FC2ブログ
2019.09.28 蓄音機で聴く
ムーンライトセレナーデ  MOONLIGHT SERENADE  GLENN MILLER



スターダスト 

 
1930年代の曲が木箱でできた蓄音機から流れだし 心地いい時間を過ごしている。

平和な時間であります。

INFINITE PEACE

  
今日も夕暮れがやってきた
s-2019-09-24 001

そしてだいぶ涼しくなってきた夜


クレデンザにて懐かしき音を聞いて過ごしている。
これは1930年録音の G線上のアリア。89年前の音色。
だいぶ聞いているので音もかすれ、ノイズもあるけれどしみじみと浸っていくのであります。


INFINITE FRESHNESS


2019.09.19 SP盤の分別
 もう夏がどんどん遠くになっていくのを感じる秋晴れの朝
最近ずっと夜、夜中はSP盤のレコードの整理をしながら蓄音機で聴いていて、
整理ができていないものだから、聞きたい曲が見つからない。
そこで今日はレコードをジャンルで分けていけるように棚板を増やすことにした。

先ずは、板探し、家の周りを歩いて探す。もとはと言えば蔵の中にあった米蔵の戸板。もう20年近く置いてあった板が幅がピッタリ、ちょっと厚いがレコードは重いのでこれで3枚棚板を作る。
s-2019-09-19 002

わが家は、作りたいと思った時に家の周りを捜せばピッタリのものが見つかるというのがホントすごい。
s-コピー ~ 2019-09-19 013

s-2019-09-19 015

5段の棚になったので、たくさん分別して入るようになった。
s-2019-09-19 039

午後は、おじいさんは薪を割りに、
s-2019-09-19 056

s-2019-09-19 047

おばあさんは畑で汗かいて
s-2019-09-19 029

s-2019-09-19 043

夕暮れ時には一緒に彩雲を見て
s-2019-09-19 069

そして夜はレコードの分別
s-2019-09-19 099

こういう時は電蓄があると次々と聞けてとても楽なのであるが、聞きすぎて気分が悪くなった。
s-2019-09-19 113

300枚の10インチ盤を収納
s-2019-09-19 101

きちんとしたので満足。ただ、これももう3回目で、まだまだ大雑把な分別が終わっただけなのである。木箱も13箱あってきちんとしていないのだからまだ先が長い。
s-2019-09-19 104

INFINITE SUCCESS


ジプシーの音に心癒され踊る日々なのです。

ツィゴイネルワイゼン「ジプシーの旋律」サラサーテ作曲のバイオリン独奏曲(1878・作品20)




「ジプシーの月」ディック・ミネ 昭和11年1936.4



ジプシー(gypsy)は、一般にはヨーロッパ(欧州)で生活している移動型民族を指す民族名。転じて、様々な地域や団体を渡り歩く者を比喩する言葉ともなっている。ドイツ語の「ツィゴイナー」を含めて外名であり、当人らの自称ではない。自称としては「ロマ」のほか、「シンティ(ジンティ)」「トラヴェラーズ」などがあるが、それぞれがジプシー全てを包含しているわけではなく、確立された統一呼称は存在しない。宗教面ではキリスト教の諸宗派(カトリック教会、プロテスタント、正教会)信徒もムスリムもいる。言語的にも、ロマが話すロマ語(ロマニ―語)には60を超える方言があり、多様な人々

20代に見て我が人生の指針にもなった映画『ジプシーは空に消える』
道を求めて旅をする。これこそ人生そのものであり、今見ても変わらず本来のジプシーの道を行く生き方が心に響いてきます。
細切れながら全部見れますので、時間のある方はご覧ください。

ジプシーは空に消える1
ジプシーは空に消える2
ジプシーは空に消える3
ジプシーは空に消える4
ジプシーは空に消える5
ジプシーは空に消える6
ジプシーは空に消える7
ジプシーは空に消える8
ジプシーは空に消える9
ジプシーは空に消える10
ジプシーは空に消える11

