2017.01.31 模様替え
2017年1月、調子が今一つ上がらず、やらなくてはいけないことがなかなかやる気にならないまま
やらなくてもいいようなことばかりやっていて、今日も模様替えが始まってしまいそんな日になった。

トイレの手洗いの部屋に、私のお爺さんが使っていた本棚を持ってきた。ここにこれを置くためにはそれはそれは大変な大移動があったのである。本棚にあったものを全部出し、出したものを蔵の部屋にきちんと片付け、手洗いにあった本棚とガラスの棚を、去年増築した部屋に移し、やっとのことでこの本棚を置くことができた。
s-2017-02-01 021

そして、扉のところの何もなかったところにべニアを張り、ペンキを塗って壁ができた。ここにもいろいろと置かれるだろう。
s-2017-02-01 003

窓の上に小さな棚を作り
s-2017-02-01 001


我が家の第2トイレは天井まで2.7mあるのでやたらに高く、いつか棚をと思っていたので2.2mの窓の上に作って、さっそく本を置く。

s-2017-02-01 005

模様替えをすることで、今までしまったままになっていたものたちがあふれだして、当分は整理に時間がかかりそう・・・・
今の気分はちょっと洋館のような雰囲気を出しながら、和の精神で過ごしたいのであります。

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY


2017.01.30 完成
雨が降る。一番寒さも厳しくなるこの時期なのに、暖かな雨が降る。植物たちが春と思って少し目を覚ましてしまいそう

今日は天井を完成させるべく、脚立に上って、上を向き両手をあげて、その体制が結構きついのです。
s-2017-01-30 020

12.5畳、昨日6枚張ったので、あと6.5枚なのだけれど、それが面倒なところばかりで、時間がかかったのでありました。
きちんと回し縁もして、きれいに仕上がったのであります。
s-s-2017-01-30 014

シャンデリアの光の模様がきれいなのであります。
s-2017-01-30 058aaas


INFINITE HAPPINESS

あたたかな春のような陽ざしが降り注ぐ。
3mmべニアが10枚とそのほかの板が3枚、去年甲府の木工所からもらってきて置きっぱなしで、少し雨もかかってきたので使ってしまおうと、
まずはべニアを持って来て、
s-2017-01-24 093

天井に張るところのサイズに切っていく。
s-2017-01-24 094

艶消しの白のペンキを塗っていく。ここで誤算は、表のきれいな化粧べニアの面はこの水性のペンキをはじいてしまって全然塗れなく、しょうがないので急きょ裏面を塗ることにした。裏を掃除して、裏なので字も書いてあるのでそれが2度塗りでも消えず・・・・3度塗ってようやく消えて・・・・・
s-2017-01-29 013

12枚、今日は風がないのであちこちに置いて太陽に当てながら乾かす。
s-2017-01-29 018

夕方、ようやく乾き、張りだす。
s-2017-01-29 021

このシャンデリアの光が白くなった天井に映えて美しい。
s-2017-01-29 023

6枚張ったところで今日は終了。疲れました。この家を建てた時からの未完のところがようやく完成してきたということなのであります。
s-2017-01-29 028



INFINITE SUCCESS

2017.01.05 仕事始め
いい天気、2017年の始まりは穏やかそのもの
我が家に帰って、年末にいろいろとやり残したことを思いながら、今年も始まる。
1、屋根の修理、というか張替え時期の屋根が数カ所
2、樋の修理
3、玄関屋根内側の修理
4、木工のアトリエの大改修
5、薪置き場の修理と新設
6、茶室の基礎の補強(セメントを打つ)
7、12月に増築したところのみかん部分の完成
8,2014年増築したところの内壁を塗る。
9、屋根から流れた雨水の配管の修理
10、階段下のスペースに板戸を付ける。
11、絵を描くアトリエの窓の修理
12、ベランダの修理
13,14,15,16、、17・・・・・・・・
あーーーーーやり残したことがいっぱいあるものだ

ということで、その一つ、2番、玄関上の樋の修理

丁度歩く上のところの樋が2年前からつぶれて雨だれが落ちてくるようになり、雨のたびに直さなきゃと思いながらもなかなかいいタイミングがなく、
s-2017-01-05 001

2017年の初めに2mを付け替えた。
s-2017-01-05 002

そして、7番のまだ未完の増築部分の西壁に大正8年と書かれて戸板を張った。この戸板は博山さんのところのゴミ山からもらってきたもので、ようやく使えた。
s-2017-01-06 012


