FC2ブログ
2020.07.30 薪運び
6月に家の基礎作りやら、薪運びやら、草刈りやらといろいろやりすぎて、ほぼ1月坐骨神経痛でダウンしてしまって、外仕事が溜まってきていた。今月中には運びたいと思っていたSさんの家の薪。
午前中に1回、
s-2020-07-30 006

満載にして
s-2020-07-30 008

ここに運んで積む。
s-2020-07-30 013

午後、2回目も満載で
s-2020-07-30 014

真夏の太陽が時々射し出すと一気に汗が噴き出し、曇ってからまたやろうと、夕方曇ってからまた積んで、屋根をかけて、
積みきれなかった薪をあちこちの薪置き場の隙間に積んで、やっと終了。
s-2020-07-30 038

本当は、3山あったので、1日1山で、三日かけてやろうと思っていたのだけれど、雅が手伝ってくれてはかどり、積み方も満載にして2回で運んできて、1日で終わって、本当にうれしい。
体が痛くならないようにストレッチして、ツボ押しして、5時には五右衛門に浸かって体を休めた。

Sさんの家から運んできた薪、軽トラで9回分、その内訳は6割が楢、2割が桜やリョウブ、そしてあと2割が赤松。軽トラ1台で300キロは軽く超えていたと思うので全部で3トンはあった。細い枝だけの桜やリョウブと赤松は薪風呂で使い、7割は薪ストーブで使う。今年の冬の薪はこれだけでほとんど大丈夫かもしれないね。

真夏になる前に終わったことが本当にうれしい。

隣のTさんの家のヤマユリがとんでもなく花をつけて咲いていた。
s-2020-07-30 032

まるでヒヤシンスのような咲き方で、外の道にまで香りを放っていた。
s-2020-07-30 027


INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE





朝、薪をいただきに行く。
s-2020-06-20 004

全部で70束積んで、
s-2020-06-20 005

あちこちに置いて
s-2020-06-20 020

何とか片付けて、
s-2020-06-20 017

次はこの薪を全部積んで、
s-2020-06-20 008

雅も手伝ってくれて
s-2020-06-20 009

昨日作った薪小屋のところに積む
s-2020-06-20 011

3回目満載して
s-2020-06-20 014

昨日作った屋根のところはもう一杯で、その前にまた積む。昼も過ぎたので今日はおしまい。もうくたくたであります。。
後、軽トラ3台でおしまいだ。
s-2020-06-20 016

見上げれば日輪。
s-2020-06-20 021

夕方、少し残っていた草刈りして、結構疲れたのでありました。


INFINITE HEALTH



梅雨入りしてからはよく雨が降る。
今日も雨、家の中で割れた時計の丸ガラスを切っていたりしていると雨がやんできたので、
ならば外で
薪小屋の屋根づくり

先ずは材料集めてきて、垂木を物置の垂木とくっつける。
s-2020-06-19 002

そしてその上に野地板を横に流して置いて、 釘が打ってある廃材を釘も抜かずにたたいてまげて作っていく。こんな作り方でも10年は持つのだから十分なのである。
s-2020-06-19 007

その上にあちこちで薪の屋根として使っていた波板を置いて、90cmの波板5枚、40cmのが1枚、そして30cmで180cmのトタンが1枚、3cmのねじで止めて屋根が完成。それにしても汚い完成でありますね。
s-2020-06-19 008

軒が120cmも出たので柱を立てる。柱といってもこれで十分です。
薪がこれで屋根の高さまで積めるようになった。
s-2020-06-19 010
 
2時過ぎ、完成して、また雨が降り出してきたので家に入る。

それにしても、なんだかんだとやることは尽きない。家にはいれば入ったでやることがたくさんある。
とにかくやることがあるというのはそれだけでありがたいことである。そして、それをやれるだけの精神と肉体があるということも本当に幸せなことである。

