FC2ブログ
昨日、ついに2匹の茶虎が出合い、喧嘩が始まってしまった。あまりにそっくりな2匹なのだけれど、なつく方がうんと若そう。で喧嘩もあっという間に若いのほうが勝って、
s-コピー ~ 2020-02-17 038

というか、年寄りの野良はほとんど何もしていない感じで、
s-コピー ~ 2020-02-17 037

縁の下に逃げていった。
s-コピー ~ 2020-02-17 040

1分くらいこの興奮さめやらぬ状態で息荒く固まっていたが  
s-2020-02-17 045

いきなり寝転んで
s-2020-02-17 053

ほっとした様子 
s-2020-02-17 050

おなかは減っていないようで、何をあげても知らん顔で、みずだけ飲んで、後はまたたびのにおいがする絨毯の上で寝転んで。
s-2020-02-17 003

顔も大きく、オスらしい。でいて緑の目のかわいい顔
s-2020-02-17 008

今日は1日いて、ラムとテトの後をついていて、時々、ラムに追いかけられて逃げていた。
s-2020-02-21 002

我が家にずっといていいんだけど…‥夜遅く出ていってしまった。今は盛りの時でめったになく活動的なオスたちのようだ。
s-2020-02-21 038


INFINITE LOVE

INFINITE FREEDOM

SPレコードを置いておく棚を出したので、玄関の西の部屋に移動。
ass-2020-02-12 013

そのためにはこの棚をどかし
s-2020-02-12 016

ここに突っ込んだ。 そして今まで使っていた棚にあったものを置きなおして、棚を分解。
s-2020-02-12 022

100Aバッテリーも4つ出した。ほぼ6年、蒸留水も200リットル以上使ったが、1年前から使っていなかった。奥にあったのを引っ張り出す。30キロ以上あるバッテリーを動かすのは腰に来て結構つらい。でもこれが出来るようになったということのほうが嬉しい。
s-2020-02-12 014

今はこの密閉式の100Aバッテリー、蒸留水を入れないでいいのでだいぶ楽。120Aもあるのだけれど、中の一つが完全にいかれてしまったので使うのをやめたところ。二日、太陽が出なかったりすると落ちてしまうが、冬は夜、風が吹いているのでほとんど落ちることはない。身近にある自然のエネルギー光と風。それが電気を作り出す。電気は今の世ではなくてはならないもの。それをちょっとした科学の実験のようなつもりでセットして、我が家は使い続けていて、それはそれは本当に無限なるものを感じさせてくれるありがたきもの。風が作り出す電気で夜を明るく過ごし、井戸の水をポンプであげることが出来、太陽で温めた水でお風呂に入ることが出来る。多くの人が自然のエネルギーのすばらしさを身近で感じることが出来れば、自然に対して感謝せずにはいられなくなるだろう。
自然の力がちょっと強かったり弱かったりするだけで災害となったり干ばつとなったりするのだけれど、自然はエネルギーの塊であり、人間がコントロールできるものではないのだから、立ち向かうのではなくすべてを受け入れて、謙虚な気持ちで感謝していくしかないと思っている。

偉大なる自然に無限なる感謝

s-2020-02-20 011


棚に入れて
s-2020-02-20 004

だいぶ片付いてきたところ
s-2020-02-20 006

発電システムのインバータ、コンバータは何のメンテナンスもせず、未だ問題なく稼動してくれている。壊れたら治すことができないものなので、そろそろ呼びを用意しておく時期なのかもしれない。
s-2020-02-20 009

後、外に出したものを片付けておしまい。結局1日かかってやっときれいに片付いた。
s-2020-02-20 015

捨てるものと言えば缶スプレーの空き缶、たまっていたので穴あけしてつぶす。段ボール箱も結局入っていたのをきちんとまとめると4箱空っぽになった。物置は物がどんどんたまっていってしまうところ、こうして模様替えのようにして片付けないときれいにならない。捨てるものとして燃えるごみ2つと、燃えないごみ1つ。でもその何倍も空間は広くなったのでありました。


Infinite Gratitude

今日は暖かく、外に出ると日輪に迎えられて、外仕事よりもカメラを持って日輪を眺めて過ごしていると
s-2020-02-19 004jjjjjj

2012年5月5日に地球を離れていったエディさんのことがおもいだされて 



ひと月で30の集会をまわって、寝ても覚めても、お酒飲んでも飲まなくても、どんな時でも世界人類の平和を祈っていたエディさん




日輪や月輪の中を観るといつもエディさんがあらわれる

s-2020-02-19 005hhhhhhh




地球は未だ波動が粗く、完全なる姿を現してはいない。
今こそ、地球人類一人一人が“
   真の平和な心で助け合い、
強い絆で結ばれる時なのだと呼掛けてくる。




天孫降臨(神道)、地湧の菩薩(仏教)
宇宙では塩漬けリンゴ、清掃人夫と言われ
他の天体から地球に移住して来た人々を導き
本来の天使の姿に返そうと地球に来ているこの集団は
遊星から遊星へ、太陽系から太陽系へと移り歩いて行く、
“宇宙の放浪者”(ワンダラー)とも呼ばれている特殊な人々で、
宇宙の中の進化の遅れている星に赴き
堕落した同胞に援助の手を差延べて
一日も早く、彼等を目覚めさせようとしている“菩薩”なのです。