2017年の仕事の始まりも家の修理修復増築というところから始まり、
夜は三井夫妻が来て年賀状を作る。インドベンガルから10月にバウルが来て、三井さんの畑で歌い踊った時の写真と、霜枯れたサトイモ畑を合わせて、思いもかけないものができたようで、印刷も無事にできた。
s-DSCN1644sszsd.jpg

INFINITE HAPPINESS






2016.12.18 扉ついて完成
2008年に作った祈りの部屋の時に使った白ペンキがほんの少し残っていて、それを全部使って白に塗る。

s-2016-12-18 005

最後は少し薄めて塗って伸ばしたがやはり足りなく、ここには棚を置くので塗らないでおしまい。
天井と壁のところの隙間を目隠し棒でを打って隠す。これがまた手間で疲れるが、これをしないと部屋はしまらないのである。
s-2016-12-18 007

日が暮れだす中、扉を取り付けた。 ぴったりと収まり一人喜ぶ。
ふと見れば、まだ外壁がきちんとできていないのであるが、これはそのうちにきちんと完成するはずだ。
s-2016-12-18 008

部屋を掃除して、吉祥寺で母が使っていた絨毯を敷きもうきちんとした部屋が完成した。
あとは棚などを作っていく。
s-2016-12-18 010


INFINITE POWER

INFINITE ENERGY



今日も、風強い いい天気の日
s-2016-12-17 003

9日に頼んだガルバニウムの屋根材がこの時期運送屋さんは忙しくて、3日間甲府に置きっぱなしのようで、催促してようやく昼前に到着した。
今回は、家の方の修理用も併せて買ったので、10尺と9尺合わせて20枚を1つのパレットで積んできたものだから100kg以上あって、とても一人では降ろせないので2人でくるというのだが、祖の手配ができないでいて、私が手伝うのでということで一人でやってきた。トラックから軽トラにスライドする感じで降ろして、今作っている前まで持って来て、
s-2016-12-17 019

必要分の6枚をあげて、あとのは雅に手伝ってもらって邪魔なので片付ける。こういうところを手伝ってもらうとほんとありがたい。
s-2016-12-17 020

2時前に無事にきれいに屋根が完成。
s-2016-12-17 018

朝からやっていた天井はりも3時過ぎに終わった。
断熱材もグラスウールとスタイロホームのあるものでどうにか間に合い、天井板は5mmの杉板の廃材
s-2016-12-17 005


天井の板はりというのはいつやっても疲れる。こういう時は、くぎ打ち機があれは楽だろうなと思ったりしながらも小さいので完成し、
s-2016-12-17 022

これでほぼこの家はこの扉を付ければ9割り方完成
s-2016-12-17 026



今日は早めに日暮れ前に終了
上り下りが多く結構疲れきったのでありました。

INFINITE POWER

INFINITE HEALTH

INFINITE PEACE


2016.12.15 屋根三昧
いよいよ屋根をやろうと、昨日べニアを5枚買ってきて、
s-2016-12-15 077

屋根に上げ
s-2016-12-15 079

ポリカの波板をはがす。昨日断熱材を中から入れたのでちょっと変な感じ。
一番最初に出来る屋根を一番最後に作るのだから変な感じがするのも無理はない。
s-2016-12-15 080

15mm合板を張って、ルーフィングを張って、足りないところは、壁に張るルーフィングを張って完成。
本当はこれにアスファルトシングルがいいのだけれど、面倒なので、波板が来るのを待っている状態。
s-2016-12-15 081

屋根やりついでに、南側の吹き溜まりにたまりにたまっていた落ち葉の片付け
s-2016-12-15 083

毎年、暮れの一仕事。 きれいになった
s-2016-12-15 084

今日は屋根三昧
小さいながらも家造り、いよいよ佳境に入り高いところを仕上げていると疲れれもたまり、気力を振り絞っていく時期。

家に入ると、全く違う別世界に行ける絵を描いている。12月に入ってから美しき天空ショーが毎日続いて、絵の世界のスイッチが入ったようで、肉体の疲れも癒されていく。
s-2016-12-15 006sss


