昨日、12日の夜。
2017年元旦より住みだした藤田家の新しき家のお披露目と、おおえさんのアメリカ旅行のスライドショー
s-2017-03-12 061

玄関を入ると まだ壁は漆喰が塗っていないが、 以前の家のような扉で  廃材の色合いがいいね。
s-2017-03-12 070

右手は治療室
s-2017-03-12 072

左手のリビング
s-2017-03-12 074

三井家も来て
s-2017-03-12 087

3段の階段を上がるとトレーラーハウスで夕食
s-2017-03-12 078

大江さんのアメリカ旅行のスライドショー
s-2017-03-12 082

s-2017-03-12 081

部屋は密閉されていて25度あって私は汗をかいていた。
s-2017-03-12 085

10時過ぎ  記念撮影
s-2017-03-12 089hhhh

子供たちは巣立って行って、我が家も今月末には4人目が巣立っていき、夫婦だけの暮らしになる。四夫婦であります。
s-2017-03-12 093aas
写真をクリックすればみんな大きくなります。

2002年ころの藤田家。今回の家とどことなく似ている。



INFINITE HARMONY


2017.01.28 北の杜聖苑
昨日 嵐が吹き抜けていったので今日は抜けるような晴天で、風もなく真冬とは思えないくらいあたたかな日。

全ての山々が美しく見える日。
s-2017-01-28 004

北の杜聖苑へ
s-2017-01-28 038ffff

清里の森に住む吉田さん一家とともに
s-2017-01-28 013ffffd

日が西に傾く時間まで思い出話をして過ごす。
s-2017-01-28 019hhh

INFINITE LIFE

INFINITE FAMILY

INFINITE LOVE

INFINITE GRATITUDE
博山さんに呼ばれて額造り。博山さんが1つ作ったのがうまくいかない。どうにも苦手なのでと頼まれたのだが私も大の苦手で、切れそうな卓上丸ノコがあったので、慎重にやればできるかもと博山さんに丸ノコの使い方を教えてもらいながら作り出す。初めて四隅が45度で合せる額ができたのでありました。それもぴったりと決まってできたのが驚きでした。
s-2017-01-27 013

博山さんも私もまっすぐできちんとした木で作るのは苦手でなので、でもできたのでこれからは慎重にやればできるねとお互いに苦手をちょっと克服した気になったのでありました。
s-2017-01-27 012

うまくできたので昼を食べに行こうと、台風のような風が吹き荒れている森の道を上がり、馬術競技場の上にある留羽
s-2017-01-27 009

博山さんの書がここにもあった
s-2017-01-27 006

始めていただく山菜寿司。美味しくいただき、
s-コピー ~ 2017-01-27 004

帰り道、大山さんの家に寄って、おいしいお茶を点ててもらって、ゆっくりしていたら2時過ぎて、博山さんは3時前の高速バスで東京へ 私は家へ
s-2017-01-27 015

1日があっという間に終わっていくのでありました。

INFINITE PEACE



ここのところ絵も写真も言葉も何も表現することがなくなってしまっている。

一月前は、部屋の増築に燃えていたのにそれが終わってからは、ポカンと空洞が空いてしまったのである。新しき年2017年が始まりうまく切り替えられるかと思っていたが、ここ数日の寒波で外の仕事もせず、かといって家の中での仕事もはかどらず、ただ何ができるかを考えているばかりなのである。


そして今日は今年初めての八ヶ岳月の国集会 6人と少ないながらも
世界各国の平和と、今日は阪神淡路大震災の日でもあったので、自然災害で亡くなられた方々の天命を祈ったのでありました。
人生何のために生きているのかと考えれば、それは世界平和のために生きているのだと言っていた今は亡き二人。
1995年の清里の森でのエディさんと永留さんの懐かしい話です。



INFINITE LIFE

INFINITE FREEDOM

INFINITE GRATITUDE


築80年の民家を改装して住んでいる持留家へ
すみだしてから10年以上たつのだから築100年近くたっているということ
初めてお邪魔した。
s-2016-12-30 002

