2017.09.25 屋根の補強
ベランダの屋根の補強
大雪が降るとひ弱な屋根の梁は曲がってしまい、いつも突っ張り棒を立ててしのいでいたが、今年こそは補強をしておこうと、まずは梁材になる3.6mの廃材を見つけ、釘を抜き、
s-2017-09-25 028

屋根の傾斜にあうように斜めに切って、
s-2017-09-25 035

屋根の垂木に下からネジで止めていく。本来の作り方とは逆になるのでやりにくい。
s-2017-09-25 036

次に柱を立てる。
この柱材には、吉祥寺に2003年まであった諸国空想料理店KUUKUUの玄関に使われていた鉄の素敵な柱を使う。このお店の木の看板も私が作ったので、閉店の時にもらってきて、今も我が家にある。

曲がっていた鉄のぐるぐるをまっすぐにするために、ジャッキを使ったが駄目で、
s-2017-09-25 043


次には欅を支えにしてガッチャで引っ張って何とか伸ばすことができた。
s-2017-09-25 049

柱の高さ259cmにあうように下の柱を切って、ちょっと模様も付けて取付けて
s-2017-09-26 005

s-2017-09-25 052

これで雪も安心である。
s-コピー ~ 2017-09-26 012

段取りが悪いので木を探したりするのに時間がかかったり、曲がった鉄を伸ばすのに苦戦したり、刻みを間違えたりと、半日で終わると思っていたが、結局1日かかってしまった。

INFINITE CREATION


今年最後のやまびこスケートリンクフリーマーケット
400mトラックにぐるっと店が並ぶ
高速で岡谷まで行くんだけれど 、古いもんや思ってもいないものと出会えばしめたもの、でもあってもなくても楽しめる。
s-2017-09-24 004

このお店では糸巻機
s-2017-09-24 007

糸巻機2千円、ビクターのSP盤千円、小引き出し、お茶の缶5百円猫おまけ、菓子器50円木皿100円・・・・・
s-2017-09-25 001

洋書型の小箱はよくできていて300円。2日前にポニョを見て買ってしまったブリキの金魚100円
ハンカチは柄がいいと買ってしまう50円也
s-2017-09-25 006

糸巻機は以前は5千円前後はしていたのに、ずいぶん安くなってつい買ってしまう。木の歯車が好きでたまらない。
s-2017-09-25 005

伊勢お茶缶、戦前のブリキ缶でいい味出している。
s-2017-09-25 003

戦前のSP版、ショパン、バッハ、盤もきれいでいい音色を奏でてくれて、幸せな気分です。

買ったもの並べてみれば、いらないといえばみんないらないものだけれど、出会ってしまったものたちなのだから仕方ないという感じ、我が家に来たからにはきれいに飾りましょう。

INFINITE FRESHNESS



2017.09.23 家の修理
雨も上がりいい天気になった。
あちこち家の修理、五右衛門風呂のひび割れで、焚くと煙が立ち上り、お風呂に入ると今度はそのヒビから焚口にお湯が滴るようになり、そこをコーキング。
続いて3か所の樋の修理、割れているところ、繋いでいるところ、屋根との隙間が空きすぎてしまったところを修理。
続いて、雨漏りする屋根の修理。原因はポリカ波板の割れで、そこに3mのブルーのトタンを置いて、とりあえずはこれで様子を見る。
s-2017-09-23 002

まだまだ修理がたまっている。

煙突のトップの修理。本当は新しく買えばいいと思っていたのだが、ここはひとつ地上に降ろしてゆっくり考えようと、煙突に蓋をして
s-2017-09-23 001

下に持って来てガッツリと付いていた煤とタールをカナブラシでとっているうちに、穴開けて針金できちんと止めれば修理できるということになり、意外と簡単に完了。
s-2017-09-23 011

上に持って行って、耐熱スプレーを使うほどでもないので普通のラッカースプレーで黒に塗り、この煙突も23年目の冬を迎える。
s-2017-09-23 014

天窓の日よけも取り外したので、部屋とベランダが明るくなった。
s-2017-09-22 068

s-2017-09-22 067

秋、そして冬に向かうために今のうちにやっておけばだいぶ楽なので小さなことながら今日やったことでだいぶ気が楽になった。

INFINITE HAPPINESS


昨日彼岸の入りしたので朝6時半に八ヶ岳を出発して、多磨霊園へお参り
s-2017-09-21 023ssssss

まだ朝8時半だったので人も少なく、伸びた草木を刈って、我が家の草花を活けてきた。毎年八ヶ岳の草花を活けていたので、ルドベキアの花が咲き、ススキも咲いて、朝顔もツルを伸ばしていて、そのうち向日葵もコスモスも菊も咲くお墓になり、わざわざ花を活けなくてもいいのかもしれない。
s-コピー ~ 2017-09-21 016

