPPINESS



今年の1月4日にいきなり蔵の柱、梁、土台の材がまず初めに来て、それから木っ端ばかりがたくさん来て、その木っ端もほとんど片付き、この柱などを切って薪にする時が来た。本当にいつもいいタイミングで廃材が来るので助かっている。ここ5年くらいはほとんど廃材を燃やしていて、割った薪をなかなか使えないというのが不思議である。

天気もよく、今日も暖かい
s-2019-01-16 001

つい3週間前までは蔵だった木たちはいまだに雨に当たらず、乾いたままなので予定を変更して薪を作っている。
s-2019-01-12 005

割れたのや、朽ちているのを積んで運んで薪にしているが、
s-2019-01-16 004

土台の栗材などはちょっともったいないし、梁も幅があるのはもったいないと思ってしまって、
s-2019-01-16 005

さてどうしようかというところで切ったのを積んで今日はおしまい。
s-2019-01-16 008



INFINITE FREEDOM



2019.01.11 木とともに
廃材の片づけも、木っ端が終わり、後は柱や梁を切っていけば終わるところまで来た。雪の降る前に切っていければ今年の薪は今年早々の1月4日に来た蔵材でほぼ大丈夫。ありがたい
s-コピー ~ 2019-01-12 005

s-2019-01-12 007


五右衛門用の薪は今回の木っ端で2年分くらいはあって、裏と表とあちこちに積んで屋根をかけた。裏から燃やしていって、ここの薪を移動していくのはたぶん1年後になるのかもしれない。
s-2019-01-11 019


東京から八ヶ岳の引っ越し、暮らし始めて、はや30年、人生のほぼ半分を過ごしてきた。五右衛門風呂と薪の暮らしもずっと変わらず続いているのだから、もう当たり前の暮らしである。
はじめは廃屋を借り、五右衛門風呂と薪ストーブとかまどと井戸で4年暮らし、湿地と草原とハンノキの林に川の流れる土地を見つけ、すべてを作っていく暮らしが始まった。
自然と目の前にある木でアクセサリーやオブジェを作り、4人の子供たちの成長を見守る暮らしが続き、その子供たちも、東京のエネルギーに引っ張られるかのように巣立っていった。
今は、妻と猫たちの静かな暮らし。
この暮らしを支えてくれたのが木であることは間違いない。
木の家で暮らし、木のアクセサリーを作り、木で暖房し、風呂を沸かし、木陰で憩う。
この肉体がなくなる時まで木に生かされ、木とともに生き、そして木に感謝して生きていく。

今年早々に来た蔵の廃材。
本来、廃材という木はなく、人間に使われなくなった時に 一時的にいわれるいい方であり、我が家にきた廃材はすべてエネルギーの塊としての木に変わる。
s-2019-01-11 013


オブジェやアクセサリーを作ってそれを売ればお金に変わり、そのお金は食料に変わり、それを食べるとわが身に変わる。
s-2015-04-08 094asd

薪に燃やせば火に変わり、空気を暖め水をお湯に変え、我が身を温め癒してくれる。家を作れば良き空間を作ってくれる。大地に置けば良き土を作ってくれる。

木はエネルギーの塊そのもの

我が暮らしは木とともにある。
s-2019-01-12 003


INFINITE GRATITUDE

今年の仕事始めは木っ端の片づけと整地ということで、今日も結構必死で片付ける。
s-2019-01-06 024

壁土や石も混じっていて、木っ端はもはや薪にするのも面倒なほど細かくて、こんなものまで持ってくるとは思っていなかったので大きな誤算ではありましたが、とにかく雨や雪の降る前に片付けないと大変なことになるので、どうしようかと悩んだ挙句いいことを思いついた。
s-2019-01-07 011