まずは家を見学
素敵なキッチン
s-2016-12-30 032

お風呂はサワラの木の湯船で、明日から取り外してヒノキの風呂に改装するという
s-2016-12-30 005

リビングは3部屋続きの広々で
s-2016-12-30 033

みんなで昼食
s-2016-12-30 027

s-2016-12-30 006

中黒柱のあるところに作られた暖炉、レンガが巨大な煙道になっていて、レンガが蓄熱するのでそれで暖かい。
s-2016-12-30 030

来年の種籾をとる持留さんと光君
s-2016-12-30 009

離れの仕事場
s-2016-12-30 018

土壁がちょっと薄いのでまだ未完のままいいかんじの色になっている。
s-2016-12-30 017

小さいけれどいい空間
s-2016-12-30 021

食後、2臼つく
s-2016-12-30 045

持留さんと匠君
s-2016-12-30 041

子供たちで餅を搗く
s-2016-12-30 038

私はこれにて帰ります。
200m下の小学校に車を止めたので、帰り道、茅葺の廃屋を見つけて、そそられて
s-2016-12-30 052

s-2016-12-30 064

s-2016-12-30 058

s-2016-12-30 066

s-2016-12-30 070

久しぶりのかやぶきの家でした。


INFINITE GRATITUDE



藤田家建築の棟梁あゆみ君最後の日、つまりは今日より藤田家ヒロさん麻子ちゃんが住みだす日
ということで、それには薪ストーブの移動がメインの日。

いい天気の午前中。シゲちゃんは電気の最終工事をしていて、
s-2016-12-26 020

棟梁のあゆみ君ともう一人で大雪のための作業場の補強をしていて、
s-2016-12-26 022

私といえば何していいかわからずリビングの窓ふきをして、
s-2016-12-26 023

あとは写真を撮って、
ここは玄関、左右に戸があり、右はリビングと左は治療室
s-2016-12-26 018

治療室 まだ壁の塗装が外も内も残っている。
s-2016-12-26 014

ここがトレーラーハウス
s-2016-12-26 026

トレーラーハウスからリビングを眺める 富士も見えるいい眺め
s-2016-12-26 030

午前中に煙突を取り外すために今住んでいる別荘へ
ここに住みだした時も取り付けたのがあゆみ君。
s-2016-12-26 038

そして取り外すのもあゆみ君。
s-2016-12-26 040

そして午後、100キロは超えているだろうストーブの移動になんと11人の男が集まってきて、
 s-2016-12-26 045

 ユニックの来るのを待ち、何なく移動
s-2016-12-26 053

家にいれるのは、じゃんけんで勝った人がやることに、
s-2016-12-26 071

無事に設置完了
s-2016-12-26 075

部屋の煙突の設置は、全く切ることもなくぴったり収まり、これは結構すごいこと。それから外のほうは固定するのが難しくいろいろと考えてやってはみたものの、うまくいかず
s-2016-12-26 080

家から出す横のところだけが2重煙突で、そこから曲りで上に出すところは1重でもいいということで、きっちりと完成したのでありました。
s-2016-12-26 084

今宵からここに住むということで、さっそく火入れをして、いい感じで引いてくれて
s-2016-12-26 087

笑顔のヒロさんと麻子ちゃんであります。
s-2016-12-26 093

INFINITE HAPPINESS



暮れというのに暖かい天皇誕生日の祭日
日がさしながら小雨が降る朝10時、虹が出た。
s-2016-12-23 035dddd

s-2016-12-23 099aaaa

それが消えて少しすると2度目の虹が出た。
s-2016-12-23 069sssd

s-2016-12-23 067

夜はクリスマス会、子供たちが全然いなくなったクリスマスからまた今日は2人の小さな子供がいるクリスマス会になった。世代が変わっていくとともに、やはりクリスマスは子供がたくさんいるのがいいな
s-2016-12-23 138

