2017.10.15 雨の日曜日
この時期、いろいろなイベントが行われ、あちこちそそられるものの、子供が来ているので一緒にその一つに出かけるつもりでいたのだけれど、あいにくの雨の日曜日。そして、水樹は風邪をひいて鼻水をたらして起きてきた。気候の違いと、昨夜会った友達がみんな風邪をひいていたのでうつったようだ。でもなんとか一緒に買い物と食事に出かけ、夕方、期日前投票にも行って帰ってきた。未だ候補者たちは遊説で声をからしているのではあろうが、そんなことは関係なく、世の中が平和で、世界全体が調和していきますようにという思いで、いつものように野党の人と党に入れて私の選挙は終わる。政治の世界への参加はそれだけである。ただやはり、野党の数が多く、票が分散してしまう。政党の数が多いということは自由でいいという気もするが、政治の世界こそ相対的世界として2大政党制で分かれてやってほしいと思う。

s-2017-10-10 026

一雨ごとに寒さがましてくる10月。雨の中、森のキノコ(ジコボウ)がまた出ていた。
s-2017-10-10 025

家の中では薪が燃えている。 こういう雨が続くと、太陽光発電は、バッテリーが無くなりPCや明かりが付かなくなり、電源を切り替える。ボイラーや洗濯機、それに私が使っている大工道具などはいまだに東電のお世話になっているのだから、電力会社に対してはありがたく感謝しかないが、原子力発電を終了してもらいたいというのが今回の選挙で大事なところであった。
s-2015-10-13 040

2年前に植えた金木犀が満開になり、玄関前、どこからともなくいい香りに包まれた日曜日でありました。
s-2017-10-09 056aaaaaas

INFINITE PEACE


2017.02.03 太陽光発電+
2月2日東京へ
s-2017-02-03 001aaas

夜中12時半すぎて出発。八ヶ岳には3時前に帰り着いたものの、薪ストーブが付かずに、石油ストーブを付けたもののすぐには温まるはずもなく、猫たちといっしょにねましょうと・・・・・
で朝一番で煙突掃除、といっても煙突キャップだけ掃除しておしまい。この煙突キャップが壊れてしまっていて何度か針金で直したのだけれどそれがかえってすすをためるようで、
ここまでこびりついてしまうと、煙突の中にも、3cmくらい油煙が付いてしまい、今年は一度掃除しないといけないかもしれない。燃やしている薪がほとんど松やヒノキの廃材で、夜寝る前には空気口を閉めてしまいうので油煙が付くのは仕方ないのだけれど、朝、全開で燃やしだすことで煙道についている油煙も勢いよく外に飛んでいってくれていたので、煙突掃除はストーブを使わなくなるまではしないで平気だったのだけれども、煙突キャップがつぶれてしまっているところがあるのでそこに油煙が付きだすと結構すぐに詰まりだし、そうなると煙突にもどんどんと油煙がたまりだしてしまうようである。やはり、煙突キャップも使いだして24年目であるから新しいのに交換する時期のようである。
s-2017-02-03 012

4.8キロの太陽光発電は、我が家の当たり前になってしまっていて、いったい何ワット発電したのかということも気にしなくなってきている。というのも、売っているのが東電ではなくパナソニックなので、半年ごとに振り込まれ、あとのことはネットで見るのだがそれがいまだによくわかっていなく、1年の合計が159879円。単純に1kw/h38円なので、4207KW発電したという感じ。家の屋根の片側に載せただけでこれだけ電気を生み出してくれるのだから本当にありがたく、太陽の無限なるエネルギーにただただ感謝である。
s-s-2017-02-03 017

それと、南の屋根に乗せてある1050wの独立型の太陽光発電と600wの風力発電も同じように発電し続けてくれていて、コンピューターとTVと部屋の明かりの電気を供給し続けてくれている。
s-s-2017-02-03 018

100Aの韓国製バッテリー2つはおととしには駄目になってしまい、現在は24V320Aで蓄電してくれている。さすがに冬は雪や日照が悪いので2日曇りだと電気が落ちてしまうが、その時は東電に切り替えているので全く不自由なく過ごせている。このバッテリーは発電が増える4月ごろよりきちんとメンテしないと、バッテリーの寿命が短くなってしまうので、とにかく蒸留水の補充は今でこそ当たり前になっているが、やらなければいけない仕事である。このバッテリーの廃棄とそして廃棄しないでもいいようなバッテリーがいずれ出てくることを期待している。そうすれば、今使っている売電型のパネル全部を独立発電に切り替えることもできるはずである。
s-2017-02-04 004