新しく建てた家の東の土手側が狭くなったので、広くしようと、
s-2019-01-07 025

木っ端や土を一輪車に積んで運び続けたのでありました。
s-2019-01-07 024

斜面に杭を打ち込み、竹がたくさんあったので、編むように柵を作り、そこにどんどんと木っ端を入れて、少しずつ広く長くなっていって
s-2019-01-07 027

二日で、長さ10m幅50cmの道が幅1mになって、いい感じの道が出来そうなところまできた。雪や雨が降る前にもうすこしきちんと道にしていこう。もし雪が降ったりしたら春の仕事になるが、南の木っ端がきれいに片付いたのでほっとしている。
s-2019-01-07 026

木っ端はできるだけ五右衛門用の薪にとっておこうと、苗のポットを入れる容器に入れて、積んで運んだ。  
s-2019-01-07 016

何事もなかったかのようにスッキリ
s-2019-01-08 008

年の初めはやはりきれいがいいね。もとに戻ってほっとしているが、きれいになるとまた薪がやってくるような気がしてしまうのだから困ったものだ。
s-2019-01-08 005

裏にも庭にももう薪が満載で、今年は、白州のKさんのおじいさんが建てた蔵を薪にして燃やして過ごします。
すっかり乾ききっているので本当によく燃えて、家中暖かい。
s-2019-01-08 012

五右衛門も気持ちよく燃えて、埃だらけ疲れ切ったからだが五右衛門に浸かって緩んでいくのでした。


s-2019-01-08 022

わが家は五右衛門風呂があるので、どんな木っ端も燃やせるので本当にありがたい。
薪を使う暮らしをしている人たちは、ぜひ五右衛門風呂を今一度見直してみたらいいと思う。ホーローで四角い五右衛門風呂は見た目は普通の浴槽だし、普通のレンガ(耐火煉瓦は必要ない)300個で積み上げて誰でも作れて、効率が非常によく考えられている五右衛門風呂の最終形。
お風呂が石油やガスというのは本当にスイッチポンで楽かもしれないが、まめさが必要なのだけれど、小枝や木っ端を集めればすぐに水をお湯に変えてくれて、とにかく木っ端や小枝といえどエネルギーの塊であることを教えてくれる本当に素晴らしきかな五右衛門風呂なのであります。
わが家は、すでに30年五右衛門風呂につかり、これからもずっと使っていくのであります。


INFINITE ENERGY

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE



2019.01.06 朝から廃材
片付けた東のスペースに午前中に2トン来ていて、もう木っ端がほとんどで、五右衛門用の薪。
s-2019-01-06 001

階段も来ていて、これもいつかは使いたいね。
s-2019-01-06 002

西側にも薪が来て、木っ端がほとんど、
s-2019-01-06 016

これはすぐに片づけた。
s-2019-01-06 010

また来たのも片付けて、大きなものはまた運んで切って薪にして
s-2019-01-06 011

とりあえずまた来ても大丈夫なようにして、夕暮れまでに2回来て、いっぱいになってしまった。
s-2019-01-06 013



INFINITE HAPPINESS


2019.01.05 廃材来る。
4日の夕方に八ヶ岳に帰り着き、薪ストーブの燃えが今一つで、いつもは煙突掃除をしてから薪ストーブを使いだすのに、昨シーズンから煙突掃除をしないままだったのと、暮れに猫たちのために、薪をたくさん入れ、空気口をぎりぎりに閉めて出たので、相当くすぶりながら燃えたようで、今年初めの仕事は煙突掃除。
s-2019-01-05 002

屋根上からの世界
新しき家の屋根が増えている。
s-2019-01-05 004

そして、昨日きた廃材を片付けだす。
s-2019-01-05 028

1回目はきれいに片づけた。
s-2019-01-05 023

午後にまた来た。
s-2019-01-05 022

運んで、今日燃やす薪に切って家のベランダに積んで、
s-2019-01-05 020

また来て、
s-2019-01-05 021

全部きれいに片づけた。
s-2019-01-05 030

夕方、今日来た廃材で沸かした五右衛門風呂につかり疲れを取り、今年始まりの仕事は廃材からということでありました。


INFINITE GRATITUDE
家のほうはほぼ完成し、後はインテリアを作っていく段になり、予定よりもだいぶ早く、体力も回復し、ごった返していた家周りの片づけと薪づくりをする。