来年には東京へいってしまう3人の子供たち
s-2016-12-23 124

大江さんは来年75歳を迎え、2月よりニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコと招待で周る旅に出る。
ヒロさんの家もいよいよ完成し、今月26日、引っ越しが始まる。
あゆみ君一家も来年早々新居へ引っ越しする。
我が家、菊池家も子供が新しき世界へ、そして、親2人の暮らしになる。 そういえば、30年前までは2人で楽しく好き勝手に暮らしていた時と同じなのだが・・・・・はたして楽しくできるのだろうか・・・・ 
三井家は、今年は孫が増え、いよいよ世代が変わっていく世界。自然農をゆうゆうと続けながら、ただ、猪よけの策作りや、高速近くの畑の木を倒したりと、自然農といえど周りの環境の変化の中でやらなくてはいけない仕事をこなし、、来年早々から、倒した木を玉切りにして6年分の薪を作り、それができたら家造りをするといっていた。
渡辺家は、自給自足の世界をより一層加速させて、今年は軽トラックの電気自動車を導入。きっとエネルギーの100%自給を実現さていくのではないだろうか。
仁ちゃんは、マイペースで絵を描き、染め物をし、編み物をし、そして変わらず20年カレー屋をやっている。
登本さんは、90になる母のために始めたイネイト治療、無痛整体をより多くの人に知ってもらうために行動をして行くのだろう。
s-2016-12-23 132

今年はのんびり、1時過ぎまで話し込み、全員で記念写真   
s-2016-12-23 136aaas
写真をクリックすればみんな大きくなります




今日は糸魚川で強風で町が燃え尽きてしまう大火事があった。我が家も、火をたくさん使っているので、冬は風も強いし、乾燥がすごいので気をつけないといけない。
世界情勢も思いもかけぬ方向に変化している気もする。いたるところでテロといわれる無差別な人殺しの世界が繰り広げられ、シリアのアレッポは廃墟になっていく。
中東、アフリカ、南米、そしてロシア、中国・・・・・民族の紛争、宗教の紛争、
はたして私自身がどうして行ったらいいのかと思わない日はない。すべては消えてゆく姿で「世界平和の祈り」を祈る。そして必ず良くなるという光明思想で、それをすべて感謝に変えてゆく。そして、今置かれたところの仕事をこなして生きてゆく。

中東の国々が平和でありますように
アフリカの国々が平和でありますように
南米の国々が平和でありますように
ロシアが平和でありますように
中国が平和でありますように
世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように

神様、仏様、八百万の神神様ありがとうございます。


メリークリスマス


INFINITE GRATITUDE


2016.11.21 神戸3日間
19日から21日まで神戸に行って
ゼロさんと仲間たちで、
コンサート、温泉、食事と目いっぱい楽しみ、そしてのんびりしてきました。


19日 明石海峡大橋のすぐ横にある舞子ビラのコンサートホールで
s-2016-11-19 173

ゼロさん秀子さん、郁子さんの親のピンころ娘(3人ともに米寿)の歌声を聞き
s-2016-11-19 632

ゼロさん独唱は驚くほどいい声でありました
プッチーニ 《トゥーランドット》「誰も寝てはならぬ」
s-2016-11-19 529
写真をクリックすればみんな大きくなります

素晴らしい歌声ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
s-コピー ~ 2016-11-19 797aaaa

