FC2ブログ
2019.02.09 こけしたち
2階の部屋はこけしたちでいっぱいになって
s-2019-02-10 036

s-2019-02-10 037

ほんとにぎやかになって、
s-2019-02-10 025

一つ一つみんな違ってみんなかわいい
s-2019-02-10 026
写真をクリックするとみんな大きくなります


小さなものはガラスケースに入ってLEDの明かりがいい感じです。
s-2019-02-10 029



INFINITE HAPPINESS



冬は日曜日だけやっている南清里道の駅の前にある骨董屋へ
だいぶ前から頼んでいたガラスケースが入っていて、その中身も全部で2500円、他にもいろいろ面白いものもあって、5000円のお買い物、おつりがないというので、道の駅に行くと、今日は寒い日ということで半額のカレーがあったので、それを食べておつりを作って帰ってきたのでありました。

このケース、3段あって、扉も2つあって優れもののケースであります。
s-2019-01-28 014

こけしたちもちいさなものもいろいろあって
s-2019-01-28 011

いつもながらはじめてみるものがたくさんあって
s-2019-01-28 013

あらためて、こけしの種類の多さに驚くのでありました。
s-2019-01-28 012

道の駅の奥にこんなレストランがあるのは初めてで、2時前ですいていて
s-2019-01-27 006

 ベーコンとソーセージがのった清里カレーと信玄餅のソフト   なんでこれ食べてんのかなーと思いながら、でもソフトはおいしくいただいて
s-2019-01-27 004

池は凍っていなく、
s-2019-01-27 010

カモと鯉たちが優雅に泳いでいて お金が崩れたので払いに行ってケースやこけし積んで3時前に帰ってきたのでありました。
s-2019-01-27 014



INFINITE SUPPLY




満月の日
タンスの引き出しで作った棚を東の壁に打ち付けて、今までしまってあったこけしたちを並べていく
s-2019-01-21 011

姫だるまもいろいろとあって並べてみるとみんな違っていてかわいい
s-2019-01-21 017

本当はこういうのは集める気がなかったのに、小さなこけしの民芸品を集めているとついでにもらってしまうので増えていってしまった。こうして並べてみるとみんなよくできていて個性があって面白い
s-2019-01-21 018

s-2019-01-21 016


捨てられてしまうこけしたちが集まってきて
          一体全体これからどうなっていくのだろう


INFINITE HOPE

INFINITE LOVE

INFINITE CREATION




2019.01.20 こけしの棚
朝 雪が舞いだし午後には小雨に変わり夕方には青空が出て、夜は明るい14夜の月が照らし明るい夜となった。

暮れに来たタンスの引き出しで、こけしたちの置き場所を作っていく
s-2018-12-22 004

7段あるので結構たくさんこけしたちが置ける棚が出来てきた。
s-2019-01-19 002

東の壁を棚に変えていく
s-2019-01-21 002


INFINITE CREATION

INFINITE JOY



2018.12.20 大掃除
まだ暮れの大掃除には早いが、我が家は家造りも終わり、たまりにたまった片づけをしている。とにかく半年置きっぱなしになっていた薪を片付けて、雪が降る前にやってしまおうと思っていたので、本当にラッキー
s-IMG_0633[1]

s-2018-12-20 016

落ち葉の量もすごく、くま手で掃いてネコで10杯運び、だいぶすっきりした。
s-2018-12-20 020

この廃材置き場の下から出てきた組み立てベットの側面で、
s-2018-12-20 026

こけしのガラスケースの棚を作った。
s-2018-12-20 069

小さなこけしが詰まっているガラスケースが16個あって、そのうちの3個を持ってきた。
s-2018-12-20 074

この面もだいぶ充実してきたね。
s-2018-12-20 075

   
INFINITE CREATION

INFINITE FRESHNESS



2018.12.13 こけしの壁
壁をテーブル板と蔵の戸で作る。
s-2018-12-14 002

もう10年前、もらってきた大きなテーブル、2mx1.2mの大きなテーブル、ずっと使われず足を取って立てかけられたままだったので、この際壁になってもらいました。それと80cmの幅のこれまたずっと物を隠すための衝立にしてあった蔵の戸が、まさにぴったりはまったのでありました。めでたしめでたし
s-2018-12-14 005