INFINITE JOY

INFINITE SUPPLY

INFINITE GRATITUDE




天気が続く

午後1時、西の空に日輪
s-2016-12-12 003aaas

そして午後5時、東の空に月輪
s-2016-12-12 070aas



朝の光、透き通る空気に感謝して、釘袋を下げ、今日も始める。
まずは、南側に窓を取り付ける。
これがサイズ間違っていたので結構大変でやっとのことぴったりはまったのでありました。
s-コピー ~ 2016-12-12 009

内装は買ってきたべニアで出来たが、外回りはみんな家にあるもので作ろうと始める。まずは材料探しで家の周りを歩き続けて考えるが、いいアイディアが出てこない。仕方ないので最初に思った2mくらいの黒い杉板6枚を張っていこうと始まった。
南側は道に面しているのできちんと見えるようにしたいので、   
窓の上から張っていって、余ったので窓の下まで張れ、板もぴったり無くなった。  
窓の下には、棚が来るので見えなくなってしまうので、障子の戸板を張って完成。
s-2016-12-12 077

続いて西側
こちら側もいろいろものを置いてしまってたぶん見えなくなるので、大きなべニアのパネルがあったので、それを2枚張り、その上は桧の幅が50cmある板を張っていく。
s-2016-12-12 011

外壁の完成が見えてきて一安心。あとは屋根材の10尺のガルバニウムの波板が来ればそれを張りなおし、ほぼ完成してくる。
屋根材は14日以降に来るので、もう満月までにできることはなくなってしまった。

今日の月はもうふっくらして霞の中で月輪を見せてくれて、
地球を祝福してくれています
s-2016-12-12 023aaas

INFINITE LIGHT

INFINITE BRIGHTNESS


2016.12.11 夕闇美しく
今日の快晴
ほかの予定をさしのけて雨雪降らない間に小さな増築が続く。
今日は、内壁を完成させるべく、べニア10枚を張り終えた。
s-2016-12-11 022

脚立を上ったり下りたり、一番高いところは2.7m。屋根の傾斜のところなどを張るのがとにかく疲れますよ。
s-2016-12-11 020eeed

内壁張り終えてほっとして、3時半、
s-2016-12-11 024


まだできると、外壁を何にするかを考えて、とにかく今うちにあるものはというと、桧の薄い板。去年甲府の木工所から頂いてきたもので、これでやってみるかと始めた。
後ろに見える茶室の時は小さな杉板をたくさん張ったな
s-コピー ~ 2016-12-11 005

5枚張ってだけでほとんど南面はできてしまった。 小さな部屋だ。
s-コピー ~ 2016-12-11 014

寒風が吹きだし夕暮れせまる。今日も金星は美しく、それよりも今日は夕闇が美しい。
s-2016-12-11 056

s-2016-12-11 038

s-2016-12-11 055

そして月もだいぶ満ちて輝いていた。
s-コピー ~ 2016-12-11 059


INFINITE POWER

INFINITE JOY

INFINITE HAPPINESS



今日のいい天気、やりきるしかないと家造り
朝一は、昨日めんどくさいと思っていたところから始まる。間柱、上の方を入れる。
s-2016-12-10 011

そして西側の面、防湿材を張っていく。この段階で脚立の上り下りが無限に続く。
s-2016-12-10 029

張ったところに断熱材を入れて
s-2016-12-10 030

どんどん材料を使っていくためにも、西壁にべニアを張って内壁完成。
s-2016-12-10 056

ラムはのんきに日向ぼっこ
s-2016-12-10 035

東側に窓を入れ、ルーフィングを張り
s-2016-12-10 041

内側に断熱材を全部張る。
s-2016-12-10 054

5時、あっという間に日が暮れる。
s-2016-12-10 050

毎日金星の輝きが増し、
s-コピー ~ 2016-12-10 100


火星も赤く輝き
s-コピー ~ 2016-12-10 078


月は満ちてくる。
s-コピー ~ 2016-12-10 085


INFINITE PEACE





いい朝の光の中
s-2016-12-09 006fff

朝一で合板10枚、2x4を5本をホームセンターに買いに行った。いい加減な数なのだけれどこれで今日の仕事ははかどる。
s-2016-12-09 016

東側に高めの窓を付ける。
s-2016-12-09 017

東南面は板を張っていくところまでできた。
s-2016-12-09 032

西側は全部壁 屋根までの間柱を入れれば、あとは板を張っていくところまできた。
s-2016-12-09 021

5時前にはもう暗くってもう仕事にならない。
s-2016-12-09 027

見た目はなんか玄関みたいだが、ここは基礎をしっかりしてあるので、重量のある蓄音器用のレコードや本を置く部屋になる。
s-2016-12-09 028

月の明かりもだいぶ強くなってきた
s-2016-12-09 045ggt

今日もいい月だ
s-コピー ~ コピー ~ 2016-12-09 041aas


INFINITE POWER

INFINITE BEAUTY


2016.12.08 部屋作り
屋根の梁が5cmへこんでいたのでそれを直すためにジャッキアップして直す。大雪の時に梁の真ん中の柱がその重みで沈んでしまったのである。
s-2016-12-08 004