ごった返していた道の脇を
 s-2018-11-09 033

運んでみんな薪に切って、すっかり乾いていたので家のベランダにすぐ燃やす薪としてつんだ。

スッキリとキレイに片付いた。
s-2018-12-11 007
 
2トンの廃材も
s-2018-12-11 011

切って
s-2018-12-11 017

積んで運んで
s-2018-12-11 020

片付いた。
s-2018-12-11 019

あと2か所あるけれど、年内にできればやるつもり。でももう雪が降り出すからきれいに隠れれば年越してからやればいいい。とりあえず、気になっていたところが片付いて一安心。
久しぶりの薪づくり、家造りと違って、結構楽しくでき、気分ものって、立ち枯れの秋桜やルドベキアを草刈り機で刈って、風がない夕方、いよいよ降り出しそうな空に向かってのろしを上げた。
s-2018-12-11 023

s-2018-12-11 050

乾いた廃材も薪に積んで、もう何時雪が降っても大丈夫。
s-2018-12-11 027

家に入るとばたんQ


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE HEALTH


2018.06.27 ベルガモット
クモの足が伸びて出てくるような始まり
s-2018-06-27 064kkkkk

どんどんと生えてきて花にかわってくる
s-2018-06-27 067kkkk

ミツバチもたくさんやってきて
s-2018-06-27 024kkkkkk

まだまだ次々と下から伸びて咲いくる
s-2018-06-27 033kkkkkkk

割ったイチイの薪を
s-2018-06-27 092

薪置き場に積んで満タンになった。
s-2018-06-27 095

雨が降ったりやんだりの中、夕暮れの時間、今日も強烈な日が射してきた。
s-2018-06-27 052jjjjjjjj


INFINITE LIFE

INFINITE BEAUTY

昨日、午後、雨が上がったので、ネズミの死体を埋めに外に出て、いつものようにスコップで穴を掘り埋め、スコップ片手に戻ってくると、東京に持って行った芝の余りが50枚置いてあるのが目に入り、我が家に植えてもいつものことながらだめなんだけれど、置くだけ置こうかと、土をほじりだしてしまった。
はじめは10枚だけやろうと、簡単に置けたので20枚までやろう、とその時暖かい日差しに誘われて雅が手伝いに来て、石と土を分別しだしてくれて、やめようと思っていたところなのに30枚目に入り、疲れだしながらも40枚、50枚と全部できたのでありました。既に日も沈み、くたくたになったのでありました。
s-2018-04-16 012

とにかく砂利だらけのところでその砂利を道にまいておしまい。
s-2018-04-16 013

井戸の周りには3度芝をまいたことがあるのだけれどうまくいったことがない。ここに砂をまいてからだとうまくいくのかもしれないが、そうするにはもっと砂利を取らなくてはいけないのでとてもやってられない…‥我が家に芝というのはこれが最後の挑戦かもしれない。

4月9日から来ていた廃材の最初に来た廃材を片付けだす。
s-2018-04-11 010

この山を分別する。こちらは長物たち
s-2018-04-16 010

こっちは細かな木たち
s-2018-04-16 006

デッキなどに使う重い南洋材がたくさん出てきて、これで何か作れそう
s-2018-04-16 007

畑もやらなくてはいけないと思いながらも全然できていない……毎年のことながら畑に対してはやる気が起きないでついつい他のことを一生懸命してしまう私なのであります。

INFINITE FREEDOM


2018.04.14 廃材の片づけ
廃材といっても雨にもあたっていない建築材の木っ端が2回運ばれてきた。
s-2018-04-14 001

雨になる予報なので急遽片付ける
s-2018-04-14 002

2回目にはローマの神殿の柱もやってきた
s-2018-04-14 008

11日来た廃材もついでに片づけてしまえと
s-2018-04-11 004

五右衛門用に切って積んだ。
s-2018-04-14 012

柱もみんな切って、少しだけ使えそうな木だけ残り、ここまで片付けられてほっとする。
s-2018-04-14 017
雅が五右衛門ぶろを焚いていてくれて、すぐに入り、夕食後0時まで寝てしまって。また夜中起きている。