最近、こけしや民芸品をよくいただく。一昨日も雅の仕事の方から段ボール箱3箱いただいてきた。ここの所ずっと家造りに集中していたものだから、そんな段ボール箱が10箱以上たまっていて、置き場に困るようになって、やってしまえと、新しき家の2階に、タンスの引き出しで棚を作って置き、今日も引き出しを大小合わせて5つ棚板を作り、雅と一緒に箱から出して並べていった。
s-2018-12-13 013

もう南面はほとんどいっぱい

s-2018-12-13 021

まだあるけれど今日はおしまい。
こけしたちがみんな喜んでいるようで、飾っている私たちもうれしくなったのでありました。
s-2018-12-13 004
s-2018-12-13 008

ひとまず、これらは大きめの民芸品で南の壁が出来ました。まだまだ、小さなこけしコレクションがあるのでそれをいかに飾っていくかが、これからの楽しみであり、この家の目的なのであります。

INFINITE HAPPINESS




電蓄のレコードプレーヤーを手に入れて、フォノイコライザーがついているアンプ、つまりはレコード時代のアンプがないとだめで、古いアンプを物置から出して、プリメインアンプではパワーがありすぎるのかだめで、プリアンプと今どきの2000円アンプをつないで、これが一番いい組み合わせで普通に聞けるレベルまで来た。
s-2018-10-16 015hhhhh

手回しの蓄音機だとどうしても止まってしまうレコードがあったのが、この電気モーターと蓄音機よりも軽いトーンアームのおかげでほとんどのレコードが聞けるようになった。何よりも手軽に聞けるというのが電気の力である。
s-2018-10-16 009


DORIS DAY DOMINO  



INFINITE RENEWAL

2018.09.29 こけしの日
雨の日は
ミニコケシの世界を楽しむ
10cm以下のこけしたち、それも3cm位ので作ってある世界のこけしがかわいい。ここに500くらいある。
コピー ~ s-2018-09-30 024

その中でも一番小さなこけしがこれ
s-2018-09-30 002

昭和30年代の終わりころに「日本一」とか「世界一」をお土産の世界でも流行って量産したようだ
s-2018-09-30 003

米粒こけし
s-2018-09-30 004

これは米粒そのものの七福神
s-2018-09-30 005


s-2018-09-30 006

s-2018-09-30 008

s-2018-09-30 007

こけしといっても、私の好きなものたちは土産物の小さなこけしたち

東北の冬の時期、出稼ぎに行かなくてもいいように夫婦で必死にこの小さなお土産物を作っていたのだろう。
高度成長期と相まって日本国内の観光旅行が盛んだったころの文化といってもいい民芸品なのである。
s-2018-05-13 006

この辺の小さなのが木のこけしの土産の最後のものたち、
s-コピー ~ 2018-09-30 045

この後からプラスチックにかわっていくのだろうか
s-2018-09-30 044

自然にあるもので作ったみやげものたちはみんなかわいいね。時間を忘れて見入ってしまう
s-2018-09-30 043


INFINITE HAPPINESS


雨の日 ものすごく久しぶりの感じがする 
家の模様替え
7月にもらったたんすの
s-2018-08-09 015


引き出しを棚にしていく  引き出しは10つあるので結構たくさん棚ができる 
s-2018-08-17 005

物置兼茶室でもあった部屋の窓だったところに4つ置いて、あふれるほどたまっていた民芸こけしを置いた。
他の小さな棚もみんな机の引き出しに棚板を取り付けたもの。皆かわいいものだと見とれてしまう。
s-2018-08-16 011

