2017.03.24 薪割り
午前仕事
s-2017-03-24 003

昨日来た木を玉切る。 
s-2017-03-24 004

s-2017-03-24 011

薪割りは腰に響くので、毎日少しづつ割るようにする。とりあえず10本割る。   玉切りから、ここまでで1時間。
s-2017-03-24 013

今日も、国会中継をやっていて、森友学園の怪しすぎることの解明で1日もめている。
今の政局が一党独裁的なだけに、その権力の行使があちこちに出てきてしまうのは仕方ないことで、こういうことは世の常といったところなのだが、このままその権力の行使が続くことはやはり修正されなければならない時が来る、ということも世の常であるから、今はその修正時期なのかもしれない。
いずれにせよ、政治の世界がお金にまみれている現状では、どんな政党が政治を司ってもあまり期待するべきことを感じない。ただそれに参加するべく選挙へ行くくらいで、政治のことは「いつかは必ず良くなる」という思いだけである。


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE PROGRESS

INFINITE FORGIVENNESS


昼過ぎに家を出る時、上空に大きな日輪に見送られて薪をいただきに隣町の富士見へ雅と一緒に出掛けた。
s-2017-03-23 005ggg

平和塔の建つ家の畑の西斜面の木を倒してあって
s-2017-03-23 008

欅と松と水木とクヌギ
s-2017-03-23 009

軽トラ満載で2回運んできた。
s-2017-03-23 010

INFINITE POWER

今日は朝から、
国会で私人の証人喚問が行われ、久しぶりに日本中がそのことで湧いている。強いものが弱いものをいじめているのか、 弱いものが強いものに立ち向かっているのか、はたまた同じ穴のむじなの喧嘩なのか、 
TVで見ていると、寄ってたかって一人の人を追及するのだからたまったものではない。与党はまるで悪者のように追及しているし、野党の方が礼儀正しい追求に見えたが、どちらにしてもこんな状況は公開のいじめである。ただ、いじめられている方は、それを望んでやっているようでもあり、見ているほうも気楽に見れたのが救いであった。
真相解明をするために証人を喚問するのであるが、真相はますます闇の中に深まっていってしまった気がする。
当分の間は国会TVの視聴率がますます上がっていくのであろう。

INFINITE INTEGRITY

INFINITE COURAGE

INFINITE STRENGTH

私は、与党でも野党でもなく甘い砂糖が好きであったが、今はそれをやめて無糖になってきて、そして右翼でも左翼でもなく仲良く生きております。

INFINITE GRATITUDE

INFINITE FERRDOM


2017.03.17 薪割りと散歩
晴れていい天気、今日も出かけようと思っていたが、兄のまこっちゃんは家でのんびりしたいというので行くのを取りやめて、
s-2017-03-17 114

私は午前中薪を玉切りにする。
s-2017-03-17 122

すでに水揚げをしている、クルミ、なら、欅はみな重い。
s-2017-03-17 145

久しぶりに生木を切ったが切れ味が気持ちいい。 楢があったのでそれでシイタケを植えようと思う。細い欅の枝はボタンにしよう。
s-2017-03-17 139

2時、まだ陽ざしあたたかく、我が家から南に200m道なき森を歩くとある諏訪神社へ散歩
s-2017-03-17 024

散歩中は、兄の歯痛が治まっていて 
s-2017-03-17 028

お参りして
s-2017-03-17 035

川沿いを歩き
s-2017-03-17 062

湿地へ降り
s-2017-03-17 051

ザゼンソウがちょうどいい感じで咲いていた。
s-2017-03-17 173

帰り着き、西日あたたかく、3時のお茶。
s-2017-03-17 209dddds

明日帰るつもりでいたのだが、明日から三連休ということで、土曜やっているかかりつけの歯医者に行くと夜8時半のあずさに乗って帰っていった。
s-s-2017-03-17 112


INFINITE HEALTH

INFINITE BRATHER

INFINITE HAPPINESS




昨日東京に行っている間に、2009年5月にエディさんとともに、長野の富士見町のKさんのお宅に平和塔を建立。
そのKさんの家から薪が届けられていた。
s-P1030458.jpg

クルミや楢、Kトラ2台分の薪である。
s-2017-03-16 019

久しぶりの薪材で、ありがたくうれしいばかりである。
s-2017-03-16 020

今日は、のんびりと目覚めて、兄とともに尾白の湯へゆったりと温泉に浸かってきた。
65に兄と、間もなく60になる私、ともに体のあちこちにガタが来ていて、この赤い温泉に癒された日であります。
Image_825df15.jpg