打ち上げやって
s-2016-11-19 106

20日
夕方からみんな集まって、再度山から夜景を眺めて
s-2016-11-20 127sssw

s-2016-11-20 109

灘温泉へ、そして11時まで串カツ屋で飲んで食べて、タクシー乗って電車乗って、
s-2016-11-20 168

この5人、九州、四国、北海道、本州から集まってきたのであります。
s-2016-11-20 158

0時、舞子駅に着く。この駅は橋の下にある。
もうつり橋のライトアップは消えていて、
s-2016-11-20 183

月が昇りだしホテルまで夜の散歩
s-2016-11-20 202

静まり返ったホテルに0時過ぎ帰り着く
s-2016-11-20 215

21日
ホテルから1キロのところにある五色塚古墳へ
s-2016-11-21 010

s-2016-11-21 032

誰のお墓かわからないまま今は明石海峡を眺める公園になっている。
s-2016-11-21 109aaaas

垂水の秀子さんの家からみんなを乗っけて、ゼロさんの待つハーレーの倉庫へ
s-2016-11-21 054

そして芦屋のインドネシア料理の「ロンボク」へ
昔、インドネシアの絵のために作った私の額がかけてあった。
s-コピー (2) ~ 2016-11-21 068

2号線にあるすぐそばの「港式餃子舗 福福」のオーナーのヒーちゃん夫婦も合流してにぎやかな昼食を食べて、
s-2016-11-21 072jji

丁度3時、記念写真撮って、
s-2016-11-21 080aaaz

それぞれ四国へ九州へ
3時、神戸を出発。 恵那で一度休んで、8時丁度に八ヶ岳に無事帰り着いたのでありました。


INFINITE HAPPINESS

INFINITE GRATITUDE

INFINITE FREEDOM




2016.10.24 INFINITE LIFE
廃材を片付けると、次なる廃材が来る。朝、9時に取りに行ってきた。
s-2016-10-24 006

完全なるベランダの材で、お風呂用に切って積み、使えそうな2X8は、
s-2016-10-24 007

90mmのステンレスの釘を抜く。これは全く劣化していないもんだね。
s-2016-10-24 008

ベランダに丁度いいので使った。
s-2016-10-24 011

午後、博山さんの家で、高桐さんとあう。
一周り違いのさる年、廃材、御茶、酒好きの二人 
s-2016-10-24 012

虹梁建設の土場に行った。民家の廃材の山で、こんな立派な木を使って作られていた家を壊さなくてはいけない時代がどうにも不思議。それにしても大きな材ばかりだ。
s-2016-10-24 022

今では産廃の山ともいえるといって高桐さんは笑っていた。
s-2016-10-24 017


今山梨県立美術館で来年の3月からの個展に向けての、15mX2mの作品と、5mX2mの作品を2つを栗の蔵板で作っている最中であった。
s-2016-10-24 030

それから下笹尾の素晴らしき高桐亭に行ってお茶して帰ってきた。バッテリー切れで写真がないのが残念。
朝から、木と付き合う1日であり、博山さんとともに充実した日だといって帰ってきて、夜、9時前に、電話が鳴り・・・・・まだまだ今日は続くのでありました。夜中八王子……何とか朝5時過ぎにまた八ヶ岳に帰ってきたところです。


INFINITE HEALTH

INFINITE POWER

INFINITE LOVE

2016.10.21 台ケ原宿市

朝9時、博山さんが台ケ原へ行こうといきなり来て、9時半に雅も一緒に3人で出掛ける。
車に、[博山]と書いた紙を置き、金精軒の駐車場に止めたので、いきなりメイン会場。
この「金精軒」の看板、金の字の上の「人」の部分を「入」に変えたことでお金が入るすなわち商売繁盛という意味を込めた看板なのだと博山さんに説明され、
s-2016-10-21 049

七賢の中の骨董市へ
s-2016-10-21 053

早速、掛け軸や、箱モノをぶっしょく、84歳、全く衰えを知らない、
s-コピー ~ 2016-10-21 062

不折の書と小箱を2つ買って、ますます元気になっていく。
s-2016-10-21 060

菊花石を見ています
s-2016-10-21 068

私は生活必需品、ストーブの上に置く真鍮のやかんを買った。
s-2016-10-21 064

今年はまた店が増えて奥のほうまで出ていた。
s-2016-10-21 016

七賢の中だけで二時間いて十分疲れて、買い物を車に運んで休憩、 おやきを食べ、
s-2016-10-21 073

体温高いので氷がうまいと
s-2016-10-21 029

そしてちょっとクラフト市へ
途中、虹梁建設、古民家再生の高桐さんと博山さんが初めて出会って、これからが楽しみであります。
s-コピー ~ 2016-10-21 071

神社のところでいつもイネイトでお世話になっている夢弦工房の登本さん、いい音色でカリンバ演奏しています。
s-2016-10-21 035

ここは、ちっちゃなものをリアルに作っていて、なぜかキノコもたくさんあり、果たして買ってどうなるというものでもないものばかりで、どこか私もそんなものばかりを作っている気がして・・・・・
s-2016-10-21 040

まだまだ奥までたくさんクラフトも出ていたのだけれど、帰ろうといいながら、蔵を改装したギャラリーComoda ここは知り合いだからよっていこうと、家具工房の中ではパンも売っていて、きれいによくがっばっているお店でありました。
s-2016-10-21 041

帰りの道でもよく電話が鳴っては、どこか座るところを探して休みながら2時過ぎに家に帰り着き,一休み、4時前に博山さんは次なる予定のために帰っていきました。私は結構疲れて、横になってしまったというのに、本当にすごいパワーの人であります。
s-2016-10-21 045



