紫の花が終わり、その葉の緑が大きく育ち、続いて咲いていた白が終わり、
s-2018-02-23 027gggggg

今は青が咲き誇り、今、ピンクが咲き出した。
s-2018-02-23 014fffff

植えた時期で次々と咲き出し、今ようやく蕾をつけだしているのが最後になるが、このまま水仙の咲くころまでヒヤシンスの香りが我が家に漂い,お香のいらない日々である。

INFINITE FRESHNESS




吉祥寺へ、もう東京は梅が咲き出していて花の香りがする春であります。
s-2018-02-21 020kkkkkk

s-2018-02-21 024kkkkkk

井の頭公園はカイボリですっかり池の水が消え
s-2018-02-21 017

s-2018-02-21 035

スワンボートが浮かぶ池には1本の川が流れていた。
s-2018-02-21 032

東京の夜の温かくさえ感じる日。もう春はすぐそこまで来ている。
夜中1時過ぎ、みんな集まり写真撮って帰ります。今日はリサさんの大きなペン画をビルにぶら下げてみました。
s-コピー ~ 2018-02-22 014kkkkkkk

マイナス4度の八ヶ岳に3時過ぎ帰り着き、 猫たちに迎えられ眠りについたのでありました。


INFINITE FREEDOM

INFINITE HEALTH

INFINITE HAPPINESS

この地球世界が完全平和になる日まで一国一国の平和を祈りつづける集会が20年以上変わらず続いている。今日は集会のある第3火曜日、今は集まっても4、5人ということで寂しくもあるが気楽でもある。自分も60歳を過ぎたせいか3次元の肉体世界は何をやるにもそう積極的にはならなくなってきていて、つくづくといつでもどこでもできる世界平和の祈る時間が生活の一部としてあることがうれしい。
s-2018-02-20 008


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

神聖が復活されますように

無限なる感謝

2018.02.19 御神渡り
昨日、次女水樹が久しぶりに帰ってきたので諏訪神社にお参りに行く。
諏訪湖が全面氷結して、御神渡りが現れていた。
s-2018-02-19 239fffff

5年ぶりということらしいが、私自身も20年以上前に見た記憶があるが、こんなに間じかで見たのは初めて
自然が作る造形は思いもよらぬ世界を作り上げていた。
s-2018-02-19 228ggggg

s-2018-02-19 012hhhhh

諏訪湖の上を歩く。
s-2018-02-19 255kkkkk

岡谷を周り、ハクチョウたちを見て
s-2018-02-19 034jjjjjj

すわ大社秋宮へ
s-2018-02-19 303

平和塔
s-2018-02-19 313jjjjjjj

お参り
s-2018-02-19 094jjjjjj

s-2018-02-19 067mmmmm

さざれ石
s-2018-02-19 052kkkkk

帰り道 高島城へ
s-2018-02-19 154jjjjjjj

天守の下の駐車場に初めて止めて
s-2018-02-19 110

s-2018-02-19 114

空が美しい
s-2018-02-19 125ddddd

平和塔
s-2018-02-19 142

諏訪神社にお参り
s-2018-02-19 145yyyyy

まだ空を見上げている。それにしても今日の雲は美しい。
s-2018-02-19 333ffff

s-2018-02-19 350hhhhh


すぐそばのリビセンでお茶して帰ってきた。
s-2018-02-19 194


INFINITE BEAUTY

2018.02.17 春近し寒き日
15日きた廃材のやま
s-2018-02-15 031

昨日、ほとんど片付いて、残った竹と木端もきって
s-2018-02-16 047

今日、きれいに片付いた
s-2018-02-17 016

竹は
s-2018-02-17 013

まとめて縛って
s-2018-02-17 014

畑の支柱に使える。
s-2018-02-17 019

日本海側は大雪で荒れていて、八ヶ岳南麓は北風に交じって小雪も舞って来ていて寒い日。
でもイヌフグリの花が咲き水仙の緑を芽を見るともう春が近いというかもう春を感じる。この寒さも今日は気持ちいい。

INFINITE FREEDOM




昨日来た廃材の柱や梁を玉切りにして、これは全く乾いているのでそのまま今年の薪に燃やそうと思う。
s-2018-02-16 005

手前に山積みの木端をまず運んで積んでいく。
s-2018-02-16 008

風呂の薪のところに積む。だいぶいっぱいになってきた。
s-2018-02-16 056

次に玉切りしたのを運ぶ
s-2018-02-16 046

日輪が現れた暖かな日
s-2018-02-16 013ssss

あと少しで空っぽになるところでまたいっぱいになった。この薪は、松ばかりで軽く燃えてしまうので3月いっぱい持つかどうかである
s-2018-02-16 057

昨日来た廃材はほとんど片付き、あとは長めの木端と竹が残っているだけになった。
s-2018-02-16 047

5時、幻日が現れた
s-コピー ~ 2018-02-16 042kkkkk

雨に当てないでほとんど片付けられたのでほっとして、まだ明るい時間に五右衛門に浸かる。
s-2018-02-16 050

木のエネルギーで家を暖め、風呂を沸す生活を1989年から続けているのだから、もう当たり前の暮らしである。ここ10年くらいは、薪も廃材を使うことが多くなってきて、ほとんど運んできてくれるので楽してるというかんじである。ただ何が来るかわからないので来た木を風呂とストーブにより分けるというのが大変なくらいである。
こうしていろんな廃材をもらえるというのは、薪ストーブと五右衛門風呂の二つを使っているからで、今回のような木端ばかりだととても薪ストーブには使えないものがほとんどである。今回はどちらかというと五右衛門風呂用の薪がほしかったのでとてもうれしいのでありました。



INFINITE GRATITUDE

2018.02.15 廃材の薪
午前中から昨日来た廃材の片づけ
s-2018-02-15 006

積んで運んで
s-2018-02-15 005

軽トラに乗せたまま丸ノコでほとんど90cmに切って、五右衛門風呂用の薪置き場に積んでいく。我が家の五右衛門は、今GOOGLEで検索してもほとんど出てこないホーローの四角い浴槽の直火炊きで、たぶん薪風呂の最終形で、見た目は今の風呂と変わりなく、非常に効率もいい薪風呂なのであり、1mの薪がはいるのです。
わが家の五右衛門風呂のページです
s-2018-02-15 007

2時に、ダンプが来た
s-r7wj5eth.jpg

古くてボロボロの小さな小屋の解体で柱も少なく
s-4355nmif.jpg

木端が多い
s-2018-02-15 031

柱を引っ張り出して
s-2018-02-15 044

分別
s-2018-02-15 050

竹も分別
s-2018-02-15 051

そして残りは木端ばかり、あとはこれをどのように片付けるかである。
s-2018-02-15 053

昨日きた廃材はすべて片付いて、思いのほか少なく風呂の薪として半年分くらいであった。
s-2018-02-15 057

ほとんどカラだった薪置き場がここまで増えて一安心。
s-2018-02-15 038

こうして薪になる廃材を運んできてくれるのだから本当にありがたい。
これで、当分は気兼ねなく薪を使える。
ただ、今日もちょっとやりすぎたようで腰がビンビンと痛くなってきた。五右衛門風呂に長くつかってだいぶ良くなった。

INFINITE HAPPINESS

INFINITEGRATITUDE