道を求めて移動するジプシー、それは19世紀までのこと、21世紀のジプシーは移動せず今八ヶ岳にて、発電し、煙を出して暮らしています。



INFINITE LIFE


小さなのをと頼まれたボタン、みんな売れてしまった。うれしいけれど、在庫のボタンもなくなってきたので、以前のようなどんどんガンガンではなくポチポチゆっくりと作っていこうと思う。
s-2019-08-20 005hhhhh

それがいいとラムが寝ながら言う。
我が家の3匹の猫たちはわたしが行って起こさない限り、たぶん22時間はじっとしている。本当に動かないのだからエネルギーも使わず、食欲もない。そういえば最近はネズミも全然捕らない。まあ暑い時期は熱中症にならないように涼しいところでじっとしていた方がいいに違いない。人間もやりすぎないように猫を見習ってあまり動かないのがいい。
s-2019-08-20 012kkaaakkk


ここ1週間は夕焼けもなく、季節が変わっていくのを感じる日々。今日は暑さも一段落、夜は窓を開けておくと冷たい風が入ってきて、思わず寒いという言葉が出てしまう夜

昔々のレコードを聴き過ごします。
s-2019-08-23 011

私の名は木蘭(ムーラン)菊池章子


s-2019-08-23 015

夢をもういちど 二葉あき子


s-2019-08-23 009

雨の酒場で ディック ミネ



今の時代、CDは売れず、レコードを買う若者といっても30代40代が増えているという。デジタルの音に飽きてしまったら、いい音を聞きたくなるのも当然のことである。まあ、デジタルの音もいい音なのだけれど、レコードの音色は言うに言われぬ郷愁がある。それも、SP盤で電気を使わない蓄音機で聴いていると格別な心持になってくるのである。

INFINITE YOUTH

2019.07.02 荒城の月
荒城の月 藤山一郎  昭和15年 



春高楼の 花の宴
巡る盃 影さして
千代の松が枝 分け出でし
昔の光 今いずこ

秋陣営の 霜の色
鳴きゆく雁の 数見せて
植うる剣に 照り沿いし
昔の光 今いずこ

今荒城の 夜半の月
変わらぬ光 誰がためぞ
垣に残るは ただ葛
松に歌うは ただ嵐

天上影は 変わらねど
栄枯は移る 世の姿
映さんとてか 今も尚
ああ荒城の 夜半の月

土井晩翠の作詞 原曲は瀧廉太郎の作曲、編曲は山田耕筰

INFINITE FREEDOM





2019.06.23 蓄音機
雨が降りだす昼間、予定が狂って家の中でアンニュイな時間が流れると決まって蓄音機をかけている。
私も年寄りっぽくなってきたのか昭和10年代から30年代の日本の歌謡を聞いている。

ディック・ミネ ジプシーの月 


日本の歌謡曲などはほとんど興味がなかったのだけれど、今年に入ってからよく聞くようになり、今は亡き人たちの歌声がゼンマイ仕掛けの木箱から流れ出すと聞き入ってしまうのである。
ジプシーの月もツゴイネルワイセンに曲をつけたもので、洋楽が日本の文化にどんどん取り込まれて行って、いつしか日本化して洋楽自体がますますよくなっていった時代なのかもしれない。

淡谷のり子 今宵限りのルムバ



高峰三枝子 別れのタンゴ


聴くたびに、録音したらいいのにと思いながらもなかなかこれが出来ない。やっとのことで録画してYOUTUBEあげて、こうしてブログで聴くのもまた新鮮なのだけれど、音の臨場感がまるで違う。蓄音機の木の箱からストレートに響いてくる音はスピーカからの音とは違う世界の音なのである。
電気を使わない音色。湿気のある梅雨の時期に重く優しく響いています。


