2017.04.22 毎日が新鮮
青い鳥 オオ瑠璃が窓の外に来た。部屋から見たのは初めて
s-コピー ~ 2017-04-22 007ssd

春の爛漫
s-2017-04-22 024

見上げれば日輪が消えかけているところ
s-2017-04-22 061gggt

山吹が明日には咲き出しそう
s-2017-04-22 030ffffr

s-2017-04-22 033ssas

今日は風がない夕暮れ
s-2017-04-22 045

毎日が新鮮で不思議なことが一杯で感謝感謝

INFINITE GRATITUDE






2017.04.21 庭仕事
午前中にトイレの修理屋が来て、自動で流れたり流れなかったりの誤作動を、部品を交換して直してくれた。もう15年使っているINAXの全自動トイレのサティスは、やはり、いろいろと壊れてくる時期なのか、3年くらい前には水漏れで、今回は水を出し入れするところのポンプのようなスイッチが壊れていたようで、直すしかないのであった。6人家族で、集会もやっているので、相当に使っているのだと思う。前に立つと勝手に蓋が開き、そして終わると勝手に流れてくれて、蓋もしまってくれるのだからすごいトイレなのである。今度は酷使しているモーターたちが壊れていくのかもしれない。  今は2人の生活だし、トイレも2つあるので大切に使っていくだけである。 修理屋さんは、迅速に対応してくれるし、ありがたい存在であります。INFINITE GRATITUDE
s-新しい画像aaaza

午後は、今日も外仕事 
連休に部落の堰払いがあるので、我が家を通る川の枯葉と枝をきれいに片付ける。これが70mくらいあるので結構大変。INFINITE BEAUTY
s-2017-04-21 001


そして畑仕事 
せっかく生えてきた草たちを刈る。ハトケノザ、ハコベ、ぺんぺん草にひなげし、タンポポ、蓬、ほおずき・・・・ INFINITE LIFE
s-2017-04-21 003

とにかくいろいろ出てきているのを畑にするのでぬいていく。かわいそうにも思いながらも,慣れてくるとガンガン引っこ抜いていく自分が怖くなる。  INFINITE FORGIVENNESS
s-2017-04-21 007

日が西に傾くころ雲が虹色に輝きだしてすぐ消えた。 INFINITE BRIGHTNESS
s-2017-04-21 016hhhh

トマト、ピーマン、ナスの畑はできてきた。 INFINITE JOY
s-2017-04-21 037

今日も美しく夕暮れが来た。五右衛門風呂に浸かって疲れをいやす。 INFINITE RENEWAL
s-2017-04-21 036jjjj



INFINITE HAPPINESS

INFINITE FREEDOM



春の朝の眺め
s-2017-04-20 004

今日は緑がぐっときて、昼には日輪が現れ
s-2017-04-20 041aaas

桜の木の下まで走って撮ってはみたが・・・
s-2017-04-20 045fff


いろいろ庭仕事して、見渡せば緑がぐっと伸びてきていて、ススキもいよいよ伸び出すころなので、今年初めての草刈り
s-2017-04-20 050

水ももう凍らないので庭の井戸の止水栓を開けると管が破裂していて、その修理、
s-2017-04-12 105

ついでに蛇口の位置も50cm伸ばして使いやすくした。
s-2017-04-20 024


春になって外に向かう気持ちが出てくるのです。でも、緑のすさまじき成長にもうあっけにとられているところなのであります。

INFINITE GREEN

INFINITE HARMONY

冬の時期、猫たちのトイレになっていていつも掘り返らされていたチューリップもみんな咲き出した。
s-コピー ~ 2017-04-19 013

道の水仙もだいぶ咲き出した。
s-2017-04-19 034

春の陽気なのだけれど風が強い日
猫たちはみんな陽だまりにいて、ゼロがいなくなってから入れ替わるように毎日いるこの猫
s-2017-04-19 022

テト、みかん、ラムとは全く問題ないが、オスのルナだけは近くに来ると尻尾を太くして大声でうなりだす。遠くにいるときはじっと見ているだけなのでそのうち大丈夫になりそう。1日おきくらいで、我が家で寝ている。見つけると抱くこともできて全く爪を出さない。ただ外にいるときは野良なのでまだ逃げてしまう。
s-2017-04-19 023

我が家の暮らしは、ひかり子が東京へ行ってしまったので夫婦2人。別に変わらないと思っていたが、学校の送り迎え、それと雅の仕事も少なくなったので、時間に追われることがなくなった。私などは時間に関しては今までも同じなのだが、雅がすごく楽になった様である。ただ、2人とも物足りなさを感じていて、私は猫たちとよく遊び、雅は人形に愛情を注いでいたりしている。


