FC2ブログ
見渡せば何百とマイマイガが舞っている。そして、どうやらメスたちはじっと卵を産んでいる。
止まっているメスのところにオスが交尾しに来ているような感じで、メスたちは産卵するとそのままそこで死んでしまっている感じ。本当にどこを見てもマイマイガがいるのだから自然とよくわかってくる。産卵が始まったのだからそろそろマイマイガも終わりに近づいてきているかんじかなー

同じところがいいのか集まって産卵している。
s-2020-07-16 029

産卵しているメスの上に産卵している。
s-2020-07-16 026

昨日全部欠きとったのに、もうこんなになっている。
s-2020-07-16 027

ナナフシたちも大きくなっていっぱいいる。
s-2020-07-16 030

オニヤンマのヤゴのぬけがら
s-2020-07-16 031

次なる虫たちの季節が始まりそうだ
s-2020-07-16 005

梅を採る。
s-2020-07-16 022

雅が頑張って採ってくれました。
s-2020-07-16 024


INFINITE PEACE



紫陽花がきれいな季節になりました。
s-2020-07-12 013

家のあちこちでマイマイガがじっとしていて、次の日になると卵をたくさん植え付けている。
s-2020-07-12 002

毛虫はいなくなったが、マイマイガが乱舞している。



毛虫の大発生の時よりはだいぶましであります。これももうじき終わる。
そういえば今年はアリが湧き出る光景をま見ていない。もうそんな時期は過ぎたと思うのだけれど、ただ、見ていたものが毛虫ばかりだったので気付かなかったのかもしれない。ほたるも雅は見たというが、私はまだ見ていない。
暑い夏が来るということです。

INFINITE PEACE






雨がやんで
すっかり葉っぱを食べられてしまった桂の木だが、上の方はまた葉っぱが出てきた。
s-2020-06-24 001

クスサンの幼虫たちも桂の葉を食べて立派に育ってきましたね。10cmくらいはある。パット見ただけでも葉っぱよりも多い感じ
s-2020-06-24 030

ちょっと前までの空を覆うほどの日陰を作ってくれていたのだけれど、この時も半分くらい食われていた時だ
s-2020-06-15 054

今はクスサンの幼虫ばかりで、気が付けばマイマイガの幼虫ニャッキさんはほとんど姿を消し、マイマイガもそんなに飛んでいない。どこかほかへ飛んで行ってしまったのかしらん。他でまた大繁殖してくれるといいんだけれど、果たして来年はどうなることやら。

1日ほとんど家であまり動かずすごします。
午後、麦草工房のシンコさんが直した戦前の8角時計を取りに来た。
そして、いろんなものを持ってきてくれた。
この額 確かにもう誰も使いそうにない額ながら、いい味出ていて我が家にはピッタリであります。ありがとう
s-2020-06-25 003

こけしにラジオにグラインダー、鏡に熊に梅酒のビン
s-2020-06-25 004

時計は夜、分解して掃除して動き出した。
s-2020-06-25 005

みんなミッドセンチュリーなものばかり、確かに使う人はほとんどいないかもしれない。シンコさんも骨董を売っていながらもういらないと我が家に持ってくるくらいなのだから、どんどん捨てられてゆく運命なのだろう。
私はそういうものたちの中で暮らしてゆきたいと思っているのです。

古き良き時代
そんな言葉が似合う暮らしを目指します。

INFINITE GRATITUDE




2020.06.15 毛虫王国
毎年のことながら生物の大繁殖の時期であります。
11日に梅雨入りして雨が降り続いて、晴れたと思ったとたんマイマイガが庭を乱舞している。


そして、恐ろしいことに巨大になってきた毛虫たちが庭中を歩いている。特に桂の木はすごいことになっていて
s-2020-06-15 043


上を見上げると木の葉が半分くらいになって空が見えだしてきた。
s-2020-06-15 054

もはやわが家は毛虫王国の住人という感じ




ビデオを撮っているときだけでも糞がぽろぽろと落ちてくる。その糞の大きさが4mm以上になってきたので当たると痛いくらいだ。
シートには積もった糞が土のようにたまってきている。
s-2020-06-15 014

毎年桂の木にはクスサンの毛虫がいるので、この白い方の毛虫はきっとクスサンの幼虫に違いないが、大きさは6cmくらいでもっともっと太く大きくそして緑に変わっていくのだろう。このままだと桂の木の葉がほとんどなくなってしまうのではないかしらん。
s-2020-06-15 049

夕方、草刈り
s-2020-06-15 063

刈っても刈っても生えてくる草たち、月1回刈る。2回目の草刈り
s-2020-06-15 073

草刈りをし終えたところを振り返ると気持ちいい。わが家の毛虫でどうにもならない気持ちまですっきりとさせてくれた。
s-2020-06-15 087


卵を徹底的に捕ったり、殺したりしたのに、全く関知せずといった感じでマイマイガがあふれかえっている状況は、そんなことしたってたいして意味がないと思わせてくれて、毛虫を殺すのはあきらめ、早く蛾になって飛んでいってほしいと思うようになった。
ただ、薔薇だけはきれいに咲いてもらおうと消毒する。
もう我が家は本当に毛虫ワールド。



そして日が暮れて、五右衛門風呂に浸かって人間の1日は終わっていく。外では夜行性の虫たちが生き生きと草を食んだり、生殖活動をしていて、闇の森がぞわぞわと動いてみえる夜である。
s-2020-06-15 059


INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM






去年の秋のフリマ出買った球根がぐんぐん伸びてきて咲いた
s-コピー ~ 2020-05-15 050

アリウム・ギガンチウム
s-2020-05-25 012

もうそろそろ3週間になる。花が次第になくなって緑の実になりだしてきたが、未だ125cmあるぼんぼりの造形は面白く、テーブルの上で楽しませてもらっている。
s-2020-05-29 030sss

これは一昨年と去年の5月のフリマ買ったイワチドリと岩オモダカとシダ
s-2020-06-01 039


ただの石のように思えていたところに今年もまた新しき芽も出てきた岩オモダカ
s-2020-06-01 024

葉も大きく広げて
s-2020-06-01 005

そして今年も可憐な花が咲いたイワチドリ
s-2020-06-01 009

こういう可憐な植物を枯らさないで育てることが出来るようになったということは、きっと歳をとってきたからだと感じる。

INFINITE YOUTH





一番大きなチューリップも終わりになって、
s-2020-05-03 012

クローバーも大きくなって
s-2020-05-07 001

三つ葉たちも元気で
s-2020-05-07 003

なくなってしまったと思っていた黒い三つ葉も2つでて来てて
s-2020-05-07 002

三井さんの水路からいただいてきたクレソン

一つは東の川なのだけれど、水量が多い時に流れてしまうので箱に入れて様子を見る
今は日が当たるのだけれど、これからは全く日影になってしまうのでやはり育ちにくいのかもしれない。
s-2020-05-07 016

もう一つはU字溝のところに、流れの邪魔にはならないようにして箱をおく。ここは日当たりがいいので大きく育つといいな。
s-2020-05-07 006

自然農の畑を見てきたのだけれど、まだあるマルチシートを使い切るまではマルチをする。本当に草取りをするのが大変なのでずっとしてしまうかもしれない・・・・・
s-2020-05-06 005

マルチをするために、せっかく咲き出していたひなげしを全部掘り返して、なんともかわいそう。でもそんなことは言っていられないと抜いてしまっているのだから、我ながら勝手なものだと思ってしまう。
でも結局、端っこのひなげしと今咲きだしてきた春菊がきれいだなーということで、抜けずに、マルチも中途半端までで、春菊の花が終わったラまた伸ばせばいいかと、実にいい加減で自由な畑なのであります。
s-2020-05-03 005

午後は雷がとどろきわたる連休最後の八ヶ岳でありました。


INFINITE PEACE


2020.05.04 マイマイガ
マイマイガが糸を垂らして我が家に降り注ぎだしてきた。樋のところから糸を垂らしてものすごい数が降ってくる
去年は大したことなかったが、今年はとんでもないことになりそうなので、今更なんだけれど、せめて家についているマイマイガの卵を取り除いてみる。
s-2020-05-05 018

もうすでに羽化してしまっているのもあるがまだ卵のところにじっとしているので、卵と一緒に木べらで捕っていく。
s-IMG_2105.jpg

それにしても目立たないように壁や屋根の下にくっついていて、次から次に見つかり、一つに500個くらいの卵が入っているというからすでに10万個以上は捕ったのだが、2階の屋根についているのは取り切れない。梯子と脚立に上り下りして兎に角とれるものはみんなとって、おもいもかけず疲れた雅とわたしなのでありました。


この毛虫はミズキの葉を食べてしまうので、ミズキの木がたくさんあるのでどうなることやらと少し心配になってしまうのであります。
このマイマイガ、あちこちで大発生して、2,3年は続いて、でもずっとは続かないようなので、今年は2年目ということで我慢の年になりそうです。
虫嫌いではない私でも空から毛虫が降り注いでくるのはどうにも嫌なもので、まいってしまいそうな5月の大連休
八重桜が満開で
s-IMG_2082_202005050609398d1.jpg

ウワミズ桜も咲き出して
s-2020-05-04 010

静かに日が暮れて
この静けさは人間が動いていないから
s-IMG_2107.jpg

夜、風呂あがり、月明りと雲と風が心地よく
s-2020-05-04 003ooooo

人の動きとは裏腹に、自然界の生き物たちは爆発していて、その一つのマイマイガの毛虫のことで頭がいっぱいになった1日に感謝します。

ありがとうございました。

INFINITE GRATITUDE

2020.03.12 小さな花
暖かくなって、地面にたくさん植物たちが出現
小さい植物たちが花を咲かせ、もう足の踏み場がなくなってしまう。これにもうじきアリや虫たちが歩き回りだしたら、外に出られそうにない。そんな気持ちになる今日であります。

オオイヌフグリ かわいいね
s-2020-03-12 004uuuuu

どこもかしこもイヌフグリの花が咲いているので青く見える。
s-2020-03-12 006tttt


コハコベ 犬フグリよりも小さな花  
s-2020-03-12 012

ヒメオドリコソウ 畑にいっぱい咲いていて、結構踏んでしまったかな
s-2020-03-12 014

水仙 あちこち暖かい石塀の前などでは咲き出していて、わが家はようやく蕾が伸びてきたところ
s-2020-03-12 017

梅はどんどん咲いて、 5分咲きくらい。
s-2020-03-12 022ppppp

Infinite Beauty

Infinite Harmony



毎日エサ台にやってくる小鳥たち
シジュウガラ、ヤマガラ、カワラヒワ、アトリ、ヒヨドリ

時々やってくるのは
しめとすずめ

そして今朝はじめて来たのがカケス
s-2020-02-10 001ssssss

s-2020-02-10 008

s-2020-02-10 011


INFINITE HAPPINESS

ヒヤシンスとユリの香りに包まれて幸せな2月
節分を過ぎたころよりヒヤシンスの花が終わりユリの香りだけになってs-2020-02-05 008kkkk

手のひらより大きな百合の花が1輪ずつ香りをはなちさいてゆく
s-2020-02-05 015kkkkk

写真では伝わらないね。かほりの世界
s-2020-02-07 020jjjjjj

昨日から本来の寒さになって、すべてが凍り付いてきた。これが2月初旬の寒さである。今日は腰と右足のしびれと痛み以上に首と目とそして頭が重く、あまり動く気になれずに1日 ゆりかほる部屋で横になり、ようやく夜になって回復してきた。

新型肺炎で今話題の豪華客船から降りれない3000人以上の人たちの中に、知り合いが乗っていて船上で75歳の誕生日を迎え、出発のときに何かの予感があったのか部屋を格上げしてもらったことでベランダもある部屋に移り、今ものんびり過ごしているという。自由の無い部屋に香る花でも置いてくれたら大分癒されることだと思うが…‥豪華客船の旅、とことん満喫して何事もなかったように帰ってくることだろう。



INGINITE FREEDOM

INFINITE HEALTH

INFINITE YOUTH

INFINITE HARMONY


2020.01.21 ロマネスコ
紫のヒヤシンスの香りに包まれ体が解けていく
s-2020-01-21 013kkkk



そしてテーブルにもう一つ置かれているフラクタルの世界

s-2020-01-21 027

この螺旋の繰り返しを見ているだけで
s-コピー ~ 2020-01-21 004

世間の時間が消えてゆく
s-2020-01-21 026

食べるために作られた植物なれど、これを食べることなどできません。
鑑賞だけのロマネスコ  我が家でも苗を植えてみたけれどできたことがない。
この宇宙の真理を感じさせてくれるロマネスコ。
美しい
s-2020-01-21 003gggggg


INFINITE BEAUTY

INFINITE HEALTH


2020.01.03 梅が咲く
暮れに買った梅の盆栽が
元旦の朝に咲き出した。
s-2020-01-01 016

三日
梅の香りが漂って
s-2020-01-03 006

今日は吉祥寺の家の仕事
アルミサッシ直したり、キッチンの戸を直したり、、まこっちゃんの部屋の机を出して解体したり、最後はダイソンの回転ブラシを直して、夜11時過ぎ、ひかりこは12時過ぎになるようなので八ヶ岳に向けて出発。
s-2020-01-03 033ccccc

車少ない中央高速に月が笑う。2時前に+3度の八ヶ岳に帰り着いた。暖かくさえ感じる夜中。ラムとテトが迎えに出てきてくれて、薪を焚いてほっと一息。そしてそのまま床で寝てしまった。
s-2020-01-03 013vvvvvvv