これは、地球にいるキリスト族と呼ばれる、
菩薩たちに届けられたメッセージです。


いよいよ時が近付いて来ました
地球が、ハイ・バイブレーションの新しい星に
生れ変わる時が間近になっているのです。

一人一人が目覚めて、
“地球天国”を作る為の使命を果たそうではありませんか。

大天命体(宇宙神、創造主)は、
想像する事によって、
宇宙を創造しました。
そのように、想像は創造する力を持っているのです。

今こそ私達一人一人が、心の中に真の平和を描く事によって、
地球に永遠の平和を築いて行きましょう。
7回目の大進化の時
その転換を成功させるのは、
地球人類一人一人の意識に掛かっているのです。

大いなる使命を全うしようではありませんか。          開かれる生命の書ー隣人の星 より


INFINITE HARMONY






今日は北風が吹き本来の寒さに戻り、体も引き締まり、世界各国の平和を祈る。
毎月第3火曜日は「世界各国の平和をその国の言葉で祈る」月の国集会が何も変わることなく続いている。
s-2020-02-19 001

s-2020-02-19 002
写真をクリックすれば大きくなります。

いろいろな国々の平和を祈るということは、そこに住む民族、人種、宗教が調和していくようにと祈ることであり、そこに住む人々が真理に目覚めますようにと祈ることである。
この地球全体が調和した平和な星になるように、祈りによる平和運動を我が肉体がなくなるその日まで続けていくだけであります。

いつも変わらぬメンバー
s-2020-02-18 001

来てくれている長谷川夫婦に無限なる感謝  ラムも喜んでいます
s-2020-02-18 006

世界人類が平和でありますように

INFINITE PEACE

1週間前までの足腰が嘘のように快調で、やる気がどんどん出てきて、たまりにたまったことをやっていこうと思う朝であります。
で、何からやろうかということなのだけれど、手っ取り早く、一昨日来た落葉松を片付けてしまおうと、午後から切り出した。
ドラムリールで電源を引っ張ってきて、
s-2020-02-17 009

丸鋸で全部50cm~55cmで切る!!
s-2020-02-17 012

半分切ったところで
s-2020-02-17 019

雅が軽トラで来てくれて、積んでくれる
s-2020-02-17 023

満タン
s-2020-02-17 026

裏の物置のところに積む。
s-2020-02-17 029

あと少し
s-2020-02-17 032

太いの残しておしまい。
s-2020-02-17 033

2時間半、みっちりやっていい汗かいて、五右衛門に浸かります。
やはり、薪の風呂は本当にいい。直火炊きの風呂は温泉とほとんどかわらない疲れを取る効力がある。
薪のエネルギー
大地のエネルギー
水のエネルギー 
太陽のエネルギー
肉体の細胞一つ一つに染みわたります。

INFINITE GRATITUDE



体調がだいぶ良くなってきて、うれしき悲鳴をあげながらできなかったことを少しづつやっていく。
こけしたちのショーケースの置き場、大きなのが来て作り変えたのだけれど気に入らないのでまたやり直すことにした。そのためにはSPレコードが入っている棚を出さなくてはいけないので、それはそれは大変。

その棚に置いてあったガラスケースをどかし、
s-2020-02-06 006

SP盤の入った重い箱を全部どかし
s-2020-02-11 003

棚を引っ張り出して
s-2020-02-12 013

さっぱりしたところで、ここに新たに棚を作る。
s-2020-02-11 004

板を探し(家の周りを歩くと何とか見つかるのがホントすごいことである)、なんとかうまく1段目が完成
s-s-2020-02-11 006

誰もいない暗闇の世界、丸鋸を回す。2段目も出来た。すでに時計は夜中の0時、
s-2020-02-11 011

もうやめればとラムに言われ、雅にはちょっと調子がいいからってやりすぎはダメですよと言われたのでここでおしまい。
s-2020-02-11 022


INFINITE FREEDOM
2020.02.15 廃材と薪
2017年9月 フランス料理レストランBERGから運んできて  
s-2017-09-14 048

それからずっとあまざらしで置いてあった樽
一つが去年の5月に崩れ、
s-2019-08-14 191

そして、雨ざらしのもう一つが
s-2020-02-15 005

今日崩れてなくなった。 まだ薪にはもったいないので裏の樽置き場に運んで、すっきりした。
すべては変化し変滅してゆく。 このホワイトオーク材でアクセサリーを少し作ろう  
s-2020-02-15 007

夕方、落葉松を採りに行って、
帰り道 いつ行っても変化し続けている二宮家に立ち寄り
今日も廃材を降ろしていて、
s-2020-02-15 019

味噌づくりのためのカマドがこんなにあって
s-2020-02-15 021

s-2020-02-15 022

アトリエはどんどん増築中で
s-2020-02-15 024

母屋で休憩
s-2020-02-15 028

黒猫メトリと遊んで、ニーサンにコーヒー淹れてもらって
s-2020-02-15 029

日がだいぶ伸びて、5時過ぎ帰り着き、薪を降ろす。
s-2020-02-15 032

落葉松と言えどこれだけあるとけっこう使えますね。
s-2020-02-15 034

二宮さん家も我が家も木とともに暮らしていて、それも廃材で作っているところも似ていて、色合いが同じです。

INFINITE HARMONY

INFINITE FREEDOM