INFINITE HAPPINESS








朝の雨が上がると風が吹き天高き空
s-2016-10-09 001xxx

永留さんが清里に来た時から交流があるS氏が来たので茶を点て
s-2016-10-09 064

思い出話をした。
s-2016-10-09 061

永留さんもあちこちでお茶を楽しんでいた。
s-コピー ~ 2016-10-09 063

半月が輝きだし
s-2016-10-09 022ddds

空が燃えてきた。
s-2016-10-09 076aaas



INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

INFINITE GRATITUDE

INFINITE BEAUTY

INFINITE LIGHT


2016.10.07 63年の年輪
七日月
s-2016-10-07 047aaaaaa

63年の年輪  亡くなった永留さんの肉体の年齢だ。
s-2016-10-07 003qqqxxx

「黎明」 二十三章 霊的向上の方法と瞑想  この章の最後に契約されたマントラ
「世界人類が平和でありますように」
s-コピー ~ 2016-10-08 001

「世界人類が平和でありますように」の一文を最後に加えて、黎明の本が完成したといっていたのを思い出す。
s-2016-10-06 003sswq

季節は巡り、紫色の菊が咲きだした。
s-2016-10-07 012qqsd

月に雲がかかり、現象世界から幽界を越えて霊界へ
s-2016-10-07 027aasss

世界人類が平和でありますように

INFINITE GRATITUDE

INFINITE LIFE




2016.10.05 お別れ
太陽に今日も黒点がない
s-2016-10-05 006

曇り空
s-2016-10-05 001

北杜市にある北の杜聖苑に行くと正装の永留祥男(葦原瑞穂)さんが笑顔で迎えてくれた。
s-9,29 017-aaaaazzzzz

「ちょっと地球に永く留まりすぎました。ではまた」
とあっけない感じで棺に入ってしまい、10人くらいで最後のお別れをして、1時半火葬。


11月19日の49日まで、身内のつもりで祈り続けます。

INFINITE HAPPINESS

INFINITE LIFE

2016.10.02 新しき世界へ
兄が1年ぶりに来ているので、今日は富士聖地の特別行事を休んで長野に出掛けていて、家に帰ってきたら永留さんが亡くなったと電話がかかってきた。朝9時半くらいに長坂から須玉に下る高速の上り車線のS字カーブで壁に激突したそうで、まさに富士の行事に行く途中で、なんとも悲しきこと、そして信じられないこと。
1994年からずっと一緒に富士聖地に通った友でありまして、楽しきことも嫌なこともある中で共に成長しながら、これからは、本当の意味で自由と平和の世界を生きてゆける仲間と思っていました。

永留さんの思い出
1990年代はいつも半袖で、真冬の氷点下の中でも半袖で笑っていた。
s-20060826 014aaas

そして、いつも歩きで、小淵沢の我が家から標高差600m、距離18キロある自宅までもいつも歩きで行き来していた。

21世紀になってようやく冬には長袖を少し着るようになり、2010年過ぎて、車を手に入れてからは普通の人間の暮らしになってきていたのだけれど、その車に乗って亡くなってしまった。
免許をとったのも40代後半で、車の事故も知っているだけで3回あって、そのほとんどがオーバースピード。レンタカーでカーブの雪道で横転、友達のワンボックスで国道141の下り坂でトラックを抜きにかかって横転、廃車、レンタカーでダートの峠道で脱輪、そのほか駐車場でベンツにぶつかってみたり、小さいものも結構あったなあ。今回の事故もやはりスピードの出しすぎなのだろうと思ってしまう。

山もよく上っていたっけ
s-2003 08 19 029

ここは永留さんのおすすめのポイントでよく行ったな
s-コピー ~ 20060826 017


s-20060826 003

いつも富士聖地ではこの服を着ていたなあ
s-20060514 001

s-2005522 013

どんな寒い時でも、防寒着は来ていなかった
s-200536 035

お寺や神社で世界平和の集いをいっしょにいっていたなあ
s-03-6-17 011

清里の森でも毎月集まっていたのも終わってしまって
s-20080304 010

我が家に来たのは今年の6月の月の国の集会で来たのが最後でありました。
s-2016-06-21 018aassd

肉体人間としての3次元世界の懐かしき思い出です。

今まで楽しき世界をありがとう

今は次なる世界へ向かって進んでいることでしょう。

行ってらっしゃい

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
永留さんの霊界での天命がいち早く完うされますように
守護霊様ありがとうございます
守護霊様ありがとうございます