一生に一度の今日という日に感謝

INFINITE LOVE

INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE

19日、自粛が解除されて、県を越えての移動も自由に行き来していいということになり、仕事や観光でたくさんの人が動くようになった。というか、今まで自粛していた、スポーツ、クラブ、バー、ライブハウス、コンサート・・・・・などが営業できることになったということ。とりあえずはみんな始められてよかったよかった。ただ、密集、密接、蜜閉のものは駄目で、ゆったりとやっていくしかない。しかしそれではつづかなく消えていくしかないものがたくさんあるのだろう。
もう今までのようには戻らない。新しい世界を作り上げていくしかない。
令和2年新しき世界に向けて始動し始めたのは間違いない。新しき世界とは、霊和の世界、霊和の時代ということになる。


INFINITE PROGRESS

INFINITE IMPROVEMENT

INFINITE DEVELOPMENT

INFINITE SINCERITY


2020.06.18 薪をいただく
薪をいただきに行く。軽トラック満載で1回目
s-2020-06-18 010

2回目も満載でこの1面積んで
s-2020-06-18 012

赤松と短い薪は分別して積んで行く
s-2020-06-18 014

小さい木っ端と松は風呂の薪小屋へ
s-2020-06-18 015

楢桜の薪はここに積んで行く。
まだまだあるので、薪置き場を考えないといけなくなった。ここにきちんと屋根をかけて大きな薪小屋を作っていくしかない。
そのための材を用意したりしているうちに雨が降り出してきて、今日はこれでおしまい。
s-2020-06-18 022

割った薪がいただけるということは本当に信じられないこと。
まだあと4台分くらいはあるので本当にうれしい悲鳴です。


INFINITE SUPPLY

INFINITR HAPPINESS




2020.04.24 薪づくり
落葉松を薪にする。
s-2020-04-24 088

本当は、今年、物置の横に積んであった薪を全部燃やしたので、物置の基礎の修理をしようと思っていて、きれいに片づけてみたのだけれど 基礎がほとんど腐ってしまっていて、そう簡単にはできないことがわかり、中止
 s-2020-04-24 083

建てたのが1993年だから27年、基礎は赤松の丸太だったのでもう朽ちてしまっているのは当然なこと、
s-2020-04-24 084

壁には野地板と蔵の戸っていうのが懐かしい。ここに非常用にと思っていた薪が高く積まれていて、もう20年以上たつ。いい壁だね。何とか基礎を石か何かで置きなおさないとね。
s-2020-04-24 085

 
落葉松をみんな切って
s-2020-04-24 092

軽トラに積んで
s-2020-04-24 095

ここに積んだ。
s-2020-04-24 096

柿とイチョウと楢の薪も運んで
s-2020-04-24 098

ここもあと少しでいっぱいになる
s-2020-04-24 100

ラムも仕事が終わるまでずっと一緒にいた。
s-2020-04-24 093

今日の外仕事はこれでおしまい。


INFINITE PEACE


2020.04.04 春の散歩
軽トラを車検に出していて、できたというのでカメラ片手に歩いて取りに行った。
s-2020-04-04 002

もう15年くらい前までは4人の子供たちの保育園の送り迎えに通った道である。それと犬を何度か預かった時に散歩した道だ。
s-2020-04-04 024

三望の丘から八反歩堰の道を行く
s-2020-04-04 056

下に東保育園が見える。保育園のソメイヨシノは1分咲きくらいか。
s-2020-04-04 060

人もいなくいい散歩コース
s-2020-04-04 069

契教八ヶ岳分院の枝垂れ桜が満開
s-s-2020-04-04 081frffffff

八反歩堰から車道へ出た。坂の上の赤い屋根の宮坂自工まであと少し
s-コピー ~ 2020-04-04 091

軽トラに乗って帰り道
s-2020-04-04 095

大瀧湧水神社へお参り
s-2020-04-04 101

s-2020-04-04 110

軽トラックはさほど距離は乗らないながらも薪や廃材集めに甚大なる働きをしてくれる我が家の大切な働き手
また2年間何事もなく働いてくれることを祈願。そして感謝
s-2020-04-04 102

家に帰るといきなり薪の話が来たので積みに行ってきた。
s-2020-04-04 131

ありがとう!
s-2020-04-04 123



INFINITEGRATITUDE

煙突キャップの掃除
s-2020-03-23 012

吸い上げが弱くなってきたので、屋根に上がってキャップを見るとほとんど埋まっていた。
s-2020-03-23 007

煙突も周り3cmくらいはすすで埋まっている。まだ9cmくらいの穴があるので大丈夫。この煙突に付いたすすがキャップに付きだして隙間をふさいでしまうと吸いあがらなくなってくる。
s-2020-03-23 008