INFINITE FRESHNESS

INFINITE SPLENDOUR

INFINITE LIFE



世間は大連休ということで、高速も、普通の道も車が多い。今日は昭和の日の祝日で、久しぶりに、富士見のフリーマーケットへ
s-2019-04-29 005

フランス製のイーゼル すごくコンパクトなるけれど、組み立てたときの形が美しいね。3000円は安いでした。
s-2019-04-30 001


そして、今ではほとんど売っていないSP版レコード
それも美空ひばりと、落語10枚で200円というのでうれしく買って、午前中には帰ってきた。
s-コピー ~ コピー (2) ~ 2019-04-30 002

昭和29年の美空ひばり17歳の時の歌声 半世紀前にトリップです。


INFINITE JOY

電蓄のレコードプレーヤーを手に入れて、フォノイコライザーがついているアンプ、つまりはレコード時代のアンプがないとだめで、古いアンプを物置から出して、プリメインアンプではパワーがありすぎるのかだめで、プリアンプと今どきの2000円アンプをつないで、これが一番いい組み合わせで普通に聞けるレベルまで来た。
s-2018-10-16 015hhhhh

手回しの蓄音機だとどうしても止まってしまうレコードがあったのが、この電気モーターと蓄音機よりも軽いトーンアームのおかげでほとんどのレコードが聞けるようになった。何よりも手軽に聞けるというのが電気の力である。
s-2018-10-16 009


DORIS DAY DOMINO  



INFINITE RENEWAL

今年最後のやまびこスケートリンクフリーマーケット
400mトラックにぐるっと店が並ぶ
高速で岡谷まで行くんだけれど 、古いもんや思ってもいないものと出会えばしめたもの、でもあってもなくても楽しめる。
s-2017-09-24 004

このお店では糸巻機
s-2017-09-24 007

糸巻機2千円、ビクターのSP盤千円、小引き出し、お茶の缶5百円猫おまけ、菓子器50円木皿100円・・・・・
s-2017-09-25 001

洋書型の小箱はよくできていて300円。2日前にポニョを見て買ってしまったブリキの金魚100円
ハンカチは柄がいいと買ってしまう50円也
s-2017-09-25 006

糸巻機は以前は5千円前後はしていたのに、ずいぶん安くなってつい買ってしまう。木の歯車が好きでたまらない。
s-2017-09-25 005

伊勢お茶缶、戦前のブリキ缶でいい味出している。
s-2017-09-25 003

戦前のSP版、ショパン、バッハ、盤もきれいでいい音色を奏でてくれて、幸せな気分です。

買ったもの並べてみれば、いらないといえばみんないらないものだけれど、出会ってしまったものたちなのだから仕方ないという感じ、我が家に来たからにはきれいに飾りましょう。

INFINITE FRESHNESS



廃材の整理も兼ねて、軽トラックをはみ出す大きさの元屋根の廃材を運んできて
s-2016-12-24 002

SPレコードを入れる箱作り
s-2016-12-24 006

くぎ抜きはしないで、板の部分だけを切り取って、サイズは18x28x30cm
s-2016-12-24 007

雨ざらしのまま置かれていた杉板だったので表面はよごれ、荒れていたのでサンダーをかけて
s-2016-12-24 008

今回は釘打って組み立て、7箱できた。 同じものを作るのが一番苦手ながらもできたのでありました。
s-2016-12-24 009


今日はクリスマスイブ
夜はめっきり冷え込んできました。
星降る夜であります。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE FLOURISHING