無限なる命永遠なる命

今日は、第2日曜日ということでカナディアンファームのフリーマーケット
s-2016-09-11 004aas

去年はいけなかったので久しぶりである。細い砂利道を入っていくと、王国の主ハセヤンが笑顔で迎えてくれる。コーヒーをごちそうになってから、
s-2016-09-11 011


店を出す。
s-2016-09-11 128


どこか異国の街のよう
s-2016-09-11 122

重くて石のようなハセパンがなくなり、パンの種類が増えていた。 初めてのパンプキンパンを買う。重くてきめが細かくおいしい。ほかのパンもみなおいしそう。
s-2016-09-11 061

バザールは静かに始まって、
s-2016-09-11 120

なくならないうちにとハセヤンの野菜を買い、でも帰りがけにたくさんいただいた。
s-2016-09-11 126

男爵が緑内障で目がだいぶ見えなくなっていて、トマトの色もわからないといいながらおいしい野菜いっぱい作っていた。
s-2016-09-11 132

マーケットは広いスペースにぽつぽつと点在する感じで、のんびりと、
s-2016-09-11 133

ここはデカい家が並ぶ
s-2016-09-11 105

この家は5間8間の大きな家なのだけれど、扉とかがデカいので、なぜか小さく見える。ハセヤンはここの地下に息子大樹君の奥さんでもあるUAのための音楽スタジオを完成させていた。
s-2016-09-11 103

これぞハセヤンという感じの作品、一体全体これは何なのか・・・・
s-2016-09-11 094

森の中、こんな感じはお手の物という家。
s-2016-09-11 035

木工と道具置き場と居候小屋
s-2016-09-11 101

新しきものはといえば、レストランで使っている井戸水をこのドーム内にぐるぐる巻きにしてあり、それで中の温度を15度に保つという冷蔵庫。中に入れてもらうと確かに寒い。冬は逆に暖かということだ。
s-2016-09-11 053

手作りアイスも食べて、
s-2016-09-11 130

ハセヤンは新品のジャケットを買っていて、それがぴったりでにあっているのがおかしい。
s-2016-09-11 141

帰りがけ、雅がハセヤンの肩をもんで
s-2016-09-11 135

1日ハセヤンワールドでのんびりさせてもらって帰ってきました。
s-2016-09-11 113sss

INFINITE GRATITUDE


清里の丘の公園の近くの牧場通りのフリーマーケット
芝の上で気持ちがいい。
標高1100mの高原のフリーマーケットは、別荘の人たちの不用品といった感じのモノが多いのか、こけしを何軒もの店で売っている。つまりはそれを買うお客も来るということのようだ。
s-2016-08-07 007

ということで、私も買ってしまったこけしがある。
ちょっと変わったこけし
それと竹の花器、
s-2016-08-08 001

木の8面体結晶は出店している大山さんからいただいた。
s-2016-08-07 005

帰りの博山さんの家によって、ついでに向かいのキッチンハートランドに行って昼を一緒に食べてきた。
今年85歳の博山さん、7月に穂高に上ってきたという。今年から、下駄で登るのをやめ、スニーカーで登ったら、途中で靴底が両足とも抜けてひもで縛ったりして登ってきた。あんなのなら下駄のほうがずっと登りやすかったねといっていた。そして当然、頂上で焼酎飲んで下山してきたそうだ。相変わらず、元気いっぱい楽しき話一杯の博山さんでありました。
s-2016-08-07 024aas


INFINITE LIFE

INFINITE YOUTH




2016.06.18 基礎打ち
昨日は夜中の2時過ぎに東京から帰ってきて寝たのが4時、
朝は普通に起きて、雅は仕事に、ひかり子も文化祭の支度ということで学校へ、
9時過ぎに、ひろさんとあゆみ君が半ねりのセメントを運ぶために軽トラを借りに来た。

s-2016-06-18 001

夏のような空の中、10時過ぎ、ヒロさんが祝詞をささげ、
s-2016-06-18 006

トレーラーハウスに基礎を打つ。
s-2016-06-18 010

0.65立米を流し込んでおしまい。
s-2016-06-18 013

いよいよトレーラーハウスの前に増築して,今年の秋には住みだす。

電気も使えるようになっていて、着実に進んできている。
水のほうは、バスルームに行っている配管のどこかがからほんの少し漏っている。台所の水道は、水が出ないので、今日、管の中のゴミを取り除くと相当にゴミが詰まっていて、勢いよく出だしてくれて、ほっとする。
しかし、キッチン、お風呂、トイレ、洗面のトレーラーハウスの中の配管が、細いプラスチックの管で、このままでは冬に破裂してしまうので、取り換えなくてはいけない・・・・・今日は床下の断熱材を切って手探りで探っていったが、すでにあちこちで断線した配管見つかり、何度も破裂していたということなのであろう。まあ何とか直してゆくしかない。