INFINITE ENERGY

INFINITE POWER

INFINITE GRATITUDE



s-コピー ~ 2016-07-14 005

 今、この北杜市では大規模な太陽光発電所の建設で、環境と周りの配慮の足りなさがもとで地域の住人と問題が起きている。だいたいは、お金儲け中心、お金を出せば何でも解決できると思っているような暴力的なあり方が、一番の問題の気がする。
 太陽の偉大なるエネルギーを、この地球環境のために使いたいと信念をもって火力や原発に変わる発電をしている地域は、問題もきちんと解決し、うまくいっているのではないのだろうか。
 個人ができる環境問題の取り組みとして、自宅の屋根にパネルを設置する発電システムは、生活に直結し目に見える形で光エネルギーを実感でき、国も推進しているもので、補助金も出て実にありがたいシステムでる。
 それは、日のもとの国の日本人として、そして太陽の恵みによって生かされていることに感謝して生きる民として、本当に素晴らしいシステムであり、多くの人たちとともに進めていきたいものである。

 我が家の売電型の4.8kwの太陽光パネルは、7月は620kwhの発電をし、1kwの独立発電は、600wの風力とともに150kwhを発電している。ただ屋根に設置しただけで毎月、我が家で使う電気は十分足りて余る量だ。稼働して独立発電は5年、売電型は3年、やはり、12月から2月の期間が太陽光だけではまかなえず、風力も導入してみたが、夜の風で発電はしてくれるが、とても足りない。とくに冬は水道の凍結防止のために電気をやたらに使う。これを全部、冬でも暖かい井戸水でまかなうようにすればいいのかもしれない。

 電気会社の売電型のシステムを見ると、いろいろついていてそれはそれは便利に思えるが、子供たちが家にいなくなり、家族が減っていく時には使い切れないシステムだったりするので、長い目で見るとシンプルなものが一番無駄なくいいと思う。
 まだまだ発電効率は低いものの、屋根に置くだけで自分の家の電気は確保できるのだからもう十分であり、使えなくなる日までは使っていく。
 これからは、蓄電システムが進んでいく時代で、我が家も独立発電の割合が増えて、いずれは、独立発電だけでまかなっていけるようになるに違いない。

 科学技術は発展途上でどんどん進化してゆく。今、何をやっていくかは、常に待ったなしの決断が求められ、この肉体の人生、ベストを尽くしていくだけなのである。

INFINITE FREEDOM     


 
2016.01.28 太陽光発電
屋根の雪下ろし
というか晴れているのにいまだ雪をかぶったままの太陽光パネル。
ほんの少し発電を始めたが、一昨日は0.3kw/h、昨日は0.7kw/hしか発電しないのはやはり悲しいので雪かきをする。
s-2016-01-28 001

上の5枚はすでに見えていて、残りの15枚の雪をどかした。
s-2016-01-28 004

 太陽光発電はいまこの北杜市ではいろいろと問題が出てきてあちこちで反対運動が起きている。
 もとはといえば、赤松の森が松枯れでどんどん枯れてゆく状況で、需要もなく売ることもできなかった赤松が、3,11の大震災で合板の需要が高まり、針葉樹合板を作るために松が売れるようになったことで、それなら今でしょということで広範囲で赤松が倒されていったのであり、 本来は、この里山の針葉樹たちというのは植林をし30年から50年くらいで建築材料に使う目的で植えられたものであって、伐って、また植林していくことで山が美しく守られているのである。

 ただその状況が、次なる植林をするのではなく、日照率のいい北杜市なだけに、自然エネルギーである太陽光発電なのであった。もう原発はいらないと思っているので、私も屋根に取り付け、何とか自給して原発や化石燃料を使わない暮らしを目指しているのであるから、北杜の森が伐られて、その空いたスペースに太陽光発電を作ろうということはまんざら間違ってはいない気がしていた。
 だがしかし、雪が降り積もると晴れているのに全く発電をしないのだから弱ったものである。それに大雪などで壊れてしまうこともあるし、ましてや森の跡地に作ったところは、これからいろいろなメンテナンスがあって、設置すればそれでおしまいということはないであろう。たぶんお金儲けを目的で作った人たちの多くは、大いなる誤算であったことに気付くのかもしれない。
 まだまだあちこちに太陽光パネルが並んで小さな発電所が作られていくと思うが、これは80年代からの別荘やペンション、ホテル、それにゴルフ場開発と似ているような気がしてならない。とにかく今の世の政治経済というのは産業としてお金を動かしていくことが最優先課題なのであろう。

すべては時の流れの中 淘汰されてゆく。

そして変化変滅を繰り返し調和世界へ向かってゆくと信じている。


s-2016-01-28 006
屋根の上、この太陽光パネルが見えると、我が家の電気は十分足りている。ありがたいことである。
北杜市も1KW/Hで2万5千円の補助が出る、それに国の補助もあり、一般の家の屋根につける場合は十分採算が合う日照率日本一の北杜市である。
八ヶ岳南麓を中心とする北杜市、愛すべき我が町である。

INFINITE ENERGY

INFINITE SUN

INFINITE SUPPLY

今日もいい風が吹いていて、風力発電機はうなりを上げて回転し発電してくれている。s-2015-03-05 001

1月に異音がしていたのを治して以来、異音もなく順調に回転してくれている。
s-2015-03-04 073

太陽熱温水器も晴れればもう熱いくらいのお湯が作れて、本当にありがたい。
もっとたくさん普及すればいいのにと思う。
s-2015-03-05 003

独立型の1KWHの太陽光発電も、晴れれば発電して、バッテリーに電気をためている。
そして我が家の夜に、明かり。TV,そしてコンピューター、モニターなどの電気を供給してくれている。
s-2015-03-05 002


太陽さんありがとう

風さんありがとう

電気さんありがとう



12V100Aバッテリー6個で24V300Aの蓄電システムを作りはや3年6か月。

去年の秋ごろより、中国製ダイナボルトのバッテリーの4つのうちの2つが白色状のサルフェーションが付き出して、これでは電気がたまらないのは当たり前になってきていた。新神戸の日本製はまだ何ともないのだからやはり中国製というのは品質が良くないということであろう。
ということで、日本製のバッテリーを買うことに決めていて、うれしいことに、一番いいGS YUASAのGrandSter EB120定価7万のバッテリーが、送料込み2個47000円。 安く売っている1個の値段よりも安かったので、迷わず買ってしまった。
s-2015-02-12 132

それにしても、独立型発電システムは、この蓄電のためのバッテリーの維持が課題である。
お金のことを考えるととても続かないかもしれない。だが、世の中、ハイブリッドや電気自動車といった蓄電装置がどんどん開発されてきているので期待したいものである。

今回のEB120は1つ40キロある
s-2015-02-12 133

配線をするがこれが意外と怖い
s-2015-02-12 134

今度かったバッテリーは、電極が片側にあるので、やたらに近く怖いので猫が感電したら大変なので板をかぶせた。
s-2015-02-12 136

当分は、太陽光1050W ,風力600Wの1650W発電で、蓄電が24V420Aと強力になった。

風力発電機も異音なく良く回り続けている。


INFINITEW ENERGY




春の様な暖かな日
やるべきことは風力発電の修理。
この間は寒さで手がかじかんでネジを外すことが困難になってしまったので、今日はもってこいの日。
脚立を立てて、発電機の主要部品をを分解、結局、何が異音出しているのかわからなかったが、グリスをさしてボルトを増し締めして組み立てる。
風が結構吹いているので、ブレーキスイッチをオフにするとびゅんびゅん回転を始め、ほとんど異音はなくなっていた。
[広告] VPS


月と風力発電機 いいかんじに寄り添っている。1Aから5Aの間で発電をしている。
s-2015-01-27 028aas

午後の日差しもあたたかく 凍り付いた道も融けていく
s-2015-01-27 009

結構厚い氷もスコップで割ってほとんど片付けた。
s-2015-01-27 010

夕方、シータマタさんに呼ばれてベルクのルーエに行った。
s-2015-01-27 047

シータさんプロデュースそして作詞の「日本吉祥節」 これで家族も日本も世界も地球もそして宇宙も明るく豊かになるというCDをいただいた。
確かに、何度も聞いているうちに気分はおめでたいほど明るくなってきた。
s-2015-01-28 002