INFINITE INTUITION

INFINITE DIGNITY

INFINITE FREEDOM



2016.12.19 扉開く
クレデンザの向こうに開かずの扉がある。ここがついに開く。
s-2016-11-24 039

ここを開くためには、ジグソーパズルのようにものを動かしていかなければならない。それもみんな重いものばかり。
s-2016-12-19 006

やったのことで動かし終わって、扉が開いた。
s-2016-12-19 011

昨日まで作っていた部屋であります。
s-2016-12-19 010

この部屋にモノも移動して、いきなり物置に変わっていく・・・・・でも素敵にして行こう!
s-2016-12-19 009

今朝、体がどこもかしこも痛くって動かない。家造りの疲れが出た感じ、
でも起きて少し動きだせば何とか動けるので、いつしか変わらず動いて外回りがだいぶ片付けた。

師走、12月3日から始まった家造り、何ともあっという間の16日で完成。天気も1日雨が降っただけで、あとはどこにも行かずにほとんど作り続けていたわけだから体も疲れたのでありましょう。まだまだ作りたいものがあるのだけれど、これからはちょっとスピードを抑えてやっていきます。というかほかのことがいろいろ又たまってきてしまっていて・・・・・ほんと体が一つしかないのだから寝る時間が無くなるということかもしれない。
こんな感じだということは、体調も前向きでいいということなのであります。

INFINITE HEALTH

INFINITE GRATITUDE

INFINITE JOY

INFINITE FREEDOM



2016.11.24 雪が降る
ひかり子は高校へ。半分はバイクで行っているが、今日のような雪が降ると駅まで車でいく。
まだ11月というのにこんなに雪が積もると野生の生き物たちはさぞつらいことであろう。
2016-11-24 001aass-

すっかり埋まっていた餌代にヒマワリの種を入れると早速やって来てた。
2016-11-24 009s-

ビオラも
s-2016-11-24 031

薔薇も
s-2016-11-24 027

葉ボタンも
s-2016-11-24 029

風香が作った可愛い雪だるまくんを見てみんな寒いのを我慢している。
s-2016-11-24 038aaas

予定していたことは全くできず家の中
風香も雅もいて、ひかり子も試験で昼過ぎに帰ってきて、家族がいる平日。
映画を見たり、音楽を聴いたり、平日の午後 家族で過ごします。
私は、蓄音器クレデンザからの音色に心落ち着き安らいだ日でありました。雪のおかげです。
s-2016-11-24 049


雪に感謝
天象に感謝

INFINITE LOVE

INFINITE HAPPINESS

2016.10.27 人生
生きていればいろいろなことが起きてくるものである。
すべては現れては消えてゆくときに起こる姿であり、うれしいことも悲しいことも
自分の成長のためには超えていかないといけないこと。
ここ数日、きつい状況が続いていて、東京八王子へ毎日出かけていては帰ってきている。

家にいる時間はSP盤を聞きながら、
s-2016-10-28 006

今まで整理しきれていない12インチ盤の整理をがむしゃらにしている。全部クラシックで、割れとかで全部の枚数がないアルバムたちをいったいどうやって整理したらいいのかと頭を痛めている。
s-2016-10-27 031

戦前戦後の7,80年は経つレコードたちを聞いていると、今は亡き演奏者たちの音色に心が癒されてゆく。
s-2016-10-23 038


INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE

INFINITE HOPE

INFINITE LOVE

INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE




2016.10.18 秋の夜長
s-2016-10-19 015



振り子時計の振り子を止めて
s-2016-10-19 022


クリスタルの明かりをつけて
s-コピー ~ 2016-10-19 011aaas

蓄音器クレデンザをあけ、ぜんまいを回す
s-s-コピー ~ 2016-10-19 006

ショパンの別れの歌
この別れの歌を永留さんは自宅でよく弾いていたという。


今宵も眠られず黎明をむかえた。   蓄音器からの音色に心は癒されてゆく。 
s-2016-10-19 009


INFINITE LIGHT


INFINITE HARMONY


蓄音器のあるところの改装をしていて、今まであったものを片付けてレコードを置くための棚を作った。
s-2015-04-30 019

家のあちこちにある廃材を見繕って、結局一番厚い板を使って
s-2015-04-30 015

レコードは重いので丈夫な棚ができた。レコードが増えてきたのでどうしても必要だったのである。
s-2015-04-30 021

作ってしまえばあっという間だが、ここに来るまでにはなんだかんだと重たいものを動かし、掃除をして、こまごまとした配線を直したりもして1日仕事になった。

今日で4月も終わる。4日間の断食も無事に終了。結構暑い日が続いて外でガンガンやっていたので体重も5キロ減で、目標の65キロ台に戻りました。

INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE