2012年5月5日エディさんが移行して5年。
世界平和を祈る会の人数もだいぶ減った。やはりエディさんのおかげで相当数の人が集まっていたのだと今更ながらに思う。



世界人類が平和でありますように

この言霊がすべてのすべて  個人人類同時成道


INFINITE LOVE

INFINITE GRATITUDE







1993年3月27日22年前のエディさんのワンダラーのお話です。




今日は第214回月の国集会

感謝行、光明思想、そして世界各国の平和の祈りをプロジェクターを使用して行いました。
s-2015-03-10 001

東京千葉からも来ていただきました。
s-2015-03-17 002aas


INFINITE GRATITUDE







今日は月の国集会でありました。
統一リーダーの時に、何度も何度も「なんばしよっとか」と叱咤しているエディさんの声が聞こえてきて、それがどんどん近づいて大きくなって、すぐ真後ろに来た時に、五井先生の柏手とエディさんの声が一つになって頭の中に響き渡りました。
「ハイ」とも言えず「すいません」とも言えずただただ合掌しているだけで、終わると汗だくでした。
エディさんが久しぶりに来てくれて緊張したた集会でありました。 s-コピー ~ 2015-02-17 054しんああs


1995年2月17日 丁度20年前のエディさんの声です。
映像は1998年6月21日の月の国集会です。


INFINITE GRATITUDE





今日は、人生の師であるエディーさんの移行した日

2年前の2月まで毎月1回、世界各国の平和を祈りに八ヶ岳に来てくれていました。この録音は1994年5月のものです。
エディさんのこの話を改めて聞いていると、映画「ベンジャミンバトン」のような、老人から生まれて若返っていくという人生だったのかもしれないと思えてしまいました。
生まれながらに永遠の命の中で生きていた方なので、こんなエピソードがたくさんあります。




INFINITE LIFE



2013.07.29 ホテル幻想
何も感じない空間
s-コピー ~ 2013-07-29 021

我が家にある絵や書を置いて
s-コピー ~ 2013-07-29 021qw

霊光写真も置いた
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwe

鍵もぶら下げ
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwer

木の置物も置いた
わが家にあるものを置いて遊んでいたら
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwert

そんなことしてるなら
お祈りしなさいと
エディさんが現れた
s-コピー ~ 2013-07-29 021qwss

エディさん久しぶりです
ここは北の大地 アイヌの聖地 洞爺湖畔
来ていただいてありがとう

こんな夢を見たのでした



札幌の雅の実家に着くと虹が迎えてくれた。
コピー ~ TS3D0413


INFINITE HAPPINESS




 今日は月に一度の祈りの集会。
 祈りの集会は、印や統一、感謝行、光明思想もあるが、全員で世界各国の平和を世界各国語で祈ってゆくのが素晴らしい。
私は司会なので、各国の国名と平和の言葉をその国の言語で唱える。今日は、8人と少ないのに5月に行われたSOPPの時のような素晴らしい響きに充ちていた。どこの国の人であろうと、どんな思想を持った人であろうと、どんな犯罪を犯した人であったとしてもそんなことは全くおかまいなく、世界の平和を祈るために集まった全員の想いが一つになってゆく。そして光を放ちだす。その光は天と地をつなぐ一本の帯となって地球世界を周りだす。
そして、180か国を過ぎたところですっかりご無沙汰のエディさんが現れて、いよいよ本番だよといってにこやかな顔で座っていた。
 丁度、SOPPの時マリアさんが掲げていたアースフラッグの先にチョンと座っているいたずら好きの宇宙人のような現れ方であった。
s-2013-05-19 231qwのコピー
写真をクリックすれば大きくなります

INFINITE FREEDOM


INFINITE GRATITUDE




WWのコピー

s-コピー ~ 2012-05-21 114のaasコピー

エディさんという人となりがわかるお話。

youtubeにアップしました。

「この地球に生まれた訳」


いつでもどこでもとことんこれだけで生きていたエディさんでした。


INFINITE LIFE


s-2012-09-18 009のコピー
5月5日はエディさんが地球を離れた日。

懐かしきエディさんの1994年お話をYutubeにアップロードしました。

「気がついたときはそのまんま宇宙」



INFINITE LOVE



2013.04.05 梅の妖精
我が家の梅が満開になった。
桜もそろそろ満開になってきている。
標高840mの我が家の周りでは、水仙もこぶしも梅も桜もが一斉に咲きだす。
冬の静かな時が終わり、すべてが太陽に向かって伸びだす。
この時期は肉体がついて行けずいつもつらいが、現実を目の当たりにして、いよいよ覚悟が決まる。
梅の花を見ると、むかし、エディさんが言っていた梅の妖精を思い出す。珍しくエディさんが国民的美少女といわれた後藤久美子という固有名前を出して説明してくれたことが面白く、髪の長い少女で、掌にのったり、肩にのったりしてきて、それはそれは美しく、花の中で一番美しい妖精だと言っていた。確かに梅の木の下で淡き香りを浴びていると、そこに妖精がいるように思えるのであった。
s-2013-04-05梅の妖精 015のコピー
写真をクリックすれば大きくなります


夕暮れ時、猫たちと散歩
ラムはマンホールになりきって隠れているつもり
確かに目立たたなくもないが、みかんの逆襲にあっていた。
s-2013-04-05 041

s-2013-04-05 042

せせらぎ聞きながら橋で休む猫たち ちょっと汗をかくとここは気持ちがいい
s-2013-04-05 053


今日も平和な一日が暮れてゆく


INFINITE GRATITUDE



キルトのエディさん
s-エディキルト1


こまごました布を刺しゅう用のミシンで自由に縫い合わせていく。
ようやく肩に鳥がとまり、オリーブの小枝を持ってきてくれた。
s-s-2013-02-22 022

私が時々使っているベルニナ製ミシン リッカー ホリデーヌ1241、そのメカはとても男の道具としてもいいものである。
s-2013-02-24 005


今回は、手縫いでVASU BORRAGUSとチェーンステッチして完成。





私達一人一人が、心の中に真の平和を描く事によって、
地球に永遠の平和を築いて行きましょう。
今こそ7回目の大進化の時
その転換を成功させるのは、
地球人類一人一人の意識に掛かっているのです。

大いなる使命を全うしようではありませんか。



VASU BORRAGUS




INFINITE FREEDOM




2013.01.07 掛軸「慈愛」
s-コピー (2) ~ 2012-12-03 032

五井先生直筆の「慈愛」の掛け軸が我が家にやってきた。
今までの「白光」の掛け軸より大きく迫力がある。
昭和36年10月23日、五井先生46歳の書
なんで我が家にやってきたか、
それはまさにエディさんからの贈り物というしかない。

s-コピー ~ 2012-12-19 027のコピーa3


慈愛
      

慈愛は老婆の脚をさすり
乙女の心の傷をふさぎ
貧しい人々の生活に明るい希望を抱かせた

慈愛の笑顔は
或る時は仏陀に
或る日にはキリストであった

慈愛は高らかに拍手を打ち
邪悪の想念を打ち浄め
人々の勇気を鼓舞し
生命の道に光明をかゝかげて立つた

慈愛は世界平和達成の為に
天界から降りそゝぐ大光明のひゞき
地球霊王の協力の光であつた

慈愛が結んだ様々な印形から
光の律動が人々の魂にむかつて放射され
人々の苦悩が日毎に安らいでいつた

慈愛は人間の形を借りて
形の中から
地球世界に働きかけてはいるが
その真実の姿は
誰れの目にも
誰れの手にも
見えもせず把えることも出来ないものであつた

人々よ
あなた方は
慈愛にしつかりつながつて
世界平和の祈りを真剣にせねばならない
慈愛は地球世界に
真実の平和を必ず達成してゆくであろうから



五井昌久詩集「いのり」より

s-2012-12-19 027のコピーa4



INFINITE LOVE

INFINITE GRATITUDE







2012.09.18 月の国集会
毎月第3火曜日は祈りの集会で、16年以上休まず続いている。よく4人の子供がいる時にやれたものだと思う。うまい具合に第3火曜日は、学校の行事が重ならず出来ていたのが不思議で仕方ない。
私たち親よりも子供たちの人生は、世界平和の祈りとともにほとんど歩んできたといってもいい。聖地に行くとか印を組むということはないが、いつでもどんな時でも素直に平和を祈り一番心強い同志であることは間違いない。

この祈りの集会も、みな3次元世界のことはさておき、あちこちから集まって男も女もなく同じ時間、同じ場で全く同じ世界の平和を祈る。はじまるまでは家の片づけからそれまでの段取りは、めんどくさいことと思ったりしているのだけれど、正午とともに始まるとまるで別世界、みなの意識が集中していくと一個人の自分はどこかに消えてしまう。一体感に包まれ、今ここにいる全員が一つの光の円盤にのって地球を回りだす。
これは神界かとおもいきや全くの闇の幽界にいるのである。ここに光を放つと宣言しているのだがなかなか光が放たれない。そしてより深く呼吸し、全員で集中していくと突然円盤そのものが爆発するような勢いで光を放ちだす。小さな円盤と思っていたが、どこまでも無限に広がっていく感覚がある。この感覚が肉体人間の私には心地よい。

今日はゴールデンキーにのってエディさんが現れ
s-2012-09-18 004のコピー


L / L Researchでまた会おうといって来た
s-2012-09-18 009のコピー



INFINITE GRATITUDE




ここのところ夜空は雲に覆われ、12日のペルセウス流星群、13日の金星食も見ることはできなかった。以前、八ヶ岳に住みだして間もないころ、甲斐駒ケ岳の横に金星と月が並びどんどん近づき、月から雫が落ちるような状態になった。その時の美しさを忘れられず、月のブローチにはいつもラインストーンを一つぶら下げて作っていた。


私は、10代のころより、月のことが気になって、何を作っても最後に三日月を描いていた。そしていつしか、屋号を「月の国」とさだめ、アトリエは「ATELIER MOON]として仕事を始めた。
どうして月なのか なんで三日月なのか、というのが大いなる疑問であった36歳の時、エディさんに出会い、月のこと、金星のことを教えてもらった。あまりに突飛な話ばかりであったが、自分の疑問が解け、人生の意味をはっきり自覚することが出来た。
人に言われてはいそうですかと従う自分ではないのだが、そのあまりに突飛な話にすっかり魅了されてしまったのである。

13日、金星と月と地球がまっすぐに並び、無限なるエネルギーが地球に降り注いだ。
この地球を離れて100日経ったエディさんが笑顔で一緒に旅を続けましょうと意識の中にやってきた。
s-P1060006のコピーのコピー


INFINITE MOON

INFINITE EDDY

INFINITE EARTH


2012.06.23 エディさん
仏教の49日も神道の50日祭も
私にとってはこの数字が終わるまでは、幽界を上っていく御霊にしっかりと光を送り続けることが地上にいる身内の大いなる仕事と思い、世界平和の祈りとともに祈り続けている。
今日、無事にエディさんも50日祭を済ませ神界に行ったのだと感じている。金星人のエディさんといえど、地球に肉体を持って生まれたからには、この肉体の慣習に従っていると思っている。というよりも、エディさんは幽界をなくすことが地球が平和になることであり、それが仕事なのだ言いきっていたのだから、この49日の間、幽界の隅々まで光を振りまいてきたのだと思う。その応援をただただしたかったのかもしれない。
幽界はぐっと明るくなって、そしてこの地上はぐっと平和になってくるに違いない。
goiedhiー

私といえば、19日の集会中に、突然にほんの少しいがらっぽくなってきたのをかんじてから、どんどん肉体がウイルスか何かに襲われて悪化し、夜は咳こみ眠れない日が続いて、疲れきってしまったが、無事に今日を迎えることが出来た。
すべては必ずよくなるのであり、
必ず夜も明けるのである。