INFINITE PEACE


台風が行ってしまったので今日もいい天気。
子供たちは朝から水遊びで何度もびしょ濡れ、
s-2019-09-09 138

水遊びをしていると、大人が教えなくてもいろんなことがわかってきて、子どもにとってもそこが一番楽しいことなのであり、子供の成長をまのあたりにできるので、大人としてもすごく新鮮で楽しいのであります。 
s-2019-09-09 142

それと昨日から4つばのクローバーを探していて、
s-コピー ~ 2019-09-09 109

最初に見つけたのは弟、
s-2019-09-09 157

午後、家の中にいるよりも外の方が気持ちいいので清里まで行こうと
s-2019-09-09 005

我が子たちをいつも頭の上にのっけて歩いていたのを思い出すね。
コピー ~ 20190908_190910_0111

ソフト食べて
s-コピー ~ 2019-09-09 184

足湯して
s-2019-09-09 033

子供2人が一番長く足湯していた。
s-2019-09-09 035

見上げれば日輪が出ていて
s-コピー ~ 2019-09-09 174

記念写真撮って、4時半の特急で東京へ帰っていった。
s-2019-09-09 001

夕焼けて
s-2019-09-09 068

日が暮れたので頼まれていたスズメバチの巣の駆除へ
大きさ30cmながら巣穴が4つあってそこからたくさん出入りしていて、軒の中でちょっと怖い。
s-コピー (2) ~ 2019-09-09 347

合羽上下来て、フルフェースかぶってスプレーしてほとんど駆除、落として片付けるのは明日朝にする。
s-2019-09-09 391



INFINITE PEACE

INFINITE LIFE


2019.09.01 アゲハ
毎日アゲハがやってくる
s-2019-08-31 037jjjjj

うれしいね
s-2019-08-31 044ddddd


INFINITE HAPPINESS

2019.08.30 花を活けて
雨が降り、外仕事はお休みで、久しぶりにのんびり

雨が止んだすきに花を摘んで
s-2019-08-31 020yyyyy

この花たちを見ているだけで心が癒されて
s-2019-08-31 015kkkkkk


s-2019-08-31 022yyyyyy

へいわなきもちにさせてくれますね
s-2019-08-31 006hhhhh


INFINITE PEACE

INFINITE BEAUTY

2019.06.28 蕎麦の花畑
雨上がり 美しく咲く蕎麦の花 
s-2019-06-28 071

その向こうに我が家
s-2019-06-28 049kkkkkk

標高830m、湧き上がる雲、流れゆく雲の下、森と畑と田んぼと流れる川の中で、今は虫たちとともに暮らしている。
s-2019-06-28 030

雨の後の薔薇は頭をもたげて花弁を落としだしている。
s-2019-06-28 010

夕方、選定した
s-2019-06-28 081

朝顔もだいぶ伸び
s-2019-06-28 015

ベルガモットも咲き出し
s-2019-06-28 036

百日草もつぼみが出来て
s-2019-06-28 078

ピーマンもできて
s-2019-06-28 005

家は緑の埋め尽くされそう
s-2019-06-28 072

緑の世界に暮らしている幸せをいっぱい感じています。

INFINITE GRATITUDE

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM








毛虫たちの季節
とにかく怖いくらいに大発生している。
すでに毛虫たちが成虫となってたくさん飛んでいるのはキアシドクガ達
[広告]


そして今は一回り大きく6.7cmはあるマイマイガたちに取り囲まれているというかんじ
こんにちはとあいさつしてみるが
s-コピー ~ 2019-06-25 057

桂の木とモッコウバラと藤にいっぱいいる
s-2019-06-27 006

欅を見ればケヤキフシアブラムシ
s-2019-06-26 009

桂の葉を見ればカツラハイボケフシ
s-2019-06-26 028

ミズキの葉にはクスサンがいっぱい
s-2019-06-26 023

頭上からは毛虫の糞がパラパラと降ってくる。一夜でこれだけ降ってくるのだから掃除しないと真っ黒になるくらい。
s-2019-06-28 002


虫嫌いの人はこの時期外に出れないかもしれない。そんなに気にしない私でも引きこもってしまいたくなる時期であります。


ナナフシさんも木という字に化けて木にとりついています。
s-2019-06-27 012

世の中、害虫駆除だ除菌だと邪魔なものたちを排除していく方向で進んでいるように感じるが、この虫たちと身近に暮らせば、共に生きていることを知り、自分にとって嫌いなもの気持ち悪いものたちを受け入れる寛容な心とまではいかないけれど、生きていく力を小さな虫たちに教えてもらっている。そして、一つ一つは小さいながらとんでもない数で増える虫たちを支えてくれているのが大きな木、小さな木、草たちの緑であることに気づけば、植物に感謝せずにはいられない。

庭の毛虫たちを見ながら、

すべてがつながりあった世界
すべての違いを認め、尊重しあい
地球世界が大調和する
そのためには
人間一人一人の神聖を復活させ
先ずは私自身の神聖を顕現させていくことである


INFINITE GRATITUDE

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM



2019.06.21 虫たちの世界
今日も晴れたり曇ったりそして小雨も降ったいい天気。

白州では去年も今年もキアシドクガが大発生してミズキの木の葉が全部食べられていたが、どうやら小淵沢、富士見でも大発生しているかもしれない。白い蛾なのでモンシロチョウかと思うが木の上の方でたくさん乱舞している。ドクガと名はついてはいるが毒なく、木陰のアトリエで仕事をしていると長い糸を伸ばして降りてくる。

この毛虫が至る所にいて
s-2019-06-01 023

繭になっている。
s-2019-06-01 022


でも今日降りてきたのはいつもよりも大きく、6cmくらいはあるやつで、どうもこれはマイマイガかもしれない。
s-2019-06-21 019

そして、毎日ふんがたくさんテーブルに落ちてくる。
s-2019-06-21 018

ハンノキには、いつものことながら小さなコガネムシの幼虫が大発生しだして、葉がパラパラと落ちてくる。夏になればすっかり食べられた葉が枯れ葉のように落ちてくる。この時期、虫たちのことを思うとぞわぞわしてきてしまって、引きこもりたくなるのであるが、今年はあまり気にならないで外で過ごせている。バラはみんな元気だし、畑もみんないいし、育てているものたちは、全然害にあっていないのが不思議。
虫たちの大繁殖のとき、小鳥たちも食料がたくさんあってみんな元気にさえずっている。どんどん毛虫や幼虫食べていいよ!
あー冬の静かな世界が懐かしい。


s-2019-06-20 041


INFINITE POWER

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY








平和塔のまわりのノイバラが満開になってきて、
s-2019-06-03 040

家の前にはピンクノイバラも咲き出して
s-2019-06-03 037

イエローも
s-2019-06-03 028


赤も
s-2019-06-03 023

ヒューケラたちも日陰で花をつけ
s-2019-06-03 026

見上げれば今日も日輪
s-2019-06-03 069

自然農の三井さんから頼まれて、日本ミツバチの家造り
s-2019-06-03 009

よくわからないながら、ミツバチの入る入り口と、女王バチがにげないようにする口を作って、3.5㎜の厚みのある杉の箱を作り完成。
s-2019-06-03 011

6時過ぎ、強烈な夕陽
s-2019-06-03 061

わが家に差し込んでいた。
s-2019-06-03 053

INFINITE BEAUTY


2019.02.22 窓辺の小鳥
最近、何となく過ごしていてあっという間に1日が過ぎ、ブログも書かないで夜はいつ寝たかわからない感じでソファーで寝てしまっている。寒さも緩んできて、緑があちこちから出現しだしているのを見ると、その勢いとスピードに体がついていけなくなってしまっているようで、いつもは3月になってからその体調の変化に気づくのだが、今年はやたらに早いようだ。


リビングから見える鳥さんたち。
s-2019-01-30 039

時々来るシメと
s-2019-02-20 008

ヒヨドリ
s-2019-02-19 005

毎日来るアトリや
s-2019-01-31 006

カワラヒワ
s-2019-02-20 005

s-2019-01-28 020

ヤマガラと
s-s-2019-01-31 010

シジュウガラはこちらのエサ台を使う。
s-2019-01-31 024

スズメは食べるよりも引っ掻き回して種をみんな外に出している。
s-コピー ~ 2019-02-13 008

どの鳥さんもみんなかわいくてかわいくて、小鳥さんたちが窓辺に来ることに感謝です。


INFINITE HAPPINESS


2019.01.30 小鳥

アトリとカワラヒワにいつものエサ台を占領されていて、ようやくヤマガラとシジュウガラがこのエサ台に入って食べだした。
s-2019-01-31 010

s-2019-01-31 023

カワラヒワはいつもたくさんできて、仲間同士で献花しながら食べている。
s-2019-01-28 023

アトリはだれとも戦わず、カワラヒワが来ても緒会は出さないでエサ台で食べている。
s-2019-01-31 003

小鳥たちはとにかく目がかわいい
s-コピー ~ 2019-01-31 017


INFINITE PEACE