簡単に思えたが、あちこちのネジを外してやっと動いてくれた。
s-2016-12-08 003

柱も1本追加して立てて、床板は今まで使っていたものと、
s-2016-12-08 011

木工の仕事場で使っていたもので、これをとってくるのがまた一仕事。裏側が湿気ていて朽ちだしていて、ひとまず乾かして、
サイズが240cmX120cmで厚みも2cmあるとにかくデカくて重いべニア板
s-2016-12-08 013

建具も片付けた一番奥にあったものだったので出すのが大変で、やっとこさ出すことができて、
s-2016-12-08 014

今日はここまで
s-2016-12-08 039

夕方、日輪を見せてくれて、
s-2016-12-08 032ggggg

今日1日に無限なる感謝であります。

INFINITE GRATITUDE

INFINITE HEALTH

INFINITE FREEDOM

12月に入ってからあまりにも天象が美しい日が続いていて、地上の生活のことがかけない日々が続いているので、少し書いておく。
師走ということで、家の周りを片付けだした。
まずは、祈りの部屋の南側に茶室を作る時に物置から出したものが置きっぱなしになっていたのでそれを片付け出すと
s-2016-12-03 003


次々とやることが増えていき、ついには床板までどかし、やはり全部やり直すかと、始まってしまった。
s-2016-12-03 007

4つの棚もあちこちからやってきて、すぐにもので一杯になってしまい、そのままになっていたのでそれもどかすことにした。そのためには棚にあったものを全部片付けて、
s-2016-12-03 012

軽トラックを止めるところに置いていく。・・・・大変なことを始めてしまったと思っているころ。
s-2016-12-03 014


そしていよいよ基礎をやり直す。簡単に木を置いてその上に床板を置いてすでに10年の歳月がたち、
s-2016-12-03 015

今度はもう少しきちんとしようと、基礎のブロックをセメントで固めていく。
s-2016-12-05 006

基礎ができると、その上に3寸の床梁と、一番手前は30cm角のケヤキの大黒柱をそのまま使う。
s-2016-12-05 039

その上に3寸の根太を置いていく。
s-2016-12-06 001

廃材で作っているので、まずはくぎ抜き、そして、置いていくが、なじれや曲りがあるので平らにするのが難しい。
s-2016-12-07 055

何とかきれいに出来上がってきた。
s-2016-12-07 056


さて、何を作っているかといえば3mX2.2m(4畳)の部屋なのである。午後に、隣のTさんからスタイロホームをいただいてきて、
s-2016-12-07 063

それを根太の間に入れたのでこれで床の断熱は完了。
s-2016-12-07 060

ベランダだったところを部屋に変えるということで、まずは床ができた。今度は柱を立てて窓や扉を付けていき、最後に、屋根を作り直すので、結構まだまだ大変だ。
わが肉体も師走に入り家造りに燃えているのだが、今一つ体の動きが悪く、休み休みで、そんな時に空を眺めて休んでいるのである。

今日も美しき月、火星、金星が一列に並んで光っている。
s-2016-12-07 033aas

上弦の月が夕闇迫る時間輝きだしていた。
s-2016-12-07 018sssa



INFINITE POWER

INFINITE BEAUTY



2016.08.01
陽ざしの下に出るとものの1分で汗が流れだす。太陽の熱量たるやものすごいものだ。
s-2016-08-01 004aas

日陰で仕事をしているものの、今日は扉を作っているので狭くてやりにくく、丁度曇りだしてきたので、外で作くろうと始めたのだが、急に雲が暗くなりすぐに雨が降りだしてきて、そして土砂降りとなった。何とか小雨の時に片付けて間にあい、扉もなんとか組みあがって,
s-2016-08-01 005

取り付けることもできた。今までトイレの横の御納戸で、布がぶら下がっていたところが、ちょっと良くなった。
s-2016-08-01 007


INFINITE FREEDON


3年前に少しきれいにした風呂場
ベニヤを張ってペンキで白く塗って1年はきれいだったのだけれど、
s-aa2013-05-27 003

3年たつとやたらと汚れてしまって、とても清潔な感じがしなくなってきてしまったので,
s-2016-07-28 003

またその上に檜や松や杉の板をはりだして
s-2016-07-30 001

s-aa2013-05-27 005

相変わらずいろんな半端の材料をつなぎ合わせてできました。これでまた当分はきれいです。
s-2016-07-30 003

とにかく毎日はいる五右衛門風呂、なかなかリフォームすることができないので、梅雨明けで乾いたところでいっきにやり切りました。
焚口のある脱衣所周りもきれいにするのが大変です。あとひと踏ん張りです。

INFINITE POWER



憲法記念日には日本国憲法前文を読みます。
70年たっても実に素晴らしい意識高き憲法前文であります。
2011-07-14aas 002
写真をクリックすれば大きくなります

軒下の整理
ここにある材料は家を作っていた時に余ったもの、といってもみんな廃材だが、長物の板だったりするので、つい軒下においてしまう。何種類もの床材や壁材でどれも中途半端な量で使うに使えず、されど薪にするのは勿体無いという木たちで、何とか別のところに移動しましょうと、始まった。
s-2016-05-03 004

木をどかしてみると床下の土が濡れていて、その原因が雨水が全部流れ込んでいたらしいということ。どうやら樋のパイプと、道の下に配管が完ぺきに詰まってしまっていることが原因であった。
直さないとと、管を外すと大量の土が出てきた。そして、川までの3mのパイプに詰まってしまった土がなかなか取れず、1時間半悪戦苦闘してほんの少し開通したが、ここはまたちょくちょく点検しないといけないところになった。
sss-2016-05-03 006

夕方までかかってやっとのこと片付いた。
s-2016-05-04 002

うわみず桜が満開。今年はすごい勢いで咲いている。
s-2016-05-03 009

INFINITE HEALTH

INFINITE POWER



2016.02.22 屋根の修理
太陽熱温水器の置いてある屋根のところのアスファルトシングルの劣化で雨が漏るようになり、これ以上ほって置くと屋根の下の野地板までが腐ってしまうので、頼んでおいた9尺のガルバ二ウムの波板も届いたし、息子もいるので取り掛かった。

波板を10枚上げる。いつも思うが、屋根材を屋根に上げるのが一番の重労働。
温水器の水を洗たくで使ってもらい、空にして配管を外す。
s-2016-02-22 005

タンクと2枚のパネルを分解して移動するつもりでいたが、タンクが空になったので意外に軽く、そのままで西側にずらして移動。
s-2016-02-22 007

落ち葉やシングルから剥がれ落ちた小石がたくさんあって、それを掃除して、温水器の下が濡れていたので乾かす間に昼食
s-2016-02-22 009

本来は下から張っていく屋根だが、
s-2016-02-22 015

上から張っていく。
s-2016-02-22 017

4枚張れたところで、
s-2016-02-22 032

温水器を、以前の時よりも上に50cm上に設置し、配管を50cm短く切ってつなぎ、2時なので水を上げて温めだす。
s-2016-02-22 033

続いて下を張り出すのだが、ここには玄関の明り取りがあるのでクリアーのポリカも使って作るので、ちょっと手間がかかった、明り取りのところの下の野地板がボロボロで、上を歩くとフカフカするので補強するために、屋根の上からコンパネを張り付け、その上に波板を張り付けるというとんでもないやり方をして、きれいに完成。
s-2016-02-22 050

配管をきちんと断熱し直し外の配管も50cm短くなったので凍結の心配が減って、よりよくなって完成した。
s-2016-02-22 046

INFINITE FREEDOM

INFINITEHEALTH

INFINITZE HAPPINESS



2016.02.10 温水器の配管

太陽温水器の井戸水が上がってくるパイプとの接続が、また破裂し井戸のポンプを止めていたが、部品が届いたので接続した。
s-2016-02-10 004

ここの破裂で、今までのところとは違う屋根の雨漏りに気付かせてくれたので、この温水器の下の屋根、最低でも幅3m長さ6.3m分を張り替えないといけない。いままでは、屋根の下のほうの3mのところの雨漏りをだましだまし直していたのだが、もう限界が来ていたようである。
玄関前の屋根の野地板はもうボロボロで、ここもきれいにしないといけないかな・・・・・
s-2016-02-10 083