五井先生とともにエディさんも、これからのお働きよろしくお願いいたします。


無限なる感謝

無限なる自由

無限なる包容力

無限なる喜び

無限なる平和

無限なる調和

無限なる愛


明日の金星食
太陽の前を金星が横切る。
173年ぶり、そして今度見れるのは105年後、
この肉体ではもう絶対に見ることが出来ない貴重な日。
4日には部分月食もあったが、これは曇っていて見れなかった。
台風も迫ってきているのであやういが、なんとしても見てみたい。

[広告] VPS


このひと月、太陽系、第3惑星地球、日本
素晴らしき天空のドラマとともに、エディさんが光の中へかえっていく


INFINITE LIGHT

INFINITE PEACE

INFINITE GRATITUDE


s-コピー ~ 2012-05-21 114のaasコピー


INFINITE FREEDOM

INFINITE COURAGE

INFINITE STRENGTH

INFINITE TOLERANCE

INFINITE LOVE

INFINITE HARMONY

INFINITE PEACE



s-コピー ~ コピー ~ 2012-05-05 059のコピー





地球は未だ波動が粗く、完全なる姿を現してはいない。
今こそ、地球人類一人一人が“
   真の平和な心で助け合い、
強い絆で結ばれる時なのだと呼掛けています。




天孫降臨(神道)、地湧の菩薩(仏教)
宇宙では塩漬けリンゴ、清掃人夫と言われ
他の天体から地球に移住して来た人々を導き
本来の天使の姿に返そうと地球に来ているこの集団は
遊星から遊星へ、太陽系から太陽系へと移り歩いて行く、
“宇宙の放浪者”(ワンダラー)とも呼ばれている特殊な人々で、
宇宙の中の進化の遅れている星に赴き
堕落した同胞に援助の手を差延べて
一日も早く、彼等を目覚めさせようとしている“菩薩”なのです。

これは、地球にいるキリスト族と呼ばれる、
菩薩たちに届けられたメッセージです。


いよいよ時が近付いて来ました
地球が、ハイ・バイブレーションの新しい星に
生れ変わる時が間近になっているのです。

一人一人が目覚めて、
“地球天国”を作る為の使命を果たそうではありませんか。

大天命体(宇宙神、創造主)は、
想像する事によって、
宇宙を創造しました。
そのように、想像は創造する力を持っているのです。

今こそ私達一人一人が、心の中に真の平和を描く事によって、
地球に永遠の平和を築いて行きましょう。
7回目の大進化の時
その転換を成功させるのは、
地球人類一人一人の意識に掛かっているのです。

大いなる使命を全うしようではありませんか。          開かれる生命の書ー隣人の星 より


INFINITE HARMONY



エディさんが日に日に遠くに行ってしまうと悲しみ、
なんとしても早くイチイのエディさんを作ってしまおうと頑張っていたが、
今日、エディさんが笑顔で地球に帰って来たように感じ、
「なんばしよっとか   しっかりしせんとだめよ」と笑顔で言ってくれた気がした。
なんとか立ち直れそうです。

s-コピー ~ コピー ~ 2012-05-05 aa059のコピーaa
写真をクリックすると大きくなります

INFINITE HAPPINESS


s-2012-05-08 041

s-2012-05-08 061

ワンダラー エディさん
金星から世界の平和のため肉体つけ、日本のみならず世界各国飛び回っていたが、ついに肉体を離れてしまった。
月が地球に一番近いス―パームーンの日に、金星人の造った月の基地に向けてもどって行った。



すべては必ずよくなる

絶対大丈夫

無限なる自由


子供の日

泊原発が止まった日

日本の原発がすべて止まった日

空高く

すがすがしい新緑の中

小鳥たちが歌い

夕方ほんの少し雨



エディさんが移行されました。
s-コピー ~ コピー ~ 2012-05-05 059のコピーのコピーのコピー


無限なるいのち

無限なる感謝