ただ狭い空間なので、大きくなった木たちを今度切ろうと思う。
s-2017-09-21 009

なんだかんだと吉祥寺には1時半に着き、1カ月以上来ていないとやることがいっぱいあって疲れます。

家の1階のゲリラ豪雨の雨対策として、屋根を付けたのが完成し、
s-2017-09-21 033

アパートの1階もカフェと盆栽の店として急ピッチで内装工事が進んでいた。
40年経つアパートなので、土台回しと柱がシロアリにやられていて、その補強をどうするかということだったが、すでに、土台はセメントの床が出来上がっていて、補強もすることなく目隠ししただけで終わっていて、ただ2階をしっかり受けるために鉄筋を柱にねじ止めするだけの補強ということらしい。いろいろもう少し補強したほうがいいと思ったりするが、・・・・・
10月7日オープンというのだから忙しいのであろう。
s-2017-09-21 039


夕方6時、空太も帰り、水樹と雅ともあってお茶して一休み。
s-2017-09-21 071

吉祥寺はにぎやかな家です。私は9時まで寝ていて、やっと夕食。
s-2017-09-21 075


日が変わって0時半、風香も康平君も来て全員で記念写真
6人が東京で、私と雅の2人が八ヶ岳。何とも寂しい気がする帰りなのでありました。
s-2017-09-22 009zzzzzz


家族が減り、そしてまた増えだしてきて、うれしくもあり寂しくもある。これがこの世の常である。

INFINITE HARMONY



2017.09.20 虫たち
ヒョウモン蝶
s-コピー ~ 2017-09-20 019sssss

ギンバエ
s-コピー ~ 2017-09-20 040sssss

よくみると複眼
s-コピー (2) ~ 2017-09-20 040ssssaa

たぶんスズメガの幼虫
s-2017-09-20 044ssssw

庭に出るといろいろいます
蛙はあちこちじっとして日に当たり
マクロレンズで撮ってみたい時期なのかもしれない。
いい季節だね


INFINITE LIFE


2017.09.19 これからだ
変わらず、第3火曜日は祈りの集会であります。
今日は5人でありました。少ないながらも素直に行事て継続していくだけであります。

ということで五井先生の「これからだ」のひびきに勇気をもらいます。
8173223232311.jpg

これからだ

あたらしい世界が展けてきそうな
そんな気配を近頃あなた方は感じないだろうか
神に離反の心が戦塵となり戦後の混乱となって消えつつある
日本から
ほのかに立ち昇っている救世の光が
時に紫金に時に白光に
あなた方の周囲を照しはじめているのを
あなた方はまだ知らない
勝利に驕る心はやがて砕かれ
戦力に頼る国々は自ら滅び
愛を権力に売る人々からは神の恵みは去り
怯懦(きょうだ)なる心は光を隠す

あらゆる飾りを払って毅然と天空に向う
あの裸木のように
厳冬を越ゆる決意を堅め
生命を蔽うすべての虚色を捨て
光を隠す雑多な衣をぬげ
日本の新生はそこからはじまり
あなた方の幸せはそこから芽吹く

日本よ
日本人よ
お互いにしっかり愛国の手を握り
無構えの裸心でただ天空を見よう
裸心には敵はない
天空には暗はない
ものほしそうに左右を見るな
物質界の声を聞くな
あなた方は心の眸を見開き
天から真直ぐに下りている
白光の柱を見出すのだ
深い生命のひびきは

その柱を通って地上にひろがり
あなた方の真我と融合し
人類真実の生き方を
はっきり世界に指し示すのだ
 
『いのり』所収


s-コピー ~ 2016-01-31 029aas

INFINITE LIGHT

INFINITE HARMONY




s-2011-12-07 036のコピー


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます


s-2014-08-29 029


人間は本来、神の分霊(わけみたま)であって

業生ではなく、常に守護霊、守護神によって守られているものである。

この世のなかのすべての苦悩は

人間の過去世から現在に至る誤てる想念が

その運命と現れて消えてゆく時に起る姿である。

いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから

消え去るのであるという強い信念と

今からよくなるのであるという善念を起し

どんな困難の中にあっても、自分を赦し人を赦し、自分を愛し人を愛す

愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくとともに

守護霊、守護神への感謝の心をつねに想い

世界平和の祈りを祈りつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得できるものである。