INFINITE SUPPLY

INFINITE RENEWAL

INFINITE HEALTH



2017.03.03 ひな祭り
4人の子供1男3女 みな元気に育ち、一番下のひかり子ももうすぐ19歳。今月、東京へ行く。今、車の免許をとっていて、その合間に部屋の整理と吉祥寺に持って行く用意をしている。
兄弟みな実家の吉祥寺で暮らすことになる。
吉祥寺が人気の町というのもありがたいことで、子供たちは喜んで吉祥寺に住んでくれて、父母、そして祖父祖母のおかげで子供たちが安心して東京で住める環境を作ってくれたことにただただ感謝しかない。

三人娘様  無限の幸福に向かっていってね
s-2017-03-04 002fff


今日は暖かな春の日。10年ぶりくらいにスカパー用のアンテナを取り付けた。今はBS、CS両方を受信するアンテナを使っていていてそれでよかったが、今回のはスカパーをダブル受信してくれる優れもので、これを使うととても使い方が増えて楽しくTVを見れるのである。
そのアンテナをただ単につけるのでは家にあわないので黒く塗って月の絵を描いた。
s-2017-03-03 003

午後、腰の調子がいいので、この間切った廃材を
s-2017-03-03 004

久しぶりに薪に割った。
s-2017-03-03 007



INFINITE LOVE

INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS

INFINITE FREEDOM

2017.02.28 薪作り
暖かい日差しの下で午前中から廃材の片づけを始めた。
5m材が12本、そのうちの7本はまだ薪にはもったいない材木なので移動する。
s-2017-02-28 001

みな長いので重く、移動するのはすぐ近くなのだけれど、軽トラックに積んで運ぶ。
s-2017-02-28 005

その移動場所をまずはきちんと片付けて・・・・
1本は1尺2寸(ほぼ36cm)X4寸(12cm)X5mでとても一人で移動できないでいて、雅が駆けつけてきてくれて、7本移動させた。
s-2017-02-28 008

一番下に並んでいた5本は、やはり裏側が老けだしていたので薪に
s-2017-02-28 023

50cmに切っていく。
s-2017-02-28 037

いつもなら、これを割って薪にして薪置き場に積んでおしまいというところまで行くのだけれど、無理はしないということでここまで。
s-2017-02-28 040


あとは家のなかで・・・・・

INFINITE HEALTH


2017.02.27 無限なる創造
毎日何をしているのかと自分でも自問してしまうような日が続いている。ここ2カ月咳が止まらなく、結構疲れてしまって、調子が上がらない。もう年なのだから無理せずにやってねと再三言われ、確かに今頑張ってもいいことがない気がしてのんびりやっていたが、 今日の暖かい日差しに誘われて外の仕事を始めた。

今年の冬はほとんど薪を割らないできてしまった。
でも来年度分の薪はすでに割って積んであるのだからそれでいいのだけれど、
それに、木も運んでこなかったし、廃材も来なかったので、南の入り口がだいぶ広く落ち着いたので、ここも全部片付けようと始めてしまった。
s-2017-02-27 003

結局、使えると思っていた長い梁や柱は、腐りが出てきてしまい薪にすることとし、使えそうな木は別の場所に移動する。
ここの屋根をとって、高くして、ここにいれる。
s-2017-02-27 006

60cm高くしてその間に使えそうな木を入れて、
s-2017-02-27 011

結構重労働で、腰にきて
s-2017-02-27 012

屋根を置いて2時間でおしまい。 ここに積んだのは、まだ薪じゃもったいない木たちというところ
s-2017-02-27 008

冷静に見渡せば、我が家にはたぶん10年分の薪は置いてあるだろう。そしてその置いてある木はほとんど薪に使うべく貰ってきたもので、私はその木たちでモノづくりをして、生活しているのだから面白くてたまらない。
薪として燃やせば、火のエネルギーとして家を温め、風呂を沸かし、きれいな木や変わった木はアクセサリーやオブジェとなって、また地球のどこかに旅立ち、そして廃材は、また我が家となって家を大きくしてくれるのだから本当に木とともに暮らしているのを実感している。
今日もこうして木を片付けながら、面白い木を見つけたりして楽しんでいるのである。

INFINITE CREATION




夜中、雅と2人でむき終えた。
s-2016-11-17 001rrr

これで冬がむかえられる。
s-2016-11-17 006

丁度50個。おおきいので2こづつぶら下げる。
s-コピー ~ 2016-11-17 005

午後、薪を軽トラ一杯いただいてきた。
s-2016-11-17 016

今年はいつもの年よりも楢の木たちの紅葉が美しい気がする。
s-2016-11-17 012hhh
写真をクリックすればみんな大きくなります。 


オレンジが目に付く日でありました。

 

INFINITE BEAUTY

INFINITE HAPPINESS

INFINITE SUPPLY



2016.11.16 薪と野菜
薪を運ぶ。
s-コピー ~ 2016-11-16 023

この薪は、2013年、ユリノキの森を伐っていただいてきたもので、
s-2013-03-25 006
5,60cmはある太い木で、
s-2013-03-25 015

みな50cmに玉切りにして積んで、
s-2013-03-25 014

割って
s-IMG_0461.jpg

太い時は周りから
s-IMG_0463.jpg

中心を割って
s-IMG_0464.jpg

細かくして
s-IMG_0465.jpg

そして積んで乾かし3年
このユリノキというのは結構老けやすく、乾くとやたら軽く、燃え方もあっという間で、どんどん運んで燃えてゆく
s-2016-11-16 024

ここ数日、いただいた野菜。自然農の三井さんのグリーンボールはやたら美味しかった。柿もむかなくてはね
s-コピー ~ 2016-11-16 020aaa


INFINITE FRESHNESS

INFINITE GRATITUDE



2016.11.10 薪ストーブ
立冬も過ぎて
今日は寒くなりました。
s-2014-01-28 011

薪ストーブ今日は全開で燃えてます。
s-2016-11-11 009aaa

五右衛門風呂で暖まり、薪ストーブで暖まり、
木のエネルギーに感謝

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

2016.11.08 廃材片付け
毎年のことながら、薪を作る時期であり、去年きた廃材もヒロさんが持って行って少しは家として使われて、まだ使えそうなものは別のところに積み、残りは薪にした。これは10月23日の写真で、それから暇を見つけては切って片付けて
s-2016-10-23 008

今日はここに残った分を全部片付けようとはじまった。
s-2016-10-23 014

まだ使えそうな木もあるが、それを言っているといつまでたっても片付かないので、・・・・
s-2016-11-08 011

切って、 梁の半分で庭のベンチにできるなと思ったりしながら
s-2016-11-08 014

すっきりきれいになった。
s-2016-11-08 016

切った木は日当りのいいところに積んで、この積む作業が一人でやっていると結構疲れる。
s-2016-11-08 015

先日切ったイチイの木も積み、
s-2016-11-08 018

朽ちかけだしていた栗の木を久しぶりに割ってみた。薪割りをやりすぎると腰に来るのでちょっと割ったところで雨がパラパラ来たので、丁度いいとやめにした。
s-2016-11-08 019

この木たちのエネルギーで冬は暖かく過ごせるのだから、木にはただただありがとうなのであります。

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE GRATITUDE





2016.11.05 いい月
落ち葉の舞い散る季節
地面にたくさんの顔ができていた。
s-2016-11-05 018aas

s-2016-11-05 022aas

来年のための薪を伐る。いよいよチェンソーを持つ時期になってきた。
コントラストが強い日だ。
s-2016-11-05 025

枯葉に隠れてきたイチイの木を玉切りにする。細いので簡単。
s-2016-11-05 027

あちこちに積んであった板や棒をお風呂の薪用に運んで切って積んだ。
s-2016-11-05 029

この頃はあっという間に日は傾き、月が輝きを増す。
s-2016-11-05 052

今日もいい月だ。
s-コピー ~ 2016-11-05 046aas


天象さんありがとう
肉体さんありがとう
太陽さんありがとう
月さんありがとう
植物さんありがとう

INFINITE LOVE

2016.10.22
あちこちで今日もイベントが盛りだくさんの土曜日。
いい天気なので行きたい気分なのだけれど、遊んでばかりはいられないと、1年置きっぱなしの長物の廃材を
saas-2016-04-13 001