今日も暖かくいい天気、いい日であります。
s-2020-03-23 006



INFINITE LOVE


2014年12月に来た立派なかやぶきの家の解体材
s-2014-12-24 004

とにかく材がみなでかくて、薪にしてはもったいない材が多く、雨がかからないようにと積んで、はや6年。
s-2014-12-27 016

既に屋根は落ち葉が積もりそれが土となって草木が生えている状態で、そこを今日はやり直しした。
s-2020-02-28 002

高く積みなおす
s-2020-02-28 003

手前1m広くなった。
s-2020-02-28 005

この積んだ奥に、2013年に割ったユリノキの薪が積んであって、その1列を全部出してベランダに運ぶ。
廃材が5年立て続けに来たものだから、なかなか燃やせなかった薪で、やはり一番下の段の薪は朽ちだしていた。
s-s-2020-02-28 007

冬の間にやっておきたいことだったのでほっとしている。重い木をけっこう移動したが、雅に手伝ってもらったのでやりきることが出来た。今までなら簡単に一人でできたものが、だんだんできなくなってくることをひしひしと感じたのでありました。  
s-2020-02-29 003

すぐに五右衛門に浸かって体中の筋肉を癒したのでありました。

INFINITE HEALTH


1週間前までの足腰が嘘のように快調で、やる気がどんどん出てきて、たまりにたまったことをやっていこうと思う朝であります。
で、何からやろうかということなのだけれど、手っ取り早く、一昨日来た落葉松を片付けてしまおうと、午後から切り出した。
ドラムリールで電源を引っ張ってきて、
s-2020-02-17 009

丸鋸で全部50cm~55cmで切る!!
s-2020-02-17 012

半分切ったところで
s-2020-02-17 019

雅が軽トラで来てくれて、積んでくれる
s-2020-02-17 023

満タン
s-2020-02-17 026

裏の物置のところに積む。
s-2020-02-17 029

あと少し
s-2020-02-17 032

太いの残しておしまい。
s-2020-02-17 033

2時間半、みっちりやっていい汗かいて、五右衛門に浸かります。
やはり、薪の風呂は本当にいい。直火炊きの風呂は温泉とほとんどかわらない疲れを取る効力がある。
薪のエネルギー
大地のエネルギー
水のエネルギー 
太陽のエネルギー
肉体の細胞一つ一つに染みわたります。

INFINITE GRATITUDE



2020.02.15 廃材と薪
2017年9月 フランス料理レストランBERGから運んできて  
s-2017-09-14 048

それからずっとあまざらしで置いてあった樽
一つが去年の5月に崩れ、
s-2019-08-14 191

そして、雨ざらしのもう一つが
s-2020-02-15 005

今日崩れてなくなった。 まだ薪にはもったいないので裏の樽置き場に運んで、すっきりした。
すべては変化し変滅してゆく。 このホワイトオーク材でアクセサリーを少し作ろう  
s-2020-02-15 007