INFINITE HAPPINESS

2014.12.22 風の季節
冬になり北風が強く、夜になると風はやむことがない。
去年の10月24日から風力発電を開始して14か月目、一番発電する時期にはいったのだが、異音がし出した。夜中、カタカタと音がするので、その原因が組み立てた単管パイプの音だと思っていたが、もしかして発電機自体だったらまずいと思いブレーキをかけて寝た。今朝、ブレーキを解除するとまた勢い良く回りだし、カタカタと低速の時に音がする。パイプの接合部分のねじの増し締めをしたが、どれも完璧にしまっていた。やはり発電機そのものから出ている音であった。
どうやら、つねに風の方向に回転する軸のところが、ほんの少しガタついていて、それで音が出ているようで、それをどうやって治すことができるのかといえば、グリスをさすことぐらいしかできないし、思いつかない。
グリスをたっぷりさし、ローターの軸にもさしてメンテナンス完了。屋根から降りて、ブレーキを解除すると風に向かってブレードが勢いよく回転を始めた。音がなくなり問題解決。単なる油切れだったようである。
どんな機械でもメンテナンスをしっかりしないと長持ちはしない。特に風力発電機は風雨にさらされているのだから定期的にメンテナンスしていかないといけないとおもいしらされた。屋根のそばで手の届くところに発電機があってよかったよかった。
s-2014-12-22 004

夕やみ迫るころ、風が一段と強く吹き始めて、ヒューヒューとブレードの回転音がしてきた。
s-2014-12-22 013

新月と冬至
西の空に向かって平和を祈る
s-2014-12-22 020aas


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます





2014.11.16 自家発電
風力発電機をメンテナンスする。ねじで止めてある支柱とプロペラ、尾翼のところの7カ所全部半回転増し締めできた。
そして先日補強した斜めの柱をさらに途中に1本抑えで補強。これで強風や突然の風向きでの揺れを低減させられるはずだ。
s-2014-11-16 006

今日は風なくメンテナンスができたが、これからは八ヶ岳おろしが吹き続ける日々。風力発電で夜の電気をほとんど自給できる時期である。
s-2014-11-16 007

すでに、我が家の当り前になっている売電の太陽光発電の発電量である。
 4月 642.1kwh
 5月 762.3kwh
 6月 561.9kwh
 7月 624.8kwh
 8月 478.8kwh
 9月 515.4kwh
10月 405.2kwh  

取付ける前に販売店からいただいたシュミレーション。
パナソニック4.8kwhのパネルを我が家の西側の屋根に取り付けた場合の発電量
s-2014-11-17 004

今年の8月が相当に天気が悪かったようで2割悪く、10月はシュミレーション通り。
他の月は1割から2割いい状況である。
これから太陽光がどんどん弱く、日照時間が少なくなるわけだから発電量が下がっていくのは仕方ない。
そうはいってもシュミレーションの年間発電量5781kwhを超えることは間違いない。12%アップで考えると6,500kwhくらいには十分なるだろう。これは本当に素晴らしいことであり、太陽に無限なる感謝である。
  s-2014-11-16 002

京セラの6枚のパネルの独立型1050whの太陽光発電も淡々と発電を続けていて、24V300Aバッテリーも丸3年問題なく蓄電をしてくれている。蒸留水はすでに20リットル入りのものを3箱目を使っている。バッテリーのメンテナンスだけはきちんとしているが、日本製と韓国製のバッテリーで日本製は変化がないが、韓国製のものがちょっと中が変化してきているのが気になってきた。
s-2014-11-16 005

やはり独立型の発電というのはこのバッテリーの寿命ということが大きな問題であり、これからの課題である。せめて20年は問題なく持ってくれるようなシステムにしていきたいものである。


INFINITE GRATITUDE

INFINITE SUN

INFINITE ENERGY

INFINITE PEACE

INFINITE LOVE







2014.05.09 太陽光発電
最近作ったUFOを枕に寝ている猫たち
何とも気持ちよさそうに眠っている
s-2014-05-09 011

晴れていると思っていると雨が降り出す変な天気
s-2014-05-09 022qwe

そんな中、4.8kwのソーラーパネルなのに5.0kwの発電をしている。
こんなことがあるのだろうかと疑問に思うが、確かにそうなのだ。
ss-IMG_0980.jpg