INFINITE POWER

INFINITE GRATITUDE


2018.04.10 廃材の山
朝9時に星畑さんの土場へ
重い外壁材を8枚積んで帰ってきて、
s-2018-04-10 051

これがなかなかどうしてきちんと片付ける場所がなくまたここに置いた。こんなものをいただいてくるということはまた家を建てたいということだ。
s-2018-04-10 052


続いて2トンダンプ山盛りのケヤキの落ち葉、半分は腐葉土になっていて、
s-コピー ~ 2018-04-10 055

畑にまきながら、何事もなかったように片づけた。これで腰に結構来た。
s-2018-04-11 005

午後一、長物が来た
s-2018-04-11 002

夕方、大きな欅の大黒柱と一緒に2トン来た。
s-2018-04-11 006

こうして木がいただけることは本当にありがたいことで、いらない人とほしい人を結び付けてくれるのが解体をしているWさんいつもありがとう!


INFINITE GRATITUDE



2018.04.08 薪の整理

3000mの山々の山頂には雪が降っているようで、いい天気なのに風冷たく、冬のような寒きお花まつりの日曜日
新田の大糸桜を見に我が家の前の道を県外ナンバーの車がたくさん走る
こんな日曜日は家の仕事をするのが一番いいと、朝から薪の片づけをする。

3.12に来たイチイの木と
s-2018-04-08 035

楢の木、軽トラ3台分の木を片付けてスペースを作る。
s-コピー ~ 2018-04-07 037

細い楢は切って薪置き場へ イチイはきちんと積んで
s-2018-04-08 056

去年の7月に運んだイチイは
s-2018-04-07 034

全部玉切りにして
s-2018-04-08 054

s-2018-04-08 024

きれいになってスペースが出来た。
s-2018-04-08 023

朝からやって2時前に終わる。結構腰が痛い。
s-2018-04-08 053

こんな春の芽吹きの時期、お釈迦さまの誕生を祝い、キリストの復活祭であるイースターも牡羊座の時期にあるところを見ると、この時期の北半球は大地のパワーが光に向かう時期なのである。
わが八ヶ岳も春爛漫 甘茶をすすり五右衛門ぶろにつかり疲れをいやします。
s-2018-04-08 018




INFINITE POWER

INFINITE HEALTH


12日に運んできてくれた楢の木から椎茸原木になりそうなものを選び
s-2018-03-24 014

久しぶりに椎茸菌を植える
s-2018-03-24 003

雅もだいぶ動けるようになってきて手伝ってくれて500個の駒菌を打ち込んで
s-2018-03-24 018


13本の椎茸原木ができた。 椎茸が出るのは来年の秋
s-2018-03-24 019


1993年からここに住みだした頃は、父が駒菌をいつも買ってくれたので、いやでも作っていて、肝心の楢の木がない時も駒菌があったので何とか楢の木を用意して、作っていた。
03,4,21 017

そして、毎年春と秋に父が椎茸をとるのを楽しみに東京からやってきた。
titihaha 013

03,4,21 028

ある時から、積んであった薪やベンチに自然に椎茸が生えてきて、父が歓喜していたのを思い出す。
03,4,24 008

あの頃は割れない楢の木などが椎茸原木の近くにごろごろと転がっていてそれに菌がついて椎茸が出てきていたのが結構あった。
03,4,24 019

INFINITE HARMONY




2018.03.16 栗の薪
立派な栗の木だったのだけれど・・・・・・
また栗がなるのか疑問なほど、枝を全部切られてしまっていて、
その枝を全部いただいてきた。
枝といっても結構あって、軽トラック2台分あった
s-2018-03-16 078