昼過ぎ、今日は早く帰ってきて、陽ざしの強さにつかれて、夕方まで寝てしまった。

INFINITE PEACE

INFINITE HEALTH


午前中、ZEROさんはお母さんの病院へ、私は暇だったのでポストと樋の排水管の修理をして、11時過ぎ、明石にタコ焼きを食べに出発。丁度お昼。すでに並んでいた。
s-2016-06-12 002

店の名前では玉子焼きとなっていて、中にはタコが入っているだけで、味付けはだし汁につけて食べる。
s-2016-06-12 017

おでんも食べて腹いっぱい。
s-2016-06-12 018

市場に行って
s-2016-06-12 023

1時半、今度はゼロさん秀子さんの裏千家の先生のお宅へ。
s-2016-06-12 069

秀子さんのお点前
s-2016-06-12 042

私もさせていただいた。
s-2016-06-12 046

ZEROさんは正座でギブアップ、85歳の先生に介助されている。あとで、きちんと正座ができるようにならないとと先生に言われていた。
s-2016-06-12 036

小雨降り出して5時に、家に帰って来る。ゼロさんと片足バランスの勝負をしている。
勝負好きで、みなを笑わせて過ごす。
s-2016-06-12 081

8時まで寝てしまい、夜12時過ぎ、お母さんも起きていてくれて、記念撮影して、八ヶ岳へ出発
s-2016-06-13 006aas

INFINITE GRATITUDE

2016.06.11 神戸縦断
とにかく神戸は坂に家が段々にあって、家の同じ階にも段がある。若いうちはいいが歳をとると1戸建ての家は実に住みにくいところであり、そういうのを解消するためにマンションに住みたくなるのかもしれない。来るたびに高層のマンションが増えている。

今日、土曜日、いろいろな予定があって、朝8時からこなしていく。まずはゼロさんの家のBSアンテナの設置、すでに設置はしてあるものの5年映ることなく、断線したものをつないでみたが映らない。分波器と分配器をつなぎなおしたり、アンテナのところもつなぎなおしたり…どうせなら新品で最初からやるほうが確実にできるのだが、なかなかつながらない。アンテナが壊れているんじゃないかといったことも疑いたくなる。ゼロさんは9時半まで待ってくれたが映らないので、一人でやることになり、2階のTVを窓の外に向けてアンテナレベルが上がるのをアンテナを動かしながら直接見れるようにした。アンテナ位置は、iphoneのソフト「BSコンパス」で合せるので確実で、一瞬レベルが1になった後、ショートしている可能性があるという画面が出たので、同軸ケーブルの接続を今一度確認する。一つ固く締めすぎたところが怪しかったので付け替えるとショートはしなくなり、アンテナレベルもきちんと上がりだし、最高のところで止めて、2台のTVのBSが映りだし完了。
s-IMG_0446.jpg

大工道具や材料を車に積み込み、家を片付けて、ZEROさんのお母さんの病院によって、垂水の秀子さんの家へ、
ZEROさん、秀子さんは夫婦ながら、22キロ離れて住み、2人とも88歳の母の介護をしながらの別居生活をしている。
今日はピンコロ合唱団の練習日ということで、先生に来てもらっての練習。もう一組の郁子さんと87歳のお母さんが来て、なぜか私も歌わされて・・・・
s-2016-06-11 034

3時からは茶話会
s-2016-06-11 039

庭に出る階段と手すりをみんなが歌の練習の時に作ってしまい、終わってから手直しして完成。
s-2016-06-11 047

いい庭です
s-2016-06-11 045

8時前にお見舞いに行って、
s-2016-06-11 059

再度山へ
土曜の夜ということでにぎわっていて
s-2016-06-11 062

s-2016-06-11 080ssa

光輝く夜景はクリスタルのように美しいのだけれど、些細なことですべてが崩れて壊れてしまいそうな危うさを感じてしまうのでした。
s-2016-06-11 121aas