夕方、落葉松を採りに行って、
帰り道 いつ行っても変化し続けている二宮家に立ち寄り
今日も廃材を降ろしていて、
s-2020-02-15 019

味噌づくりのためのカマドがこんなにあって
s-2020-02-15 021

s-2020-02-15 022

アトリエはどんどん増築中で
s-2020-02-15 024

母屋で休憩
s-2020-02-15 028

黒猫メトリと遊んで、ニーサンにコーヒー淹れてもらって
s-2020-02-15 029

日がだいぶ伸びて、5時過ぎ帰り着き、薪を降ろす。
s-2020-02-15 032

落葉松と言えどこれだけあるとけっこう使えますね。
s-2020-02-15 034

二宮さん家も我が家も木とともに暮らしていて、それも廃材で作っているところも似ていて、色合いが同じです。

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM








昨日寝たのが3時過ぎで、朝は7時過ぎに起きたので今日は眠い1日。

夕方、なんとも眠い中、薪取りへ
細い落葉松をもらいに行く。
s-2020-02-14 001

あともう1回運べば終わるね。
s-2020-02-14 003

でも落葉松だからホントすぐに燃えてしまう感じ。11月に切ったというから、すぐに乾く。
s-2020-02-14 004


きちんと雨かからないとこに積まないと細いからすぐに朽ちてしまう。早めに切って使おう。

s-2020-02-14 005



昨夜娘が作ってくれたガトーショコラをいただき、聖バレンタインデーを祝いながら9時前までソファーで寝てしまった。

INFINITE GRATITUDE


2020.02.08 樫の炎
毎日木を燃やし続けている生活。
今は、薪ストーブが消えることなく朝まで火種が残っているので、軽い薪をくべると燃えだしてくれる。一番寒い時は24時間つけっぱなしという状態で、今がまさにそういう時である。
それとは別に、薪風呂を毎日焚いているので、違う薪の炎を見て楽しく暮らしている。今は樫の木の枝を燃やしていて、東京の実家の木で、おじいさんが植えた樫の木を息子が選定したのを持って帰ったもので、いい炎が出ていつまで見ていても飽きない。
s-コピー ~ 2020-02-01 038hhhhh

s-2020-02-01 034yyyy



木の感謝

火に感謝

INFINITE HARMONY

2020.01.27 薪、雪、椎茸
腰と右足の調子が少しづつよくなってきているように感じて、うれしい。
今日は雪が降るというので、小鳥さんに向日葵たっぷりあげて、薪も少し運んだ。
s-2020-01-27 029

1列目のユリノキもあと少しでなくなる。
s-2020-01-27 032

3回運んでおしまい。ここ2週間ほとんど雅が運んでくれている。お風呂の薪もあるから結構大変。
s-2020-01-27 031

川のところの椎茸が数日前の雨で春かと思って出てきてしまった。
s-2020-01-27 019

s-2020-01-27 020

大きくなってしまったのは暮れから少し出てきていたのが、一度 乾いてしまっていたのにまた大きくなって出来てきたのだ。本当に暖かい冬である。
s-2020-01-27 025

縁の下から雪かきも出してきて、
s-2020-01-27 027

夕方、雪が降り出した。
s-2020-01-27 033

山梨県全域に大雪注意報が出た。夜も降っている。
s-2020-01-27 041


INFINITE ENERGY

INFINITE HEALTH









2019.12.25 欅を切る
毎年欅の苗を植えていて、それがいつの間にか大きくなって、去年、家を作った時に少し切ったのだけれど、風が吹くと家に当たるので切らないといけない。    
s-2019-12-25 021

屋根に上って切る。
s-2019-12-25 025

欅は終わり、続いてミズキ。これは屋根から1m離れているので高枝のこぎりで切る。このミズキは、水樹の誕生日に50本の苗をいただいて植えたもの。つまり24年の木だ。高枝切用のノコで半分まで切った時、木がねじれて少し曲がったので刃が挟まってうんともすんとも動かなく、ロープ掛けて思いっきり引っ張って何とか外した。切るのは簡単だったけれど、これが一番大変だった。
s-2019-12-25 035

木は知らず知らずのうちに、毎日見ているのだからそういうのも変だけど、大きく太くなって、気が付けば手に負えないほど高くなる。 とにかく木はすごい生き物であり、偉大な友でもある。
s-2019-12-25 036

それがみんな大地に倒れてきて、それはいつも想像していた量よりも多く
s-2019-12-25 042

小枝を全部切って、まとめながら
s-2019-12-25 039
                                                                                  
薪に使えそうな枝はみんな取って、                                                           s-2019-12-25 044

小枝は全部土手に持っていき、土手の整地に使っていく。
s-2019-12-25 047

片付いた。
s-2019-12-25 048
   
昼は暖かくなって、汗だくになって終了。片付けが大変で半日かかってしまった。
                                                                                                          
INFINITE POWER

INFINITE HEALTH



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

変わらぬ冬の暮らし
今日もいい天気
桜、欅、榛の木、桂
s-2019-12-15 004

葉に覆われていた我が家もすっかり空が広くなった。
s-2019-12-15 003

2013年の春に運んできたユリノキ
s-2013-03-25 028

このころはまだパワーがだいぶあった時のようだ。今はこんな太い木を切って持ってこようとは思わなくなってしまった。
s-2013-03-25 025

そのユリノキを薪にして積んで、ほとんどは燃やしたが、ここの薪の山にまだ残っていて、それが崩れだしてきたので、燃やすことにする。
s-2019-12-15 007

運んでベランダに置く。よく燃えてくれるいい薪。
s-2019-12-15 009

我が人生、木とともに木に生かされているのを感じている。木の持つエネルギー。それは燃やすことでよくわかる。木はエネルギーの塊。そのエネルギーをいただき我が暮らしは成り立っている。
今日の薪は、ユリノキ。薪置き場に積んであった下の2段は、ほとんど朽ちて土になってしまっていた。土もまたエネルギーの塊ということ。
自然の中で変化し続けてゆく木のエネルギー。同時に我が肉体もエネルギーとして変化し続けている。社会も国家も変化し続ける。  
しかし変化しないもの  それこそが人生の目的。

無限なるエネルギー 永遠なる命 無限なる自由 




2019.12.11
白州の大江さんの家に、ガスレンジを届けに行った帰り、ループ橋の手前の橋を左に入っていくとある薪の山。
だれでも自由にいくらでも持っていっていいというのだから本当にありがたい。
s-2019-12-11 003


もうだいぶ少なくなっているかと思っていたが、まだまだたくさんあった。赤松が多かったが、細めの桑とアカシアか、よくわからない広葉樹を選び積んできた。
s-2019-12-11 002

少しづつながら増えてきてうれしいね。川のところで、今年の台風の時に水に浸かったせいですべてが砂と泥が張り付いているので、当分は雨に当てて洗いたい。砂は結構チェンソーを切れなくさせる。
s-2019-12-11 009

薪の山の横にまだアワダチソウガ咲いていたので根っこごと少しいただいてきた。
s-2019-12-11 011

何とか根付いてくれると嬉しいのだけれど‥‥
s-2019-12-11 013

午後、ゲートボール場がなくなって、土留めや道に敷いてあった木などをいただいてきた。
いらないと言えばいらないのだけれど、東の小川のところの道に敷いていけば歩きやすいと敷いた。
s-2019-12-11 016

足が鉄のテーブルも運んできた。天板は青く塗ってあるので変えて、外で仕事するテーブルに使おうと思っている。
s-2019-12-11 017

夕暮れ、外の流し台のところに明かりを取り付けて、配線も完成して明かりがともった。LEDの明かりも昔ながらの白熱灯のように暖かく感じられるようになってきた。これも技術の進歩ということなのだろう。
s-2019-12-11 026


暖かい夜、今日は1日暖かな日でありました。


INFINITE PEACE


2019.12.03 木に感謝
この薪を全部
s-2019-12-04 001

軽トラに積んでリビングの薪ストーブ用にベランダへ
s-2019-12-04 004

そして今度は、庭で割った廃材を軽トラに積んで
s-2019-12-04 014

ここに積む
何も変わっていないようだが、そうとっかえしたのだ。
s-2019-12-04 015

葉が落ちて明るくなった。
我が暮らしは、木に生かされ、木とともにある。
日々木に感謝あるのみであります。
s-2019-12-04 017

甲斐駒と金星が美しい夕暮れ
s-2019-12-03 115jjjjjj


INFINITE ENERGY

INFINITE GRATITUDE




毎年のことながら立冬のころからは毎日薪割りをしている。
調子いい時に割るとつい割リ過ぎて、その時は気持ちよく体も元気になったとよろこび、数日たつと突然体の思ってもいないところが痛くなって、なんでこんなに痛くなってしまったのかと悩む。これはまさに年を取ったということであるが、今回は右の背中の肝臓のあたりの筋肉の筋が伸びてしまったのかとおもうほど、首を寝違えてしまった時のような痛みでつらい日々であった。
それが昨日だいぶ良くなって、薪を運んでみたら問題なく運べて、また喜んでいるのであるが、やりすぎないようにおそるおそるいやっている。
廃材の梁を
s-2019-11-11 007

1日10本くらい割っていこうとしたのだが、気持ちよく割れるので割りすぎて
s-2019-11-11 008

全部割ってしまったのがいけなかった。腰をかばいながらやったせいで思いもよらぬ背中の筋肉が痛くなってしまったようだ。全くしょうがないね。
s-2019-11-14 221

14日には全然悪くないベランダ材の廃材がやってきた。これでまたベランダが出来そうだ。
s-2019-11-14 155

ありがたきことであります。
s-2019-11-14 194

午後、久しぶりに平和塔の建つIさんの家へ
s-2019-11-16 045

あんずの木と山椒の木、ヒノキの枝などを切って
s-2019-11-16 042

もう15年くらい前に作った薔薇のアーチもがたが来ていて、少し補強してベランダの階段も朽ち出してきているのでそれは今度直しましょうと、4時前に帰ってきた。
s-2019-11-16 046

毎年のことながら、この時期になると木のことで呼ばれることが多くなってくる。
五右衛門風呂でもよく燃やし、そしてストーブでも薪をどんどん燃やす時期、木とともにある暮らしを実感する日々であります。

INFINITE GRATITUDE




2019.11.15 薪取りへ
ここ1週間くらい背中が痛くって思うような仕事が出来ていなかったのだけれど、今日は調子いいのでと薪取りへ
白州のループ橋の下で薪を自由にとっていっていいというので見に行って、そしてとってきた。
広い敷地に、2m。3mに切ったアカシアが山積みしてあってどれを取ってきてもいいようで、
s-2019-11-15 233

直径15cmくらいまでの細い薪を軽く2回運んできた。
s-2019-11-15 234

すでに切ってだいぶたっているようで、すぐ薪にもなる。
s-2019-11-15 250

s-2019-11-15 241

こんなに簡単に薪が手に入ってしまうのは本当にうれしいことであります。あと数回は運んで来ようと思います。
s-2019-11-15 251


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE HEALTH




寒さにも負けず、朝顔は咲いている。
s-s-2019-11-11 032

それも北風当たる北に植えた朝顔たちが、薪小屋の屋根の上に出て咲いている。
s-コピー ~ 2019-11-11 035

裏の片づけ
去年から軒下に置いてあった木の棚が腐って傾き、乗っけてあった木が倒れだしてしまったのだ。棚を壊し置きなおす。
s-2019-11-11 024

枯草を片付け、積んであった木を薪に切ってきれいに片付いて、五右衛門用の薪もまたいっぱいになった。
s-2019-11-11 026

道の秋桜もきれいに切って片付けると、少し広くなった感じがするね。
s-2019-11-11 025

2時、一通り終わったところで、雨が降りだし、雷もなって寒くなって家に入ると丁度、新しいノートPC届いた。今まで全く使わないのでいらないと言っていた水樹が、今は1日PCでタイピングの仕事をしている。その水樹のPCで、セッティングをして使いそうなソフトを入れてあげた。今どきのノートは軽くていいね。
s-2019-11-12 008


INFINITE FREEDOM

INFINITE HEALTH




台風で落ちた木の枝は昨日かたずけ、今日は葉っぱが乾いてきたのでほおきで履いて片付けた。
s-2019-10-14 004

いつもの道になった。
s-2019-10-14 009

今日は満月、いよいよ今年も薪ストーブを使う時期になってきた。先ずは煙突掃除をする。
s-2019-10-14 010

屋根に置きっぱなしの掃除道具。2016年からこれで掃除している。重いのでこれを降ろしていくだけで完了する。
s-2016-10-15 010

丁度いい感じで小雨が降り出し油煙も舞うことなく終了。
s-2019-10-14 012

屋根の掃除もしようと思っていたが雨が降り出したのでやめる。
s-2019-10-14 015

半年前くらいより、無料で太陽光パネルの点検と掃除に来てくれるという電話がかかってきて、工事をしてくれたところの別会社というが今は断っている。無料でやる仕事ではないのだから、どうにも怪しい。そのやり方を聞くと、高圧洗浄機でパネルを掃除すると言っていた。確かに汚れてきたので自分でそのうちやってみようと思っている。こういうことも屋根の勾配がないからできることである。
風力は、羽の回転は問題ないが、風を受けて回転している軸のところがガタついてきていて、音がうるさくなってきている感じで、これはどうやって直したらいいのだろう。
s-2019-10-14 011

満月の火入れ今年もこのエフェルハーモニーが我が家の暖房機 よろしくね
s-2019-10-14 025


INFINITE HARMONY