午後、大江さんわかこさんと宙君と孫2人が来て、
s-2018-08-16 015

わかこさんは蓮のみのおにぎりを作ってきてくれて、
  s-2018-08-16 013

あの世とこの世を想う夏の味わいをいただいた。
s-2018-08-16 019




INFINITE LIFE



いつの間にかガラスケースも10個になりその中にぎっしりミニこけしが入っている。どれもみんなかわいらしい。
s-コピー ~ 2018-07-19 032ttttt
写真をクリックすればみんな大きくなります

観光土産で買ってきてそれが少しづつ増えていき,我が祖母も桐ダンスの上にガラスケース3つ飾ってあった。それがそのまま我が家に来て、どれもがあまりにかわいらしく、それから小さなこけしたちを集めるようになった。

祖母のケース、左側のが実に小さなコレクションで素晴らしいものばかりで、さすがに同じものはいまだやってこない。
s-コピー ~ コピー ~ 2018-07-19 032



すでに半世紀以上たったこけしたちは、誰からも見向きされず、代が変わると真っ先に捨てられてしまうものたちなのであろう。それらが我が家のどんどんとやってきて、部屋の壁いっぱいになってきた。たぶんこんなに飾ってある家はないに違いない。先日、鳴子の日本こけし館に行ってきたが、このような小さなこけしは価値がないのか、数十個飾ってあるだけであった。
材料は田舎ならどこでも手に入る木や木の実、貝、竹などの身近にあるもので、農閑期の冬の手仕事として名もなく作られていたものであろう。どこの骨董屋に行っても全部まとめて持って行けという感じである。なのでまだまだどんどんやってくる気がする。

s-コピー ~ 2018-07-19 025

s-コピー ~ 2018-07-19 037

この2つが先日福島で中身全部入ったまま買ってきたもの。
s-コピー ~ 2018-07-19 035


もうこの壁面はいっぱいになってきたので、次はどこに置けばいいのだ。今はそこが問題なのである。新しき部屋を作りたいと考えて、何とか腰に負担をかけないで作れる家づくりの工法を考えているところである。

INFINITE FREEDOM
2018.06.10 こけしたち
朝、清里のフリーマーケットへ
s-2018-06-10 003

最近は人形ケースを手に入れたいと思っているが、ほとんど見かけない。小さなこけしも全くなく、大山さんから電工ドラムを買い帰る。
s-2018-06-10 004

帰り、小さな日記のアグリさんに大正か昭和の初めころの柱時計のメンテナンスを頼まれていて、動くようになったので持っていく。
s-2018-06-10 008

壁にかけて、振り子の音がお店の中に静かに響く。下が鏡になっている珍しい時計。
s-コピー ~ 2018-06-10 011

丁度昼時になったので食事して、こけしの小さなのを集めていてそのケースを探しにフリーマーケットに行ってきたと話していたら、指物師の祖父が作ったガラスケースがあるといって母屋から持ってきてくれた。黒柿の木で作った素晴らしいガラスケース。時計を直したお礼ということでもらえたのである。

ということでここ半年くらい小さな民芸品にはまっていて、どんどんと増えているのです。
s-2018-06-11 001

黒柿のケースはガラスの棚が2段なので大きめのものを入れるケースなのできれいに入れるのが難しい。中の棚板をもう1段増やして3段にしたほうがいいかもしれない。 
s-2018-06-11 007

本当にみんなかわいい。おおきさはみな10cm以下。一番小さなものは、5円玉の穴にこけしが2つ入っているものがある。もとはといえば、私の祖母のものがこのガラスケース2つあって、半年前、実家の物置からガラスケースが出てきたのをきっかけに、飾ってみたところから始まってしまったのであった。
s-2018-06-11 014ssss

時計のスペースが今はこけしのなかなかいい感じのスペースになって、もうここ以外のところにも進出しだしていて、どうにかしないといけない状況になってきている・・・・・・・・・
s-2018-06-11 010
写真をクリックすればみんな大きくなります

INFINITE FREEDOM

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE