世界人類が平和でありますように


s-2012-02-01 005




INFINITE LOVE

月と地球の間に浮かぶ衛星として1991年に八ヶ岳から飛び出していったAtelier Moonは今でも月と地球の間に浮かんでいる。
s-2017-01-21 012sssa

そして月と地球を毎日見ながら 平和を祈り暮らしている。
s-2017-01-21 012dde

あれから26年
木もたくさん育ち、平和塔も建ち、衛星も丸くなってきた。
s-tukitotikyuunoaida.jpg

車もあり、茶室もできた。ここで4人の子供たちも育ち、そして巣立って行った。
s-新しい画像dsasdfghghjh

全ては変化変滅してゆく中
月と地球の美しい姿を眺めながらのんきに浮かんでいるアトリエムーンであったはずが、
気が付いてみれば、我が衛星といえども地球の一部であり、地球の縮図そのもの
今の現状はといえば、あちこちから火がついて、平和塔が燃えだすところでありました。
s-tukitotikyuunoaidahyhy.jpg

なんとしてもこの火を収め、水の惑星地球として太陽系の本当は12惑星があるその一つとして、大調和してゆかなければならないのであります。
そのためにも、我が衛星の火を消して大調和の星にしてゆこうと思います。


INFINITE HARMONY



平和塔から水があふれだしてきて、やっと消えました。
s-tukitotikyuunoaimmmda.jpg

INFINITE HAPPINESS

INFINITE EARTH



2016.07.02 真実の生き方
s-2016-07-02 014aas

人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、

業生(ごうしょう)ではなく、

つねに守護霊、守護神によって守られているものである。

 この世の中のすべての苦悩は、

人間の過去世から現在にいたる誤てる想念が、

その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。.

 いかなる苦悩といえど

現われれば必ず消えるものであるから、

消え去るのであるという強い信念と、

今からよくなるのであるという善念を起し、

どんな困難のなかにあっても、

自分を赦し人を赦し、

自分を愛し人を愛す、


愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、

守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、

世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、

個人も人類も真の救いを体得出来るものである。

s-2016-07-02 001aas


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様守護神様
神様仏様
ありがとうございます

INFINITEGRATITUDE


2016.02.11 日本の天命
s-新しい画像aaaq (3)
世界各国どこの国でも建国の日というのは大切な日であることに変わりない。
今日は、日本国が建国された日という記念日である。
単なる祝日というより一人ひとりが日本に生まれ日本人として生きていることをきちんと自覚するという日である。

そのためには、「一体日本人とはどのような民族で、祖先はどのような人たちなのだろうか」と思い考える日である。
そうなるとどうしても天皇のいる国であるということになり、天皇とは一体何なのであろうかということになる。
そして神話の世界にまでさかのぼっていくと、そこには、大和の国、霊(日)の本の国が大きく現れてくるのである。

私は、この世界を大調和させることが出来る民族が日本人の特質であると信じている。

今の日本社会の状況はとても霊的な世界には見えないが、日本人が本来受け継いできている霊性をいよいよ発揮していく時期が来ていると感じる。

霊なる世界は目に見えぬ世界であるが、目に見えぬ世界がきれいに整えば、この現われの世(現実世界)にもそのことが反映されてくるのである。
   
霊の本の民族であることを、一人でも多くの日本人が自覚することで、地球の未来は大調和するのだと私は信じている。




2008年2月11日のbrogより


INFINITE LOVE




天皇誕生日 
『人間と真実の生き方』を彫ったラブラドライトが
今日はやけに光って見えた

2012-06-10 016のああsコピー
写真をクリックすれば大きくなります

人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、業生(ごうしょう)ではなく、つねに守護霊、守護神(しゅごじん)によって守られているものである。
この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世(かこせ)から現在にいたる誤てる想念が、その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。
いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難のなかにあっても、自分を赦(ゆる)し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真(しん)の救いを体得出来るものである。

s-IMG_0001.jpg


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように





2015.08.26 平和塔

我が家の庭に建っている平和塔
2002年、同じ所に建っていた平和塔が腐ったのでに2本目として杉の木を6角形に削って作ったものだ。
s-2015-08-27 022


この平和塔を今年行った会津の山に張り付け
s-コピー ~ 2015-08-27 023aas

八幡平の鉱山    こうして貼り付けて見るといつか本当に平和塔が建つ気にもなってくる。
s-2015-08-27 022qwqwas



INFINITE PEACE
No Nukes One Love
s-2015-07-27 055ssaad


INFINITE PEACE




5月17日富士のすそ野朝霧高原で1万人近くが集まって執り行われた「世界平和交響曲」の始まりに、

大宗匠 茶道裏千家今日庵 第15代家元 千 玄室 御年92歳の世界平和祈念 御献茶の義

利休の時代から何も変わることなく続く茶の道。

もてなしの心と平安の道

何度見てもすばらしい。





INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

s-2015-03-31 aas


こんなに汚れた世界が平和になることはない、とある一部の人々はいっていますが、平和になることはない、と思っている想念の人には永劫に平和になることはないでしょう。それは「汝の信ずる如く汝になれ」というキリストの言葉のように、信ぜぬものは成就できないのは真実だからです。
しかし、思わぬこと、信ぜぬことが成就できぬとすると、この世の大半が、世界平和達成に不安心を抱いているのですから、そうした大半の人の理念で、とても世界平和は成り立たないことになります。それではせっかく世界平和の祈りの誕生も何もならぬことになってきます。
ところが、幸いなことに、そうした不安をもつ想念というものは、やはり消えてゆく姿であって、業想念なのです。この業想念は、世界平和の祈りの持つ大光明によって、消え去ってゆくものなのです。そのところが、実に大事なところでありまして、今日までの宗教のように、信ぜぬ者たちは神から遠のくのではなく、信ぜぬ者たちまでも浄め去り、救われてゆくのが、救世の大光明の働きである、世界平和の祈りなのであります。
この祈りの運動は、嫌がる者たちを無理やりに入れたり、脅しつけて仲間にしたりするのではなく、すべては自分たちの自由意志で祈りの運動に参加しているのです。そして、祈りに参加した人たちは、おのずと自己の運命の開拓ができてくるし、同時に他への救済の光を投げかけることもできてくるのです。

s-コピー ~ book_06のコピaasー
クリックすれば大きくなります

界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護神様ありがとうございます


「人類の未来」  五井昌久著より




INFINITE PRAYER



八ケ岳に住みだしたころ、冬の畑で縄文土器の破片や石器をたくさん拾った。
5千年くらい前に、この石器や土器を使って暮らしていた人たちがいて、
いま、わたしは同じ土の上で暮らしている。
電気や車があって暮らしぶりはだいぶ違うが
同じように平和に暮らしている。
小さな土器の破片を握ると一万年平和な暮らしが続いた縄文の一日が甦ってくる。

s-2015-02-26 017aass

そしてこの縄文観音を作り、はるか昔の思い出と、未来へ向けての平和祈願をしてくらしている。



INFINITE HARMONY



前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


2011071412425498c[1]

写真をクリックすると大きくなります


前文  

私たち日本人は
正しく選ばれた
国会の代表者たちをとおして
行動します。


私たち日本人は
すべての国々との
平和的な協力によってえられる実りと
この国土いっぱいに
自由がもたらしてくれた恵みを
かたく守っていくことを決心しました。
私たち自身と子孫たちのために。


私たち日本人は
政府によっておこされる戦争の恐怖を
もう二度と
私たちのところにやってこさせないことを
決意しました。


私たち日本人は
人々こそが最高の力をもつことを
宣言します。


そして私たち日本人は
揺るぎない意志で
この憲法を制定します。


政府は
人々の神聖な信頼によるものです。
その権威は人々から出され
その力は人々の代表者たちによって行使され
その利益は人々によって楽しまれます。


これは人類すべてがもつ原則であり
この憲法は
その原則にもとづいています。
私たちはこれに反する
どのような憲法
どのような法令
どのような詔勅も排除します。


私たち日本人は
永遠の平和を願います。


私たち日本人は
人と人との友好関係を支配している
高い理想を
心から自覚します。


私たち日本人は
平和を愛する世界の人々の
正義と信念を信じて
私たちの安全と存続を
守っていくことを決めました。


平和を守り
専制政治や奴隷制、圧制や偏狭を
地球から永久に追放しようとしている国際社会で
私たちは
誇り高い地位を占めたいと願っています。


世界中の人々が
恐怖も欠乏もない
平和な暮らしをする権利を持っているということを
私たちは認識しています。


どのような国でも
自分の国のことだけを考えてはいけない、という
政治道徳の法則は
誰にもどこにでも通用するものだと
私たちは信じています。


自分の国の主権を保ち
他の国々と対等な関係をもとうとする
すべての国にとって
この法則に従うことは義務なのだと
私たちは信じています。


私たち日本人は
国の名誉にかけ
全力をあげて
これらの高い理想と目的を
達成することを誓います。


『日本国憲法 前文』南風椎 訳    三五館 より   






INFINITE PEACE



2015.01.05 いのち新たに




・・
・・・
・・・・
・・・・・
・・・・・・
・・・・・・・
年があらたまったことによって
人はおのずから心に
新しい生きる力 新しい理想 新しい道への開発を見出そうとする
新年おめでとうございますと人々は一様に言う
めでたい人もめでたくない人も種々様々でありながら
新年を祝いたい心が日本人の心の中に潜在している

人間の命の流れは 川の水のように
昨日ここで見た水は 今見ている水とは違うのである
昨日の水は もうすでにどこか遠くに流れ去っているのである
人間のいのちも そのように間断のない光の流れであって
ひととことに留まっているものではない

肉体人間というものは
命の流れに各様の想いをのせて流れているもので
昨日の命は今日の命でないように 昨日の想いはまた今日の想いではない
したがって昨日のあなたは今日のあなたではない
昨日のあなたがいかような善事をなしたとしても
今日のあなたがしたのではなく
昨日のあなたのした過ちも
今日のあなたのしたものではない
だから昨日の善事に誇ることもなければ
昨日の過ちを嘆くこともない
それらはすべて消え去って行った想念行為にすぎない

人間は常に 今の瞬間瞬間を
正しく清く愛と真に満ちた生き方をしてゆけばよい
新年はそうした生き方をあらためて思い起こさることによってめでたい
元旦を契機として 人間は日々新たな命を生かしきってゆきたいものである

                                                  五井昌久




世界人類が平和でありますように


INFINITE LOVE






2014.08.25 稲生
小学校6年間を小樽で過ごし、小学2年の夏に昭和新山で子熊にかまれ、そこのお店の木彫りをしていたアイヌの長老に手を握られて大丈夫だと言われ、私も小さいながら安心して親にも大丈夫だと言った。それがアイヌの人との忘れられない出会いであった。
それから、中学の3年間を除いて、高校に入った時から、毎年北海道に行っている。それが40年続いている。
なんでだと思っていたが、それはアイヌの聖地にいかなければ気が済まないということなのである。
s-コピー ~ 2014-08-26 026

8月に八ヶ岳に来たアシリレナさんが持って来てくれたイナウを我が家の聖壇に置くと、北の思い出、それが本当のことか、夢だったのか、夢と現実が一緒になってしまったのかと思うくらいにつぎつぎと思い起こされてくるのであった。
s-コピー ~ コピー ~ 2014-08-26 002sasa

世界中の聖地をまわられているアシリレナさんの天命が完うされますように 


s-2014-08-05 022
2014.08.16 送り火
3時、雨がものすごい勢いで降って、あちこちの排水溝から水が噴き出していた。
s-コピー ~ 2014-08-16 028

5時過ぎ、東京から長女風香も来ていて、三望の丘に行く。
s-2014-08-16 040aasd

強烈な夕日がさしてきて、その光の向こうにある浄土に向かって祈る。
s-2014-08-16 037

お盆の間、来ていた霊たちを案内するように、光が美しく変わっていく。
s-2014-08-16 053aas



INFINITE BRIGHTNESS


2014.08.09 平和祈念
今日は長崎に原子爆弾が落ちた日。夕暮れに平和記念像が現れる。
s-2010-06-23 108aqwsedq
写真をクリックすればみんな大きくなります
しばらくすると浦上天主堂の廃墟が浮かびあがり、その前ひかり輝く玄海原子力発電所現れてきた。
s-2010-06-23 10adf8

暗闇に包まれていた平和記念像がみなの祈りによって光だし、徐々に原発の光が消えていく
s-2010-06-23 108aa2jpg

祈りの力で記念像の光が増してくると、原発はすっかり消え、そして天主堂の廃墟も消えていく
s-2010-06-23 108aa3

しばらく平和記念像だけが光り輝いていたが、
s-2010-06-23 108aa4

それも消えていつもの我が家からの夕焼けにかなっていった。
s-2010-06-23 108




INFINITE PRAYER






s-コピー ~ 2014-03-25 028swde
写真をクリックすれば大きくなります

人間と真実の生き方


人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって、業生(ごうしょう)ではなく、つねに守護霊、守護神(しゅごじん)によって守られているものである。
 この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世(かこせ)から現在にいたる誤てる想念が、その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。
 いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難のなかにあっても、自分を赦(ゆる)し人を赦し、自分を愛し人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに、守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い、世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真(しん)の救いを体得出来るものである。



世界平和の祈り


世界人類が平和でありますように

日本(祖国)が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



s-2011-04-20 032のコピー


寝ても覚めてもいついかなる時でも真実の生き方と平和の祈りの響きの中にいる。
怒っている時も笑っている時も悲しい時もうれしい時も、今現れてきたことはすべて消えてゆく姿としてとらえ、感謝して今を生きてゆく。天地縦横、永遠につながっている今を生き切ってゆく。神と一体となった宇宙そのものの今を真剣に生きてゆく。

INFINITE LIFE




2014.07.08 生命憲章
pia04936-1280-10aaaa24.jpg

生命憲章  前文

地球は進化する一つの生命体であり、地球上のあらゆる生きとし生けるものは、それぞれがみな、地球生命体を構成する大切な一員であると考えられる。従っ て、私達人類は、お互いに地球生命共同体の一員としての自覚を持ち、地球の未来に対して、共通の使命と責任を果たしてゆかねばならない。
地球進化の担い手はつまるところ私達一人一人であり、平和の実現は人類一人一人の責任と義務に他ならない。
現 在に至るまで、人類の多くは足ることを知らず、有限なる資源と領土をめぐる争いが、世界各地で繰り広げられてきた。その結果として、地球環境に対しても多 大なる悪影響をおよぼしてきた。新千年紀を迎え、世界平和実現の成否は、何よりも人類一人一人の意識の目覚めにかかっている。
今や人類すべてがみな自分自身の心の中に、平和と調和の世界を築いていくという、誰一人として免れることも怠ることも出来ない共通の使命を課せられているのである。
そして人類一人一人がこの共通の使命を認識し、お互いに強く結ばれていく時に、真の世界平和は達成されるのである。
今日まで、人類は、権力においても、富においても、名誉においても、また知識や技術や教育においても、それを持てる人、国、組織とそれを持たざる人、国、組織とに分れてきた。そしてそれを与える側と与えられる側、救う側と救われる側とに分れてきた。
「生命憲章」では、それらの二元対立や差別意識を超えて、すべての個人や様々な分野が参加し、まったく新しい理念のもとに平和な世界を築いていく方向を提起するものである。

s-6m1empe0.jpg


原則

新しい時代を迎え、人類の進むべき方向はすべてに調和した世界である。つまり、すべての個人や国々が自由に個性を発揮しながらも、お互い同士、またあらゆる生きとし生けるものとも調和し合える世界である。
そのような世界を実現するための原則は;

1. 生命の尊厳

すべての生命を尊重し、愛と調和を基調とした世界。

2. すべての違いの尊重

異なった人種、民族、宗教、文化、伝統、習慣を認め合い、尊重し合い、その多様性をたたえ合い、喜び合える世界。
そして、社会的にも身体的にも、精神的にも、また、あらゆる面において、差別や対立のない世界。

3. 大自然への感謝と共生

人類は大自然の恩恵により生かされていることを認識し、動植物をはじめ、すべての生きとし生けるものに対し感謝の心をもって接し、大自然と調和、共生していく世界。

4. 精神と物質の調和

物質偏重主義から脱却し、人類の健全なる精神性が開花した、精神文明と物質文明のほどよく調和した世界。物質の豊かさだけでなく、心の豊かさが価値を持つ世界。

2011-03-21 029のコピー


実行

個人として

従来の国家、民族、宗教が権威と責任をもつ時代から、個の時代へと変わってゆかねばならない。個の時代といっても個人が自己中心的に生きるということではなく、個が自立をし、人類の一員としての意識をもって、それぞれの責任と使命を果たしてゆく時代へと変革させていくことが必要である。
そして個としての最大の使命は、それぞれが自己の中心に愛と調和と感謝の心を築き上げていくことである。

専門分野として

教育、科学、文化、芸術、宗教、思想、政治、経済等、様々な分野がそれぞれの専門知識、技術、能力を最大限に発揮し、平和世界実現に向けて、英知の結集と、協力体制を構築していく。

若者として

20世紀においては、親が、先生が、社会が、子ども達を教え、子ども達は常に教えられる立場にあった。21世紀は、大人も子どもから純粋性、無邪気、明るさ、英知、直観など子どもの素晴らしさを学びとり、共に高め合う生き方が大切である。
そして、未来に向けて子どもや若者が、平和創造の担い手としての積極的な役割を果たしてゆかねばならない。


五井平和財団『生命憲章』は人類一人一人が、誰からも差別されることも支配されることもなく、等しく自由に、生き生きと生きられることを目指し、生命の尊厳性を宣言しているものです。


INFINITE LIFE




肉体への感謝

人類を代表して肉体に感謝申し上げます。

私の肉体を生かしている  すべての機能 すべての血液 すべての骨 すべての体液  すべての神経 すべての筋肉 すべての内臓 すべての器官 肉体を構成している一つ一つの細胞さんありがとうございます。

肉体は神様の御心を現す大事な場。

肉体なくしてこのよに完全平和を実現することは出来ません。

我々は我々の肉体を尊い神の器として神の表現体として尊敬し愛し大切にいたします。

世界人類が平和でありますように

肉体さんありがとうございます

肉体さんの天命が完うされますように


s-コピー ~ 2014-05-09 088qqqwwe

緑のパワーに圧倒されながらも、可憐な花々に癒され、

地球の安寧と世界の平和を祈ります



INFINITE PEACE

INFINITE HEALTH




新月に想うこと

s-sinnjitu123
写真をクリックすれば大きくなります


May Peace Prevail On Earth

2013.09.23 秋分の日
秋分の日
世界中で「世界各国の平和の祈り」の行事が個人団体を問わず行われている。
わが家でも世界の国ぐにの平和を祈り、地球に感謝し、静かに一日が暮れていく。

夕暮れはどんどん早くそして短くなっていく。
s-2013-09-23 046




地球世界感謝行のビデオをyoutubeにアップしました。



INFINITE GRATITUDE



2013.09.02 諸行無常
ひと月遅くまいたアサガオが日ごとにたくさん咲きだして緑に覆われた我が家に色を添えている。

s-コピー ~ 2013-09-03 008


諸行無常

すべてが変化変滅してゆくのがこの世の自然の姿

ただ常住なるものは何かというと神のみ心そのものだけ

その道を進んでいく

s-sinnjitu123
写真をクリックすれば大きくなります

INFINITE HEALTH