太陽光発電は我が家の当り前になっていて、こんなにありがたくうれしいものはないと感じている。売電もしてくれていて、4月は21200円売電してくれた。
1Kwの独立型発電も順調に発電し、バッテリーも3年たっても問題なく使えていて、コンピューター、TV、冷蔵庫を動かし続けてくれている。
自然エネルギーをもっとたくさんの人が自分のために使っていけばいいとつくづく思う。



INFINITE ENERGY



3月31日 今日は新月、始めるにはもってこいの日
4.8kwの太陽光発電が稼働

朝9時に電気屋さんが来て、太陽光のブレーカボックスに40Aのブレーカを取り付け、
s-2014-04-01 001

続いて、無線でモニターに飛ばすモニタリングアダプタを取り付ける。普通は液晶のモニターを取り付けるのがほとんどらしく、今回のようにPCで見れるようにするタイプのVBPM400というアダプタのことがよくわからず、困っていた。サポートセンターに電話してやっとのこと無線ランでPCにつなげられ、設定が完了する。
s-2014-04-01 004

それが終わると、丁度東電が来て、すべて問題なく11時、発電を開始した。

買い取りメーターは全く動かず、右側の売電メーターの回転が速くて驚く。
[広告] VPS



こんな感じで表示されている。
夕方から曇ったので、発電量は16.6kw
aaa.png

日本国においては消費税5%の最後日。

無事に4,8kw発電システムが稼働を始め、1日、いい風が吹き600wの風力も発電し続け、1050wの独立型太陽光も発電をし続けて、合計6.45kwの自家発電システムができあがり、新しき未来へ向けて出発した。


INFINITE ENERGY

INFINITE HARMONY

INFINITE PEACE


大雪の後の2月26日 太陽光のパネル20枚、パワーコンディショナー、ヒューズボックス、モニター検出ユニットなどの設置が完了した。
そして、それから1か月、大雪の影響もあってかやっと関電工が来てくれた。
s-2014-03-29 012

s-2014-03-29 015

今までの電力メーターは取り外され、新しく売電用のメーターとともに2つの電力メーターが取り付けられた。
s-2014-03-29 020

家の中では、30Aのブレーカから50Aに変えられた。これは4.8kwの発電出力があるということで仕方がない。これで基本料金も546円あがって1365円になる。
ハンドメイドハウスの基本はできるだけ電気を使わないことということで、はじめは10Aから始まったが、この家を建てた時には、15Aのブレーカを付け、子供の成長とともに20A,そして30Aと増えていってしまった。そして今度は50Aになって、電気の流れは、家から外に向かっても流れていくことになる。
s-2014-03-28 007

今日の工事ですべての配線はできたわけだが、約束事として、東電立ち合いのもとで、スイッチONにするということを守らないと、もし何らかの機器の故障があった場合には保障がきかないと脅されている。

3月31日の新月に、いよいよ電気屋と東電が来て発電が始まり、売電も始まる。



INFINITE ENERGY





 私が住む山梨県北杜市の一帯は、日照率が日本一いいところなので太陽光発電が盛んで、多く家々に太陽光パネルが付いている。そして、全量売電型10KW以上の発電所があちこちに出来だした。それも急速に増えてきた。25年度までは20年間1kw37,8円の買い取り保証なので、お金儲けになると駆け込み式に増えてきた感じである。森を切ったり、畑に作ったりとあちこちで環境が変わり問題視する人も増えてきた。
 すぐそばのJRの踏切の向こうの畑が、今年になってあっという間にパネルが並んだ。そして、まさに発電が開始した矢先、この大雪にあって、すべてがつぶれてしまった。パネルも折れてほとんどが廃棄されてしまうのかもしれない。あまりにも架台がお粗末で、明らかに雪の重みを無視した設計である。たぶんあちこちでも同じように野立ての太陽光発電所がつぶれてしまっていることであろうが、この雪でもびくともしないところもあるはずだから、大雪の災害ということにはならないのであろう。
s-2014-03-03 010

s-2014-03-03 009

s-2014-03-03 008

 とにかく、こんな状況を見てしまうと悲しいやらもったいないやら、何とも切なくなってしまう。
25年度中の買い取り価格が高いうちに設置するということは私も同じ考えであったが、自然の広大な土地に風雨嵐そして今回の雪などのことも考えて設置するのは、家の屋根に取り付けるのと違って、基礎とその取り付け架台が相当にしっかりとしていないと吹き飛んだり、つぶれてしまったりということがこれからも出てくるに違いない。そしてそのメンテナンスというものが結構な経費となってくるに違いない。
 しかし、まだ始まったばかりの原発に依存しない個人と地域の電力事業ということで頑張っていくしかないと思う。やはり太陽光パネルの設置として一番いいのは、まだまだたくさんある家や工場の屋根ということになってくるのかもしれない。そして、これから家を建てるという人たちはソーラー発電を考えた屋根形状が当たり前になってくるといいと思う。


INFINITE ENERGY



2014.02.28 光を受けて
私たち家族が住むこの星も、240Wの太陽光パネルが20枚並び、今までの独立型の1050wと、今回の4800wで5.85KW発電する星になった。これだけあれば、あとは蓄電のことをうまくやれば完全に自給できる星になる。
IMG_0816.jpg

風が吹けばプロペラもまわり、
毎日、五右衛門風呂の煙突からは夕暮れとともに煙を吐き、
寒ければ、薪ストーブの2つの煙突から煙を吐いている。
s-2014-02-28 029


今日はあたたかく、どんどん溶けて、川の流れが勢いを増してゆく
川のそばで春を感じる土の香りがした。この雪の下、たくさんの植物たちが眠りから覚めだしてきたようだ。
s-2014-02-28 048
写真をクリックすれば大きくなります

すべてはエネルギー








すべてはエネルギー

INFINITE POWER

INFINITE ENERGY

INFINITE PEACE


2月26日朝、南に見える世界は雪の世界
s-2014-02-26 001

西も全くの雪の世界 この時期、それも大雪の後にもかかわらず、予定通りにやることにはなったが・・・・
s-2014-02-26 006


朝9時、群馬から太陽光パネルを積んでやって来たものの、いきなり我が家でスタック、それも2度スタックして、1時間遅れで始まった。
s-aascvcvbn.jpg

荷あげの電動梯子を取り付け
s-2014-02-26 013

パネルと取り付け部材を降ろして、屋根に2人、電気工事に2人
まったく、休み時間もなく昼食も食べずにやり続けていた。
s-2014-02-26 034

垂木にに合わせて架台を取り付けていく。
s-2014-02-26 051

そしてパネルを下から5枚直列に配線して、4段を並べていく。配線はいたって簡単。
s-2014-02-26 057

取り付けもよく考えられていて、誰でもできる。
s-2014-02-26 072

でもこの取り付け、配線は、太陽光パネル会社の認可制で、自分でやってしまったりしたら、20年の保障がなくなるのだから仕方ない。
s-2014-02-26 075

電気のほうが4時過ぎに終わり、パネルの取り付けが5時までかかって終わった。後片付けして6時、ほとんど休みなし、昼食も取らずにやり続け帰っていった。
明日は群馬で野立ての200枚を取り付けるといっていた。正月から休みなしに働いているという。とにかく消費税と買い取り価格が変わるので3月いっぱいまではフル稼働のようだ。

お疲れ様

後は、東電が来て売電メーターを取り付けてくれたら発電開始となる。


INFINITE ENERGY

INFINITE GRATITUDE


2013.11.10 10Aの風
雨が上がりウワミズ桜の赤が美しい。
s-2013-11-10 045


夜、10Aの風が吹き続けていた。今までは太陽光のある昼間だけの発電であったが、こうして夜、発電してくれるのはうれしいものだと実感している。
s-2013-11-11 002

自然のエネルギー 風、吹く時もあればまったく吹かぬ時もあり、安定的な発電エネルギーとはいかないが、ハイブリットカーなどで使っている蓄電池の技術がもっと進めば、家庭内での電気の貯蓄をあたりまえにしてくれる日も近いだろう。その時には太陽光と風力のハイブリットな発電方式がより進んで来るに違いない。
ただ、この蓄電装置に使う鉱物に関してもいろいろと環境問題が出てくるかもしれないが、原子力発電の廃絶を考えるなら許されることだと思っている。
今、一人一人、一家族ごとで、電気の完全自給ができる時代になってきたということで、自給自足の基本である衣食住に電気を加えた衣食住電の世界を作り上げていけるのである。