9時、芦屋にあるヒーちゃんのお店「港式餃子舗 福福」まで行って、ゆったりと楽しくごちそうになり、
s-2016-06-11 096aas

11時過ぎ垂水まで帰ってきて、今日も長い一日が終わったのでありました。

INFINITE HAPPINESS



2016.06.10 ゼロ母入院
神戸の朝は暑く、
朝から汗をかいている。
午前中にゼロさんは、微熱が続く88になるお母さんを近くの主治医の病院へ車いすに乗せて行き、私はまだ途中の改装の続きをして、11時、帰ってくると、お母さんのクレアチニンの数値が5.8に上がっているので、急きょ入院ということになってしまった。
s-2016-06-10 022

気持ちは元気なのでけれど、やはり腎臓が弱ってしまっているので、それを何とかしないといけなく、食事と水分も制限があるもののこの病院の食事はおいしいと全部食べて、私とゼロさんは一息ついて、
s-2016-06-10 023

あわただしい時間が少し落ち着き、3時過ぎ食事をして、
sss-2016-06-10 012

どこかわからない洋館でお茶を飲む。
sss-2016-06-10 016

夜は歩いて灘温泉へ。アーケードがたくさんあって、小さなお店もたくさんあって、そこに高層マンションがそそり建っている。電車がそこに何本も通ってけたたましい音で通り過ぎてゆく。どこか近未来の都市のようなブレードランナーを思い起こさせる町、11時過ぎに帰り着く。

ゼロさんのお母さんは、熱は下がったものの、足には水が溜まってしまって痛そう。
私があわただしく改装してしまったのも行けなかったかもしれない・・・・・

INFINITE HEALTH





水樹が行ってくれることになって、夜中、2人で小淵沢を出発、250キロ走って3時に養老のサービスエリアに到着、6時半まで休憩。
彦根から大津まで1車線規制でのろのろと、朝の通勤ラッシュの中を150キロ走って、9時、大阪吹田インターを降りる。いつもここを通る時に見ていた太陽の塔を今回はまじかで見ようと降りたが、道がややこしくいきなり道に迷ってひとまわりして9時半、やっとのことで万博記念公園駐車場に入る。
入場料250円を払い、一目散で太陽の塔へ

黒の太陽 直径8m
s-2016-06-09 019

まわって正面に来た 
s-2016-06-09 046aas

塔の高さ70m、基底部の直径20m、腕の長さ25m。 太陽の顔 直径12m
s-2016-06-09 191aas

黄金の顔 直径10.6m、目の直径2m
s-2016-06-09 196aas

いつか 中の『生命の木』をみてみたいとおもうが・・・・
s-2016-06-09 199aas

現在過去未来の3つの顔がある太陽の塔
過去を表す黒の太陽
十字架の中で大きく手を広げ私に問いかけている
s-コピー ~ 2016-06-09 213aas

私が中学1年の夏にあったEXPO70.帰りがけ振り向くと
今はもういない芸術家岡本太郎と丹下健三。2人の作品、太陽の塔と大屋根の骨組みが仲良く手をつないでいた。
s-2016-06-09 066

インスピレーションを与えてくれた岡本太郎に感謝し、公園を後にする。
今日の目的地神戸へ
朝の渋滞で12時ゼロ宅に到着。

しばしの休憩後、ゼロさんのお母さんの部屋の
s-2016-06-09 091

26cmの段差をなくすための床材を買い、我が家から持って行った材料とで、
s-コピー ~ 2016-06-09 092

s-コピー ~ 2016-06-09 093

何とか完成させ、手すりを付けベットの高さをかさ上げして今日は終了。
s-2016-06-09 095


垂水の秀子さんの家に水樹を送っていく途中の夕陽
s-2016-06-09 268aas

明石大橋と夕陽
s-2016-06-09 132

蒸し暑かったのがうそのように風が気持ちいい
s-2016-06-09 279

秀子さんと夕食を食べに行って、
s-2016-06-09 184

私とゼロさんは灘区のゼロさんの家に帰ったのでありました。


INFINITE HAPPINESS