みんな片付け、やっときれいになった。
s-コピー ~ 2016-10-22 029


毎日入る五右衛門風呂は、今は夏よりも3割多く薪を使うので、どんどん補充していかないといけない。
ということで、シートにかかっている薪を運び、
s-2016-10-22 034
夜には薪ストーブを付けるので、いよいよ本格的に薪の準備にかかる。
手始めに今日移動した梁や柱を伐り出した。 乾いているものはすぐ燃やせるのでベランダに運ぶ。濡れているのはもう来年の薪になってゆく。
s-2016-10-22 032

すっきりしてきれいになった。
s-2016-10-22 035

INFINITE POWER

INFINITE FREEDOM

INFINITE PEACE

煙突掃除日和
s-2016-10-15 022

屋根に上がって、
s-2016-10-15 031

いつもは新聞紙を丸めて作っている掃除道具を今回は煙突の太さに巻いた番線を重い水道管に括り付けて、
s-2016-10-15 010

これをひもでブル下げて煙突の中に降ろしていく。煙突キャップが壊れていたので、下に降ろして直し、ストーブの裏から灰を取り出して完了。
s-2016-10-15 011

夜、0時を過ぎて南の空に冬の正座オリオンが昇ってきた。
s-2016-10-16 007

そして月も満ちて明るい今宵
s-2016-10-16 013

薪ストーブの火入れをする。いきなり暖かくなって幸せになる。この幸せのために,五右衛門風呂用の薪とは違う太くて大きな薪を用意する季節がはじまった。
s-2016-10-15 061


INFINITE LOVE



2016.10.10 薪の季節
五右衛門風呂の薪は今、ここの廃材の乾いたものから燃やしている。
s-2016-09-27 054

台風や雨が多かったのでなかなか切ることもできずに、そして乾かなかったが
ようやく天気になったので切り、五右衛門風呂に運ぶ。
s-2016-10-10 017

当分はここに積んでおいて乾かしながら運んでいく。
s-2016-10-10 023

我が家の五右衛門風呂は井戸水を太陽光温水器で温めているので夏の間はあまり薪を使うことがなかったが、これから冬に向かうと薪をたくさん使うので,その確保をきちんとしておかないといけないのである。
89年に八ヶ岳に来て、廃屋を改造して住んだ家が五右衛門で、その温かさを知ってしまって以来、自分で建てた家も五右衛門にして27年、五右衛門といっても、見た目は普通の四角い風呂の形で、五右衛門風呂の最終形である長州風呂といわれているものなので、何とか4人の子供たちも薪臭くなりながらも浸かって育って行ってくれた。
とにかく、この五右衛門風呂の燃料は廃材が一番簡単によく燃えてくれてありがたいものである。


INFINITE SUPPLY

日々、緑の世界が広がってきて
s-2016-04-05 052

平和塔の水仙も咲きだして
s-2016-04-05 058

薪の片づけも、
s-2016-04-05 045

薪置き場はいっぱいになった。
s-2016-04-05 014

春になり、薪の片づけもあと一歩のところまできてほっとしている。
s-2016-04-05 055

ちょっと調子がいいとガンガンやってしまい、夜また体が痛くなった。

INFINITE HEALTH

INFINITE POWER

INFINITE PEACE



2016.03.25 灰の片付け
ここ4年間の五右衛門風呂と薪ストーブの灰の山を片付ける。
軽トラックに軽く積んで5回運んだ。
s-2016-03-25 006

だいたい2立米くらいの灰が片付いたのだが、これはもとはといえばすべてが木であり、その量は、30坪くらいの木の家4軒分くらい燃やした量かもしれない。毎日の五右衛門風呂と、冬の間の薪ストーブでこれだけ灰がたまってしまうのだから、現代社会の燃えるゴミの灰はいったいどれくらいたまっているのであろうか。
s-2016-03-25 008

我が家はありがたいことに斜面があるので、そこを埋めるようにいろいろなものを捨て置くことができ、腐ってしまった薪も、枯葉たちもそこに置いている。
これは縄文時代の貝塚のあり方に似ているのかもしれない。命をいただき、命に感謝して長い年月をかけてゆっくりとたまっていったものたちが、少し斜面になったところをならしながらたまっていったのであろう。我が家の灰の中には大量の釘が混じっていて、どうしてこんなにたくさんの曲がった釘があるのだろうかと不思議に思う時が来るのかもしれない。
s-2016-03-25 010

すでに4年間でたまった灰には草の根がはびこって、どちちらかというと土に近い感じに変化していた。もとはといえば大地に生えていた木たちが、灰となり何事もなかったかのように元の大地に溶けてゆく姿は、うれしく、感謝の気持ちで一杯になった。