今度は完ぺきに直すということで、温水器を移動させなくてはいけない。その時にまた配管を取り外すので今回も、配管は仮に直したのでありました。
s-2016-02-10 005

屋根の上、いろんなものをのっけて,、雨漏りを止めていたが、もういい加減きちんと直さないとね
s-2016-02-10 006


で、今日はもう一つ今までもやればいいのわかっていたことを完成させる。
s-2016-02-11 003

井戸から温水器に行く途中に、オンオフのコックを付けたのであります。これで、温水器に上がリ湯になった200リットルがうまることなく全部お風呂で使えることになったのであります。どういうことかというと、今までは使った分だけ常に補充されるので150リットルくらい使うと急にぬるくなってしまうのでした。やはりこれはもったいないことで、コックを付けたことで、お風呂に使う間は、水道を止め、使い切ったらコックをあけて温水器に水を上げればいいわけで、これで、このシステムは完ぺきになりました。
 このレバーのコックが、目立つところについてないと肝心な時に温水器に水が上がってなかったということが多々起こると思うので、それがないように、丁度水が薪ストーブの下から上がってきているのでそこにつけたのであります。縦にすれば水が上がり、横だとストップ、わかりやすいです。
s-2016-02-11 002


いい天気ながら、寒い風が吹き付ける日でありました。
猫たちとの散歩も、日向ばかりを歩きます。
s-2016-02-10 058

s-2016-02-10 053


INFINITE PEACE



2016.02.01 配管が破裂
ソーラー温水器の配管が破裂、その水がまだ修理していない劣化したアスファルトシングルに入りこんで雨漏りしだして、その水が玄関に滝のように流れ、一体全体どうしたことだと屋根に向かう。暖かくなって雪が解けしだしたので、それがこんな雨漏りをするとなると、とんでもない修理が必要だと憂鬱になりながら屋根に上る。
s-コピー ~ 2016-01-31 044

s-2016-01-31 044


それが水道管からの水であったのでほっとして、その水の出どころである井戸ポンプの電源を切る。。我が家で一番あたたかな南面の風の当たらないところの配管なので、凍結ヒーターを付けていなく、ここは冬には問題なかったのだけれど、去年の夏に、暑さで破裂してその時の断熱材の修理がいい加減だったので、今回の破裂になったようだ。ありあわせの断熱材をたして巻いて、ポンプの電源を入れ終了。
今回もいい加減な修理なので、改めてきちんと修理をし直さなければならない。2度のいい加減な修理なので次は本格的にきちんとする。これが私のやり方。


INFINITE FREEDOM

INFINITE HEALTH


2015.12.15 茶室の穴
躙り口から入る時のために小さく切った畳を入れ、階段のところに靴置き場を作った。
s-2015-12-14 013

s-2015-12-14 011

茶室の穴
s-2015-12-12 063

木の枝のあったところの大きなうろの穴
外から見ると大きなこぶのようになっている
s-2015-12-14 005

茶室の中からのぞくと小川が見える
この穴が外界と唯一つながる道
ここは母なる小部屋
子宮の中
s-2015-12-14 017

この小部屋の最も意味あるところ
s-2015-12-14 025

屋根の銀色がうるさいので黒く塗った。
s-2015-12-14 007

日が暮れて天井の明かりが点くと、始まりの卵のように見えてきた。
s-2015-12-14 032



INFINITE LIFE



2015.12.12 茶室の明かり
森の中に太陽が沈んでいく。今日もあたたかい日であった。
s-2015-12-12 010

茶室もいよいよ明かりの取り付けになった。
合うか合わないかわからないが、ずっと物置にしまったままになっていた明かりを取付けてみた。何度か人にすすめたがいらないと断られて新品のまま物置に置かれていた。点くと雰囲気がオレンジに包まれて、とりあえずはこれでいこう。
s-2015-12-12 074

日が暮れて、、雅も見に来てくれて
s-2015-12-12 036

明かりが点くとラムがやって来て、一緒に和の世界を楽しんだ。
s-2015-12-12 047

ラムはここの木株の穴が気になって仕方ないらしい。この穴からは小川の流れが見えるのです。
s-2015-12-12 080


INFINITE PEACE