s-2018-03-16 081

s-2018-03-16 077

s-2018-03-16 080

s-2018-03-16 082

s-2018-03-16 086

切って割って
s-2018-03-16 089

長すぎるのを切って
s-2018-03-16 087

積んで
s-2018-03-16 090

細い枝は乾いたら風呂の焚き付けとかまどで使う。
s-2018-03-16 091

今日は北風吹いて少し冬に舞い戻った日。雨の予報が外れたのでみんな片付いたのでめでたしめでたし。
食事は空太とリサさんが朝も夕食も作ってくれました。

INFINITE GARATITUDE







今日、春の陽気
s-2018-03-14 015

1993年10月からから2018年3月までほぼ25年頑張っていた煙突トップであったが、すぐにすすがこびりついてしまうようになり、吸い上げが弱くなりストーブの点きが悪くなるので、ついに新しいのを買った。
s-2014-12-22 004

今度のトップは直径36cmでずいぶんおおきくなった。
s-2018-03-14 005

これで20年はまた大丈夫
s-2018-03-14 009


INFINITE SUPPLY

INFINITE PEACE





2018.03.13 楢が来た
朝起きて、吉祥寺から持ってきた段ボールのゴミを五右衛門風呂の焚き付けに運び、
いい天気で、外で猫と日向ぼっこをしていると、何か南側の景色が違っているので行くと、なんと太い楢の丸太とイチイが山盛り置いてあった。
s-2018-03-13 001

2週間前、長野のKさんから木を伐るのでという話があって、雅の入院と重なっり持って来てくれてしまったのであった。
s-2018-03-13 008

軽トラック3回分の薪、
s-2018-03-13 005

ありがとうございました。
s-2018-03-13 006


INFINITE GRATITUDE



2018.02.17 春近し寒き日
15日きた廃材のやま
s-2018-02-15 031

昨日、ほとんど片付いて、残った竹と木端もきって
s-2018-02-16 047

今日、きれいに片付いた
s-2018-02-17 016

竹は
s-2018-02-17 013

まとめて縛って
s-2018-02-17 014

畑の支柱に使える。
s-2018-02-17 019

日本海側は大雪で荒れていて、八ヶ岳南麓は北風に交じって小雪も舞って来ていて寒い日。
でもイヌフグリの花が咲き水仙の緑を芽を見るともう春が近いというかもう春を感じる。この寒さも今日は気持ちいい。

INFINITE FREEDOM




昨日来た廃材の柱や梁を玉切りにして、これは全く乾いているのでそのまま今年の薪に燃やそうと思う。
s-2018-02-16 005

手前に山積みの木端をまず運んで積んでいく。
s-2018-02-16 008

風呂の薪のところに積む。だいぶいっぱいになってきた。
s-2018-02-16 056

次に玉切りしたのを運ぶ
s-2018-02-16 046

日輪が現れた暖かな日
s-2018-02-16 013ssss

あと少しで空っぽになるところでまたいっぱいになった。この薪は、松ばかりで軽く燃えてしまうので3月いっぱい持つかどうかである
s-2018-02-16 057

昨日来た廃材はほとんど片付き、あとは長めの木端と竹が残っているだけになった。
s-2018-02-16 047

5時、幻日が現れた
s-コピー ~ 2018-02-16 042kkkkk

雨に当てないでほとんど片付けられたのでほっとして、まだ明るい時間に五右衛門に浸かる。
s-2018-02-16 050

木のエネルギーで家を暖め、風呂を沸す生活を1989年から続けているのだから、もう当たり前の暮らしである。ここ10年くらいは、薪も廃材を使うことが多くなってきて、ほとんど運んできてくれるので楽してるというかんじである。ただ何が来るかわからないので来た木を風呂とストーブにより分けるというのが大変なくらいである。
こうしていろんな廃材をもらえるというのは、薪ストーブと五右衛門風呂の二つを使っているからで、今回のような木端ばかりだととても薪ストーブには使えないものがほとんどである。今回はどちらかというと五右衛門風呂用の薪がほしかったのでとてもうれしいのでありました。



INFINITE GRATITUDE