木さんありがとう
灰さんありがとう
大地さんありがとう

INFINITE GRATITUDE


片付けたところにまたヒノキの材料を長さを揃えて積んでいく。
s-2016-03-24 003

そして結局片付ける前と同じようになった。
s-2016-03-24 006

薪は水樹が割ってくれて、
s-2016-03-24 010

廃材は、丸太と違って細いので、女性でも割れるということで、非常にありがたき木でもある。
s-2016-03-24 012

12月に4トンダンプ満載で来た廃材がほとんど薪になって片付いた。
s-2016-03-24 013

空になった薪置き場が、きれいに埋まった。
s-2016-03-24 017

あと4日やれば、次なる廃材のための準備が整うところまで見えてきた。

INFINITE SUPPLY

INFINITE POWER

2016.03.19 木とともに
春の雨が降り、昼にはやんで日が差して雲までもあたたかく感じる
s-2016-03-19 054

水芭蕉も咲きだして、水仙もいよいよ咲きだす時期になって
s-2016-03-19 057



緑が噴き出し始めることを想像するとあせってしまう。
廃材が緑に埋もれてしまう前に、とにかく薪にして片付ける。夕方、日が傾いてきたところで切りだす。
太い梁や柱は釘が打っていないのでチェンソーでどんどん切って、斧で簡単に割れるので薪にするのが実に楽なのである。
s-コピー ~ 2016-03-19 031

30分で汗だくになっていると、雅が来て、いったい何歳までこんなことを続けていくのだろうといって写真を撮ってくれた。まだまだ、あと30年は薪の生活を続けていきたいと思うのだが・・・・というよりも薪じゃない暮らしなんてかんがえられない…だいたい、生まれてから、吉祥寺の実家でも薪風呂だったし、小樽にいた6年間は石炭だったし、雅と出会って東京で暮らしていた6年が借家でガス風呂だっただけで、八ヶ岳に来てからは五右衛門風呂といっても四角い長州風呂に28年入っているし、暖房は薪ストーブなのだから、人生の3分の2以上は薪で暮らしているのだから、薪のほうが自然の生活ということなのである。
s-コピー ~ 2016-03-19 039

昨日きれいに片付いたところにまた山ができた。
s-2016-03-19 047

石油の暮らしはそれはそれはすごく便利で楽かもしれないが、はるか1万キロも離れたところから運んできたものを使うということを考えるだけでも大切に使わないといけないと思ってしまう。
飛行機もどこにでもあっという間に行けてしまうが、大気を汚し、地球の温度を上げてゆく。自動車もしかりである。とにかく現代の人間が動くというだけでとんでもなく地球のエネルギーを使ってしまうのである。
われらが目指す、今ここにあるもので暮らしていく生き方は、大地の上、太陽と水のある暮らしである。
そしてエネルギーの塊である木とともに生かされ生きてゆくだけである。
ただそれだけである。

INFINITE ENERGY

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE




2016.03.18 家族で薪割り
水樹とひかり子が休みで、薪割りを手伝ってくれた。

割って、
[広告] VPS


[広告] VPS


軽トラ3台分を積んで運んで片付けてくれた。
s-2016-03-18 071

s-2016-03-18 077

少し片付ききれいになった。
s-2016-03-18 078

あと二踏ん張りすれば、だいぶスペースができる。
s-2016-03-18 079


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

朝9時、悟空里山の社長が茶道を長年やっている方とともにやってきて、なぜかアコーデェオンやらいろいろなものを東京から持って来てくれた。
s-2016-03-18 001

昨日、軽トラックに満載してきたものを片付けて、
午後、博山さんのアトリエに行くと、蔵出しの競りに行って、落としてきたものを並べていた。
s-2016-03-17 010

そのうちのお宝がこの滝の流れる石。この石一つで買ってきたすべてよりも高いといっていた。
s-2016-03-17 012

私に、なぜかこの磨いた石をくれた。
s-2016-03-17 036

蔵出しの競りは楽しいぞ、今度一緒に行こうと誘われた。
s-2016-03-17 023


夕方、薪を切る。
s-2016-03-17 025

ここにある山をみんな切る予定で、
s-2016-03-17 034

今日は、軽トラック1台分を切った。
s-2016-03-17 024

なんでか毎日いろいろなものがやって来くる。

INFINITE GRATITUDE