INFINITE LOVE

INFINITE PEACE

INFINITE HARMONY

蕪の桜
s-2017-04-18 006gtgt
写真をクリックすればみんな大きくなります。

s-2017-04-18 004fffff

s-2017-04-18 018tttt

s-2017-04-18 030ssdkkkkk

s-2017-04-18 076ggggg

s-2017-04-18 086bbbbg


北の杜CCの前のサクラソウ
s-コピー ~ 2017-04-18 091

清春芸術村
s-2017-04-18 156sdsd

ここにも藤森照信氏の茶室があった。
s-s-2017-04-18 135

今日、すべての蕾が一斉に開いたという感じで
s-2017-04-18 ssdfg

こんな爆発しているソメイヨシノの咲き方は初めて見る気がしたのでありました。
s-2017-04-18 121dde

我が家からほんの15分あればまわれるコースであります。
最後に我が部落の神田の大糸桜を通ってきました。静かに田んぼの真ん中にあった1本の枝垂れ桜でしたが、西側の道が広くなって、車がよく通るようになり、根が傷んでしまい、その影響で西に伸びていた10mくらいの枝が枯れて、木全体も元気がなくなり、風よけと保護のためにと木やネットが張られ見る影もなくなってしまいましたが、100年後、200年後ためだと思いますので仕方ありませんね。  
s-2017-04-18 188ffff


今日は月の国集会
集会後、H夫婦ととも桜をまわってきました。

INFINITE BEAUTY


毎年恒例の春のわくわく村祭り
s-2017-04-16 058vvvvb

午後になってでかけるともう始まっていて 藏屋グリーンズの下の道から歌声が聞こえていて
s-2017-04-16 070

春風めぐるコンサート 多分もう20回近く続いている気がする。
変わらないボブさんの歌声 
s-2017-04-16 017

変わらないナーガさんの朗読
s-2017-04-16 089

これは去年の5月1日の時のきこりさんが撮った春風めぐるコンサートであります。
内田ボブ 《春風めぐる》 2016-05-01 わくわく祭り@小淵沢

ナーガ(長沢哲夫) 《春風めぐる》 2016-05-01 わくわく祭り@小淵沢

ここ藏屋グリーンズの青柳さんももう孫がいる。
s-2017-04-16 029

時の経つのは速いもの

s-コピー (3) ~ 2017-04-16 061
今年の春風めぐるコンサートの日程


おおえさんの紹介されて、岡山から岡部玄さん、パワフルな創造の世界の話を聞くだけで面白い。
流木4トン、ビーチサンダル8000個、猪頭蓋骨50以上・・・・自然の中に落ちていたものたちが作品となりメッセージを発していく
s-コピー ~ 2017-04-16 079

4時、おおえさんのアメリカの旅のスライドショーが始まる
s-2017-04-16 091


春風吹く森の小さなお祭りでありました。ここで出会う人々は、昔々のジプシーの仲間だといつも思っていているのです。

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM

INFINITE LIFE




松本古市へ
毎月行われているそうで、麦草工房のシン子ちゃんが古布の服作りからいつの間にか骨董世界に入りこんでいて出店しているというので会いに行く。
s-2017-04-15 011

ここの骨董は三十、四十代が多く売っていて、それぞれが何となくその人となりのこだわりがあるような小物が並ぶ。
s-2017-04-15 013

それぞれの店の名前が付けられていて、ちょっとおしゃれなのが今どきなのである。
s-コピー ~ 2017-04-15 012

今日のシン子ちゃんのお店は、隣が洋物だったりしているのを考えて、お茶道具などの和ものを出していた。
s-2017-04-15 014

20店舗位で小さな規模ながら、フリーマーケットと違って好きな時代のものが多くおもしろい。
s-2017-04-15 007

今は、ネットでモノはほとんど変えてしまうし、クラフトも昔ほど面白いものは売っていなくなってきている気がして、昔から変わらないフリーマーケットがやはり面白いのであるが、それの進化系がこの古市なのかもしれない。古いといってもほとんどが100年未満、ミッドセンチュリー(半世紀)くらいのものが多く並んでいる。私としては、家にごみとして捨てられてしまったミッドセンチュリーの物がどうしてかたくさんあるので、やはり100年前後の時代のモノたちに惹かれるのである。


今回買ってしまったものたち
風炉用の敷板、 花屋で使っていた花台       戦前の写真用アルバム  ガラスの乾板サイズはキャビネ(大正か昭和の初めの写真のネガ)  みんな四角いものを買ってきたわけだ
s-2017-04-16 001

昼前までいて、帰途に就いたが、松本は渋滞ばかりで塩尻までのろのろで疲れました。

INFINITE JOY