INFINITE ENERGY

INFINITE GRATITUDE

2013.11.07 いまここ
曇り空でも太陽光は発電し、
風力は気まぐれながら風さえ吹けば発電している。結構強い風だと思っても4A位で100wの発電でそれもなかなか持続しないで1Aからゼロで回り続けている。
s-2013-11-08 006

太陽光はパネルも生産時に地球環境によくないとわれ、またこの八ヶ岳南麓でも森を切り開き、いたるところで大規模に発電が行われて景観がよくないとも言われ、風力は音がうるさいとも言われているが、やはり今の石油、天然ガスそしてウランなどの地下資源をつかっていく発電から、
今ここにある太陽や風の自然のエネルギーで発電し、生活していければそれは持続可能な道であることは間違いない。

環境を壊さず、自然と調和して、生きてゆく道を目指していきましょう。


今日は雨が降るが風が吹く。



INFINITE ENERGY








鍼灸師の長女に頼まれて作った竹の筒
これに塩を入れてもぐさで温めて使うと気持ちいいらしい
s-2013-10-27 016

s-2013-10-27 008qw

秋晴のいい天気、心地いい風が吹き、紅葉も美しい。お日様の下で暖かく作っていた。
わが家の8歳になるカメも甲羅干し。

風力発電機も心地よく回っている。ただ、どうしても強度が心配になり、ホームセンターに行って金物を買ってきて、最後の1本の3mの単管を使って補強した。これで絶対大丈夫。
s-2013-10-27 020

s-2013-10-27 021


INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS




2013.10.26 風が吹く
アサガオは冷たい雨にあたって萎れてしまったが、地上8mの取り付けた風力発電は心地よく回転している。
s-2013-10-26 015
風力発電は設置のことさえクリアーすれば、こんなに簡単に発電してくれるものはない。
この八ヶ岳はとにかく風が吹く。毎日毎日風が吹く。雨だろうと雪だろうと風が吹く。

[広告] VPS


地上8mの風が電気を作り出している。

その電気エネルギーで今コンピューターを動かしている。



INFINITE ENERGY


INFINITE GRATTITUDE








ケーブルが届き,サンフォース社エアードラゴン600を組み立てる。
s-2013-10-24 030

ケーブルを単管に通しバッテリーのある部屋まで配線する。
s-2013-10-24 032

2階の屋根まで上げて、ここで配線して、
s-2013-10-24 033

プロペラ取り付けてパイプにはめた。結構存在感がある。
s-2013-10-24 043

パイプだけではゆらゆらしてしまい、北側に2本ワイヤーを取り付けて引っ張り、
s-2013-10-24 042

パイプをもう1本取り付けて強度を出した。これでもまだ弱いかもしれない。
s-2013-10-24 047

今日はここまで。
存在感のある姿、今日は風がなく回らない。
s-2013-10-25 004



INFINITE ENERGY



屋根の張替えが終わり、ずっとネックになっていた風力発電にとりかかる。
設置場所はいろいろあって、どこが一番いいのかとここ数か月考えていたのだが、結局は一番最初に思っていた南側の西の部屋の前で、1階の屋根の上から4mのポールを立てて、丁度2階の屋根から190cm飛び出したところに、発電機を取り付ける。発電機は、2階の屋根に上って乗っける感じで取り付けられるので、メンテナンスも簡単にできるということで決定したのである。
ただ、このポールをどのように固定するかがなかなか難しく悩みながらもいざ始まってしまえば簡単に固定できたのであった。


s-2013-10-19 006
あらかじめ番線を取り付けた状態の2x4材を、母屋の柱に90㎜のボルトで固定。
そこに単管パイプを上下2本を平行に番線で取り付ける。
s-2013-10-21 015

s-2013-10-21 014

この単管パイプが固定できればあとは簡単。それに取り付け金具で単管を長さを測って切って組み立てていけば出来上がる。
s-2013-10-21 017

s-2013-10-21 016

s-2013-10-21 020
2階の屋根に上れば単管の上まで手が届くのでちょうどいい。
s-2013-10-21 012

骨組ができればもうあと少しだ。
バッテリーまでの距離14m、敗戦のためのケーブルを用意すればいいのだ。


カナダのSUN FORCE社のエアードラゴンAD-600これが付く
AD-600


風が吹けば即電気エネルギーに代わっていく。素晴らしいことだ。


INFINITE ENERGY